ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JCB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JCB」に関する情報が集まったページです。

PayPay、au PAY、d払い以外でも10〜20%還元が充実 スマホ決済5月のキャンペーンまとめ
スマホ決済5月のキャンペーンまとめ。PayPayでは5月のクーポンを配信しており、セブン-イレブンアプリと連動した施策も。au PAYではローソン生活応援企画を継続している。JCB、J-Coin Pay、三井住友カードのキャンペーンも見逃せない。(2021/5/8)

Apple PayのQUICPay、iPhone&AirPodsセット購入で5000円割引キャンペーン
ジェーシービーは、3月16日〜3月31日に「iPhoneとAirPods・AirPods Proセット購入キャンペーン」を開催。対象店舗でSIMフリーiPhoneとAirPods/AirPods ProをApplePayのQUICPayでセット購入すると税込価格から5000円割り引かれる(2021/3/10)

JCBがマイナポイント事業に参加 5月以降に登録開始予定
ジェーシービーは、総務省が実施している「マイナポイント事業」にキャッシュレス決済事業者として参加する。5月以降に会員専用WEBサービス「MyJCB」からマイナポイントへの登録手続きを受付開始する予定。(2021/2/24)

JCBがクレカ利用の総合調査 伸びるスマホ決済、下がった電子マネー
JCBは継続的に実施ている「クレジットカードに関する総合調査」の2020年版の結果を発表した。それによると、クレジットカードの保有率は87%(昨年から2.1ポイント増加)で、平均保有枚数は3.0枚だった。(2021/2/18)

買い物でたまったポイントで株式投資できるサービス JCBとマネックス証券が共同開発
JCBとマネックス証券が、クレジットカードで買い物をした人に株式投資用のポイントを付与するサービスを共同開発する。ポイントは買い物をした店舗の運営企業の株式取得に利用できる。(2021/2/17)

製造業IoT:
ブロックチェーンを利用したM2M領域向けの決済ソリューションを開発
JCBとKeychainは、M2M領域におけるマイクロペイメント向け決済インフラに関するソリューションを開発し、実証実験を開始した。モノとモノが人を介さずに、自動的かつ円滑に契約や決済を執行できる機能を提供する。(2021/2/5)

リクルートが法人向け「Airカード」を提供 ポイント還元率は1.5%
リクルートは、JCBと提携した法人向けビジネスカード「Airカード」を提供開始。ポイント還元率は1.5%を実現し、たまったポイントはPontaポイントへの交換やさまざまなサービスと店舗で利用できる。(2021/1/28)

消費のトレンドが変化 コロナ第一波と現在の第三波は何が違うのか
2020年の消費動向をまとめたナウキャストの「JCB消費NOW」のデータによると、コロナ第一波で大きく消費が落ち込んだ5-6月と、11月以降の第三波では、消費の傾向が違ってきている。(2021/1/27)

リクルート、還元率1.5%の法人カード「Airカード」提供開始
リクルートとジェーシービーは1月26日、1.5%のポイント還元率を備えた法人カード「Airカード」の提供を開始した。経費管理の課題解消に有効な法人カードだが、経営者の多くが法人カードについて知らないという問題意識から、提供するという。(2021/1/26)

JCB、ブロックチェーン技術使ったIoT領域の決済実験
JCBは、IoTデバイス同士が自動的に契約執行や決済を行うM2Mの世界に向けて、ブロックチェーンを使った少額決済の仕組みを開発、実証実験を開始した。(2021/1/19)

Apple PayのQUICPayでiPhoneやAirPods Proを購入すると5000円割引 JCBがキャンペーン
ジェーシービーは、1月16日から「iPhoneとAirPods・AirPods Proセット購入キャンペーン」を開始。1月31日までに対象製品をApple PayのQUICPayでセット購入すると、税込価格から5000円割引される。(2021/1/15)

「ANA Pay」開始 利用でマイルがたまるコード決済
ジェーシービーは、12月10日にANAマイレージクラブ会員向けアプリでプリペイド型コード決済「ANA Pay」を提供開始した。全国のSmart Code加盟店で利用でき、500マイルをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/12/10)

DMM会員専用クレジットカード登場 最大4%のポイント還元
DMM.comがDMM会員向けJCBクレジットカード「DMMカード」の発行を始めた。入会金、年会費は無料。DMMサイト内で利用すると決済額の4%相当、サイト外での利用では1%をDMMポイントとして還元する。(2020/11/30)

