ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Macくんとパソコンくん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Macくんとパソコンくん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Microsoftが久しぶりにAppleディスり広告「僕はマック・ブック」
Microsoftが久しぶりにApple製品との比較CMを公開した。実名がマックことマッケンジー・ブックという実在の人物にMacBookとSurface Laptop 2を比較させるというものだ。(2019/8/1)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

Microsoft、「Cortanaの方がSiriより賢い」とAppleをからかうCM
Microsoftが公開した新CMは、189ドルのLumia 635に搭載されるCortanaが次々とユーザーの命令を受け入れるのを見て、iPhone 5sのSiriが「あれこそが“スマート”フォンですね」とつぶやくというストーリー。(2014/7/29)

80分のジョブズ映画「iSteve」、無料公開
パロディ動画配信サイトが製作したオンライン映画、「iSteve」が公開された。(2013/4/18)

第三のスティーブ・ジョブズ映画、「iSteve」はコメディで4月15日公開
「MacくんとPCくん」のMacくんを演じたジャスティン・ロングがジョブズ役を演じるコメディ映画が4月15日に米コメディ映画サイトのFunny or Dieで公開される。(2013/3/19)

Microsoftが“PC対Mac”比較サイト、Macを批判
「MacはBlu-rayドライブやテレビチューナー、3G接続機能がない」「PCと文書の共有がうまくいかない」など、MicrosoftがPCとMacを比較するサイトを立ち上げた。(2010/8/11)

Apple、「Macくんとパソコンくん」広告キャンペーンを終了
「Macくんとパソコンくん」のCMが話題になった「Get a Mac」キャンペーンの次は、Macのよさを訴える「Why you'll love a Mac」キャンペーンだ。(2010/5/24)

せかにゅ:
Apple、初代iPhoneのサポート終了へ?
「今後、初代iPhoneのサポートやアップデートはある?」というユーザーのメールに、スティーブ・ジョブズ氏は「申し訳ないがノーだ」と答えたという。(2010/4/13)

せかにゅ:
タブレット元年? ARが開花? 2010年はどうなるのか
2010年はAppleやMicrosoftがタブレットを投入し、「タブレットの年」になるかもしれない。2010年の予想のほか、「2009年、MicrosoftとAppleの正しかったこと、間違っていたこと」も。(2009/12/25)

MicrosoftがChrome OSを打ち負かすための10の作戦
GoogleがChrome OSをリリースするのは1年後。Microsoftは迎撃するために、何をすべきだろうか。(2009/11/26)

MicrosoftとAppleのバトルがPC購入者の利益になる10の理由
2社が性能やセキュリティ、価格、サービスの向上でしのぎを削ってくれるおかげで、ユーザーはさまざまな恩恵を受けることができる。(2009/10/28)

青いバラを風呂に浮かべて
先週のランキングには青いバラの記事がランクインした。バラの花束とか、もらってみたいよ!(2009/10/26)

Appleが早速Windows 7に対抗 新作「Macくんとパソコンくん」CMを公開
新しいCMでは、「Windows 7にはもうVistaみたいな問題はない」と主張するパソコンくんに、Macくんが「前にもそんなこと聞いた気がする」とつっこみを入れる。(2009/10/23)

Windows 7のリリースを台無しにする(?)10の問題
Windows 7のリリースを控えたこの時期は、Microsoftにとって非常に重要だ。だがWindows 7の起動が遅いといううわさが立ったり、Appleが新製品発表をぶつけてきたら、Microsoftには困ったことになるだろう。(2009/10/15)

Windows 7はIT業界をどう変えるのか?
MicrosoftはWindows 7によって、失ったユーザーの信頼やPCメーカーへの影響力を取り戻せるだろう。AppleやGoogle Chrome OSにはダメージになるかもしれない。(2009/10/13)

セキュリティ問題はMicrosoftだけのせいじゃない
セキュリティ問題をMicrosoftのせいにするのは簡単だが、迅速にパッチを当てないユーザーにも責任の一端はある。(2009/9/28)

注目の無料セキュリティサービス:
Microsoftの「Security Essentials」は企業ユーザーを悩ませるか?
このサービスを提供することで、Microsoftは自社のOSのセキュリティを実用レベルに高めるには追加ソフトウェアが必要であると認めたことになる。(2009/6/23)

Apple、「Macくんとパソコンくん」の新CMを公開
Microsoftが価格を前面に出したCMを展開する一方で、Appleの新CMはセキュリティや安定性、使いやすさに焦点を当てている。(2009/4/21)

ミニノートがノートPC市場を破壊する――危機を食い止める策は?
安価なミニノートPCがよく売れているが、このままでは利益率がなくなってしまう。MicrosoftとPCメーカーが取れる対策は、携帯電話と同じ「販売奨励金モデル」だ。(2009/4/17)

