ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「グルジア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グルジア」に関する情報が集まったページです。

ねばり勝ち:
おまめのフジッコ「カスピ海ヨーグルト」の成長が止まらない理由
フジッコの「カスピ海ヨーグルト」が成長を続けている。2005年の発売以降、右肩上がりに売り上げを伸ばし続けているのはなぜだろうか。マーケティング推進室室長の紀井孝之さんに、“ねばり勝つ”戦略について聞いた。(2019/2/4)

女性に好評:
インスタ映えする「カラーワイン」 魅惑の彩り人気 黒・緑・黄・桃色……
アルコールを楽しむ機会も多い年末年始。明るい気分をさらに楽しくさせる、「カラーワイン」が人気を集めている。黒・緑・黄・桃色…と色のバリエーションも豊富。中でもオレンジワインは、インスタ映えを求める女性たちのハートを射止めている。SNSを中心とした盛り上がりを受け、取り扱う飲食店も増えている。(木村郁子)(2018/12/28)

信じていれば奇跡は起こる――行方不明の愛犬と3年ぶりの感動の再会! 思わず涙が……
元気でいてくれて良かった!(2018/10/14)

雑踏の中から要注意人物を即座に特定 NECの顔認証ソフトがジョージアの街中監視システムに採用
NECは、ジョージア(旧グルジア)に顔認証を活用した街中監視システムの提供を行った。(2017/7/28)

組み込み開発視点で見る「IoTの影」(5):
ユーザーが意識しないIoTセキュリティを実現する
開発側はとにかく、利用者側は「IoTのセキュリティ」をどれだけ気にしているのだろうか。開発側は楽観視することなくIoTセキュリティの全体像を把握し、セキュリティに注意を払わねばならない。(2017/1/16)

星4つ! 名糖産業「乳酸菌1000億個キャンディ」をレビュー!
今回選んだのは名糖産業の「乳酸菌1000億個キャンディ」(98円/税込、店頭価格)です。(2016/9/8)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
世界で通用する4K/HDRドラマに、NHK「精霊の守り人」の挑戦――「mipTV2016」レポート(後編)
4K/8Kと並び、次世代の映像技術として注目を集めているHDR(ハイダイナミックレンジ)。映像業界のご意見番・麻倉怜士氏のmipTVリポート後編は、NHKが“世界で売れる4K”を目指して製作した「精霊の守り人」の話題を中心に世界のHDR動向を見ていこう。(2016/6/16)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

アイツーの「トラベルSIM」がVer2.0へアップデート――モバイルルーターに対応
アイツーのデータ通信向け「トラベルSIM データ」がVer2.0へアップデート。SIMロックフリーのモバイルルーターで利用可能となる。(2015/11/13)

写真展:
フォト・プレミオ2015 三熊將嗣 写真展「Into the world of Pirosmani」
(2015/8/31)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
日本でも視聴できる!――映画の街で見つけた最新4Kコンテンツの感動ポイント
仏カンヌで開催された「miptv」で、麻倉怜士氏は感動的な4Kコンテンツをいくつも発見した。欧州の最新4K事情とともに、日本でも視聴できる4Kコンテンツを紹介してもらった。(2015/8/27)

チェスのトッププレイヤーがトイレでスマホを使って「カンニング」をしていたことが発覚
チェスアプリを使って対局を分析していました。(2015/4/23)

グルジアが「ジョージア」に呼称変更 「缶コーヒーみたい」と困惑の声も
珍しい事態に色々な反応が出ています。(2015/4/23)

ファイア・アイCTOに就任した名和氏が解説:
個人情報には見向きもしない、ロシア発のサイバースパイ活動「APT28」
ファイア・アイの最高技術責任者(CTO)に就任した名和利男氏が、ロシア政府から支援を受けた標的型攻撃と思われる「APT28」に関する説明会を開催。機密情報を狙うサイバースパイ活動に対処するため、「潜在的な脅威」を積極的に検知する取り組みが必要だと述べた。(2014/11/25)

日本にちらつく? 国家によるサイバースパイの影
海外では国家が関与するサイバースパイ行為や社会インフラへの攻撃が常態化しつつあるが、日本も無縁ではなくなりつつあるとファイア・アイ。(2014/11/25)

各国の軍事情報を狙うサイバースパイ、ロシア政府が関与か
FireEyeは一連の攻撃について、「ロシア政府がスポンサーしている可能性が極めて大きい」と推測する。(2014/10/29)

伊吹太歩の時事日想:
売春、密輸、麻薬――“アングラ経済”で世界のGDPランキングが変わる(かも)
欧州でGDPの算出方法が変わろうとしている。売春や麻薬といった違法な経済活動で発生したカネもGDPに含めるという。こういった“アングラ経済”は私たちが思っているよりも規模が大きく、各国のGDPが一変する可能性があるのだ。(2014/6/5)

