ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「幻冬舎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「幻冬舎」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
宇都宮のライトライン、東側の成功と西側延伸が必要な理由
栃木県宇都宮市と芳賀町にまたがるLRT「ライトライン」が好調だ。路面電車としては75年ぶりの新規開業で、開業から5カ月で予想の1.2倍の約190万人が利用した。4月1日のダイヤ改正で所要時間短縮、通勤通学時間帯の増便、最混雑時間帯の快速運転を実施の予定で、宇都宮駅西口以西の延伸計画も動き出す。(2024/2/24)

冷たそうな“瓶ラムネ”の絵に隠れた「ねこ」を探せ! よーく見てみると分かるかも?
シュワシュワ〜♪(2024/2/21)

おいしそうな“かき氷”の絵に隠れた「くま」を探せ! そこにいたら食べられちゃうぞ
つめたーい!(2024/2/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
実現すれば世界初? 特急車両に水素エンジンを載せる? JR東海と組んだベンチャーに聞く
JR東海が2023年12月、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を公開した。鉄道の脱炭素の多くが燃料電池方式で、水素エンジンは鉄道業界では初耳。JR東海は、この水素エンジンをi Laboと開発するという。i Laboとはどんな会社か、さらに水素エンジンの仕組みと可能性などを取材した。(2024/2/16)

おしゃれな街なみの絵に隠れた「いぬ」を探せ! 思わぬところで発見できるぞ
み〜つっけた!(2024/1/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

年収・学歴が高いほど「本を読む」真実
(2024/1/26)

森香澄、「美人妹」と旅行中の仲良し姿が華いっぱい 直近のダンス動画も“そっくり”と反響 「香澄ちゃんが2人いるかと」
妹さんもかわいい……!(2024/1/24)

ブルーベリーケーキの絵に隠れた「ねこ」を探せ! 見つけた瞬間「かわいい〜っ」
食べたい!(2024/1/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2024年春ダイヤ改正、どうなる首都圏の通勤事情
3月16日、2024年のJRダイヤ改正が行われる。最大のトピックは北陸新幹線の金沢〜敦賀間延伸開業だ。運賃制度にも変更がある。今回はJR東日本のダイヤ改正を中心に、首都圏の通勤通学環境の変化を見ていこう。(2024/1/13)

天ぷらそばの絵に隠れた「うさぎ」を探せ! えっ、まさかソコにいるとは……
温まる〜っ!(2024/1/7)

そのおててを口にふくみたい―― 愛猫ツナへの想いを語ろうとしたけど「とにかくかわいい」しか出てこなかった
斉藤ナミさんによる猫愛コラムです。(2023/12/28)

お弁当の絵に隠れた「ねこ」を探せ! なんとも上手に隠れるねえ〜っ
おべんとばっこに♪(2023/12/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「リニア中央新幹線」の静岡は、いまどうなっているのか 論点を整理してみた
JR東海が建設中のリニア中央新幹線だが、静岡県が着工を認めない。静岡県も知事も建築反対のように見えるが、賛成の立場だという。そこでいったん立ち止まって、リニア中央新幹線とは何か、現在の論点は何かを整理してみた。(2023/12/15)

クリスマスの絵に隠れた「うさぎ」を探せ! 意外なところで見つかるぞ……っ
ジングルベール!(2023/12/13)

サプライチェーン改革:
複雑化する調達課題、今日から意識すべき4つのサプライチェーンリスク
MONOistのライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜資材高騰・部品不足に対するレジリエンスとは〜」で実施した未来調達研究所 経営コンサルタントの坂口孝則氏による基調講演を紹介する。(2023/12/4)

うどんの絵に隠れた「ねこ」を探せ! そんなところにいるなんて……っ
温かいうどん食べたい。(2023/12/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
QRコード、タッチ決済 鉄道はキャッシュレス乗車でどのように進化するか
JRや大手私鉄では、すでに交通系ICカードが普及・定着したにもかかわらず、QRコードやクレジットカードのタッチ決済が導入されつつある。交通系ICカードで十分なはずが、なぜQRコードやクレジットカードタッチ乗車にも対応するのか。これからどうなっていくかを考えてみたい。(2023/11/25)

串焼きの絵に隠れた「くま」を探せ! 思わぬところで見つかるよ
バーベキューしたくなっちゃう。(2023/11/22)

格安SIM/モバイルWi-Fi「幻冬舎MOBILE」提供開始 出版相談もできるオリジナル特典付き
4つの格安SIMプランとモバイルWi-Fiサービスを提供する「幻冬舎MOBILE」がスタート。電子書籍購入に利用できるクーポン配布やライフスタイル誌「GOETHE」読み放題、著者独自のコンテンツ配信などを行う。(2023/11/13)

【隠し絵クイズ】栗の絵に隠れた「ハリネズミ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/11/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
利用されない指定席券売機 やっぱり「駅の窓口廃止」は間違っている
インターネット予約のおかげで、新幹線の移動はとても便利になった。交通系ICカードと予約情報をひも付ければきっぷは不要。しかし便利なのは移動が新幹線で完結する場合だけで、在来線を乗り継いだり、一筆書き経路では窓口がないとお手上げだ。ところがその窓口が激減している。(2023/11/10)

小寺信良のIT大作戦:
徳島の「学校タブレット大量故障」にみる、GIGAスクールの“想定外” なぜそんなに壊れるのか
10月27日に朝日新聞が報じたところによれば、徳島県教育委員会が手配した約1万5000台のWindowsタブレットのうち、3500台以上が故障で使えなくなり、授業に支障が出ているという。なぜこのようなことが起こるのか、そして教育デバイスに求められる現実解を考える。(2023/11/10)

