ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google Compute Engine」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Compute Engine」に関する情報が集まったページです。

Kaggle入門:
第1回 Kaggleはじめの一歩
データ分析/機械学習の競技大会プラットフォーム「Kaggle」についてコンペティションの種類や仕組み、メダルと称号などを概説。さらにKaggle初心者にお勧めの教材から、Kaggleに取り組む際に役立つノウハウまでを紹介する。(2021/5/12)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【後編】
クラウドサービスでのずうずうしい「うるさい隣人」問題を防ぐ4つの対策
リソースを過剰に消費して他のワークロードの稼働に影響を与える「うるさい隣人」問題は、クラウドサービスの使用時にも発生する。主要な4つの対策を紹介しよう。(2021/2/3)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【前編】
VMwareは「Tanzu」でユーザーをロックインしようとしているのか?
VMwareのKubernetes関連製品群がVMware Tanzuだ。VMwareはTanzuで何をやろうとしているのか。Kubernetesの創始者の1人で現在はVMwareのプリンシパルエンジニアであるジョー・ベダ氏に聞いた。(2021/1/13)

GCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第4回】
GCPからAWSへの移行時に見過ごせない「コスト」の問題とは
GCPからAWSへアプリケーションを移行させた後に後悔しないために、あらかじめ検討が必要なポイントが「コスト」だ。GCPとAWSの料金体系の違いを踏まえて、コスト面での注意点を説明する。(2020/12/23)

GCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第2回】
GCPからAWSへの“何も変えない移行”「リフト」は現実的か?
GCPで稼働させているアプリケーションをAWSに移行させる際、内容や構成を変えずに移行させる「リフト」は現実的な手段なのだろうか。GCPからAWSに移行するときの注意点や、リフトに役立つ両社のサービスを紹介する。(2020/12/7)

製造業に必要なDX戦略とは(2):
製造業のDXでも必須となるプラットフォーム戦略、その利点とは?
製造業でも「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に注目が集まる中、本連載では、このDXに製造業がどのように取り組めばよいか、その戦略について分かりやすく紹介している。第2回の今回は「プラットフォーム戦略」について紹介する。(2020/10/12)

「AWS」「Azure」「GCP」を安く使う方法【後編】
「Azure」や「GCP」が安くなる主な割引プログラムとは?
クラウドサービスを利用する場合、リソースの利用を確約したり、制限を受け入れたりすることで料金の割引が受けられることがある。「Microsoft Azure」と「Google Cloud Platform」の割引プログラムを紹介する。(2020/10/20)

高いパフォーマンスとスケーラビリティを提供:
Google、「Google Cloud API Gateway」のβ版をリリース
Googleは、「Google Cloud」のサーバレスバックエンドのAPIを作成、保護、モニタリングできるフルマネージドGoogle Cloudサービス「Google Cloud API Gateway」のβ版を提供開始した。(2020/9/16)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】:
AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ
クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。(2020/8/5)

IaaS市場はなぜ伸びている? 大手3社の戦略の違いは? クラウド業界事情を基礎から徹底解説
クラウドは2000年代半ばに登場した比較的新しい技術でありながら、現在では当たり前の存在となった。目まぐるしく変化を続けるクラウドへの理解を深めるため、市場の中でも特に成長が著しいIaaS領域に着目し、世界の主要ベンダーとその動向をみていこう。(2020/7/22)

一般企業のDXに照準:
「新型コロナ後」のGoogle Cloudは、国内でAWSやAzureにどう対抗していくのか
Google Cloudは、2020年6月9日より開催した国内向けのオンラインイベント「Google Cloud Day」で、国内の一般企業におけるITを活用した事業変革が、新型コロナ後に加速するという認識を示した。ではコロナ後に、Google Cloudは国内でAWSやAzureにどう対抗していくのか。(2020/6/16)

セキュリティが強化されたVMの利用が容易に:
Google、UEFIと「Shielded VM」を「Google Compute Engine」のデフォルトに
Googleは、Google Cloudエコシステムの安全性とセキュリティの一層の向上を目指し、UEFIと「Shielded VM」を「Google Compute Engine」のデフォルトとした。(2020/6/3)

