ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インプラント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インプラント」に関する情報が集まったページです。

新工法:
GRBシステムを用いたインプラント工法による地すべり抑止杭を初完工
技研製作所グループ企業の技研施工は、九州新幹線彼杵川橋りょう工事において、不安定な地盤を乱さず、仮設レスで施工するGRBシステムインプラント工法による地すべり抑止杭工事を初めて完了した。(2020/9/7)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

市場動向:
技研ヨーロッパが蘭・工場新設、EU圏で「圧入」市場拡大を狙う
技研製作所グループでオランダに拠点を置く、Giken Europeの新工場と事務所棟が竣工した。新工場ではEU圏での圧入市場の拠点となると位置付けられている他、大型圧入機の実習も含めた研究機能も備えるため、日本で培った圧入技術のノウハウを欧州にも普及させるとともに、圧入事業の市場拡大をも狙う。(2020/8/21)

3Dプリンタニュース:
金属3Dプリントの市場規模予測、2019〜2025年に年平均24.41%で成長
グローバルインフォメーションは、2019年から2025年にかけて金属3Dプリントの市場規模は年平均24.41%で成長するとの予測を発表した。航空宇宙、防衛、ヘルスケア分野、医療関連での堅調な市場拡大が予測される。(2020/8/20)

NSAとFBI、ロシアがスパイ活動で利用というLinux向けマルウェア「Drovorub」のアドバイザリー公開
米国家安全保障局(NSA)と米連邦捜査局(FBI)が、ロシア政府とつながるハッカー組織apt28が利用しているというLinux用マルウェア「Drovorub」のセキュリティアドバイザリーを公開した。(2020/8/14)

導入事例:
技研の「コンビジャイロ工法」が北海道で初採用、壁体を低コストで構築
技研製作所が、製造販売する無公害の杭圧入引抜機「サイレントパイラー」を用いた「コンビジャイロ工法」が北海道函館市の「湯の川」護岸整備で採用された。(2020/6/30)

「心からの笑顔で笑えるようになりました」歯の矯正で人生が変わった体験漫画が壮絶 矯正期間は5年5カ月
頑張った先に幸せがある。(2020/6/27)

産業動向:
技研製作所の「ジャイロパイラー」が日本機械学会優秀製品賞
技研製作所が製造販売する鋼管杭回転切削圧入機「ジャイロパイラー」が、日本機械学会優秀製品賞を受賞した。(2020/4/17)

「こんなにたくさん」「まるでサイボーグの部品」 JRA三浦騎手の体内から取り出されたインプラントの数が話題に
三浦騎手のボディーメイクを担当している樫木裕実さんも驚き。(2020/2/13)

「サイバー犯罪者は策略を進化させている」:
Emotetが2冠――「最も危険なマルウェア2019」を発表、ウェブルート
ウェブルートは「最も危険なマルウェア2019」を発表した。2019年に破壊的な連鎖攻撃を与えたという、3つのマルウェア「Emotet」「Trickbot」「Ryuk」による脅威などが挙げられた。(2019/12/19)

導入事例:
「ジャイロプレス工法」を建築物の基礎工に国内初導入した技研高知工場が竣工
技研製作所は、独自の「ジャイロプレス工法」を基礎工に用いた「高知第三工場」が竣工し、2019年11月25日に稼働を開始した。(2019/11/27)

材料技術:
ランボルギーニ、国際宇宙ステーションでカーボンファイバー素材の研究を実施
Automobili Lamborghiniは、国際宇宙ステーションで、5種類のカーボンファイバー複合素材の研究を実施する。ランボルギーニ車と医療分野での将来的な応用を視野に入れ、5種類の複合素材が宇宙空間においてどう反応するかを分析する。(2019/11/13)

FAニュース:
スピードと複合加工性を両立する主軸台移動形CNC自動旋盤用ATC装置
シチズンマシナリーは、主軸台移動形CNC自動旋盤「Cincom L20XII型」用専用オプションのATC装置を発表した。B軸ツールの自動交換が可能になり、自動旋盤の速やかな加工と、複合かつ複雑な加工性を両立する。(2019/11/11)

