ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インタラクション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インタラクション」に関する情報が集まったページです。

Gartner Insights Pickup(169):
CIOが押さえるべき、プレゼンテーション改善のためのチェックリスト
プレゼンテーションのオーディエンスは今や、プレゼンターが常に楽しませ、魅了してくれると期待する。CIOが自らのアイデアへの支持を取り付けるには、効果的なコミュニケーションテクニックを学び、実践しなければならない。(2020/8/7)

Adobe Experience Cloud事業責任者が語る:
ベールを脱いだAdobeの「ヘッドレスサービス戦略」とは?
Adobeがデジタルトランスフォーメーション(DX)支援の中核製品と位置付けるAdobe Experience Cloudは、企業にどんな価値を提供するのか。事業責任者へのグループ取材で明らかになった今後の戦略を解説する。(2020/7/30)

車載情報機器:
カーナビが「前の黒いクルマに続いて曲がって」と案内、三菱電機が開発
三菱電機は2020年7月22日、自然な言葉で人と機器が円滑に意思疎通する技術「Scene-Aware Interaction(シーン・アウェア インタラクション)」を開発したと発表した。(2020/7/30)

越境EC成功の鍵はライブコマース:
訪日インバウンド需要が“蒸発”したコロナ後、中国の消費者の心をつかむには?
中国最大手のECコンテンツマーケティング支援企業であるMoli Mediaが日本市場に進出。同社の強みと中国向け越境ECの可能性についてキーパーソンが語った。(2020/7/22)

Innovative Tech:
トラックパッドに載せて操作する空気圧式コントローラー「PneuModule」 東大が開発
ゲームや音楽のコントローラーとして役立ちそうな新しいインタフェースが登場。(2020/7/8)

「世界初」のDQHDゲーミングモニター:
曲率1000Rの49インチQLEDディスプレイ、Samsung
Samsung Electronicsは2020年6月24日(韓国時間)、曲率1000Rの49型QLED(量子ドットLED)ディスプレイ「Odyssey G9」をグローバルで発売すると発表した。解像度はDQHDを実現しており、同社は、「深く没入感のある業界初の曲率1000Rを提供する、世界初のDQHDゲーミングモニターだ」としている。(2020/6/29)

2020年のアナリティクス技術のトレンド、トップ3は「よりスマートなAI」「データストーリー」「意思決定インテリジェンス」――ガートナー発表
ガートナーは、データ/アナリティクス技術のトレンドのトップ10を発表。NLP(自然言語処理)や適応学習などを活用したAI分析の需要が高まり、2024年末までに、75%の組織がAIを“試験的な導入”から“実運用”に移行させるという。(2020/6/25)

産業用ロボット:
PFNが自律移動型作業ロボットの量産設計を開始、搬送や消毒用途で実証実験も
Preferred Networksは2020年6月22日、開発中の移動型マニピュレーターロボットの量産設計を進め、無人搬送や無人消毒の用途で、工場や実験室、オフィス、病院、福祉施設などでの実証実験を開始すると発表した。(2020/6/24)

アフターコロナは「試すチャンス」?:
なぜ、マーケティングでAIが注目されているのか
コロナの影響による経済の停滞を受け、IT大手のGoogleですらマーケティング予算を大幅に削ろうとしている。この流れはマーケティングのさらなる効率化を促す要因となるかもしれない。そこで今あらためて注目を浴びているのが、AI(人工知能)だ。(2020/6/10)

Gartner Insights Pickup(161):
COVID-19を機に、重点的に取り組むべき7つのセキュリティ課題
企業は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への迅速な対応を図っているが、その一方で依然としてセキュリティ侵害にもさらされている。セキュリティおよびリスク管理チームは警戒を継続し、戦略的な取り組みを推進する必要がある。(2020/6/5)

Innovative Tech:
多様な触覚を再現する立体ディスプレイ 脱着式ピンベースのMIT「TRANS-DOCK」
複数のピンを束ねたピンベースディスプレイで様々な触覚を再現できる。(2020/5/1)

Innovative Tech:
傘を差して荷物も持てる2本分の腕──体に巻き付けるヘビ型ウェアラブルロボ「Orochi」
人が触手を使えるなら、どんな活用ができるか。(2020/5/1)

