ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Istanbul」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Istanbul」に関する情報が集まったページです。

Ethereumではじめる“スマートコントラクト開発”(4):
企業向けスマートコントラクト「Quorum」って、Ethereumとどう違うの?
Ethereumをベースとしたスマートコントラクトプラットフォーム「Quorum」は企業向けに改良されている。サンプルで動かしつつ、どのように改良されているのかを探る。(2018/4/16)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

元麻布春男のWatchTower:
“Magny-Cours”Opteronで4ソケットサーバに価格破壊を!
インテルとAMDが新世代のサーバ向けCPUを続けて発表した。しかし、両社が新製品で目指すのは逆方向。まずはAMDが“12コア”CPUに託したメッセージを読み解こう。(2010/5/7)

AMD、最大12コア搭載の4P対応「Opteron 6100」シリーズ発表
日本AMDは、3月29日にOpteronの新シリーズ「Opteron 6100」シリーズを発表した。2P、4Pシステムの構築が可能で、上位ラインアップでは12コアを搭載する。(2010/3/29)

AMD、6コアの省電力版Opteronをリリース
AMDがACP(平均消費電力)40ワットの省電力版「Istanbul Opteron」を投入した。(2009/9/1)

POWER7に集まる注目:
IBMとSunが次期RISCプロセッサを紹介
プロセッサカンファレンス「Hot Chips」では、Intel、IBM、Sun、AMDらが今後投入予定のプロセッサを披露した。(2009/8/27)

省電力版と高性能版:
AMD、6コアOpteronに5つの新製品を追加
「Six-Core AMD Opteron」に省電力版のHEシリーズと高性能版のSEシリーズが加わった。(2009/7/14)

HP、イスタンブール搭載「xw9400」発表
HPが6月に発表したサーバに続けて、「6コアAMD Opteron プロセッサ」搭載のハイエンドワークステーションを発表した。(2009/7/2)

「Six-Core AMD Opteron」:
AMD、サーバ向け6コアプロセッサ「Istanbul」発表
米AMDの「Six-Core AMD Opteron」搭載サーバは、HP、IBM、Sunなどから6月中に出荷される見通しだ。(2009/6/2)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

「Nehalem EX」対「Istanbul」:
IntelとAMD、それぞれ新メニーコア投入へ
8コアプロセッサ「Nehalem EX」と6コアプロセッサ「Istanbul」のハイエンド市場での戦いは、厳しいものになりそうだ。(2009/5/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
OCもコア倍増も省電力も味わえる――ユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」
AMDがユーザーイベント「AMDグリーンの真髄」を開催。“兄貴”が最新最強の「Phenom II X4 955 Black Edition」や、登場したばかりの「RADEON HD 4770」などを紹介した。(2009/4/30)

6コアのIstanbulは6月に出荷:
AMD、サーバCPUの新ロードマップを発表
(2009/4/27)

イスタンブールは前倒しの6月デビュー:
AMD、サーバ向けCPUのロードマップを発表
Opteron誕生6周年を迎え、AMDが2011年までのデータセンター向けプロセッサ製品のロードマップを発表した。(2009/4/23)

Istanbulも対象:
AMD、Opteronの最大35%割引プログラムを発表
Intel Xeon 5500発売の数日後、AMDが割引率最大35%のアップグレードプログラムを発表した。(2009/4/8)

Nehalem登場前夜:
プロセッサとともに進化するブレードサーバのラインアップ
インテルは、2009年3月末(日本では4月)に「Nehalem」という開発コード名で呼ばれていた新しいプロセッサ「Xeon 5500番台」(Nehalem-EP)の発表すると予測されている。これを機にサーバ製品のラインアップを更改するベンダーも多く、またIBMによるSun買収報道が出るなど、ベンダー同士が合従連衡する動きも活発化してきた――。(2009/3/24)

AMDの6コアプロセッサ「Istanbul」、今年下半期にリリース予定
AMDでは、「Istanbul」のコードネームで呼ばれる同社初の6コアプロセッサを今年下半期にリリースする予定だ。Intelの6コアXeonチップへの対抗を狙う。AMDの新プロセッサは、現行の45nmのAMD Opteronプロセッサと共通のソケットを採用する。(2009/2/26)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

元麻布春男のWatchTower:
次の波は2011年に来る──Analyst Dayに見るAMDの進化速度
45ナノプロセルルールを導入した“Shanghai”が発表された11月13日に、AMDは「Analyst Day」を行った。ここでは、そこでアップデートされたロードマップを紹介しよう。(2008/11/14)

元麻布春男のWatchTower:
AMD、45ナノ“Shanghai”Opteron発表──Denebは「Phenom II」に
AMDのCPUがようやく45ナノプロセスルール世代に到達した。“Shanghai”世代Opteronの特徴とこの先のロードマップを紹介する。(2008/11/13)

「Nehalem? もちろんウェルカムだ」――IDF目前にAMDが優位性をアピール
8月19日(米国時間)に始まるIDFを目前にした15〜18日にかけて、AMDは関係者向けのブリーフィングを行い、45ナノプロセスルールに関する最新情報でライバルを“けん制”した。(2008/8/20)

AMD、2009年に6コアプロセッサ投入
AMDは2009年後半に6コアプロセッサ「Istanbul」を、2010年前半に12コアプロセッサ「Magny Cours」を提供する。(2008/5/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。