番号記載が一切ないカード「SAISON CARD Digital」提供開始
クレディセゾンは11月24日、券面表裏に一切の番号を記載しない「SAISON CARD Digital」の提供を開始した。国際ブランドはVisa、Mastercard、JCB、およびアメリカン・エキスプレスカード。申し込みや利用はWebサイトかスマートフォンアプリを使う。(2020/11/24)

今日のリサーチ:
「旅行」が大幅に回復 2020年10月前半の消費動向指数――「JCB消費NOW」ハイライト
「Go To トラベル」に東京発着の旅行が対象に加わった10月前半の消費動向指数。(2020/11/5)

住信SBI銀行、スマホ保険が付いたクレジットカード 年会費3300円
住信SBIネット銀行は、スマートフォンが破損した際の保険機能を、クレジットカード「ミライノ カード GOLD(JCB)」(年会費3300円税込)に自動付帯する。カードを持っているだけで、最大3万円までの修理補償を受けられる。(2020/11/2)

JCBかたる詐欺メールに注意 「カードの利用を制限」と偽りウソの本人確認
ジェーシービーをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。カード会員向けWebサービス「MyJCB」の本人確認を装い、偽サイトに誘導する。(2020/10/30)

学生証をデジタル化、慶大やNTT西日本らが実証実験 分散技術で企業またいだ連携も
慶應義塾大学は学生証や卒業証明書などの発行手続きをオンライン化する実証実験をNTT西日本、JCBなどと行うと発表。学生証のデジタル化などのため、分散化されたデータ基盤を構築するという。(2020/10/26)

ID情報の流通可否を個人が明示的に設定可能に:
JCBとみずほ銀が顧客ID情報の相互運用を検証へ 自己主権型/分散型アイデンティティー流通技術とは
パーソナルデータ流通はサービスの利便性を高める一方で、安全性や情報のコントロールが問題とされる。利用者によるID情報のコントロールと事業者によるID情報の相互運用は安全に実装できるか。JCBとみずほ銀がサービス化を目指した相互運用の検証を始める。(2020/10/15)

JCBとNTTコムがモバイルウォレットの実証実験 外貨為替レート保証付き
ジェーシービーとNTTコミュニケーションズは、モバイルウォレット「JCB Mobile Wallet(仮称)」の実証実験を開始。14日以内なら外貨を元の為替レートで自国通貨に戻せる「期間保証レート」を利用できる。(2020/10/8)

JCBとNTTコム、キャッシュレス決済で新アプリ 外貨為替レート保証付き両替など、21年に商用化
JCBとNTTコミュニケーションズが外貨為替レート保証付きの外貨両替や、送金などに対応する決済アプリ「JCB Mobile Wallet」(仮称)を発表した。(2020/10/8)

JCBとNTTコム、バーチャルプリペイドカードの実証実験 外貨にも対応
JCBとNTTコミュニケーションズは10月8日、スマホアプリで利用できるバーチャルプリペイドカードの実証実験を始めると発表した。名称は「JCB Mobile Wallet」。JCBブランドのバーチャルプリペイドカードで、キャッシュレス決済や送金などを行える。(2020/10/8)

8月前半の国内消費指数 GoToで「旅行」「宿泊」は下落幅縮小、「EC」「コンテンツ配信」などデジタル消費が好調
現金も含む全ての消費動向を捉えた国内消費指数「JCB消費NOW」の8月前半(8月1日〜15日)の速報値。「旅行」「宿泊」は下落幅を縮めた。「EC」や「コンテンツ配信」といったデジタル消費も好調。(2020/9/7)

JCB カードW/W plus L新規入会+Apple Pay/Google Payの利用で20%還元
ジェーシービーは、9月1日に「JCB カード W」「JCB カード W plus L」への新規入会でApple Pay/Google Payの利用金額20%をキャッシュバックするキャンペーンを開催。期間は12月31日まで。(2020/9/2)

クレカ顧客満足度、楽天カードが複数部門トップに JDパワー調査
J.D.パワー ジャパンは8月25日に、2020年のクレジットカード顧客満足度調査の結果を発表した。無料カード含む複数部門で楽天カードがトップ。また、年会費1万円未満ではエポスカード、年会費2万円以上ではトップはJCBカードだった。(2020/8/25)