「BeyondCorp」の一環:
Google Cloud、ゼロトラストなWindowsサーバ管理者用RDPクライアント、「IAP Desktop」を発表
Google Cloudは、「Beyond Corp」への取り組みの一環として、Google Cloud Platform上のWindows仮想マシンに対する安全なRDPアクセスを実現するオープンソースのWindowsアプリケーション、「IAP Desktop」を発表した。(2020/5/22)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【前編】
Googleのクラウドデータベース「Cloud SQL」「Cloud Spanner」とは?
データベース管理システムのコストとパフォーマンスを最適化する手段となり得るのが「クラウドデータベース」だ。Googleが提供する豊富なクラウドデータベースの中から「Cloud SQL」「Cloud Spanner」を取り上げる。(2020/5/21)

ずっと無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ(主にIaaS・PaaS) 2020年版
クラウドサービスの多くには、期限なく無料で使える「Free Tier」というサービスが存在します。これらは開発環境やテスト環境としてクラウドを試すには非常に有効です。本記事では、主要なベンダーが提供しているFree Tierを紹介します。(2020/5/13)

3月末のGoogle Cloud障害の原因判明 分散アクセスコントロールへの大量の変更要求が引き起こしたメモリ不足
3月末のGoogle Cloud障害の原因が判明。分散アクセスコントロールへの大量の変更要求が引き起こしたメモリ不足だったという。Google Cloudでは米国太平洋時間の3月26日午後4時50分ごろから10時間ほど、主要サービスが利用できない状態になっていた。(2020/4/10)

管理作業を効率化できる:
Googleが「マシンイメージ」のβ版を発表、「Compute Engine」の新リソース
Googleは、「Google Cloud Platform」で提供するIaaS「Compute Engine」について、新タイプのリソースである「マシンイメージ」(β版)を発表した。管理作業を効率化できる他、複数のディスクを利用していてもクラッシュ整合性を確保しやすい。このような特徴から、従来の「カスタムイメージ」と比較してより包括的なソリューションだと位置付けた。(2020/3/13)

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【後編】
「Google Cloud Platform」(GCP)で要注目のログ監視ツールとNoSQLデータベースとは
GCPは数多くの機能を備えている。本稿はその中から、ログの監視機能「Access Transparency」と、2つのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」「Firebase Realtime Database」について説明する。(2019/12/26)

オンプレミスからクラウドに移行しても逃れられない
「AWS」「Azure」「GCP」で相次ぐ障害 クラウドを信じ切ってよいのか
「AWS」「Azure」「Google Cloud Platform」で相次いでサービス障害が発生した。このことは、ユーザー企業がクラウドの障害について「いつか起こり得る問題」だと認識しなければならないことを示唆している。(2019/12/20)

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【前編】
GCPのIaC「Cloud Deployment Manager」とハイブリッドクラウド「Anthos」とは?
Googleは、GCPユーザー向けに便利なサービスを提供している。Infrastructure as Code(IaC)の「Deployment Manager」と、ハイブリッドクラウドを実現する「Anthos」について説明する。(2019/12/18)

TCOが最安:
Googleが「Google Compute Engine」に「E2」を追加、「N1」よりもコストメリットが高い
Googleは、「Google Compute Engine」で提供する仮想マシンの新タイプ「E2」を発表した。E2は、信頼性の高い安定したパフォーマンス、柔軟性、低い総所有コストが特徴だ。大規模なインスタンスサイズやGPU、ローカルSSDが不要なN1ユーザーには、E2への移行を勧めるという。(2019/12/16)

「50GB 900円」──楽天モバイル、MNOプランの価格が流出? Googleキャッシュ上に残された謎のページ
楽天モバイルのMNO料金プランが流出しているのではないかと、Twitterユーザーから指摘の声が上がっている。表示されている価格が本当であれば、「50GB 900円」など他キャリアより相当安いプランになっている。(2019/12/3)

全てオープンソースで提供
「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援
Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。(2019/11/28)

主要ベンダーの動向と課題は?
「クラウドHPC」とは? AWS、Microsoft、Googleが競う新たなサービス
高い処理能力を持ったリソースを、ユーザーが必要なときにだけ提供する「クラウドHPC」。主要クラウドベンダーが注力し始めたクラウドHPCのメリットと、普及における課題について説明する。(2019/11/7)

各種のマシンタイプを選択可能:
Google、「AI Platform」で機械学習の開発と運用を支援
Googleは、機械学習(ML)ワークロードをより高速かつ柔軟に実行できるように「AI Platform」の各種機能を強化した「AI Platform Prediction」の提供を開始した。さまざまなマシンタイプを選択できる。(2019/10/29)

