ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ねつ造」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ねつ造」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ハイテク企業は成長第一戦略から効率を重視した戦略へ転換:
生成AI以外も注目のIT業界に与える10のトップトレンド Gartnerが発表
Gartnerは「2024年にテクノロジープロバイダー(技術提供者)に影響を与えるトップトレンド」を発表した。(2024/2/19)

この頃、セキュリティ界隈で:
“テイラー・スウィフト偽AI画像”の衝撃 一般人にも広がるディープフェイクの脅威 対策は?
テイラー・スウィフトの写真をAIツールで合成したわいせつ画像がXで拡散した事件は、幅広い方面に衝撃を与えた。だがこうした問題の深刻な影響を受けるのは、SNSに気軽に自分の写真を掲載する一般人の方かもしれない。対策はあるのだろうか?(2024/2/16)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界の筆頭リスクは「虚偽情報」、世界経済フォーラムが発表 AI台頭で危険増大か “AI×核兵器”にも警告
世界経済フォーラムがまとめた「グローバルリスクレポート2024」で、「虚偽情報」が初めて今後2年の10大リスクの筆頭に浮上した。背景にあるのはAIの台頭で、選挙介入からサイバー犯罪、軍事目的などでAIが利用される危険性を指摘している。(2024/1/19)

The New York Times、MicrosoftとOpenAIをAIによる著作権侵害で提訴
The New York Timesは、MicrosoftとOpenAIを著作権侵害で提訴した。両社が記事を数百万件コピーしてAIモデルをトレーニングしたことで、収入が奪われると主張する。訴状では、プロンプトによっては同メディアの有料記事のテキストがそのまま表示される例を複数挙げた。(2023/12/28)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

品質不正問題:
無理解な経営陣の「短期開発」が生んだ、ダイハツ64車種の不正
ダイハツ工業は同社が開発し、国内外で生産中の全ての車種の出荷を自主的に停止すると発表した。生産を終了したものを含め、64車種とエンジン3機種で型式認証の試験での不正行為が確認されたためだ。(2023/12/21)

Cybersecurity Dive:
「異議あり!」 SolarWindsとそのCISOが詐欺容疑で告発されるも反論
訴状によると、SolarWindsはサイバーセキュリティの実践に関して誤った情報を投資家に提供し、既知のリスクを開示しなかったとされている。(2023/12/2)

“れいわ支持”拡散を蒼井優、山本美月、加藤清史郎が否定「強い憤り」 党側は関与を否定、法的措置を検討
情報元不明の情報が拡散。(2023/11/10)

ライカが世界初のフェイク対策機能を備えた「M11-P」を発売 直販価格は147.4万円
ライカ(Leica)が、C2PA規格に準拠する「来歴データ」の記録に対応するレンズ交換式カメラ「Leica M11-P」を発売した。商用モデルとしては初めての来歴記録対応モデルで、不正なコピーやねつ造への対策につなげる。(2023/10/27)

スピン経済の歩き方:
処理水をめぐって“愛国サンドイッチ”の危険性 企業が「日本人」とうまく接する方法
日本のホテルや飲食店に、音声読み上げソフトを用いてこんな嫌がらせ電話がかかってきている。原発の処理水をめぐって、バッシングが起きているわけだが、中国ビジネスを展開していくうえで気をつけなければいけないことがある。それは日本人で……。(2023/8/30)

“集え、モンスターハンター” ネス湖で大規模「ネッシー探し」開催 ライブカメラも配信中
英ネス湖センターは8月26〜27日(現地時間)にかけて、英国のネス湖にすむとされる未確認生物「ネッシー」の大規模調査を開催する。当日ネス湖を訪れらない人向けにライブカメラの配信も行っている。(2023/8/25)

日赤「反省している」 AIによる「新証言」で物議の関東大震災企画を中止
日赤は「関東大震災100年プロジェクト」を全面的にとりやめ。ChatGPTを利用し、当時のデータを基に震災の「新証言」を生成するなどの一部企画に批判が集まったため。(2023/8/25)

生成AIによる「“新”証言」で物議 日赤、関東大震災100年企画の一部展示を取りやめ
日本赤十字社は24日、「関東大震災100年プロジェクト」の一部として計画していた、生成AIを使った企画展示とWebサイトへの掲載を取りやめると発表した。「本来の意図が伝わらず一部で誤解を招いた」としている。(2023/8/24)

競泳の瀬戸大也、SNS拡散の性的画像はデマ「悪意をもって捏造」 被害届の提出&法的措置の準備を報告
TEAM DAIYAが「本人とは全く関係のない事実無根のデマであり、悪意をもって捏造された画像です」と報告。(2023/8/13)

