ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP LaserJet」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HP LaserJet」に関する情報が集まったページです。

HPの法人向けプリンタに脆弱性、セキュリティ研究者が実証マルウェアを作成
HPはファームウェアの更新版を公開し、ユーザーに対してできるだけ早く対応するよう呼び掛けている。(2017/11/24)

日本HP、ビジネス向けインクジェットおよびレーザープリンタの新製品を発表
新ブランド「HP PageWideシリーズ」を含むインクジェットプリンタの新製品5機種と、コンパクトなA4モノクロレーザープリンタ「HP LaserJet Pro M501dn」を発表した。(2016/6/2)

日本HP、“業界最高水準”のセキュリティ機能を備えたオフィス向けレーザープリンタ
日本HPは、ネットワークセキュリティ対策機能を標準で備えたオフィス向けレーザープリンタ/複合機計3機種の販売を開始する。(2015/10/15)

独自のデザイン哲学を製品に反映:
HPが「日本向け堅牢モバイルノート」や「3Dスキャン対応の新提案PC」をシンガポールで披露
HPがシンガポールに構えるグラフィックス事業の研究開発拠点にて、同社のデザイン哲学と、それに基づく最新のPCやプリンタが披露された。現地リポートをお届けする。(2015/6/10)

HPレーザープリンタ史上最大の革新:
日本HP、新技術「ジェットインテリジェンス」導入の法人向けレーザープリンタ発表
新開発のトナーや機構改善、非純正トナー検知機能、そして、定着処理の動的温度管理で、HPのレーザープリンタの性能は大幅に向上したという。(2015/4/16)

ハードウェアキーボード搭載:
日本HP、スキャン速度に注力したオフィス向けA4レーザー複合機2モデル
日本HPは、ビジネス向けのA4レーザー複合機2機種を発表した。毎分50ページというスキャン速度を実現し、スライド式のハードウェアキーボードを搭載した。(2012/12/4)

AirPrintに対応:
日本HP、オフィス向けA4レーザー複合機2機種
日本HPは、企業向けの管理機能を備えるA4レーザー複合機2機種を発表した。ファームウェアもアップデートし、アップルのAirPrintに対応する。(2012/6/11)

HP、4.3型タッチパネル搭載の中規模オフィス向け複合機
日本HPは3月1日に、SOHOや中堅・中小企業をターゲットとした複合機2機種とプリンタ1機種を発売する。(2012/2/15)

日本HP、中小企業向きのA4カラーレーザープリンタ「M451dn」
日本ヒューレット・パッカードは、低ランニングコストを実現したビジネス向けA4カラーレーザープリンタ「HP LaserJet Pro 400 Color M451dn」を発売する。(2012/2/6)

HP、実証されたプリンタの脆弱性に対処するアップデートを公開
HPがLaserJetプリンタ乗っ取りに悪用できる可能性のある脆弱性に対処するファームウェアアップデートを公開した。この脆弱性は、セキュリティ研究者が用紙を焦がす実証デモを実施して注目を集めていた。(2011/12/24)

スマホ、タブレットとの連係を強化:
日本HP、企業向けA4レーザープリンタ/複合機6機種を発表
日本HPは、オフィス向けの各種管理機能を搭載したA4レーザープリンタ/複合機6製品を発売する。スマートフォンやタブレットからの遠隔操作によるプリント機能を強化しているのが特徴だ。(2011/11/1)

HP、モバイル対応などを強化したオフィス向けレーザープリンタ
ファームウェアを従来のLunuxベースからWindows CEに変更したレーザープリンタの新製品3シリーズ全6機種を発表。モバイル連係などを強化した。(2011/11/1)

INNOVATION for IMPACT:
立体物のスキャンが可能な複合機「HP TopShot LaserJet Pro M275」
原稿台に載せた立体物をスキャンするユニークな複合機「HP TopShot LaserJet Pro M275」が米Hewlett-Packardから登場する。Web上に掲載する商品見本などを手軽に製作できるのがウリだ。(2011/9/9)