新工法:
地球と一体化する“インプラント工法”、都内の道路拡幅などインフラでも採用増
技研製作所が開発した「インプラント工法」の国内採用件数は、2019年8月末時点で883件になったという。(2019/10/18)

海外医療技術トレンド(50):
欧州の医療機器規制改革とサイバーセキュリティ動向
欧州連合(EU)では、ICT基盤を支える一般データ保護規則(GDPR)やサイバーセキュリティに加えて、医療機器規制全体を取り巻く改革が進んでいる。(2019/9/13)

臨床医学研究に「AWS」を使う【前編】
名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?
臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。(2019/9/13)

医療×テクノロジー:
5G、AIが「がん治療」を変える!? 山中教授らが語る未来
楽天は2019年8月2日、同社のイベント「Rakuten OPTIMISM 2019」(パシフィコ横浜/2019年7月31日〜8月3日)で、医療最前線:がん治療の革命児たち」と題したパネルディスカッションを実施。京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏ら、がん治療のスペシャリストが、AIや5G(第5世代移動通信)などの最新テクノロジーが医療にもたらす可能性について語った。(2019/8/19)

海外医療技術トレンド(49):
オーストラリアの医療機器サイバーセキュリティと国際協調
本連載でこれまでも何度かオーストラリアのデジタルヘルスを取り上げたが、医療機器の分野でもユニークな動きを見せている。(2019/8/9)

施工管理:
杭精度管理システム「インプラントNAVI」のレンタル・リースを開始、技研製作所
技研製作所は、杭精度管理システム「インプラントNAVI」のレンタル・リースを開始する。施工中の杭の貫入深度や変位などをリアルタイムで取得し、杭の施工品質管理と出来形資料作成の省力化・迅速化が可能となる。(2019/8/2)

3Dプリンタニュース:
ディスペンサーノズルの異業種応用、リスクの少ない乳房再建技術の実現に貢献
テクダイヤは、特殊加工を施した同社のディスペンサーノズル「ARQUE」が、ドイツのBellasenoが開発中の3Dプリンタに採用され、乳がん手術における乳房再建技術の開発に貢献したことを発表した。(2019/8/2)

イーロン・マスクが立ち上げたNeuralink、脳マシンインタフェースを披露
米NeuralinkがBMI(Brain Machine Interface:脳マシンインタフェース)デバイスを披露。2020年に人を対象とした臨床試験を行う方針を示した。(2019/7/18)

産業動向:
技研ヨーロッパがオランダ本社を増築、欧州でインフラ案件獲得を目指す
技研製作所グループは、海外売り上げ比率を全体の7割と掲げ、欧州市場での受注拡大を目的に、オランダで新工場と事務所棟を新設する。欧州の拠点強化を図り、独自の圧入技術を用いた構造物を急速に構築できるインプラント工法を武器に、オランダで年13億ユーロの投資が計画されている堤防補強工事などの受注を目指す。(2019/7/16)

耐震:
技研製作所、ため池の耐震化工事にインプラント堤防を採用
技研製作所は、高知県室戸市のため池「黒茂谷池」において、技研施工の施工により、耐震化を目的としたインプラント堤防(鋼矢板二重締切)の補強工事を行ったと発表した。(2019/7/3)

医療機器ニュース:
歯科口腔外科向け骨再生材料を製品化
東北大学は東洋紡と共同で、歯科口腔外科領域の骨欠損を対象とした骨再生誘導材を製品化した。商品名は「ボナーク」で、2019年秋から販売を開始する。(2019/7/1)

医療用インプラント機器向けに:
ミリメートル単位まで小型化できる全固体電池
 Ilika Technologies(以下、イリカ)は、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax(ステリアックス) M50」を開発したとして、2019年4月16日、東京都内で説明会を行った。てんかんやパーキンソン患者向けの神経刺激装置や、健康維持のために肺動脈付近に埋め込む血圧センサーなどへの利用を見込んでいる。同社の最高化学責任者のBrian Hayden氏は、「早ければ2年後には、Stereax M50を搭載した機器が市場に登場すると予想している」と話した。(2019/4/22)