Intel創業者ムーア氏の半生【後編】
Intelが共同創業者の故ムーア氏から受け継いだものとは?
Intel創業者の一人であるゴードン・ムーア氏は、自身もCEOを務め、Intelおよび半導体産業の成長に寄与した。Intelには今もムーア氏の考えが根付いているという。(2023/7/21)

Intel創業者ムーア氏の半生【前編】
「ムーアの法則」とIntel創業者の半生を振り返る
半導体ベンダーIntelの生みの親にして、半導体の進化の指標となった「ムーアの法則」を提唱したゴードン・ムーア氏が逝去した。ムーアの法則が生まれた背景を、同氏の半生と共に解説する。(2023/7/14)

患者から詰められまくった医学部生が話題に 理不尽ながらも“とある理由から”「和んだ」「爆笑しちゃった」
きっと何よりの楽しみだったのでしょうね。(2023/6/24)

弁護士に聞く:
「内定取り消された」投稿が物議 SNSで社名を晒すとどうなる? 法的リスクは
企業から「内定を取り消された」とする投稿がTwitterで注目を集めている。投稿者は社名の公開を示唆しているが、法的リスクはあるのか。労働法に詳しい弁護士に見解を聞いた。(2023/6/27)

「SPHERE 23」現地レポート:
「ソフトウェアアップデートは逆効果」 Twitter社の元CISOが“セキュリティ神話”を切る
セキュリティ業界で“常識”と考えられていることも実際は逆効果になっているのかもしれない。Twitter社でCISOを務めた現役ハッカーが、データを基に“セキュリティ神話”に疑問を投げかけた。(2023/6/21)

「SPHERE 23」現地レポート:
経営者とセキュリティ担当者が分かり合うためのフレームワークを知っているか?
ランサムウェア攻撃が高度化する今、全社一丸となってセキュリティ対策を講じるには、経営層から現場のセキュリティ担当者までが同じ言葉で語り合い、足並みをそろえる必要がある。これを実現するフレームワークを解説しよう。(2023/6/14)

ブリトニー・スピアーズ、薬物使用伝える独占記事に悲しみ 元夫と息子の“証言”伝える内容に「意味が分からない」
息子たちに会えない悲しみも。(2023/6/12)

CIO Dive:
ChatGPTを“本気”で活用したい企業がまずやるべきこと
ChatGPTをはじめとした生成AIツールの利用が企業で拡大している。しかし従業員が好き勝手に使うと、機密情報の漏えいなどを引き起こす可能性がある。これを防ぐためにITリーダーが考慮すべきこととは。(2023/6/12)

「SPHERE 23」現地レポート:
生成AIはここまで悪用できる 社会現象を“捏造”するその実力とは?
WithSecureは生成AIに関するリサーチ結果を発表した。同調査は「ChatGPT」をはじめとした生成AIツールを悪用することでいかに社会現象を捏造し、フェイクをばらまくことができるかを明らかにしている。(2023/6/1)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
自社の製品や取り組みを楽しそうに、的確に説明する若手社員
彼がいつまでも楽しそうに仕事に打ち込めるといいなと思います。(2023/5/31)

林修、“社会のお荷物”コメント巡る中傷に2年ぶりブログで反論 「悪質な編集のなされた画像」拡散に訴訟準備を表明
SNSについて「鋭利な凶器にもなることを再認識していただきたく」ともコメント。(2023/5/17)

ココス×遊戯王、限定カードがもらえるキャンペーン始動 「ハングリーバーガーのハンバーガー」などコラボメニューも
ココスオリジナルモンスターのカードも登場。(2023/5/15)

「これ家に置いていい物じゃないわ」 “道路標識”収集家の部屋の違和感がすごい
圧倒的違和感。(2023/5/14)

「ごま団子プラモ」が誕生、ゴマが1粒1粒分かれた狂気の900パーツ 「新しい修行」「普通にごま団子作った方が早くない?」
メーカーの思い切りがよすぎる。(2023/5/12)

北海道のローカルコンビニ「セイコーマート」の模型化に湧くファン 「道民歓喜」「買うしかない」とネット盛り上がる
北海道の街並み作りには欠かせないコンビニが製品化。(2023/5/11)

「本物にしか見えない!」「何度見ても素晴らしい」 色鉛筆で描いたリアルな猫に絶賛の声が集まる
ニャーと鳴き声が聞こえてきそう……!(2023/5/11)

「富士山の山頂にソフトクリーム浮いてた」 ドライブ中に見つけた濃厚すぎる雲が話題
おいしそうです。(2023/5/11)

