ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ねつ造」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ねつ造」に関する情報が集まったページです。

世界を「数字」で回してみよう(65)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話
日本でもいよいよ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が始まりました。収束のメドが立たない現状においてワクチンが“希望の光”であることは確かですが、やはり恐怖心はそう簡単に拭い去れるものではありません。あの“轢断のシバタ先生”から、長文のメールが届いたのはそんな時でした。今回も超大作のそれには、現役医師によるワクチンの考察と分析がつづられていたのです。(2021/2/26)

生産品質向上:
PR:不適切検査にコロナ禍、製造業の「品質」を取り巻く課題は解決できるのか
「品質」を強みにしてきた日本の製造業だが、複数の企業で品質検査に関する不適切な行為が続発したこともあり、あらためての生産品質向上に向けた取り組みが求められている。さらにコロナ禍によって、検査工程の省力化や自動化も必要になっている。このような状況で役立つのが、日立が提供する「製品経歴トレーサビリティ」と「品質検査」の2つのソリューションである。(2021/2/9)

顔認証技術悪用「ディープフェイク」がアジアで増加傾向 一般人にもリスク
AIを悪用した「ディープフェイク」が深刻な社会問題となりつつある。偽のわいせつ動画で名誉毀損の被害に遭うケースや、要人らの架空の動画が政治問題化する事態も起きている。対策としてディープフェイクを見破る技術も開発されている。(2020/10/27)

意味がわかると怖い話:「朋乃の呪い」
かつての恋人の影。(2020/10/25)

偽音声や動画による詐欺行為
「ディープフェイク」の被害者は有名人だけだと思い込んでいないか?
捏造した音声や動画「ディープフェイク」によるサイバー犯罪は、政府や企業の要人などを主な標的にしている。一方でこの脅威にはどの企業も警戒すべきだという意見もある。何が危険なのか。(2020/10/8)

ほれてるの自分の方やんけ! 幼なじみ男女描く漫画「ヤツは私に惚れている!」にニヤニヤが止まらない
すごい独り相撲。(2020/10/7)

竹内涼真、SNSの使い方訴え共感の声 「仮面ライダードライブ」の泊進ノ介を思い出す人も
SNSの現状に「なんかつまんないんだよね」(2020/9/16)

前田敦子、マスコミ記者の突撃取材に苦言 背後から声を掛けられ「子供が一緒だったのでとにかく危ない」
本当やめてくれ……。(2020/9/7)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(28):
私の仕事はAIに奪われるんですか!? って聞かれたら何と答える?
あなたは、友人から「私の仕事はAIに奪われるんですか!? 」と聞かれたら、何と答えますか?(2020/7/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
米国との密な連絡、習近平主席の指導 〜数字で読み解く中国の新型コロナ白書(前編)
中国政府は6月7日、新型コロナウイルスの初の患者発生から封じ込めまでの取り組みを白書として公表。内容は、米国などの海外からの批判に対し、中国がいかに適切に対応したかをアピールしたもので、時期により5段階に分かれている。ここでは、2020年2月中旬までの最初の2段階を紹介する。(2020/6/18)

【8年前の今頃は?】2ちゃんねる、まとめサイトに名指しで「転載禁止」警告
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/4)

香川ゲーム条例、専門家に聞くパブコメの問題点 「公開性や透明性に疑問」「香川県の民主主義が問われている」
千葉大学大学院社会科学研究院の横田明美准教授に聞きました。(2020/5/17)

新連載・働き方の「今」を知る:
話題の「社員PC監視ツール」がテレワークを骨抜きにしてしまう、根本的理由
テレワークで従業員がサボらず仕事しているかを“監視”するシステムが話題になった。テレワークは本来「成果」を出すためなら「働く場所」を問わない制度のはず。こうしたシステムが出てくれば、テレワークが骨抜きになってしまい、生産性を高める「成果主義」が定着しない、と新田龍氏は指摘する。(2020/5/4)

動画の世紀:
映像の加工はどこまで許される? 「グレーゾーン」ディープフェイクの登場
ディープフェイクはどこまで許されるのか、という問題について、小林啓倫さんが考えます。(2020/2/28)