組み込み開発ニュース:
半導体製造プロセスで作る全固体電池は「医療用インプラント機器に最適」
英国のイリカ(Ilika)が、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax M50」について説明。てんかんやパーキンソン病の患者向けに用いられる神経刺激装置(ニューロスティミュレーター)や、健康維持のため肺動脈付近に埋め込む血圧モニターをはじめ、早ければ2021年にも医療機器メーカーの採用を見込む。(2019/4/17)

導入事例:
錦糸町駅南口の狭い敷地に、技研製作所の機械式地下駐輪場「エコサイクル」が完成
技研製作所の機械式地下駐輪場「エコサイクル」が東京・墨田区の「錦糸町」駅南口に完成した。夜間には地上部分の施設がライトアップされ、錦糸町エリアの新たなランドマークとなることが見込まれる。(2019/4/15)

免震:
鋼矢板を連続して圧入する「拘束地盤免震」を採用した“技研製作所の新社屋”が完成
技研製作所は2019年2月25日、インプラント構造の連続壁による免震技術「拘束地盤免震」を用いた高知本社新館が完成したことを公表した。(2019/2/26)

視点:
異業種発・日本発の医療機器イノベーションの創り方
製薬企業のみならず、昨今幅広い異業種にとって「ヘルスケア」「ライフサイエンス」「メドテック」は、多くの日系企業の成長戦略の要の一つとなっている。(2019/2/20)

自動車用大型部品の試作・量産に:
GEアディティブ、コイワイから大型金属3Dプリンタ「X LINE 2000R」を国内初受注
GEアディティブは、コイワイから大型金属3Dプリンタ「X LINE 2000R」を受注したことを発表した。コイワイが2019年2月に新設する工場(宮城県柴田郡大河原町)に導入され、自動車用の大型部品の試作および量産に利用される計画である。(2018/10/25)

ほぼ無音の「吸った声」で音声認識 マイクロソフト研究
(2018/10/18)

北米市場の開拓狙いNYの建設コンサルと提携、技研製作所
騒音や振動などの建設公害を発生させずに杭・矢板を地中へ押し込む「圧入工法」のパイオニア、技研製作所が北米市場の開拓を加速する。ニューヨークの老舗建設コンサルタント会社と9月20日付で提携し、トランプ政権が表明した巨額のインフラ整備に備える構えだ。GIKENグループでは長期ビジョンで、全体の売上に占める海外の売上比率を7割まで引き上げることを目指す。(2018/10/15)

信憑性を問う声も:
「米通信大手のサーバに不正なハードウェア」 Bloomberg報道
Bloombergは、米通信大手のデータセンターで使われていたサーバから不正なハードウェアが見つかったと伝えた。一連のBloombergの報道については信憑性を問う声も強まっている。(2018/10/10)

AIの大衆化、エコシステムのデジタル化、自家製バイオハッキングなど:
Gartner、人とマシンの境界をあいまいにする5つの先進技術トレンドを明らかに
Gartnerは最近発表した「先進技術のハイプサイクル」レポートの最新版で、35の技術とトレンドを選び、人とマシンの境界をあいまいにする5つの先進技術トレンドとしてまとめた。(2018/8/22)

“日本が知らない”海外のIT:
家具が自動で組み上がる未来も? 世界で広がる「4Dプリント」研究
3Dプリンタを使って印刷されたフラットな印刷物が、熱や水などの力で立体に姿を変えていく──そんな4Dプリント技術の研究が世界中で進められている。(2018/5/18)

医療機器ニュース:
再生医療用セラミックス製品に関する世界初の国際規格
物質・材料研究機構の職員が提案した、再生医療用セラミックス製品の評価法に対して、世界初の国際規格が発行された。再生医療用セラミックス製品の評価の一部を適正かつ簡便に進めることができ、動物を用いないため動物愛護にも寄与する。(2018/5/15)

医療機器ニュース:
新処理エンジン搭載のX線動画表示外科用Cアーム型デジタル透視システム
富士フイルムは、外科用Cアーム型デジタル透視システム「COREVISION 3D」を開発した。X線動画処理エンジン「ダイナミックコアエンジン」により、低線量で高鮮鋭、高コントラストのX線動画像を提供する。(2018/5/1)

機械学習の参考事例:
Deep Learningが医療向けVR/MRサービスでどう活用されたのか
医療現場のCT画像から手術対象の臓器などをVR/MR用にSD立体化した事例において、ディープラーニングの技術はどのように選択され、活用されたのか。実際に取り組んだ手順で説明し、今後の展望についても紹介する。(2018/3/14)

