ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立コンサルティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日立コンサルティング」に関する情報が集まったページです。

PR:2050年にCO2を90%削減! 日本生協連「温室効果ガス削減計画策定プロジェクト」の舞台裏
(2018/11/26)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(3):
環境目標の“科学的な整合性”を裏付ける、SBT認定の手順とポイント
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第3回は代表的な気候変動イニシアチブである「SBT(Science Based Target)」の認証取得に向けたポイントについて解説する。(2018/11/6)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(2):
気候変動対策の“主役“は、なぜ国から産業界へシフトしているのか
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第2回では気候変動対策に関連するパリ協定前後の世界の動向とともに、2014年9月に設立された代表的な気候変動イニシアチブである「SBT(Science Based Target)」の概要を説明する。(2018/11/1)

消費電力や活動量データを扱う:
「情報銀行」を日立など6社が実証実験、本人同意下で個人データの流通を目指す
日立製作所など6社は、「情報銀行」の実証実験を開始した。情報銀行が個人データを収集、管理、提供する仕組みや、個人データを活用したサービスの実現可能性を検証する。今回の結果を基に、政府が定めた情報銀行認定基準の改善案を提示する。(2018/9/12)

製造マネジメントニュース:
デジタル変革で海外社会イノベーション事業を拡大、新たな事業体制に
日立製作所は2018年4月1日付で事業体制を変更する。システム&サービスビジネスを統括する塩塚啓一執行役副社長が社会イノベーション事業の統括責任者を兼務し、副統括責任者には津田義孝執行役専務が就任する。(2018/2/20)

先行事例から見る製造業の「IoT導入の壁」(後編):
「IoT導入の壁」を乗り越える「IoT導入計画」とは
先行事例から抽出したIoT導入に向けた整備事項となる「IoT導入の壁」を前後編に分けて解説する。後編では、「IoT導入の壁」を乗り越える「IoT導入計画」について、「IoT活用の発展ステージ」と「IoT活用シナリオ」に分けて解説する。(2017/4/11)

先行事例から見る製造業の「IoT導入の壁」(前編):
「IoT導入の壁」をフレームワークとして活用する
製造業におけるIoTの導入では、OTとITの融合をはじめさまざまな課題がある。そこで、先行事例から抽出したIoT導入に向けた整備事項、すなわち「IoT導入の壁」について、前後編に分けて解説する。前編では、6つある「IoT導入の壁」を見ていこう。(2017/3/14)

健康経営への一歩は?:
“脳”で働き方を「見える化」 日立の挑戦
「ストレスチェック」などの取り組みが始まったことで、知名度や関心が高まっている「健康経営」。しかし「どういうアプローチをしたらいいか分からない」と悩んでいる企業は多い。こうした中、「脳科学で見える化」をキーワードに健康経営支援ビジネスを進めるのが日立グループ3社だ。(2017/1/6)

営業支援サービスの情報サイト
「営業部門」変革がビジネスを変える――ITによる効率化とチーム力最大化への道筋とは
(2016/7/29)

ドローンウォッチャーが読み説くアドテク企業の新事業:
ドローンでスマートフォンの次のメディアを作るという“ハイパー”な発想
マイクロアドがドローンを使って仕掛ける新メディア事業「Sky Magic」。これを「斜め上を行く発想」と評するのは、ドローンに関する著書のあるコンサルタント小林啓倫氏。何が画期的なのか。(2016/4/24)

マーケターが理解するべき「IoTビジネスモデル革命」(後編):
「IoTは活用事例が出るまで様子見」では始まる前から負けている
IoT(モノのインターネット)の時代、製品は「売るまでが勝負」ではなく「売ってからが勝負」。「購入」がゴールでない時代をマーケターはどう生き抜くか。(2016/1/15)

マーケターが理解するべき「IoTビジネスモデル革命」(前編):
「人がいなくてもいい世界」のマーケティングはどう変わるのだろうか
IoT(モノのインターネット)は今後、マーケティングという仕事にどのように関わってくるのか。『IoTビジネスモデル革命』の著者が解説する。(2016/1/7)