Adobe Summit 2020レポート:
COVID-19で変わるCX(顧客体験)の価値 Adobe CEOが語る
前例のない困難な時代に顧客とデジタルでつながるための最善の方法とは何か。(2020/4/28)

見る人の視線でストーリーが変わるVR映画「HERA」、 WOWOWが制作へ
WOWOWとstoicsenseは、分岐型マルチエンディングVR映画「HERA」の制作プロジェクトを発表した。HMDのアイトラッキング機能を利用し、視聴者の見ている方向によってストーリーが決まるという。(2020/3/31)

Apple純正ARオーサリングツールのReality ComposerがLiDARスキャナー対応
新型iPad Proに搭載されたLiDARを活用したARコンテンツを制作できる。(2020/3/27)

従業員エンゲージメントが鍵:
CX(顧客体験)向上の大前提としてのEX(従業員エクスペリエンス)
従業員エクスペリエンス(EX)が良ければカスタマーエクスペリエンス(CX)は自ずと上がる――Gartnerのジーン・ファイファー氏はそう語った。その真意、そして従業員エクスペリエンス向上の具体的な方法とは。(2020/3/11)

Innovative Tech:
振動、圧力、温冷、風を同時に体感 ウェアラブル端末「Haptiple」、豊田中研が開発
体に装着してさまざまな感覚を受けられるウェアラブル装置が開発された。(2020/3/11)

Gartnerのアナリストが語るCXの原点:
顧客について考えるのではなく顧客の立場で考えよう
カスタマージャーニーマップを描き顧客体験の改善に役立てる上で必要なこととは何か。専門家に聞いた。(2020/3/2)

「Facebook外のアクティビティ」がようやく日本でもスタート 20億人にプライバシー設定確認を呼び掛けも
Facebookが、サードパーティサービスから入手しているユーザーデータを確認・削除するためのツール「Facebook外のアクティビティ」を日本でも提供を開始した。ユーザーが自覚せずに共有させていたリンクは、このツールで切断することもできる。(2020/1/29)

Innovative Tech:
顔への風圧、かすめる、直撃が実感できるVR触覚システム 台湾の大学が開発
VR HMDで顔に接触している部分を移動させることで、さまざまな触感を利用者にもたらす。(2020/1/28)

将来、ビジネス変革をもたらす「3つの情報社会」と「8つの技術トレンド」とは
NTTデータは「NTT DATA Technology Foresight 2020」を公開した。社会の持続性確保に不可欠な新たな規範や価値観の探求という潮流を、3つの「情報社会トレンド」で捉え、8つの「技術トレンド」で技術の詳細と将来像を具体的に示した。(2020/1/27)

人工知能ニュース:
物体や音声を高度に認識、処理性能2.3TOPSのNPUを統合したプロセッサ
NXP Semiconductorsは、NPUを統合したアプリケーションプロセッサ「i.MX 8M Plus」を発表した。産業用マシンビジョン、ロボティクス、ハンドジェスチャー向けの人間や物体認識、自然言語処理を使った感情検出が可能になる。(2020/1/27)

Innovative Tech:
自己変形ロボットの群れで人をサポート コロラド大と東大「ShapeBots」発表
ロボットをテーマにしたディズニーアニメでこういうのが出てきたような。(2020/1/15)

Innovative Tech:
VRのハンドトラッキング範囲を拡張する「Pursuit Sensing」 東北大学など開発
Leap Motionをジンバルにマウントさせるという手法でVRハンドトラッキングを広範囲で利用できるようになる。(2020/1/9)

産業用、IoTのエッジAI向け:
NPUを統合した「i.MX 8M Plus」、NXPが発表
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2020年1月7日 、産業用、IoTにおけるエッジでの機械学習/推論向けに、専用ニューラルプロセッシングユニット(NPU)を統合したアプリケーションプロセッサ「i.MX 8M Plus」を発表した。(2020/1/8)

Innovative Tech:
投影画像を指で動かす、つまむ──ソニーが技術開発 指が重なっても高精度で検知
指の「重なり」による誤検知を回避できる技術をソニーが開発した。(2019/12/26)

Innovative Tech:
超音波で操作する風船型ディスプレイ 東大が開発
風船に映像を投影し、操作することができるディスプレイシステム。どんなメリットがあるのか?(2019/12/27)