藤田正美の時事日想:
世界を脅かしているウクライナ危機――最悪のシナリオとは
ウクライナ危機は世界を脅かしているが、日本の株式市場はそれほど影響を受けていない。しかし世界最大の債券運用会社の元CEOが、フィナンシャルタイムズ紙に“最悪のシナリオ”を寄稿した。その内容とは……。(2014/3/26)

「中国五千年の歴史」は大嘘だった? 中国の本当の姿とは
“中国の歴史はうそだらけ”という憲政史研究者・倉山満氏の主張とは? 中国の歴史や日本との関わりについて聞きました。(2013/7/9)

新興国小売市場への参入魅力度ランキング:
トップ3を南米が独占、インドが9つ順位を落とし14位に――A.T.カーニー調査
 「2013年グローバル・リテール・デベロップメント指標(以下GRDI:Global Retail Development Index)」――経営コンサルティング会社のA.T.カーニーは世界の新興国小売市場参入魅力度ランキングを発表した。(2013/6/13)

警察になりすます「身代金要求型マルウェア」、スペイン当局が犯人逮捕
FBIなどの機関をかたって金銭を脅し取ろうとするランサムウェアの犯人がスペインの警察当局に逮捕された。(2013/2/18)

タイムアウト東京のオススメ:
ボルシチで寒さを吹き飛ばす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2013/1/22)

ロシアのサイバー攻撃にグルジアがマルウェアで反撃、「ハッカー」の写真を公表
ロシアからサイバー攻撃を受けたと訴えているグルジア政府が、ハッカーのコンピュータを逆に乗っ取って撮影したとする写真を公表した。(2012/11/1)

追跡:
サイバー犯罪者に迫る最新セキュリティ技術――トレンドマイクロ技術セミナー
トレンドマイクロのセキュリティエキスパート「Forward looking Threat Research」チームが来日し、サイバー犯罪者の素顔に迫る最新技術を解説した。(2012/10/12)

KDDI、「海外ダブル定額」の対象事業者を拡大――世界100エリアで利用可能に
KDDIは、海外でのパケット通信を1日定額にする「海外ダブル定額」について、対象事業者を新たに23社追加し、対応するエリアを全世界で100に拡大する。(2012/6/29)

新興国小売市場への参入魅力度ランキング:
新興国参入魅力度はブラジルが2年連続1位、ボツワナが20位で初登場――A.T.カーニー調査
「2012年グローバル・リテール・デベロップメント指標(以下GRDI:Global Retail Development Index)」――経営コンサルティング会社のA.T.カーニーは世界の新興国小売市場参入魅力度ランキングを発表した。(2012/6/18)

ソフトバンクの「海外パケットし放題」、カナダとサイパンなど9エリアが対応
ソフトバンクモバイルの「海外パケットし放題」が、カナダやメキシコ、サイパンに加え、中東や中央アジア、東欧など9つのエリアに対応する。(2012/3/21)

世界の海賊版ソフトによる被害額、過去最高の590億ドルに――BSA調査
日本での違法コピー率は20%で、米国およびルクセンブルクと並んで最も低かった。(2011/5/13)

オルタナブログ通信:
自粛を自粛せよ――“悪魔のサイクル”から脱し、復興を目指すために
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約240人のブロガーによって、ITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は、「デマ情報」「被災地のペット」「仕事」「自粛」などを紹介しよう。(2011/4/22)

「Fatal System Error」著者に聞く:
インターネットのすばらしく恐ろしい話
ハッカー、マフィア、企業恐喝、そして国家をも巻き込んだ犯罪――サイバークライムの実情を扱ったノンフィクション作品「Fatal System Error」の著者であるジョセフ・メン氏に話を聞いた。(2011/4/15)

2010年のセキュリティを振り返る――注目すべき不正プログラム「Top10」
2011年も多種多様なセキュリティの脅威の出現が予想されるが、今後の対策を講じる上で2010年を振り返ってみたい。Trend Microの研究者がピックアップした世界の動向をお届けしよう。(2011/1/17)

ジーユーで販売商品のリサイクル受付を開始――ファーストリテイリング
(2010/10/13)

藤田正美の時事日想:
中国が“拡張主義”に走れば……日本はどう対応すればいいのか
尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、日本政府が揺れている。レアアースの輸出差し止め、大手ゼネコン社員の拘束、謝罪と賠償といった中国の圧力に対し、日本はどのように対応すればいいのだろうか。(2010/9/27)

五輪関連の検索に要注意、結果ページに不正リンク
例えばリュージュの公式練習中に死亡したグルジア人選手の名前を検索すると、結果ページに不正なリンクが表示されるという。(2010/2/16)

イー・モバイル、国際電話の通話料金を10円/分に――中国、米国、ハワイ、韓国、香港
中国、米国、ハワイ、韓国、香港へのイー・モバイル国際電話の通話料金が、11月1日から1分10円に値下げされる。あわせて、国際電話サービスの対応エリアが拡大された。(2009/10/21)