医療機器ニュース:
歯科のインプラント治療で使用可能な人工骨、歯の無機成分と同じ組成
九州大学とジーシーは、骨の無機成分と同組成の人工骨を開発し、歯科用インプラント治療で使用可能な人工骨として国内初の薬事承認を得た。これにより治療時の患者への侵襲を伴う自家骨採取が不要になる。(2018/3/9)

歯科医自身が「FileMaker」で構築
「全くの初心者だった」 歯科医が開発した補綴治療計画ツールに込める思い
恵愛歯科クリニックが「FileMaker Pro」で独自開発したソフトウェア「Owlview(アウルビュー)」。なぜ歯科用ソフトウェアを院長自身が開発したのか。工程や費用はどうだったのか。院長の杉原 新氏に聞いた。(2018/1/24)

医療機器ニュース:
軟骨伝導補聴器を開発、イヤフォンタイプの補聴器が使えない難聴者へ
リオンは奈良県立医科大学との共同研究により、外耳道閉鎖症、多量の耳漏などによって通常の補聴器が使えない難聴者を対象とした軟骨伝導補聴器を開発した。(2017/11/28)

製造マネジメントニュース:
デジタルビジネスを支援する「パーソナル技術」トップ10
ガートナージャパンは、デジタルビジネスを支援する「パーソナル技術」のトップ10を発表した。1位は機械学習(ML)/人工知能(AI)で、2位に仮想パーソナルアシスタント(VPA)、3位に拡張現実(AR)/仮想現実(VR)を挙げた。(2017/9/4)

CADニュース:
トポロジー最適化だけじゃない、将来はIoTでコンピュータが自発的にデザイン
オートデスクは同社が研究中である新モデリング技術のジェネレーティブデザイン(自己生成的デザイン)について、概要やパートナーとの開発事例について紹介した。同社の新しいオフィスのレイアウト検討でも、研究の一環としてジェネレーティブデザインを利用した。IoTの仕組みで取得したビッグデータも活用できるよう研究中だという。(2017/7/27)

Computer Weekly製品導入ガイド
死者が出る前に対策すべきIoTセキュリティ
IoT機器がもたらしかねない惨事を回避するために、対策を強化する必要があると専門家は指摘する。(2017/7/18)

SAoE 2017レポート:
マルチフィジックスとマルチスケールの先にあるもの
ダッソー・システムズのSIMULIAブランドの責任者らが、米で3ブランドを包括したイベントを行った背景や、バーチャル都市およびバーチャル心臓プロジェクトの詳細、大規模解析の開発状況やこれからの市場展開について語った。(2017/7/11)

SAoE 2017レポート:
コンタクトレンズや膝関節をオーダーメイド開発する
少量製造や個人計測などの技術を活用した、個人向け医療機器の開発が進みつつある。ダッソーのイベントから、コンタクトレンズの設計自動化と、人工膝関節における筋骨格モデルとFEAを連携させた事例を紹介する。(2017/7/7)

よりぬきAIの遺電子さん:
近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第11話「寡黙な彼女」
週刊少年チャンピオンで連載中の“近未来版ブラック・ジャック”こと「AIの遺電子」がITmedia NEWSに登場。編集部おすすめのよりぬきエピソードを全4回にわたって紹介する。(2017/6/8)

WikiLeaks、CIAのファイルサーバ潜入ツール「Pandemic」に関する文書を公開
感染したファイルサーバにリモートユーザーがアクセスすると、ファイルが攻撃コードを仕込んだ別のファイルに入れ替えられて、パンデミックを引き起こす。(2017/6/5)

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます
厚労省のガイドラインを解説。(2017/6/2)

Oculus創業者が一番好きなVRゲームは?──来日中のパルマー・ラッキーさん、“ぶっちゃけ話”を披露
来日中のOculus創業者パルマーさんが、ゲーム関係者向けイベントでVRの将来や自身の“ぶっちゃけ話”などを披露。実は「○○」が好き……?(2017/5/12)

PR:インプラント・ネット 全国のインプラント専門歯科医院の検索サイト


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。