ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gateway」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Gateway」に関する情報が集まったページです。

「牛?」 「高輪ゲートウェイ駅」に古参PCユーザーつぶやく
田町〜品川駅間の新駅の名称「高輪ゲートウェイ」駅が話題になっている。これを聞いた古参のPCユーザーの多くは、牛柄の箱が印象深かった往年のPCブランド「Gateway」を思い出しており、Twitterには「牛パソ」をなつかしむ声が集まっている。(2018/12/4)

エイサー、製品購入で最大10万円のギフトカードが当たる「Acer Day」キャンペーン
日本エイサーは、同社製品購入者を対象とした抽選プレゼントキャンペーン「Acer Day」を開始した。(2017/8/3)

熊本地震による各PCメーカーの特別修理サービスまとめ
4月14日に発生した熊本地震に伴い、各PCメーカーは被災者に対して特別な修理サービスを開始しています。(2016/4/18)

「eMachines」開発終了 Acerに統合
格安PCとして知られた「eMachines」が開発終了。Acerブランドに統合される。(2013/2/4)

エイサー、6万円台のCore i5搭載モバイルノート「EC19C-A52C/S」
日本エイサーは、GatewayブランドモデルとなるCore i5搭載ノートPC「EC19C-A52C/S」を発売する。(2010/11/24)

エイサー、“Gateway”ブランドの2010夏モデルノート4シリーズ
日本エイサーは、GatewayブランドモデルとなるノートPC4シリーズ計10製品を発表した。(2010/7/14)

こちらが先の“VISION”だからね:
「AMD VISION」は着実に増えつづける
AMDが「プロセッサやスペックについて語るのはやめて」始めたAMD VISIONブランド。2010年の夏モデルで登場した“VISION”なPCが集合した。(2010/6/22)

エイサー、実売約7万円のAthlon II搭載ノート「NV53A-H32D/S」
日本エイサーは、GatewayブランドモデルとなるAthlon II搭載スタンダードノートPC「NV53A-H32D/S」を発売する。(2010/5/26)

エイサー、新デザイン筐体採用のCore i3/i5搭載ノート「NV59C」
日本エイサーは、Gatewayブランドモデルとなる新デザイン筐体採用ノートPC「NV59C」シリーズを発表した。(2010/4/21)

Gateway、“バレンティーノ・ロッシ”デザインのCULVノート「VR46-H22B」
日本エイサーは、MotoGPライダー“バレンティーノ・ロッシ”をモチーフとしたデザイン筐体を採用するモバイルノートPC「VR46-H22B」をGatewayブランドより発売する。(2010/4/16)

エイサー、7万円台からのCore i3搭載ノートPC「NV5900」
日本エイサーは、GatewayブランドモデルとなるCore i3搭載ノートPC「NV5900」シリーズを発売する。(2010/2/22)

WMスマートフォンも投入か:
「価格破壊? いえ、当たり前の価格なのですが」──エイサーの野望 2010
2009年、低価格ノートPCの流行を生んだ日本エイサー。今後はどう攻めるか、セン社長が2010年の国内事業計画とその展望を語った。(2010/1/27)

日本エイサー、23型ワイド液晶/地上デジチューナー搭載の一体型PC「ZX6800-43」
日本エイサーは、Gatewayブランドの液晶ディスプレイ一体型PC“Gateway One”の新モデル「ZX6800-43」を発売する。(2010/1/21)

実売4万円前後:
エイサー、新型Atomを搭載したNetbookなどGatewayブランドから2製品
日本エイサーは、Atom N450搭載Netbook「LT2100」シリーズと、8時間駆動を実現したCULVノートPC「EC140D」シリーズをGatewayブランドから発売する。(2010/1/6)

エイサー、Gatewayブランドのベーシックノート「NV4400」など2シリーズ
日本エイサーは、GatewayブランドモデルとなるノートPC計2シリーズ「EC5800」「NV4400」を発売する。(2009/11/10)

