ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「石破茂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石破茂」に関する情報が集まったページです。

20万冊以上のマンガが常時読み放題だと……! 鳥取・関金温泉のホテルがマンガ好きの天国だった
BL含む女性向けマンガだけでも3万冊!(2019/4/12)

平成日本の最期:
働き方改革は「平成の戦艦大和」になるのか
「平成最後の月」となる2019年4月、いよいよ高度プロフェッショナル制度(高プロ)が施行される――。(2019/3/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
働き方改革と無縁の「深夜国会」 膨れ上がる税金と“魔”の高揚感
新年度予算案の衆院通過を巡って「深夜国会」が開かれ、衆院職員の残業代が一晩で1800万円に上ったことが話題になった。さまざまな議論があるが、筆者が注目するのは深夜国会の「高揚感」。危険な高揚感で満たされないように「国会とは何か」を議論すべきだ。(2019/3/22)

河合奈保子の写真集が36年ぶりにデジタルで復刻 石破茂元防衛相も「こんな妹がいたらいい」と当時を回顧
36年たってもやっぱ美しい。(2018/12/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
リーダーがPCを使わないことがもたらす、想像以上に深刻な事態
桜田義孝五輪担当相が「自分でPCを打つことがない」と発言したことが大きな話題となっている。この背後にはもっと深刻な問題が横たわっており、PC操作は氷山の一角でしかないのだ。(2018/12/7)

不透明感は残る:
内閣支持率に反転の兆し、首相の自民総裁3選に追い風の声
森友学園や加計学園を巡る疑惑や、財務省の文書改ざん問題と同省事務次官のセクハラ問題などに直面し、支持率が低下傾向にあった安倍晋三内閣だが、直近の世論調査では下げ止まりから上昇の兆しを見せている。(2018/5/22)

雑誌『AERA』が再びネコ化 グラビアも特集記事もネコちゃんだらけの1冊に
「石破茂・元防衛大臣が政界で一番ネコに好かれてる」説も検証します。(2017/12/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
廃線観光で地域おこし 「日本ロストライン協議会」の使命
全国で廃線利活用事業を営む団体の連携組織「日本ロストライン協議会」が設立総会を開いた。4月9日の時点で15団体が参加している。廃止された鉄道施設を観光や町おこしに使おうという取り組みは、鉄道趣味を超えた新しい観光資源を作り出す。(2017/4/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ滋賀県は北陸新幹線「米原ルート」に固執するのか?
北陸新幹線延伸区間は「小浜京都ルート」にまとまるだろう。しかし、滋賀県は費用対効果に優れた「米原ルート」を譲らない。北陸地域も近畿地域も望まない「米原駅乗り換え案」は、実は滋賀県にもメリットがない。それでも滋賀県は主張しなくてはいけない。これは「我田引鉄」という単純な話ではない。(2016/11/18)

「ゴジラ含め、想定外に対応するのが防災」と小池都知事 「シン・ゴジラ」に言及
小池都知事が定例記者会見で、「シン・ゴジラ」に言及。都の防災については「ゴジラを含め、想定外に対応する」ことが重要だと述べた。(2016/9/5)

石破茂元防衛相が「シン・ゴジラ」に言及 「ゴジラに対する自衛隊の防衛出動は理解できない」
「害獣駆除として災害派遣で対処するのが法的には妥当」との見解。(2016/8/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「電車には乗りません」と語った小池都知事は満員電車をゼロにできるか
東京都知事選挙で小池百合子氏が圧勝した。小池氏が選挙運動中に発した「満員電車をなくす、具体的には2階建てにするとか」が鉄道ファンから失笑された。JR東日本は215系という総2階建て電車を運行しているけれど、過酷な通勤需要に耐えられる仕様ではない。しかし小池氏の言う2階建てはもっと奇抜な案だ。そして実現性が低く期待できない。(2016/8/5)

石破大臣も感心:
文化庁の京都移転実験、東西つなぐ“リアルな”テレビ会議
東京から京都へ移転することが決定している文化庁が、テレワークの実証実験を行っている。臨場感の高さがウリのテレビ会議システムで、東京と京都のオフィスを“つなげて”いるのだ。省庁の移転は地方創生につながる可能性もあり、注目が集まる。(2016/7/15)

テレ東ニュース番組のアイドル猫「にゃーにゃ」 DVD付き写真集発売決定!
にゃーにゃの成長過程や、テレビ局内を探検する様子、にゃーにゃの1日に密着などなど。(2015/10/21)

杉山淳一の時事日想:
石破大臣も興奮! ウワサの583系「鉄コン列車」に潜入してきた
2014年12月23日、鉄道ファンに人気の電車「583系」による「鉄道コン」イベント列車が走った。主催団体会長の衆議院議員小池百合子氏、地方創生担当大臣の石破茂氏も乗車。出会いを求める男女、鉄道ファンなど、さまざまな人たちの思いが詰まったイベントだった。(2015/1/9)