もうけを生む製造業IoTの活用手順(3):
IoTで生産革新、成功の鍵はマスター管理の精度にあり
製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし具体的な成果を生み出すために、どういった取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いはずだ。こうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく本連載の第3回では、生産革新領域へのIoT活用のポイントについて解説する。(2016/1/7)

製造ITニュース:
製造業向け「IoT導入支援パック」を発売、クラウド型分析環境などを提供
日立コンサルティングと日立システムズは、企業のIoT導入を支援する「IoT導入支援パック」を発売した。IoT構想策定支援コンサルティングサービスとクラウド型のデータ収集/管理/分析環境をトライアルパックとして提供する。(2015/12/7)

もうけを生む製造業IoTの活用手順(2):
モノよりもうかる? サービス領域に対するIoT活用の考え方
製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし具体的な成果を生み出すために、どういった取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いはずだ。こうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく本連載の第2回目では、サービス領域へのIoT活用についての具体的なアプローチ方法について解説していく。(2015/12/4)

製造マネジメントニュース:
“日立のスマトラ”をノウハウ化した製造業革新サービスを提供
日立製作所は、自社が推進する経営革新策「Hitachi Smart Transformation Project」のノウハウをサービス化し、広く製造業の経営革新などに役立つ形で提供する新サービスを開始する。(2015/12/1)

もうけを生む製造業IoTの活用手順(1):
製造業のIoT活用、他社に“差”をつける考え方
製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし、具体的にどういう取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いのではないだろうか。また、IoT活用を企業としての利益に結び付けるにはどうしたらよいかという点も悩ましい。本連載「もうけを生む製造業IoTの活用手順」ではこうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく。(2015/10/30)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(後編)
マイナンバー制度において、日本年金機構での情報漏えい事故と同じ事象が発生した場合にどのようなことが起きるでしょうか。懸念されている「マイナンバーの漏えい」と「漏えいによる被害」の2つの可能性について検証します。(2015/7/14)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(前編)
日本年金機構での情報漏えい事故を契機に、マイナンバー制度でも同様のリスクを懸念する声が聞かれますが、本当に危険なのでしょうか。特定個人情報の保護措置がどのように検討されてきたのかについて検証します。(2015/7/6)

いまがギリギリのタイミング、と日立コンサルティング:
マイナンバー対応、企業の実務上のポイントとは?
早くから自治体向け、そして民間企業におけるマイナンバー制度対応を支援してきた日立コンサルティングに、企業実務のレベルで今、これから、どんな作業が必要かを尋ねてみた。(2015/4/24)

匿名化技術とPPDM(2):
プライバシー保護データマイニング(PPDM)手法の種類、特徴を理解する
現在、プライバシーの侵害なく安全にデータを公開するためにさまざまな手法が考案され始めています。企業が保有するデータには資産価値があるものが多く含まれますが、それらが一部の権限者しか活用できないようでは、商品開発や企画検討、サービス開発に時間がかかることになります。本稿では今後、データを利用する上で理解しておく必要にせまられるであろう、プライバシー保護データマイニングの手法の概要や課題、現状を紹介します。(2015/3/24)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
業務効率化につながる「法人番号」の可能性
国民に通知される「個人番号(マイナンバー)」と同時に、企業などには「法人番号」が通知されます。「法人番号」は様々な利活用が検討されていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。(2015/3/24)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
企業版のマイナンバー「法人番号」とは?
これまで本連載の記事では「個人番号」について説明しましたが、実はもう1つ割り振られる番号があります。それが「法人番号」です。(2015/2/4)

日本IBMがトップ人事、ポール与那嶺氏が新社長に
前社長のマーティン・イェッター氏は取締役会長に就任した。(2015/1/5)