「Google Cloud Print」をHPのプリンタがサポート
HPのPhotosmart、Officejet、LaserJet Proでは、固有のメールアドレスを設定するだけでモバイル版GmailやGoogle Docsの文書をクラウド経由で印刷できる。(2011/4/1)

日本HP、A3対応のビジネス向けカラーレーザープリンタ「CP5525dn」
日本ヒューレット・パッカードは、オフィス向け各種管理機能を搭載したA3対応カラーレーザープリンタ「CP5525dn」など2製品を発売する。(2010/11/29)

仕事耕具:
スマートフォンで“PCレス”プリントも――日本HP、A3/A4カラーレーザー2機種
日本HPは、Web管理ツールを搭載し、セキュリティ機能を強化したA3カラーレーザープリンタ「HP Color LaserJet Enterprise CP5525dn」、A4カラーレーザー複合機「HP Color LaserJet Enterprise CM4540 MFP」を12月下旬に発売。価格はそれぞれ38万6400円、59万6400円。(2010/11/29)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
コストと業務効率の折り合い
「それぞれの組織で必要なビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けた新入社員のダイチ、クミ、リエは、それぞれが所属する組織に最適な機器を選びました。3人と実際に導入の最終決定をする総務部イーノさんの選び方には少し違いがあるようです。(2010/11/17)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
仕事は機械に任せちゃえ!
「それぞれの組織で必要なビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けたリエは、合計3人が所属する編集部の業務効率を改善するという視点で機器を選びます。(2010/11/11)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
早く帰るためのキーワードは「大量」「高速」なのです!
「それぞれの組織で必要なビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けた新入社員のダイチ、クミ、リエ。3人はどんなプリンタ/複合機を選ぶのでしょうか。また総務部のイーノさんは選んだものにOKを出すのでしょうか。今回はイベント運営部で最大1000人規模のイベントを手掛けるクミの視点を紹介します。(2010/11/5)

Apple、iPadから印刷できる「AirPrint」を発表――HPのプリンタに対応
Appleが次期OS「iOS 4.2」に搭載する無線プリント機能「AirPrint」を発表した。まずはHPのクラウド印刷サービス「ePrint」対応プリンタでの印刷が可能になる。iOS 4.2のリリースは11月の予定だ。(2010/9/16)

仕事耕具:
HPの部署内A4レーザー、ICカード対応でカラー/モノクロ毎分40枚
日本HPは、部署内プリンターとして使えるA4モノクロレーザープリンターとA4カラーレーザープリンターを6月3日に発売する。(2010/5/31)

Windows 7への不満、特に多いのは?
Windows 7がリリースされてから数カ月がたつが、今のところユーザーが不満を感じているのはXP Modeやドライバ、バッテリーの問題が多いようだ。(2010/4/30)

複合機はIT機器? SMBの賢いOA活用
デジタル複合機の導入だけではペーパーレス化にならない理由
コスト削減のためのペーパーレス化が叫ばれるようになって久しい。だがデジタル複合機を導入してペーパーレス化を徹底できた企業は少ないだろう。「複合機を導入すれば無駄な紙が減る」わけではないのだ。(2009/8/20)

仕事耕具:
HP、“1枚2.24円”でコスト削減のA4カラーレーザー複合機
日本HPのビジネス向けA4カラーレーザー複合機「HP Color LaserJet CM3530 MFPシリーズ」は、モノクロ印刷時のランニングコストを抑えたモデル。カラー出力制限機能を備えた管理ソフトと組み合わせて、プリンティングコストを削減できるという。(2009/2/19)

日本HP、低ランニングコストを実現した企業向けA4カラーレーザー複合機「CM3530 MFP」
日本ヒューレット・パッカードは、ビジネス用途向きのA4カラーレーザー複合機「CM3530 MFP」シリーズ2機種を発表した。(2009/2/19)

最新プリンタが高井戸に集結:
家庭向け複合機から5千万円超の商業印刷機まで――日本HPの新デモスペースを体感
日本HPが東京都杉並区に開設した「HP Printing Experience Center TOKYO」は、幅広い分野のプリンタ製品を体感できるデモスペース。さっそく中をのぞいてみた。(2009/2/19)