G7広島サミットにともなう交通規制に注意 山陽自動車道や広島自動車道が通行止めで迂回呼びかけ
規制の情報は広島県警察が随時呼びかけます。(2023/5/11)

アンパンマンポテトを温める時間を間違えたら…… 子どもに見せられない“闇堕ち”した姿に「怖すぎるw」「これはやばい」
なんのために生まれて、なにをして生きるのか……。(2023/5/11)

どこにある? 世界で唯一の“鉄腕アトムの信号機”に「手あげて渡りたくなる」「超見てぇぇぇぇ」の声
か、かわいい。(2023/5/11)

最新記事も理解する……けど自信過剰? Google Bardの日本語版を使ってみた
米Googleがチャット型AI「Bard」の日本語対応を発表した。現在、サイトにアクセスすれば、すぐに使えるようになっている。(2023/5/11)

「妹が着てる謎Tシャツの情報知らない?」SNSで呼びかけ → 正体判明してデザイナーまで名乗り出る不思議な縁に驚きの声
犬と「アクティビティ」の取り合わせがシュール。(2023/5/11)

レシートで「短歌を詠む人」現る 秀逸な5・7・5・7・7に「お見事です」「スッパリ終わる感じがツボ」の声
セルフレジで挑戦してみたい。(2023/5/12)

無料でバラが見放題! 約160品種・360本のバラが見頃に 赤色や黄色など色とりどりなバラが見られる
オリジナルのローズピーチジェラート、バラの新苗など販売。(2023/5/11)

“まるでショートケーキ”なピノ登場 濃厚生クリーム風味のアイスを苺チョコでコーティングした「至福のひとつぶ」
コーティングに混ぜ込んだ“スポンジケーキトッピング”が苺のつぶつぶのよう!(2023/5/11)

はんぺんは“そのまま”食べられる―― 知らない人が51%との調査結果に紀文が困惑
「え?」(2023/5/12)

漫画家のやしろあずきさん、違法賭博などの疑惑を否定 「多くの部分が捏造」「反社とのつながりはない」
公式ブログを更新しました。(2023/5/10)

BuzzFeed Japanニュース部門がハフポスト日本版に統合へ サイト上でクリックしてもハフポスト日本版に遷移される仕様に
米BuzzFeedでは4月にBuzzFeed Newsを閉鎖し、ニュース部門を「ハフポスト」に一本化すると報じられていました。(2023/5/10)

漫画家のやしろあずきさん「違法賭博」などの疑惑、ポーカー企業が「多くの部分で捏造」としながら「除名処分」と説明 SNS上では対応めぐり疑問の声
現在やしろさんに対して違法賭博などの疑惑が浮上しています。(2023/5/10)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(2):
実効性ある工場のリスク管理のため、アセスメントはどう進化させるべきか
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべきコンプライアンスの外延を展望します。(2023/5/9)

電子ブックレット(製造マネジメント):
不正根絶に向けた三菱電機の方針/日本製鋼所子会社が検査不正
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年から2022年にかけて製造マネジメントフォーラムで報じたニュースをまとめた「品質不正ニュースまとめ(2021〜2022年)」をお送りします。(2023/4/10)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(1):
品質だけでない現場のコンプライアンス違反リスク、複雑な要請にどう対応するか
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/4/5)

岡山大で研究不正 113カ所の捏造 「HDDが壊れたからデータ破棄した」として調査協力拒否
岡山大学は同学教授が関与した論文において不正行為が見つかったとして謝罪した。教授は「地震でデータを保存していたHDDが故障した」として調査に必要なデータの提出を拒否したが、画像のプロパティなどから捏造が分かった。(2023/3/27)

ニューヨーク嶋佐、拡散された“捏造発言”に激怒 「ほんとに悪質だよ」「こちとら迷惑こうむってんですよ」
お怒りの嶋佐さん。(2023/3/20)

AIプロ集団から見た「ChatGPTの歴史」 たった5年で何が起こったのか
AIのプロ集団であるELYZAが現在大流行中の「ChatGPT」について、その進化の歴史を解説した。ほとんどの出来事はここ5年以内に起こっており、市場環境は目まぐるしく変化している。(2023/3/17)

Brave検索にも(GPTではない)LLM採用の検索結果AI要約機能「Summarizer」追加
Braveは検索エンジンBrave Searchの新機能「Summarizer」を発表した。LLM採用の検索結果のサマライズ機能だ。OpenAIのGPTではなく、Hugging Faceの技術を採用している。(2023/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。