まーご、安らかに……テレ東ニュース番組の看板猫、献花台に450人以上訪れる
「田勢康弘の週刊ニュース新書」の看板猫だったまーご。たくさんの人々が追悼に訪れていました。(2014/10/18)

安倍首相が超大型巨人になった「晋撃の大臣」まんじゅう登場 ……駆逐したい、この笑顔
第2次安倍改造内閣の誕生を記念して、山口県のお菓子メーカーが開発。(2014/10/8)

石破自民幹事長、「絶叫デモはテロ行為」ブログを修正 「行き届かなかった点あった」
自民党の石破幹事長は、特定秘密保護法案に反対するデモについて「テロ行為と変わらない」と指摘したブログ記事を修正し、「行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。(2013/12/2)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/30)

総RT数1位は三宅氏、特番ピークは池上さんと公明党──Yahoo!リアルタイム検索から見る参院選
Yahoo!リアルタイム検索から見える、ソーシャルメディア上の参院選は。(2013/7/22)

田原総一朗が9党代表者に聞く! 「参院選で国民に何を訴えるのか?」
田原総一朗さんが各党の代表者に「参院選で国民に何を訴えるのか?」を聞く。映像は録画によるもので、出演者はみどりの風・谷岡郁子代表、社民党・福島みずほ代表、日本共産党・志位和夫委員長、生活の党・小沢一郎代表、みんなの党・渡辺喜美代表、公明党・山口那津男代表、日本維新の会・松井一郎幹事長、民主党・細野豪志幹事長、自民党・石破茂幹事長。配信は7月3日22時30分〜。(2013/7/2)

自民党、参院選かく戦う――石破幹事長らがニコ生で説明
自民党が参院選に向けた重点政策やネット選挙をにらんでの広報戦略を紹介する。出演者は石破茂幹事長、小池百合子広報本部長、平井たくやネットメディア局長。配信は6月27日20時0分〜。(2013/6/25)

「ネット選挙解禁!政治は変わるか?」ライブ配信 津田大介さん、ヤフー川邊副社長ら登壇
第190回J.I.フォーラム「ネット選挙解禁! 政治は変わるか?」をライブ配信する。第1部「ネット選挙解禁で有権者の何がどう変わるか」、第2部「政治家がネット選挙解禁に期待すること」といったテーマでそれぞれディスカッションする。登壇者は津田大介さん、ヤフー川邊健太郎副社長(第1部)、ニワンゴ杉本誠司社長(第2部)、自民党の石破茂幹事長(第2部)、民主党の細野豪志幹事長(第2部)など。配信は6月13日15時0分〜。(2013/6/13)

iPhoneを本会議場に持ち込んだら怒られた:
「ネット選挙で政治は変わるか」ニコニコ超会議2で議員7名が討論会
幕張メッセで開かれた「ニコニコ超会議2」には、50人を超える国会議員が参加した。本記事では、政党ブースの展示内容や、ネット選挙についての7人の議員が参加した討論会の様子をお伝えする。(2013/4/30)

石破カレーにライス定食、ホリエモンプロデュースのお弁当――「ニコニコ超会議」はフードも“ニコ厨”仕様
「ニコニコ超会議」はフードコートに並ぶ商品もニコニコ動画にまつわる元ネタがあるものばかり。(2013/4/30)

ニコニコ超会議2:
自民・石破幹事長が降臨、ガチの鉄オタっぷりを披露
鉄オタとして知られる石破幹事長がニコニコ超会議2にやってきた。(2013/4/29)

ニコニコ超会議2:
「超自民党」ブースの気合がヤバい 総裁室も再現
街宣カーもあり、街頭演説を体験できる。(2013/4/27)

ニコニコ超会議2:
腹が減っては戦はできぬ ホリエモン弁当、ホモォムライス、石破カレーで進撃せよ
楽しそうなメニューがそろってます。(2013/4/27)

ニコニコ超会議2にナイナイ岡村が降臨 おまいらを“取材”するってよ
フジテレビのネット配信限定テレビ局「ゼロテレビ」の記者としてナイナイ岡村さんが幕張に降臨。(2013/4/26)

「ニコニコ超会議2」に自民党石破茂幹事長特製の「石破カレー」登場
数に限りがあります。(2013/4/11)

ねとらぼ知ったかぶり:
奇祭「悪態まつり」で天狗たちからもらった優しさ
「ばかやろー!」じゃなく「ありがとー!」って言いたかったです。(2012/12/21)

石破幹事長はマタタビ? テレビを見たネコが興奮する事例が多数
衝撃的な画像あり。(2012/12/18)