LaserJetプリンタにも:
HP OpenViewにコード実行の脆弱性
HPがOpenViewの脆弱性を修正するパッチを公開。LaserJetプリンタの脆弱性に対処するファームウェアアップデートも公開した。(2009/2/9)

日本HP、30枚/分印刷対応のオフィス向けA4レーザープリンタなど2製品
日本ヒューレット・パッカードは、企業向けのA4対応カラーレーザープリンタ「HP Color LaserJet CP3525dn」「HP Color LaserJet CP2025dn」を発表した。(2008/10/23)

仕事耕具:
HPがギガビットイーサ標準対応のA4レーザー、カラー毎分30枚
日本ヒューレットパッカードは、A4カラーレーザープリンタ「HP Color LaserJet CP3525dn」「HP Color LaserJet CP2025dn」を発売する。いずれも自動両面印刷機能を搭載し、ネットワーク接続に標準対応する。(2008/10/23)

HP、「環境に優しい」プリンタ事業戦略を発表
HPはリサイクルプラスチックから製造したプリンタ、使用電力や印刷枚数を管理できるツールなど、環境に優しいプリンタ戦略を推進する。(2008/5/23)

レーザープリンタなどの電源コネクタが負荷で破損する可能性を発表――キヤノン/日本HPの2社
キヤノンは、同社製レーザープリンタ7機種を含む計17機種について、電源コネクターの差込み口に長期間の負荷が加わった場合に破損の可能性があると発表した。また、日本HPも2機種について同様の発表を行っている。(2007/12/5)

HP、「Print 2.0」戦略と新サービスを発表
HPが、ブログなどのWebサイトを印刷しやすくするツールや、中小企業向けマーケティングツールを搭載したプリンタなどを発表した。(2007/5/31)

日本HP、印刷速度を向上させたオフィス向けA3モノクロレーザー
日本ヒューレット・パッカードは、35枚/分の高速印刷と低ランニングコストを実現するSOHO向けA3モノクロレーザープリンタ「HP LaserJet 5200」「HP LaserJet 5200n」を発売する。価格は14万700円から。(2006/4/17)

HPのプリンタに情報流出の脆弱性
HPのColor LaserJet 2500/4600プリンタでインストールされるToolboxソフトのWindows版に脆弱性が存在し、リモートから情報を盗まれる恐れがある。(2006/4/7)

日本HP、企業向けモノクロレーザープリンタ3機種を発表
日本HPは、企業向けモノクロレーザープリンタ3機種を発表した。A4モノクロレーザーの「LJ4240/LJ4240n」とA3モノクロレーザーの「LJ9040n」の3機種。(2006/2/2)

HP、7万円台モデルなどオフィス向けモノクロレーザープリンタのラインアップ拡充
日本ヒューレット・パッカードは、企業向けレーザープリンタのラインアップ拡充を発表、A4モノクロレーザープリンタ2製品、およびA3モデル1製品の計3製品を発売する。(2006/2/2)

HP、高速印字対応のコンパクトA4カラーレーザー新モデル5製品
日本ヒューレット・パッカードは、省スペース筐体を採用する高速印字対応A4カラーレーザープリンタ「HP Color LaserJet 3600」など計5モデルを発表した。価格は7万9800円から。(2005/12/9)

日本HP、企業向けレーザープリンタのラインアップを強化
日本HPは、企業向けレーザープリンタ「HP LaserJet 4350シリーズ」、「HP LaserJet 4250シリーズ」、「HP Color LaserJet 5550シリーズ」、「HP LaserJet 9050シリーズ」を発表した。(2004/10/7)

印刷スピードは毎分21枚――HP、企業向けA4カラーレーザープリンタ発売
日本ヒューレット・パッカードは6月7日、21枚/分の印刷スピードを持つ企業向けA4カラーレーザープリンタ2製品を発売した。価格は24万9900円から。(2004/6/7)

HP、デジタルカラー主流化へ各種施策
米Hewlett-Packardは、デジタルカラー主流化を促進するため、強力なカラープリンタを手頃な価格で投入するとしている。その一例が北米で初めて500ドルを切る価格で発表されたカラーレーザープリンタ。米推定小売価格499ドル。(2004/6/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。