2019国際ロボット展:
スクエニのメタAIでオムロンの卓球ロボがさらに進化、モチベーションを高めて人の成長を促す
オムロンとスクウェア・エニックスは、「2019国際ロボット展(iREX2019)」(2019年12月18〜21日、東京ビッグサイト)の開催に併せ、両社共同研究による「人のモチベーションを高めるAI」に関する記者説明会を開催した。(2019/12/19)

Innovative Tech:
スマートフォン表示のAR物体を手づかみ ブラウン大学など「Portal-ble」開発
Leap Motionとスマートフォンを組み合わせてハンドトラッキングとフィードバックを効果的に実現。(2019/12/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーにとっての安全性と、ボルボ
自動車メーカーの安全に対するスタンスは、大別して3つあると筆者は思っている。代表的なメーカーでいえば、1つ目がテスラ、2つ目がダイムラーやBMW、そして3つ目が日本の自動車メーカーだ。という中でボルボは少し特殊だと思っている。ご存じの通り、「安全」というキーワードは、ボルボというブランドの価値の中で大きな部分を占める。(2019/12/16)

東京モーターショー2019 インタビュー:
トヨタの未来の愛車づくりは、「愛車」が伝わらないところから始まった
AIエージェントはどのように人を理解し、クルマを愛する気持ちを喚起するのか。AIエージェント「YUI」を搭載したコンセプトカー「LQ」の開発責任者であるトヨタ自動車 トヨタZEVファクトリー ZEV B&D Lab グループ長の井戸大介氏に話を聞いた。(2019/11/7)

一方通行のコミュニケーションから双方向のコミュニケーションへ:
Facebookがアンケート広告、プレイアブル広告、AR(拡張現実)広告を提供
インタラクティブに対話できる3つの新フォーマット。(2019/9/26)

Facebook、非侵襲的神経インタフェースのCTRL-labsを買収 VR/AR部門強化
Facebookが、リストバンド型の無線操作端末を開発するCTRL-labsを買収した。このリストバンドは、脊髄から手に送られる操作指示の電気信号をデコードし、PCなどが理解できる信号に変換して無線でPCなどを操作するというものだ。(2019/9/24)

「tvOS」「watchOS」のバグ報告にも報奨金
iPhoneの脆弱性に1億円、macOSも報告対象に Appleがバグ報奨金を大幅変更
Appleはバグ報奨金プログラムの対象を「macOS」の脆弱(ぜいじゃく)性にも拡大し、同時に報奨金を引き上げる方針だ。脆弱性の種類によっては、報奨金の金額は100万ドルにもなる。(2019/9/14)

製造ITニュース:
中南米大手企業などがデジタル調達システムを導入
SAPは、同社のソリューション「SAP Ariba」「SAP Fieldglass」をBurger King Brazil、Banco G&T Continentalが導入したと発表した。調達のデジタル変革および購買プロセス全体の統合を実現するために、同ソリューションを導入した。(2019/9/13)

企業の差別化戦略を支える「カスタマーエクスペリエンス(CX)」市場は堅調に拡大 2022年に6410億ドル規模に――IDC予測
IDC Japanによると、企業にとって重要な差別化要因となる「カスタマーエクスペリエンス(CX)」へのIT投資は、世界9カ国を対象にした調査結果から、2022年まで年成長率8.2%で拡大し、2022年には6410億ドルに達する見通しであることが分かった。(2019/9/4)

そろそろ会議やめませんか:
“VRのご意見番”GOROman氏に聞く「まずはSlack、その先で生きるVR会議」
VRを活用することで、プレゼンや講演の非同期化をテストしているXVIの近藤「GOROman」義仁社長に話を聞いた。VR会議や登壇の今後を探る。(2019/9/2)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
時計表示に特化した小型スマートディスプレイ「Lenovo Smart Clock」を使ってみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は時計表示に特化したスマートディスプレイ「Lenovo Smart Clock」をレビューする。(2019/8/28)