製造マネジメントニュース:
日立、ビッグデータを活用し工場の稼働率を向上する業務改革支援サービス提供
日立製作所と日立コンサルティングは、工場やプラント、社会インフラ設備などの稼働率向上と運用・保守コスト削減を実現する「オペレーション・マネジメント改革サービス」を開発し、日本企業向けに発売する。(2014/11/13)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
民間企業における「マイナンバー」対応の具体的な内容と注意点(後編)
2015年10月から「番号制度(マイナンバー)」が始まります。最終回となる今回は、一般的な民間企業における「個人番号を取り扱う対象事務の運用整理」について解説します。(2014/10/22)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
民間企業における「マイナンバー」対応の具体的な内容と注意点(前編)
2015年10月から「番号制度(マイナンバー)」が始まります。今回からは一般的な民間企業を対象に、マイナンバー導入に向けた具体的な対応内容と注意点について説明します。(2014/10/7)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
「マイナンバー」への対応で実施すべき5つのポイント
2015年10月から始まる「番号制度(マイナンバー)」では行政や民間企業にさまざまな対応が求められます。今回は行政機関・自治体等と民間企業がそれぞれに実施すべきポイントを解説します。(2014/9/17)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
2015年秋からスタートする「番号制度(マイナンバー)」とは何ですか?
2015年10月から始まる「番号制度(マイナンバー)」。段階的な利用拡大に伴って、行政だけでなく民間企業でも様々な対応が必要となります。本連載では制度のあらましと行政の対応、民間企業が取り組むべき点について解説していきます。(2014/9/4)

データ資源活用の基礎(2):
企業にとっての「オープンデータ」には、どんな価値があるのか?
官公庁による活動が目立つオープンデータ。実は、一般企業でも面白い展開が考えられる。活用の可能性、検討時の留意点を整理しておこう。(2014/7/22)

日本には日本に合った在宅勤務方法がある〜田澤氏:
日立、VDIソリューションをコンサルティングと融合させ全面強化
(2014/7/15)

データ資源活用の基礎(1):
5分で分かるオープンデータ
にわかに話題になり始めた「オープンデータ」だけれど、その現状は? 実際には何ができる? Linked Open Dataとは? ざっと理解するオープンデータのこれからと、ビジネス創出の可能性。(2014/7/14)

グローバルでビッグデータ事業強化:
米国日立コンサルティングが英国のBI/データ分析コンサルティング企業を買収
日立製作所の米国子会社であるHitachi Consulting Corporation(以下、米国日立コンサルティング)は5月1日、BI/データ分析関連のコンサルティング会社である英Information Management Groupを買収したと発表した。(2014/5/1)

「とりあえずファイルサーバに放り込む」で安心していませんか?:
PR:ライフサイクルを見据えたこれからの文書管理とは
「ペーパーレス」というと「ああ、そういえば昔そんな言葉が流行ったよね」と感じる人がいるかもしれない。しかしこれは決して過去の流行語ではない。むしろ、グローバル展開を見据えて、今着実に進みつつある取り組みなのだ。「とりあえずデータをファイルサーバに放り込む」式のコンテンツ管理から脱却して、訴訟リスクへの対応やライフサイクル管理も見据えた文書管理とはどうあるべきだろうか(2014/2/12)

導入事例:
静岡銀行、統合文書管理システムでワークスタイル改革
静岡銀行は、文書管理ルールを整備し、その実践のために紙文書と電子文書を管理する統合文書管理システムを構築した。(2013/11/28)

新鋭のスイス企業CEOに聞く:
都市向けOS開発で世界問題の解決を図るLiving PlanIT
ITのアプローチを建築に応用し、人口増による都市集中という社会問題を解決しようと意気込むのが、スイスのベンチャー企業であるLiving PlanITだ。(2012/9/10)

“PMOの成果”見える化のススメ(5):
“PM力”の向上は、成果の見える化から始まる
本連載もいよいよ最終回。今回は「PMOの成果の見える化」のポイントを総括しよう。ぜひ皆さんの現場で役立ててほしい。(2011/8/8)

“PMOの成果”見える化のススメ(4):
コスト管理の苦労とスキルを可視化しよう!
ベンダやSIerとの見積もり交渉が、もしかしたら一番大変な作業かもしれない。今回はその苦労を可視化する方法を紹介する。(2011/7/13)