安倍総裁・石破幹事長を“ゆるキャラ”に 自民党がイラスト公募
自民党が安倍総裁と石破幹事長の「世代を問わず広く愛されるかわいらしいイラスト(いわゆる"ゆるキャラ"系)」を募集している。(2012/11/9)

「領土と外交に関する勉強会」ライブ配信 講師は安倍晋三氏、石破茂氏
尖閣諸島をはじめとする領土問題、外交問題について、安倍晋三、石破茂両衆議院議員が講師を務める勉強会が開催。その模様をライブ配信する。配信は9月6日10時0分〜。(2012/9/5)

藤田正美の時事日想:
誰が日本の政治に責任を持つのか
党内をまとめきれていない民主党。一方、野党第一党の自民党も独自政策を打ち出せる雰囲気はない。いったい何をやりたくて政治家になっているのか、一人一人の議員に問いただしたいと考える有権者も少なくないだろう。(2012/8/27)

「本気で考える自民党ガンダム開発計画」て何だ!? 自民党がニコ生で12時間ぶっ続け配信
自民党とニコ生がコラボ。谷垣総裁の会見から「本気で考える自民党ガンダム開発計画」まで濃すぎる(?)12時間をお届け。(2012/6/25)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
世界経済は回復方向だが
世界の金融関係者が固唾を呑んで見守っていた欧州の債務危機も、ギリシャの「秩序あるデフォルト」で山を越えた。しかし実際には、金融機関の危機は残っている。(2012/3/27)

勝間和代の「デキビジ」 ゲストは石破茂衆議院議員
勝間和代さんの経済情報番組「デキビジ」(BSジャパン)の収録風景をライブ配信する。ゲストは自民党の石破茂衆議院議員。配信は9月10日10時30分〜。(2011/9/7)

石破茂×前原誠司 「これからの日本の政治について語ろう」
自民党の石破茂衆議院議員と、民主党の前原誠司衆議院議員が、これからの日本の政治について対談する番組。個々の政策や目の前の政局を離れ、「日本の政治の何が問題か」「これからどうすべきか」を熱く語る。コーディネーターは構想日本の加藤秀樹さん。配信は8月24日18時30分〜。(2011/8/18)

「山本一太の直滑降ストリーム」 ゲストは石破茂自民党政調会長
自民党の山本一太参院政審会長のニコニコ生放送番組「山本一太の直滑降ストリーム」に、同党の石破茂政務調査会長が出演。原発を含む日本のエネルギー政策や復興プランを議論する。配信は7月27日20時0分〜。(2011/7/27)

次期リーダーにふさわしいのは、この人
次期リーダーにふさわしいのは誰だと思いますか? 政治家や官僚などに聞いたところ、自民党の衆議院議員がトップだった。ワカモノマニフェスト策定委員会調べ。(2011/5/17)

自民・石破政調会長が登場 政策なう!
自民党の石破茂政調会長が登場。ねじれ国会、日中外交、尖閣ビデオ流出、民主党との大連立騒動など、さまざまな政治課題を踏まえつつ、自民党の方針や政策を語る。配信は12月16日21時0分〜。(2010/12/15)

「共通番号」推進協議会発足シンポジウム 菅首相も登場
「わたしたち生活者のための『共通番号』推進協議会」発足シンポジウム。国民1人1人に番号を付与し、税金や社会保障の給付・サービスに活用する「共通番号制」について、峰崎直樹内閣官房参与が政府方針を説明。菅直人首相があいさつするほか、自民党の石破茂政調会長や公明党の井上義久幹事長が、制度のあり方や課題を話し合う。配信は12月5日14時0分〜。(2010/12/3)

緊急ニコ生! 尖閣ビデオ流出、政府の危機管理を問う
尖閣諸島の衝突事件の撮影ビデオとみられる映像がネットに流出したことを受け、政府の危機管理能力を問い、今後の日中関係や安全保障などを考えるニコ生。民主党の川内博史衆院議員、自民党の山本一太参院議員、共産党の小池晃 前参院議員が出席、自民党・石破茂政調会長へのインタビュー映像も交えながら議論する。司会は政治ジャーナリストの角谷浩一氏。配信は11月5日21時0分〜。(2010/11/5)

福田首相の辞任表明は「無責任」――次の首相は誰に何を期待?
突然の福田首相の辞任表明だったが、表明前と表明後の政治への関心度に変化はあったのだろうか? 楽天リサーチの調査によると、福田首相辞任を契機に「政治への関心が高まっている」ことがうかがえた。(2008/9/19)

「与謝野氏に“ニコ生”出演断られた」 ニコ動に自民総裁選特設コーナー
与謝野馨経済財政担当相にニコ生への出演を依頼してみた──ニワンゴは、自民党総裁選の候補者に、ニコ動のライブ配信を活用した“街頭演説”への登場を打診しているという。(2008/9/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。