組み込み開発ニュース:
組み込みOS業界の黒船となるか、ファーウェイの「HarmonyOS」
ファーウェイは、マイクロカーネルと分散アーキテクチャを採用した独自開発のOS「HarmonyOS」を発表。同社が2019年後半に発売する予定のスマートテレビで、HarmonyOSのバージョン1.0を採用する計画。今後3年間で最適化を進めて、ウェアラブル端末や車載情報機器など、より広範なスマートデバイスに採用を広げていく方針だ。(2019/8/16)

製造業IoT:
「B737MAX」の墜落事故を繰り返さない、イベント駆動型アーキテクチャが鍵に
「Interop Tokyo 2019」の基調講演に、米国VANTIQ CEOのマーティ・スプリンゼン氏が登壇。「リアルタイムが成功の鍵、デジタルトランスフォーメーション〜SQL型DBを作った男が語る、EDAとは〜」と題して、同社の取り組みや導入事例を紹介した。(2019/7/26)

AWS DeepRacer入門:
第2回 AIの強化学習の基礎を学ぼう
AI・機械学習における「強化学習」の基礎知識と基本用語を、AWS DeepRacerの視点で解説。強化学習で特に重要な「報酬関数」については、重点的に説明する。(2019/7/22)

LiveWorx 2019:
AR活用でトレーニングコストを年間50万ドル削減、Aggrekoが取り組んだ業務改革
米国マサチューセッツ州ボストンで開催されたPTC主催の年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」の分科会セッションにおいて、電力や温度制御の専門企業であるAggrekoがAR(拡張現実)を活用した技術者トレーニングの取り組みについて紹介した。(2019/6/20)

LiveWorx 2019:
Webブラウザから3Dモデルをにゅーっと抜き出して3DプリントできるAR技術
PTCの年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」において、同社の研究開発組織である「PTC Reality Lab」がブースを構え、AR(拡張現実)技術を用い、異なる領域間でのインタラクションを実現し、3Dプリンティングを容易に開始できる「AIRプロジェクト」のデモを披露していた。(2019/6/19)

モバイルファーストからボイスファーストへ:
音声の時代に起きること――電通イージス・ネットワーク iProspectのエキスパートが語る
ボイス事業の世界トレンドと今後の展望。(2019/6/12)

そろそろ会議やめませんか:
「HoloLens 2」が変える会議の「基盤」――生みの親キップマン氏に聞く
そもそも、会議の価値とは何だろう? 働き方改革の一丁目一番地にあたる「会議」にまつわるあれこれを、各所への取材を通じて探っていく本連載。2回目は、Microsoftの最新デバイス「HoloLens 2」の生みの親にコミュニケーションのあり方を聞いた。(2019/6/6)

VRニュース:
指先位置追跡と手のひらへの力触覚フィードバックを融合させた新ソリューション
exiiiは、指先の位置追跡(ハンドトラッキング)と手のひらへの力触覚フィードバックを組み合わせた新たな触覚提示ソリューション「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」の提供開始を発表した。(2019/4/24)

今日のリサーチ:
データ戦略が全社横断で成果をもたらしている企業は1割未満というグローバル調査結果、ちなみに日本では?
TealiumがForrester Consultingに委託して実施した調査により、9割の企業が何らかの戦略を持っていながら、それをビジネス成果に反映できていないことが明らかになりました。(2019/3/27)

「データファースト」で製品強化:
「Oracle Marketing Cloud」は、マーケターが抱える5つの難題にどう取り組むのか
一貫した顧客体験を実現するためにはまずデータ、次にそれを使いこなすためのAIの力が必須。Oracleだからできる支援とは。(2019/3/26)

PWAやSPAの時代に
WebサイトとWebアプリの境目がなくなった時、Web開発の現場はどうなるか
Webアプリ、モバイルアプリ、Webサイトの境が曖昧になり、それぞれの開発における独自性が消えている。プログレッシブWebアプリ(PWA)やシングルページアプリ(SPA)の構築を学ぶべきタイミングが来た。(2018/12/27)

ロボットから医療機器まで:
「テクノロジーで人体の限界を超える」 SEMICON講演
「SEMICON Japan 2018」では、「テクノロジーと身体の未来」をテーマにした「みらいビジョン フォーラム」が開催され、ロボットの開発などを手掛ける講演者たちが、テクノロジーとサイエンスをいかに活用して、未来の社会を実現するかについて語った。(2018/12/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。