【隠し絵クイズ】おでんの絵に隠れた「くま」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/11/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ中央線は「グリーン車」を導入するのか 2つの“布石”が見えてきた
JR東日本が中央線快速電車に導入するグリーン車を、2024年度末の導入に向けて報道公開した。グリーン車は日本の鉄道の上級座席だが、なぜ上級座席があるのか。中央線快速電車のグリーン車導入を、大手私鉄の通勤用着席サービス列車と並べた報道もあったけれど、経営施策としては意味合いが違う。(2023/10/28)

【隠し絵クイズ】ハンバーガーの絵に隠れた「ネコ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/10/22)

【隠し絵クイズ】ピザの絵に隠れた「いぬ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/10/18)

まだ話せない赤ちゃん、「だっこしてほしいの?」と聞いてみると…… 育児の何気ないワンシーンを描いたマンガに思わずほっこり
かわ……かわいい!(2023/10/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ西武鉄道は中古を購入するのか 東急と小田急にも利点がある
2023年9月26日、東急電鉄と小田急電鉄の中古車両を西武鉄道に譲渡すると、3社連名で発表した。今回は日本の鉄道史上極めて珍しい事例で、鉄道事業経営の面からも興味深い。そしてこの西武鉄道発案の電車売買は、結果として3社にとって利点のある提案だった。(2023/10/14)

【隠し絵クイズ】秋の絵に隠れた「いぬ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/10/6)

【隠し絵クイズ】クッキーの絵に隠れた「ねこ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/9/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
年末年始、なぜ「のぞみ」を全席指定にするのか 増収より大切な意味
JR東海とJR西日本が、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始の3大ピーク時に「のぞみ」を全列車指定席にすると発表した。利用者には実質的な値上げだが、JR3社は減収かもしれない。なぜこうなったのか。営業戦略上の意味について考察する。(2023/9/23)

【隠し絵クイズ】天ぷらの絵に隠れた「くま」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/9/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「品川駅」改良の全体像が見えてきた 交通結節点としてどうなる?
京急電鉄とJR東日本が連名で品川駅周辺の開発計画を発表した。京急電鉄の地平プラットホーム化で生まれる上部空間にビルや低層デッキができる。これで品川駅周辺のまちづくりプランがそろった。そして品川駅は今後、リニア中央新幹線、東京メトロ南北線分岐線と、交通結節点としてもさらに便利になる。(2023/9/9)

【隠し絵クイズ】カプセルトイの絵に隠れた「ねこ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/9/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
関東大震災復興のため東京に地下鉄網をつくれ 100年前の構想図見つかる
東京・日比谷の「後藤・安田記念東京都市研究所」で、100年前の地下鉄整備検討資料が見つかった。9月22日まで、同研究所がある市政会館で展示されている。今回は、この資料などをもとに「東京の地下鉄年表」を作成し、複数の計画案を「現在の地図上に路線図」として描いてみた。(2023/8/28)

【隠し絵クイズ】韓国料理の絵に隠れた「うさぎ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/8/25)

【後編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 認知施策は不要、「興味からズドン」で購買へ至るカラクリ
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(後編)。(2023/8/22)

【前編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 ショート動画がもたらしたマーケティングの新潮流
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(前編)。(2023/8/22)

【隠し絵クイズ】クレープの絵に隠れた「くま」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/8/16)

【隠し絵クイズ】ホットドッグの絵に隠れた「ねこ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/8/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
それでも沖縄に鉄道をつくってあげたい 「ゆいれーる」で効果は証明
ホノルルで鉄道路線「スカイライン」が開業した。かつてハワイには鉄道があったが廃止され、現在は自動車の交通渋滞が深刻なことから鉄道路線が復活した。鉄道終了、深刻な交通渋滞、観光産業中心の3点がよく似た島が沖縄本島だ。日本政府は沖縄本島に、モノレールとは別に鉄道を建設すべきと考えた。(2023/8/11)

【隠し絵クイズ】カレーの絵に隠れた「いぬ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/7/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
もはや東京郊外ではない!? 関東の鉄道新線は「県都」に向かう
東京都市圏も大阪都市圏も鉄道新線計画が多く、そのほとんどが通勤路線だ。東京の周辺都市は、鉄道の発達とともに「東京通勤圏」として発展してきた。しかし近年の鉄道構想は「県都通勤圏」の充実にあるようだ。神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県の県都アクセス路線構想を俯瞰(ふかん)してみた。(2023/7/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“期待外れ?”の京阪電鉄中之島線はこのままなのか 再生のカギは2つ
京阪電鉄中之島線は、大阪市の中之島地区を東西に貫く約3キロメートルの地下路線だ。大阪中心部の東西交通と、中之島西部地区再開発の期待を受けて建設されたが、その期待に十分に応えられずに今日に至る。しかし、今度こそ使命を果たせるかもしれない。(2023/7/18)

【隠し絵クイズ】こけしの絵に隠れた「うさぎ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/7/16)

【隠し絵クイズ】パンケーキの絵に隠れた「猫」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/7/5)

【隠し絵クイズ】観葉植物の絵に隠れた「いぬ」はどこ? 見つけたらうれしくなっちゃう問題に挑戦しよう
見つかる→かわいい!(2023/6/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR「羽田アクセス線」は特急専用路線になる、その3つの根拠
6月2日、JR東日本「羽田アクセス線(仮称)」の起工式が行われた。宇都宮線・高崎線・常磐線方面から羽田空港への直行が実現する。報道では毎時4往復・1日72本運行とされ、稼働時間は単純計算で9時間。短すぎる。筆者は「成田エクスプレス」と同様、特急専用路線にするつもりではないかと予想する。(2023/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。