1366×768ドット+1.3キロ+8時間+デュアルコア+“7”搭載=5万円台:
「日本のPC、高すぎます」──これでどうだ、エイサーの5万円台「Aspire Timeline」新シリーズ
日本エイサーはacerブランドのWindows 7搭載新モデルを一挙に発表。デュアルコアCULVプロセッサ搭載で5万円台の新Aspire TimelineやフェラーリオフィシャルPC「Ferrari one」などを披露した。発売は10月22日から。(2009/10/13)

エイサー、2万円台のフルHD対応23型ワイド液晶「FHX2300」など2製品
日本エイサーは、Gatewayブランドモデルとなる23型ワイド液晶ディスプレイ「FHX2300」および20型ワイドモデル「HX2000」を発表した。(2009/9/7)

エイサー、超低電圧版Celeron搭載のモバイルノート「EC1400-31K」
日本エイサーは、Gatewayブランドモデルとなる11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「EC1400-31K」を発表した。(2009/9/7)

米顧客満足度、Appleが6年連続で首位
米国のブランド別顧客満足度調査で、PC部門はAppleが、検索部門ではGoogleが首位を守った。(2009/8/19)

エイサー、“Gateway”デスクトップ/ノートPCのスペックアップモデルを発売
日本エイサーは、“Gateway”ブランドモデルとなるデスクトップPC「DX」「SX」シリーズ2製品、およびノートPC「NV」シリーズ5製品の販売を開始する。(2009/8/7)

エイサー、GatewayブランドのGeForce GTX 260M搭載ゲーミングノートPCなど2製品
日本エイサーは、GatewayブランドモデルとなるノートPC計2モデル「P7900-37FX」「EC3800」を発表した。(2009/7/10)

日本エイサー、Windows 7への優待アップグレードを発表
日本エイサーは、Acer、eMachines、Gatewayの3ブランドで展開する同社製PCを対象とした「Windows 7アップグレードキャンペーン」の詳細を発表した。(2009/6/26)

Core 2 Duo+8時間+8万円台で「市場に革命を起こす」──エイサーの“本命”「Aspire Timeline」発表
日本エイサーは、Acerブランドの新シリーズ「Aspire Timeline」を発表。Core 2 Duoと8時間駆動、1キロ台、2Gバイトメモリ、1366×768ドットの13.3型ワイド液晶を搭載し、8万円台という低価格を実現した。6月5日に発売する。(2009/5/22)

Gateway、11.6型ワイド液晶を備えたAtom搭載ミニノート「LT3000」など4シリーズ
日本エイサーは、GatewayブランドのAtom搭載ミニノートPC「LT3000」、およびデスクトップPC計3モデルを発表した。(2009/5/20)

国内シェアトップ5へ:
第3世代「Aspire one」など新製品群を公開――日本エイサーの野望 in Tokyo
日本エイサーがこの夏に国内市場へ投入する新製品の発表会を実施した。まずは第3世代Aspire oneに位置付けられる「Aspire one D250」が登場する。(2009/4/15)

Gateway、BDドライブ搭載ハイスペックモデルなどデスクトップPC5製品
日本エイサーは、GatewayブランドのデスクトップPC「DX Series」「LX Series」の取り扱いを発表した。(2009/2/5)

Gateway、18.5型ワイド液晶内蔵のボード型デスクトップPC「ZX Series」
日本エイサーは、Gatewayブランドの液晶一体型デスクトップPC「Gateway ZX Series」の取り扱いを発表した。(2009/2/5)

不況は“追い風”?――日本エイサーの野望2009
Aspire oneの成功によって日本市場での存在感を増すエイサーが2009年の事業戦略について説明した。2008年の本格参入から「5年以内に国内PC市場でトップ5へ」は実現するのか。(2009/2/2)

ゲートウェイ、Atom/8.9型ワイド液晶内蔵のミニノート「LT1001j」を発表
ゲートウェイは、同社初となるAtom搭載ミニノートPC「Gateway LT1001j」を発表した。(2008/12/10)

「Core i7」搭載デスクトップPCが各社から続々登場
インテルの最新CPU「Core i7」の正式発表を受けて、直販PCメーカー各社が一斉にCore i7搭載PCを発表した。(2008/11/18)

ゲートウェイ、日本向けデスクトップ/ノートPC新モデルを投入――地デジモデルも
米Gatewayは、「Gateway」「eMachines」ブランドのデスクトップ/ノートPC新製品を発表した。(2008/10/22)

