ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GS03」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GS03」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの1.7GHz帯3Gサービス、1月末で提供終了
Y!mobileは2月1日午前0時をもって、同社の1.7GHz帯の3G通信サービスの提供を終了した。これにより、1.7GHz帯を使用する音声、パケットサービスの提供も終わり、対象となるプランの契約は自動で解除されるという。(2018/2/1)

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

イー・アクセス、「GS03」の初期化不具合を改善するアップデート
イー・アクセスは、「GS03」のソフトウェア更新を開始した。10月9日に案内した初期化の不具合を改善する。(2013/11/12)

イー・アクセスの「STREAM X GL07S」と「GS03」、初期化で一部データが消去されず
イー・アクセスは、Huawei製スマホ「STREAM X GL07S」と「GS03」で、端末を初期化しても一部データが消去されない不具合があると発表した。同社はデータを完全に消去する方法を別途案内している。(2013/10/10)

イー・アクセス、Androidスマホの遠隔サポートを開始
イー・アクセスは、Androidスマートフォンの画面をユーザーとサポートオペレーターが共有する遠隔操作サポートを開始した。月額525円の「EMワイドサポート」内で提供する。(2013/8/9)

「使ってみたらすごくいい」で“ファン”を増やしたい――Huaweiに聞く、日本市場の攻め方
Ascendシリーズで幅広いスマートフォンを投入しているHuawei。日本では「STREAM X(GL07S)」と「Ascend D2 HW-03E」が発売され、スマートフォンにも力を入れている。同社の日本におけるスマートフォン戦略を中心に話を聞いた。(2013/6/28)

ソフトバンクとのシナジー効果も:
イー・アクセスに聞く、月額3880円で使えるLTEスマホ「STREAM X」投入の狙い
2年間使えば端末代は実質0円、割引も加えると毎月のランニングコストは3880円に抑えられる「STREAM X(GL07S)」。料金面のインパクトが非常に大きいが、イー・アクセスはどのような狙いでSTREAM Xを投入したのか。担当者に話を聞いた。(2013/3/12)

読者が決める「買って良かったスマホ・ケータイ」結果発表 その良い点・悪い点とは
多種多様な機種が発売されているスマートフォン。ユーザーはどんなスマホを購入して「良かった」と思っているのか、また悪かったと感じる点はどこなのか。アンケート結果から人気端末の傾向を見てみました。(2013/2/1)

調査リポート:
電車移動中につながりやすいキャリアは? ICT総研が実測調査
ICT総研が、関東の電車内で各キャリアの通信状況を調査。「受信エリアの広さ」ではau、「切れにくさ」ではドコモに軍配が上がったほか、ソフトバンクはLTE比率で強みを見せた。(2013/1/7)

イー・アクセス、「GALAPAGOS(A01SH)」と「GS03」のソフト更新を開始
イー・アクセスは、シャープ製の7インチタブレット「GALAPAGOS(A01SH)」とHuawei製のスマートフォン「GS03」の最新ソフトを公開した。(2012/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2012年の“注目ケータイ&トピック”(ライター山根編):
“Note”がヒット、中国勢も台頭――スマートフォンの新しい形が見えた2012年
iPhone一人勝ちの構図に大きな変化が訪れたのが今年の世界の携帯電話市場だろう。Nokiaの勢いが失速した中でSamsungが急成長、そして中国勢の力が水面下で徐々に強固になった1年だった。(2012/12/21)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第8回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いAndroidスマホは?
スマートフォンのCPUやグラフィックなどの性能を客観的に測れるツールとしてベンチマークアプリが提供されている。そこで今回は「Quadrant Professional Edition」と「Vellamo」アプリを使い、スコアを比較してみた。あわせて起動時間も調べた。(2012/10/8)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第7回 Android 26機種の通信速度を計測――高速な機種はどれ?
LTEやWiMAXなどの次世代通信サービスに対応するスマートフォンが続々と登場しており、夏モデルでは特にドコモのXiに対応する機種が増えた。実際の通信速度はどれくらいか? 9月上旬に都内で26機種を検証した。(2012/9/28)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第6回 バッテリーが持つAndroidスマホは?――28機種を比較
スマホのバッテリー容量は公開されているが、容量が大きいからといって必ずしもバッテリーが長持ちするとは限らない。そこで、Androidスマホ28機種で、YouTube動画を再生し続けるテストを実施し、どれだけ持つのかを確認した。(2012/9/25)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第5回 持ち心地に優れたモデルは?――Android 28機種を採点
スマートフォンの持ち心地はスペックからは計れないが、毎日手にすることを考えると軽視できない項目だ。そこで今回は、各社の夏モデルを手にして、丸み、細さ、薄さ、軽さ、片手での操作性を検証した。(2012/9/13)