「つらいことはしない」:
番組視聴者数を秒単位で分析 テレビ東京のGCP活用事例
テレビ東京では社内に構築していた視聴データ分析基盤を、Google BigQueryなどを活用して新たに構築し直した。なぜ、GCPを選んだのか。どのように視聴者数をリアルタイムに分析しているのか。テレビ東京でテックリードを務める段野祐一郎氏が語った。(2019/10/8)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(16):
「バスNAVITIME」Google Kubernetes Engine移行時の5つのチャレンジ――プロビジョニング期間を約60分の1に短縮
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ナビタイムジャパンの事例では、Google Kubernetes Engine移行時のポイントを中心にお届けする。(2019/10/9)

GoogleによるLooker買収の狙い【後編】
Googleによる買収でLookerは「AWS」「Azure」では使えなくなるのか
新興BIツールベンダーLookerをGoogleが26億ドルで買収する。これを一大事だと見ているアナリストもいる。どういうことかというと……。(2019/9/27)

GoogleによるLooker買収の狙い【前編】
Google Cloudの分析機能強化に「Looker」が必要だった理由
Googleが26億ドルでビジネスインテリジェンス(BI)の新興ベンダーLooker買収を決めた。「Google Cloud」に組み込まれるLookerは、Amazon Web ServicesやMicrosoftといったライバルに対抗するための強力な武器になる。(2019/9/20)

満足度の高いサービスとは――ITreviewが「ITreview Grid Award 2019 Summer」を発表
ITreviewは、ユーザー満足度が高く、認知度が高い製品を表彰する「ITreview Grid Award 2019 Summer」を発表した。(2019/9/2)

「メモリ最適化」などのマシンタイプを拡充:
「Google Compute Engine」で仮想マシンのラインアップが更新
Googleは、「Google Compute Engine」で提供する仮想マシンに新しいラインアップを発表した。「汎用マシンタイプ」「コンピューティング最適化マシンタイプ」「メモリ最適化マシンタイプ」の3種類。(2019/8/19)

決め手はチェンジマネジメント
フィットネスチェーンが従来型PCから「Pixelbook」へ移行 成功の秘訣は
「Google Pixelbook」の導入やクラウドへの大規模な移行を進めたフィットネスチェーンのSoulCycle。成功の決め手は、包括的なチェンジマネジメント計画だった。(2019/8/13)

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【後編】
「Googleマップ」「Gmail」を支えるシステムも GCPのビッグデータ分析サービス
Googleが提供しているビッグデータ分析サービスは多彩だ。中には「Google検索」「Googleアナリティクス」などの裏側で稼働するシステムを基にしたサービスもある。5つの主要サービスをピックアップして説明する。(2019/7/31)

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【前編】
「BigQuery」だけではない GCPのビッグデータ分析サービスの違いは?
Googleは「Google Cloud Platform」(GCP)のサービスとして、ビッグデータ分析サービスを提供している。主要な10種類のうち、「BigQuery」を含む5種類を紹介する。(2019/7/23)

CPUとメモリを継続的に分析:
Google、アプリ用プロファイリングツール「Stackdriver Profiler」を一般提供開始
Googleは、クラウドサービスのパフォーマンス向上やコスト削減に役立つアプリケーション用プロファイリングツール「Stackdriver Profiler」の一般提供を開始した。本番環境でユーザーのコードがどのように実行されているかが分かるため、パフォーマンスの最適化やサーバ利用コストの削減に役立つ。(2019/7/3)

アプリケーションモダナイゼーションに役立つ:
コードを変更せずに自由にデプロイ可能――Googleが「Anthos」についての5つの質問に回答
Googleは、最近発表したハイブリッドクラウド/マルチクラウド対応のプラットフォーム「Anthos」について、よくある5つの質問への回答を公式ブログで公開した。インストールからアプリケーションモダナイゼーションまで幅広い疑問に答えた。(2019/6/25)

Google CloudやYouTubeの障害は「数台のサーバへの設定変更のつもりが、誤って複数リージョンの多数のサーバに適用されてしまった」 Googleが説明
日本時間の6月3日午前3時45分〜午前7時40分、Googleの米国内ネットワークで障害が発生。Google CloudのCompute EngineやCloud Storage、YouTubeの動作が遅くなったり利用できなかったりした。これについて、Googleの担当者がGoogle Cloudのブログ記事を投稿。サーバの設定変更のミスであったと明らかにした。(2019/6/6)