PCを選ぶ理由はスペックじゃない──ACERが示す「このユーザーにはこのブランド」
Gateway、eMachines、Packard BellとPCベンダーを積極的に吸収していくACER。そこには、ただ膨張するだけではない、PC市場の変化を見据えた戦略があった。(2008/10/15)

Gateway、Centrino 2採用のハイスペックノートPC「P-7812jFX」など2製品
米Gatewayは、Centrino 2採用ノートPC計2製品「P-7812jFX」「M-7810」を発表した。(2008/8/27)

GatewayがPC直販終了、“100%間接販売”に
直販メーカーとして知られてきたGatewayだが、今後は小売店などを介してのみPCを販売する。(2008/7/29)

eMachines、地デジチューナー搭載デスクトップPCなど3製品
米Gatewayは、「eMachines」ブランドのデスクトップPC新モデル計3製品を発表した。(2008/7/23)

ゲートウェイ、クアッドコア搭載ゲーミングPCなど4製品を発表
米Gatewayは、ハイスペックデスクトップPC「FX」シリーズの新モデルなど計4製品を発表した。(2008/7/23)

WUXGA液晶×GeForce 8800M GTS:
ゲートウェイ、ハイエンドゲーミングノートPCを日本市場に投入
米GatewayのハイエンドノートPC「Gateway P-6861jFX」が5月中旬から発売される。グラフィックスにNVIDIA GeForce 8800M GTSを採用したゲーミング仕様だ。(2008/5/8)

ゲートウェイ、ゲーマー向けハイスペックデスクトップPC「FXシリーズ」第1弾製品をリリース
米Gatewayは、ハイスペックデスクトップPC「FX」シリーズの日本市場向け第1弾製品「Gateway FX7028j」を発表した。(2008/3/24)

Acer、台湾のスマートフォンメーカーを買収
Acerは、E-TEN買収によりスマートフォン分野での基盤を固めるとともに、ウルトラモバイル分野での競争力強化も図る。(2008/3/4)

ゲートウェイ、14.1インチワイド液晶搭載ノートなど春モデルを投入
米Gatewayは、日本市場向け「Gateway」「eMachines」ブランドモデルのデスクトップ/ノートPC計8製品を発表した。(2008/1/23)

HPとDellの差開く――2007年の世界PC市場
2006年はHPとDellの市場シェアにほとんど差がなかったが、2007年は差が開き、またGatewayを買収したAcerがLenovoを抜いた。(2008/1/17)

Gatewayのエド・コールマンCEO、辞任へ
Acerが買収したGatewayのコールマンCEOが辞任を発表した。(2007/12/15)

2007年第3四半期のノートPC出荷台数、5四半期連続でHPが首位
2007年第3四半期の世界全体でのノートPC出荷台数では、HPが前年同期比72%と大きく伸ばし、首位の座を維持した。(2007/12/4)

Gateway、「eMachines」ブランドの新デスクトップPC計3モデルを発表
米Gatewayは、eMachinesブランドの日本向けデスクトップPC新モデル計3製品「eMachines J3234」「同 4482」「同 4486」を発表した。(2007/10/25)

Acer、Gatewayの買収を完了
(2007/10/17)

Gateway、Packard Bell買収を発表
米国のGatewayと欧州のPackard Bellが、Acerの傘下に入ることになる。(2007/10/9)

Gateway、「iMac似」のGateway One発表
液晶一体型で、キーボードやマウスはワイヤレスと、デザイン性を追及したPCだ。(2007/9/28)

Gateway、法人部門売却
法人部門の売却により、Gatewayはコンシューマー市場に集中する。(2007/9/7)

2008北京オリンピックはLenovo抜きに語れない
2006年のトリノ冬季オリンピックに続き、2008年夏の北京オリンピックでもハードウェアの提供を行っているLenovo。その舞台裏を紹介しよう。(2007/9/4)

Gatewayは復活を果たせるか――Acerが買収の裏事情
1980年代半ばの設立時、Gatewayは牛柄模様が目印だった小さな会社から、PC市場にインパクトを与える巨大PCベンダーへと姿を変えた。(2007/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。