藤田正美の時事日想:
鳩山由紀夫とはどういう人物なのか? 世界で広がる波紋
総選挙で民主党が歴史的な勝利を収めたため、世界の興味は「鳩山由紀夫とはどういう人物か」に集まっている。最初に鳩山氏に貼られたレッテルが「反米」だったのは、彼にとっては予想外だったかもしれない。(2009/9/7)

オルタナブログ通信:
Twitterの限界
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、200組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々、発信している。今週は、その中から「花火大会」「地震」「Twitter」「携帯電話」をテーマに紹介する。(2009/8/21)

Twitter定点観測:
事件はTwitterで起きている
新たな利用者や使い方が日々増え続けているTwitter。8月にはDoS攻撃を受けてサイトがダウンしたりOAuthを利用したスパムが出回ったりした一方で、広瀬香美さんなどの著名人のTwitter活用が増え、知名度の向上に貢献した。8月前半のTwiiter動向を振り返る。(2009/8/16)

Twitter攻撃にロシア政府が関与? セキュリティ企業は懐疑的
「政府や情報機関が本当に誰かを黙らせたいと思うのなら、もっと直接的で効果的なやり方を取るだろう」とKasperskyは指摘する。(2009/8/11)

「攻撃を回避した」とGoogle:
TwitterとFacebookへのDoS攻撃、Googleにも影響
BloggerとGoogle Sitesでも小規模な障害が発生したようだが、Googleは「当社のシステムはサービスへの実質的な影響を防いだ」としている。(2009/8/10)

TwitterやFacebookへの一斉攻撃は1人のブロガー狙い
TwitterやFacebookに障害を引き起こしたDoS攻撃は、各サービスに共通する1人のグルジア人ブロガーが標的だった。(2009/8/10)

藤田正美の時事日想:
もしサイバー戦争が起きたら……「核の傘」ならぬ“デジタルアンブレラ”に?
「米国のサイバーインフラを守る」という声明を発表した、米国のオバマ大統領。その中で「わが国の防衛・軍事ネットワークは常に攻撃を仕掛けられている」などとしたが、もしサイバー戦争が勃発したら、どのような混乱を招くことになるのだろうか?(2009/6/1)

藤田正美の時事日想:
次の大統領選挙がどうなるかは決まっている
世界の政治家で最も地位が安定し、力のある政治家は誰だろうか? その答えはロシアのプーチン首相だろう。現在のプーチン戦略は国民の支持を得ており、あるロシアの政府筋は“プーチンが大統領に返り咲く”ことを示唆した。(2009/5/11)

藤田正美の時事日想:
揺れる中央アジア――「権力の空白」はいつまで続くのか
ロシアとグルジア間の“緊張”は続いているが、このロシア・グルジア戦争が他の周辺諸国に与えた影響は大きい。中でも中央アジアの大国・カザフスタンの資源をめぐって、世界各国の動きが慌ただしくなってきている。(2009/4/20)

藤田正美の時事日想:
“ロシアの熊”は元気を取り戻すことができるのか?
原油相場の値下がりだけではなく、金融危機の影響も強く受けているロシア。不安定な経済状況が続くと、何かと強権的なスタイルをとりがちなロシアで気になるのは周辺諸国の動きだろう。(2009/4/13)

「ユニオンチャンピオンシップ」システムを実装――「EA SPORTS FIFA Online 2」
(2009/3/11)

認知されていない巨額投資:
オバマ次期政権の課題が浮き彫りに――MeriTalkのサイバーセキュリティ調査で
脅威に対する人々の意識のギャップとバラク・オバマ次期大統領が取り組むべき緊急の課題が明らかになった。(2009/1/13)

「グランド・セフト・オートIV」を遊んでみて考えた:
笑って楽しみながらアメリカを、そして国際社会を知ろう
文明の岐路であり、諸民族がモザイク状に分布する東ヨーロッパからやってきた男、ニコ・ベリック。アメリカ文明の象徴たるリバティーシティは彼の目にどう映ったのか。異邦人の視点を借りて展開される、風刺とジョークに満ちたアメリカ文明論(私見)。(2008/12/3)

マルウェア感染やスパム送信は国内発も多数観測――IIJ調査
IIJが公開したセキュリティ報告書によると、国内が発信元とみられるマルウェア攻撃やスパムメールの送信が多数観測されているという。(2008/10/7)

藤田正美の時事日想:
ロシア経済の“近代化”はストップ? 政治の誤算と市場の低迷
「新たな冷戦を恐れない」と強気の姿勢を示すロシアのメドベージェフ大統領。外貨を潤沢に保有しているロシアだが、市場の“混乱”は続いている。なぜ株式市場の低迷は続いているのか。その背景には……?(2008/9/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。