ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GE-PON」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Gigabit Ethernet-Passive Optical Network

上りも10Gbpsに 「10G-EPON」試作システムを三菱電機が開発
電話局とユーザー宅端末間の光アクセスを10Gbpsに高速化する「10G-EPON」の新試作システムを三菱電機が開発。上りも10Gbpsに高速化したほか、1Gbpsとの混在収容も可能。(2009/2/6)

帯域幅拡大:
すべての放送を光ファイバー1本で――「スカパー!光」の新サービス
スカパー!とNTT東日本が「スカパー!光」の伝送帯域を拡張する。これにより、BSデジタル放送の全チャンネルはもちろん、「e2 by スカパー!」やスカパー!のHD放送、2011年以降のBS新放送まで、「日本の放送がすべて光ファイバー1本で」視聴できることに。(2008/6/23)

富士通、フォトニクスネットワーク事業を再編統合
富士通はフォトニクスネットワーク事業を再編。基幹ネットワーク向けとアクセス網向けの境界がなくなってきており、国内向け製品開発を統合する。(2008/4/30)

自前のインフラ展開を――KDDIが東電の光ファイバ事業統合
KDDIと東京電力は10月12日、東京電力の光ネットワーク・カンパニー事業を2007年1月1日付けで分割し、KDDIに継承、統合することを発表した。(2006/10/12)

「NTTに頼らない光回線を」――KDDI、東電の光通信事業を吸収
KDDIが東電の光通信事業を来年1月に吸収する。自前のFTTH網を持てばNTTのダークファイバーに頼らない自由な事業展開が可能になるとし、携帯電話との連携サービスも展開していく計画だ。(2006/10/12)

通話、映像、データのトリプルプレイの実現に向け:
多様化が進む広帯域ネットワーク
ブロードバンド環境が普及するに従い、ユーザーからの要求レベルもさらに高まってきた。今求められているのは、音声通話、映像配信、データ通信の「トリプルプレイ」の実現である。しかし、これを可能にする広帯域ネットワークの方式はいくつも存在し、それぞれに利害得失がある。そこで本稿では、個々の方式のメリットや課題、関連企業の動向などを整理してみたい。 (2006/10/1)

KDDIと東電、FTTH統合新サービス「ひかりone」
(2006/5/25)

1人最大1GbpsのFTTHが本サービスへ ケイ・オプティコム
1ユーザーが最大1Gbpsで接続できる超高速インターネット接続サービスが、関西地方で本格スタートする。(2005/6/10)

1人で最大1Gbps、初のFTTHをケイ・オプティコムがスタートへ
ケイ・オプティコムは、ユーザー宅のPCまで最大1Gbpsで接続する初のFTTHサービスの試験を4月1日から始める。(2005/2/16)

FTTH向けチップ提供のPassaveが日本法人を設立
FTTH向け半導体ソリューションを提供する米サンタクララのPassaveがパッサベ・ジャパンを設立した発表した(2004/12/2)

KDDIの「光プラス」、一戸建て&小規模マンション向けメニューを追加
KDDIは、FTTHサービス「KDDI光プラス」に戸建て住宅を対象とする新メニュー「光プラスホーム」を追加すると発表した。NTT東西地域会社のダークファイバーを活用。最大1Gbpsの帯域幅を最大64人で共有する形だ。(2004/11/30)

「Yahoo!BB 光」スタートへ 1Gbpsを共有
ソフトバンクBBがFTTHサービスへの参入を正式発表。10月5日から受け付けを開始する。最大1Gbpsのアクセスラインを最大32ユーザーで共有する仕組みで、既存サービスに比べ高品質で安定しているという。(2004/10/4)

FTTHは1Gbpsで小休止、“DIY”の時代へ?
「FTTHの高速化は1Gbpsで小休止。その後はDIY(Do It Yourself)にも対応できるような市場環境を作りたい」〜NTTアクセスサービスシステム研究所の篠原弘道所長が、NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)主催のシンポジウムでFTTHの将来像を語った。(2004/2/19)

ファイバーオプティクスエキスポ
次期光アクセス? NTT西が年内にもGE-PON導入へ
ファイバーオプティクスエキスポ2日目の1月28日、NTT西日本の上野至大社長が基調講演を行った。この中で同氏は、上り/下り1Gbpsの帯域幅を持つGE-PONの導入計画に触れている。(2004/1/29)

ファイバーオプティクスEXPO
数年後、FTTHは“1Gbps+多チャンネル放送”になる
ほんの数年後、“普通のFTTHサービス”が上り下り1Gbpsの回線速度と多チャンネルを持つことになるかもしれない。東京ビックサイト開幕した「ファイバーオプティクスEXPO」では次世代のFTTHサービスに向けた機器が多く展示されているが、中でも光波長多重+GE-PONのアクセスソリューションが目立つ。(2004/1/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。