ものになるモノ、ならないモノ(85):
プライバシーは? 消費電力は? エストニアで成功した「医療ブロックチェーン」が日本でも実現可能な理由
医療分野におけるブロックチェーン利用を推進する、国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長の水島洋氏に、日本での実現可能性や今後の展望を聞いた。(2020/2/7)

Twitter、改ざんされたコンテンツに「操作されたメディア」ラベルを付ける新ルール
Twitterに投稿されたコンテンツが「他者を惑わすような方法で大幅に改ざんまたは捏造されている」と判断した場合に「操作されたメディア」ラベルを付けます。(2020/2/5)

Twitter、ディープフェイク対策の新ルール 削除あるいはラベリング
Twitterが、「利用者を欺くことを意図して改ざんまたはねつ造されたメディア」対策の新ポリシーを発表した。対象となるコンテンツはラベル付けあるいは削除される。(2020/2/5)

いきものがかり・山下穂尊、女性トラブル告発に「事実無根です」 法的措置も視野に
17日発売の『FRIDAY』で女性トラブルが報じられています。(2020/1/17)

スピン経済の歩き方:
「ほら、日本ってめちゃくちゃでしょ」 ゴーン氏の逆襲をナメてはいけない
カルロス・ゴーン氏が、会見を開く予定だ。「大丈夫でしょ。悪いのは彼なんだし」「すぐに逮捕して、日本に戻せ」といった声が聞こえてきそうが、大きな声をあげればあげるほど、日本にダメージを及ぼすリスクがあるのだ。どういうことかというと……。(2020/1/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「怠い」
「怠惰」の「怠」。(2019/12/13)

【なんて読む?】今日の難読漢字「御田」
あまり田んぼっぽくない。(2019/12/12)

【なんて読む?】今日の難読漢字「戦慄く」
「戦慄」は「せんりつ」でおなじみだけど……?(2019/12/11)

【なんて読む?】今日の難読漢字「努努」
ゆ○○○(2019/12/10)

【なんて読む?】今日の難読漢字「嬢はん」
「お嬢さん」とは別の読み方(2019/12/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「御数」
頭に「お」がつくのには、こんな理由がある。(2019/12/8)

「捏造は毎回普通に傷つく」 高畑充希、相武紗季との“不仲説“を吹き飛ばすインスタ投稿に反響
これは仲良し。(2019/12/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「焜炉」
片仮名で書くことの方が多い?(2019/12/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「寸寸」
ヒント:ず○○○(2019/12/6)

【なんて読む?】今日の難読漢字「既のところで」
ちょっと読み方を変えれば……(2019/12/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「捏ち上げ」
意味を考えたら、読めるかも……?(2019/12/4)

現代書館、石川優実さんの書籍『KuToo』を巡る「捏造」批判に反論 「クソリプ」掲載はあくまで「引用」「原文のまま」
ネット上では、引用しているツイートの一部を削除していることなどが「捏造(ねつぞう)」や「改ざん」にあたるのではないかと批判されていました。(2019/12/1)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(6):
「品質不正リスク」を見抜く内部監査、見るべきポイントを解説
ISO9001を取得していているにもかかわらず、品質不祥事を起こした企業の調査報告書では、「内部監査の形骸化」が発生原因として取り上げられています。ISOの内部監査ではデータ改ざんなどの不正を前提としていないことが要因です。本稿では、「品質不正リスク」に着目し、それぞれの代表的なリスクに対する自社の対応状況を監査するための視点を例示します。(2019/11/25)

Twitterがディープフェイク対策に、ユーザーに新方針に関するアンケート実施
ディープフェイク対策として新しく検討している方針「『合成または操作された媒体」に警告を表示する」について、Twitterがユーザーの意見を募っている。アンケートは日本語版もあり、回答期限はグリニッジ標準時の11月27日まで。(2019/11/12)