コスト要因とGoogleの狙いを解説
新しいマルチクラウド管理サービス「Google Anthos」を使うといくらかかる?
「Google Anthos」は、「Google Cloud Platform」の新しいマルチクラウド管理サービスだ。Anthosの利用にかかるコストと利用料を見積もるときの落とし穴、Googleの狙いについて解説する。(2019/5/24)

2019年4月リリースの新サービス「Anthos」とも連携:
「大阪進出」でAWSやMSに勝てるか? Google CloudのCEOに戦略を聞いた
Google Cloudは2019年5月14日、国内で東京に続く拠点となる「大阪 GCP リージョン」の運用を開始した。国内で激化するクラウド市場にどう切り込むのか。本社から来日したCEOに、今後の戦略を聞いた。(2019/5/15)

オンデマンド、スポットの“いいとこどり”
AWS、Azure、GCPの激安プラン「リザーブドインスタンス」はどれだけ安い?
パブリッククラウド利用において長期的な“約束”にはどのような意味があるだろうか。インスタンスの利用を長期で予約する際、AWS、Microsoft、Googleの料金体系にはどのような違いがあるのか、詳しく見てみよう。(2019/4/10)

カナリアリリースに役立つ機能も
「Google Compute Engine」の新機能で、仮想マシン作成、複製、管理がもっと楽に?
「Google Compute Engine」(GCE)に追加された新機能の中でも、イメージとテンプレートを中心とする機能は、管理者による仮想マシンの作成と管理の効率を高める可能性がある。(2018/12/13)

ML推論、モデルの分散トレーニング、CGに最適化:
Google Cloud Platformで「NVIDIA Tesla T4 GPU」を用いたα版サービスを提供開始
Googleは「Google Cloud Platform」において、大手クラウドベンダーとして初めて「NVIDIA Tesla T4 GPU」を用いたサービスの提供を開始した。まずは限定的なα版サービスとして扱う。機械学習(ML)推論とモデルの分散トレーニング、コンピュータグラフィックスに最適化されているという。(2018/11/14)

AWS、Azureとは異なる思惑
Google「Cloud Services Platform」はオンプレミス市場に受け入れられるか
Googleがコンテナやマイクロサービスを中心にしたハイブリッドクラウド戦略に重点を置いている。新たに打ち出したCloud Services Platformでパブリッククラウドベンダーとしてのサービスをユーザーの拠点まで拡張する。(2018/11/1)

知らぬ間にワークロード急増も
AWS、Azure、GoogleのIoTコストを比較 シミュレーションで分かった課金制度の差異
IoTサービスは、データストリームをエンドレスに生成する可能性がある。巨額の請求を毎月受け取らないようにするには、クラウドに送信するデータ量に注意が必要だ。(2018/10/30)

デプロイ環境の管理と保護、モダナイズをサポート:
Googleが企業のクラウド利用を簡素化、「Cloud NAT」などの新機能を公開
Googleは、「Google Cloud Platform(GCP)」のネットワーキングサービスに「Cloud NAT」「Firewall Rules Logging」などの新機能を追加した。いずれもGoogle Kubernetes Engine(GKE)などを利用しているユーザーに役立つ。(2018/10/15)

モバイル機器でのエッジAI向け:
Arm MLプロセッサ、明らかになったその中身
2018年8月に開催された「Hot Chips 30」では、Armの「ML Processor(MLプロセッサ)」の中身が明らかになった。その詳細を解説する。(2018/10/10)

Kubernetes 1.12は内部の改良と機能の安定化:
「Kubernetes 1.12」が公開、「Kubelet TLS Bootstrap」と「Azure VMSS」サポートが正式版に
オープンソースのコンテナオーケストレーションプラットフォームの最新リリース「Kubernetes 1.12」が公開された。(2018/10/2)

うるさい隣人問題も解消?
「Google Compute Engine」のシングルテナントVMがもたらす3つのメリット
Googleが使いやすさを考慮したクラウドサービスの探求を続けている。その一環で追加したのが専用のハードウェアに直接アクセスする仮想マシン(VM)だ。レガシーシステム特有の要件が必要な企業にも役立つ可能性がある。(2018/9/27)

AWS対Azure対Google対IBM(後編):
主要ベンダーのクラウドストレージサービス総まとめ(MS、Google、IBM編)
主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。(2018/9/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。