「Macは高い」――Appleファンの“神話”を打破したMSの新CM
「スペックで比べればMacもPCも価格は変わらない」「大事なのは価格じゃない、デザインだ」――Macの値段の話になるとMacファンはこう主張するが、Microsoftの新CMはそれに反撃している。(2009/4/3)

「安いノートならMacよりWindows」アピールするMSの新キャンペーン
Apple Storeでは1000ドル以下のノートPCを買えなかった消費者が、700ドルのWindowsノートを購入してにっこり微笑む広告を公開中。(2009/3/27)

「Mac購入者はAppleロゴに500ドル払っている」――MSバルマーCEO
不況はWindows PCにとって追い風となり、Appleの高価格戦略にとっては「潮流が逆向きになった」と主張するMicrosoftのスティーブ・バルマーCEO。彼はこれまでAppleについてどんなことを言ってきただろうか?(2009/3/24)

MicrosoftストアはAppleストアを脅かすか
MicrosoftがAppleストアのような直営店を計画している。「かっこいいMicrosoftライフスタイル」を売り込める店なら成功するだろうが……。(2009/2/19)

「Windows 7」の名称に込められた深い理由
Windowsブランドをもっと宣伝したいMicrosoftが、「Windows 7」という名称に込めた狙いとは。(2009/2/13)

Microsoft、「People Ready」の新広告キャンペーンを開始
Microsoftがこの冬展開する企業向け新キャンペーンは、3億ドルを投じたVistaのキャンペーンとは異なり、「時間と経費を節約しつつ効果的なものに仕上げた」としている。(2009/1/13)

MicrosoftのバルマーCEOから、12個のクリスマスプレゼント
ヤンCEOの新生活、Googleの検索シェア――。今年バルマー氏が贈ってくれた12個のプレゼントを振り返ってみよう。(2008/12/25)

Microsoftが感謝祭に感謝すべき10のこと
Microsoftはビル・ゲイツの引退に感謝し、Yahoo!のジェリー・ヤンCEOにギフトを贈るべきだ。(2008/11/28)

今日から使えるITトリビア:
パソコンのテレビCMとタレントの関係――ジャニーズのあの人も
テレビで目にするパソコンのコマーシャル。各メーカーとも、毎年3回程度のモデルチェンジに合わせ、CMを模様替えしている。今回はそのテレビCMについて調べてみた。(2008/10/25)

Appleスペシャルイベント詳報 中編:
MacBook発表のスペシャルイベントに隠されたテーマとは?
米AppleがMacBook新製品を紹介するスペシャルイベントの現地リポート。前編に続き、ジョブズ氏らエグゼクティブが説明するMacとPCにまつわる最新事情にスポットをあてる。ん、110/70って何のこと?(2008/10/15)

Weekly Access Top10:
ITちゃん痛車レースの結果は……
ITちゃんの「痛車」がレースに出走。筑波サーキットを駆け抜けた。(2008/9/22)

MSの新キャンペーン「壁のない世界」は成功するか
Microsoftの宣伝はようやく、前向きに評価できるところまでこぎつけた。Appleに対抗した「わたしはパソコン」CMには不満だが。(2008/9/19)

MS、新CM「わたしはパソコン」で「Mac君とパソコン君」に対抗
Windowsキャンペーンの次の段階として、「PCユーザーの代表」が「I'm a PC」と宣言するCMを流し、ユーザーから自作の「I'm a PC」CMの投稿を受け付ける。(2008/9/19)

新しい「Windows」 MS、ブランド刷新で“脱PC”のプラットフォームに
マイクロソフトは、コンシューマー向け「Windows」を再構築する。PC、携帯電話、Webをシームレスにつなぐプラットフォームと位置付け、ユーザーの生活を便利にするブランドとしてアピールしていく。(2008/9/18)

ゲイツ出演のテレビCMは成功――関心を集めるのが狙い
Microsoftは「大物」2人共演のテレビCMについて、製品を売るためのものではなく、注意を引くためのものだと説明している。(2008/9/13)

Mac OS XでWinアプリがサクッと動く? 「CrossOver Mac 6.1」を徹底検証
Mac OS X上でWindowsアプリケーションを走らせる「CrossOver Mac 6.1」は、Macのキラーアプリになるのだろうか。どのソフトが動く? 性能は? そんな疑問に答えよう。(2007/6/8)

News Weekly Access Top10(2007年2月4日−2月10日)
Macくんにクラっと来てる
Windowsしか使ったことのない記者だが、最近Macくんが気になって仕方ない。(2007/2/13)

Weekly Access Top10:
やはりMacになってしまったのだ
今週のアクセスランキングは、ビジネス向けPCやUMPCに始まり、アキバやMac、“タフ”なLet's noteにWindows Vistaと、バラエティに富んだ結果になりました。(2006/5/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。