Twitter、ディープフェイク投稿対策でアンケートを実施中
Twitterが、手が加えられたり捏造されたりした写真や動画、いわゆるディープフェイクを含む投稿にどう対処すべきかをユーザーに問うアンケートを開始した。警告ラベルを貼るべきか、削除すべきかなどの項目がある。(2019/11/12)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「エーアイクエスト 〜そして分析へ〜」 辞令と社内調整とセキュリティと呪われし責任者
AI事業部を立ち上げるぞ――大企業で新規事業を立ち上げるときにはどんな困難を伴うのか。RPGっぽく解説してみた。(2019/11/1)

架空世界で「認証」を知る:
ドラゴンクエストの「ふっかつのじゅもん」で味わう認証の奥深さ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第22回のテーマは「ドラゴンクエスト」。(2019/10/22)

ネッシーの正体、巨大ウナギか ネス湖の水からウナギのDNAが大量検出
仮にでっかいウナギだったとしても、それはそれでネッシーなのでは?(2019/9/6)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
データサイエンティストが今すぐ「アルキメデスの大戦」を見るべき理由
データサイエンティスト視点で映画「アルキメデスの大戦」を見ると・・・・・・? AI開発の現場に詳しいマスクド・アナライズ氏が解説。(2019/9/4)

WhatsAppの脆弱性をセキュリティ企業が発表 Facebookは反論
セキュリティ企業Check Pointによると、脆弱性を悪用されれば個人が送ったメッセージやグループチャットの会話を傍受され、改ざんされる恐れがある。(2019/8/9)

ビジネスとブロックチェーンの関係 AWSジャパンに聞く
ソニー・ミュージックがAWSとブロックチェーンを組み合わせた著作権処理・管理システムを発表した。実ビジネスにブロックチェーンを組み込むということはどういうことなのか。AWSジャパンに聞いた。(2019/7/19)

スピン経済の歩き方:
「二段階認証うんぬん」発言から読み取れる、セブンの危機的状況
不正アクセスの問題を受けて、7payの社長は記者からの質問に詰まってしまった。「二段階認証も知らないのか」「信じられない。それでも社長?」といった声が飛び交っていたが、メディアトレーニングを行っている筆者の窪田氏はこの会見をどのように見ているのか。(2019/7/9)

BPO、日テレ「イッテQ!」祭り企画は放送倫理違反 初開催や不定期開催の祭りを「年に1度の」と紹介していた企画が12件あったと報告
開催実績や開催経緯などの説明に誤りがあったとして「祭り」企画を当面休止すると報告していた。(2019/7/6)

おじさんが女子高生の接近から必死に逃げる 社会的な死とのサバイバルホラー漫画『中年卍』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第98回。平穏な人生を送りたい校務員のおじさんに迫りくる、女子高生の事案――!(2019/6/23)

「デマや捏造した写真を拡散する方が沢山いる」 AKB48エース候補・矢作萌夏、熱愛報道を否定
「文春オンライン」がスクープとして矢作さんの熱愛を報じていました。(2019/6/9)

tsumug.edge:
「電子国家」なのに不便? エストニアに住む日本人が見た、電子国家の本当の意味
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けします。(2019/5/31)

動画の世紀:
ノートルダム大聖堂火災と9.11と陰謀論
パリのノートルダム大聖堂で起きた火災は、YouTubeで大きな騒動となった。9.11と結びつけた陰謀論である。(2019/5/7)

「あなたの番です」が「あなたの番ナリ」に 民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」が不正アクセス認め謝罪
TVerは不正アクセスの事実を認め、とTwitter上で謝罪しています。(2019/4/29)

製造マネジメントニュース:
住友重機械が不適切検査の調査報告書を公表、外部有識者は調査に参加せず
住友重機械工業は2019年3月28日、同年1月に発表した不適切検査について調査報告書と再発防止策を発表した。(2019/3/29)

これからのAIの話をしよう(データ編):
“数字に弱いニッポン”、統計不正で露わに 「データの歪み」なぜ放置? 国会議員×元日銀マンが斬る
続々と問題になる、政府による統計不正。厚生労働省の「毎月勤労統計」の報道を皮切りに、データをめぐる諸問題について、エコノミストの鈴木卓実さんと立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が議論した。(2019/3/13)

本当に痩せるサプリは「ほぼ毒」!? 専門家が語る「ダイエット商材の闇」とは
国内最大級のダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんに聞きました。(2019/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。