人力名刺リーダー「KYBER SmartCardBox」、Pocket WiFiとセット販売
オーリッドとイー・アクセスは、9月10日にクラウド型名刺リーダー「KYBER SmartCardBox」とモバイルルータのセット販売を開始する。(2012/9/7)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第4回 大容量バッテリーを備えている機種は? 卓上ホルダは使える?
スマートフォンを使う上で気になるバッテリーの持ち。Android夏モデルの比較レビュー第4回では、バッテリーの容量、連続待受時間、連続通話時間、卓上ホルダ対応/同梱の有無をまとめた。(2012/9/5)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第3回 ディスプレイのスペックは何が違う?――Android 27機種を比較
ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイル、ウィルコムの夏スマホを比較するコーナー。第3回では「ディスプレイ」に焦点を当て、各機種のスペックなどを調べた。(2012/8/31)

“5秒で起動”の秘密とは:
写真で解説する「Ascend HW-01E」
ドコモ秋モデルとして投入されるHuawei製の「Ascend HW-01E」は、海外向け「Ascend D1」をベースにしたハイエンドモデル。機能やサービスで日本向けカスタマイズもきっちり施されており、5秒という高速起動も実現している。(2012/8/29)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第1回 小型で軽い機種は?――Android夏モデル27機種のサイズと重さを比較【改訂版】
いよいよ出そろった2012年夏モデル。本コーナーでは、各キャリアから発表されたスマートフォンの新機種を横並びで比較していく。第1回はサイズと重さに焦点を当てた。なお、この記事は6月15日に掲載したものをベースに、端末スペックで変更があったところを修正している。(2012/8/28)

イー・アクセスがAndroid 4.0スマホ「GS03」にマットブラックモデルを追加
イー・アクセスが7月24日から、Huawei製のAndroid 4.0搭載スマートフォン「GS03」のバリエーションモデル「マットブラック」の販売を開始する。背面に柄がないのが特徴だ。(2012/7/17)

Mobile Asia Expo 2012:
150Mbps対応LTEルーターやクアッドコアCPU搭載機――Huaweiが最新製品を展示
Huaweiブースは端末中心の展示。薄型モデルやクアッドコアCPU搭載機、またLTE端末など最新製品を中心に披露していた。(2012/6/25)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第2回 プロセッサーは何が違う?――Android27機種
2012年夏モデルのスマートフォンを比較する本コーナー。第2回では各製品に採用されているプロセッサーをまとめた。(2012/6/20)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第1回 小型で軽い機種は?――Android夏モデル27機種のサイズと重さを比較
いよいよ出そろった2012年夏モデル。本コーナーでは、各キャリアから発表されたスマートフォンの新機種を横並びで比較していく。第1回はサイズと重さに焦点を当てた。(2012/6/15)

写真と動画で解説する「GS03」
イー・アクセスの夏モデルでは、現時点で唯一のスマートフォンであるHuawei製の「GS03」。Android 4.0、デュアルコアCPU、HSPA+、QHDサイズの4.3インチ有機ELなど、必要十分なスペックを有する。外観、ソフトウェア、操作感を見ていこう。(2012/6/13)

石野純也のMobile Eye(5月28日〜6月8日):
プラチナバンドとウィルコム連携に注目のソフトバンク/LTE強化を目指すイー・アクセス
前回のドコモとauの夏モデルに引き続き、今回はソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイルの夏モデルについてお伝えする。ソフトバンクモバイルは900MHz帯を使う「プラチナバンド」、ウィルコムはPHS+3G対応の「DIGNO DUAL」、イー・モバイルは新型LTEルーターが話題を集めた。(2012/6/8)

「MediaPad 10 FHD」のイー・モバイル版――写真と動画で見る「GT01」
イー・モバイルの新型Wi-Fiタブレット「GT01」は、クアッドコアCPUやワイドUXGAディスプレイなど高いスペックが目を引く。Huaweiが発表したグローバルモデル「MediaPad 10 FHD」がベースになっているが、イー・モバイル向けのカスタマイズはあるのだろうか。(2012/6/6)

当面は最大75Mbps:
「下り最大150Mbps」のスタート時期は?――イー・アクセスが今後のLTE戦略を説明
イー・アクセスは、今後計画しているLTEの高速化に対応した「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を発表した。クアッドコアCPU対応のタブレットと極薄スマホとともに、2012年夏モデルとしてラインアップする。(2012/6/6)

「LTEが好調」とイー・アクセス、対応スマホは「年度内に」
イー・アクセスは、夏商戦向けに高性能版のLTE対応「Pocket WiFi」など3機種を発表した。3月スタートのLTEサービスの好調ぶりをアピールしたが、スマートフォンの発売はまだ先になる。(2012/6/6)

6月14日に発売:
イー・アクセス、厚さ7.9ミリのAndroid 4.0搭載スマートフォン「GS03」を発表
スリムなボディが特長のHuawei製スマートフォン「GS03」が、イー・アクセスから6月14日に発売される。Android 4.0や1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載し、下り最大21Mbps/上り最大5.8Mbpsの通信が可能。(2012/5/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。