“PMOの成果”見える化のススメ(3):
「プロジェクトが遅れない理由」も数値化できる
プロジェクトのスケジュール管理はPMOの重要なミッションの一つ。あらゆることを管理し、いつも苦労しているのだから、その成果をきちんと数値でアピールしよう。(2011/6/29)

“PMOの成果”見える化のススメ(2):
数値でユーザーを安心させればPMOの評価は高まる
PMOの存在意義を理解してもらうためには、その働き、成果を数値で示すのが一番だ。今回はPMOの成果を定量化する方法と、そのアピール方法を伝授する。(2011/6/15)

見直し迫られる企業の事業継続【第2回】
BCP再構築のポイントは「分散化」と「共同化」
大震災を受け、企業のBCPはより高度化が求められている。限られた企業資産を有効利用し、真に事業継続力を高める方策は「分散化」と「共同化」だ。(2011/6/3)

“PMOの成果”見える化のススメ(1):
PMOの存在意義を見える化しよう!
昨今、多くの企業がPMO(プロジェクトマネジメント・オフィス)の重要性を認識している。だが、その効果を測ることを忘れてしまうと、PMOの存在意義は経営層や開発メンバーの意識から薄れ、プロジェクトもうまく進まなくなってしまう。ではどうすれば良いのか?――PMOに深い知見を持つ日立コンサルティングの荒浪篤史氏が「PMOの効果の見える化」のノウハウをコラムスタイルで案内する。(2011/5/25)

見直し迫られる企業の事業継続【第1回】
BCP機能せず、そのとき企業に何が起きたのか
企業にとって多くの想定外が発生した東日本大震災。事前に策定していたBCP(事業継続計画)の実行にも混乱が見られた。そこから学ぶことができるBCPの課題と今後の対策とは。(2011/4/27)

日立、Hadoopを検討する企業向けのアセスメントサービスを開始
日立はHadoopの利用を検討する企業に対し、設計支援や導入検証を行うアセスメントサービスを開始する。ミドルウェアやハードウェアの提供にもつなげる構え。(2011/1/17)

【IFRS】成功するIFRSプロジェクト【1】
IFRSプロジェクトがまず直面する3つの課題
IFRSの適用プロジェクトを本格的に開始する企業が増えてきた。しかし、多くの企業では初めての経験で試行錯誤が見られる。IFRSプロジェクトをスムーズに進行させ、目標を達成するためにクリアすべき、課題を解説する。ポイントは関連部署の巻き込み、原則主義への対応、そして経営層の支持だ。(2010/10/20)

iPad/iPhoneの活用で業務改革を――日立コンサルが支援サービス
日立コンサルティングが、iPad/iPhoneを活用した業務改革コンサルティングサービスを開始した。(2010/9/29)

日立製作所、IFRS事業を強化
日立製作所はIFRSの導入支援を目指し、関連事業を強化する。グループ会社と100人体制の専門組織を3月1日に立ち上げ、専門要員の育成やサービス導入、運用支援を手掛ける。(2010/2/17)

セールスフォース、国内のSIer/ISVにOEMパートナープログラムを提供
セールスフォースは、Force.comを活用したクラウドアプリケーションの開発・提供を支援するOEMパートナープログラムを発表した。NEC、日立ソフト、富士通といった大手のシステムインテグレーターもこのエコシステムに強い興味を示している。(2009/12/15)

企業とTwitterの向き合い方:
Twitterマーケティングの成功事例を分類する【後編】
企業マスコットのキャラクターになりきったつぶやきでユーザーを巻き込んだり、Twitter上で消費者とのやり取りを徹底したりする企業が、Twitter経由でさらなる利益を生み出している。最終回では、Twitterマーケティングにおける成功例を追いかける。(2009/9/25)

企業とTwitterの向き合い方:
Twitterマーケティングの成功事例を分類する【前編】
企業がTwitterをマーケティングやプロモーションに生かす事例が出始めている。そこでは各社がそれぞれ創意工夫を凝らしたメッセージを打ち出し、ユーザーの取り込みにつなげている。企業Twitterの成功例を2回に分けて紹介する。(2009/9/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。