楽天ペイが「JCB」「American Express」に対応
楽天ペイアプリで、7月29日から支払い元に、楽天カード以外のクレジットカード会社が発行するJCB、American Expressのカードが登録可能に。VISA、Mastercard、JCB、American Expressの国際ブランドカードで支払い可能となる。(2020/7/30)

AirペイがクレジットカードのNFC決済に対応 2020年秋から
リクルートの提供する決済サービス「Airペイ」が、今秋にクレジットカードのNFC決済に対応予定。従来の電子マネーやQRといった非接触決済に加え「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」が利用できるようになる。(2020/6/18)

スマホ決済サービス「ゲオペイ(仮称)」、2020年秋以降に提供へ JCBの「Smart Code」を採用
ゲオペイメントサービスは、大日本印刷やジェーシービーとバーチャルプリペイド「ゲオペイ(仮称)」の2020年秋以降の開始に向けた基本合意契約を締結。全国のSmart Code加盟店とJCB加盟店で利用可能となる。(2020/5/18)

スマホ決済「ゲオペイ(仮称)」、20年秋スタート JCBブランドのチャージ式バーチャルプリペイド
ゲオペイメントサービスが、自社グループ店舗での利用を想定したスマートフォン向けコード決済サービス「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋に提供する。JCBブランド加盟店でも使えるという。(2020/5/18)

コカ・コーラの「マルチマネー対応自販機」が主要カードブランドのNFC決済に対応 2020年内に1万台設置を目指す
日本コカ・コーラの「マルチマネー対応自動販売機」のうち、最新のリーダライタを備えるものがVisa、Mastercard、JCB、American ExpressブランドのNFCコンタクトレス(タッチ)決済に順次対応。年内に1万台の設置(既設のものを含む)を目指すという。(2020/4/13)

3月上旬、旅行キャンセルが95%に 〜JCB消費NOW
クレジットカード決済データを使った消費活動実態調査「JCB調査NOW」の3月上旬速報によると、消費実態は2月から大幅に悪化。特に「旅行」「交通」「宿泊」のいわゆるレジャー消費が厳しい。さらにその多くがキャンセルされているため、「実際のレジャー関連消費はさらに落ち込んでいる可能性がある」。(2020/4/1)

約8割が週に1回以上キャッシュレス決済を利用、ポイントのたまりやすさを評価 JCB調査から
ジェーシービー(JCB)は、3月26日にキャッシュレス・ポイント還元事業に関する調査結果を発表。一般消費者の約8割が週に1回以上キャッシュレス決済を利用し、9割以上の経営者と自営業者が事業終了後も継続したいと回答した。(2020/3/27)

新型コロナで消費が増えた業種、減った業種 JCB消費NOWで明らかに
JCBのクレジットカード決済情報や属性などのデータを活用して、消費動向を調査する「JCB消費NOW」の速報値が発表された。2月前半および2月後半について、新型コロナウイルスの感染拡大によって業種別の消費動向の変化が明らかになった。(2020/3/19)

クレカ5ブランド、セブン-イレブンで非接触決済導入
Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのType A/B非接触決済に、セブン−イレブンが対応。(2020/2/18)

「お得感」重視が多数派:
クレジットカード利用金額ランキング 2位は「JCBカード」 1位は?
クレジットカードに関する調査が発表。1000人を対象に、最も利用金額の多いカードが明らかになった。利用額や利用先から判断すると、便利さよりも「お得」を重視する人が多そうだ。(2020/2/13)

発見したら警察とジェーシービーへ連絡を:
JCBギフトカードで「偽造券」の流通が発覚 「精巧なデザイン」の見分け方は?
JCBギフトカードの偽造が発覚した。加盟店のいくつかで1000円券の偽造券が見つかったという。ジェーシービーは公式Webサイト上で偽造券のチェックポイントを告知。発見した場合には警察への通報とジェーシービーへの連絡を呼び掛けている。過去にもこうした偽造券はいくつか起こっている。(2020/1/10)

タクシー配車アプリ「S.RIDE」がApple Payに対応
キャッシュレスで降車できるタクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」がApple Payに対応した。Walletアプリでクレジットカードを登録すると、S.RIDEの支払いにApple Pay(JCBかAmerican Express)を選択できる。(2019/12/17)

JCBかたる詐欺メールに注意 偽の会員ログインページに誘導 クレカ情報流出の恐れ
ジェーシービーをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。カード会員向けサービス「MyJCB」に関する連絡を装い、本文中のリンクからフィッシングサイトへ誘導する。カード情報を入力すると、第三者に悪用される恐れがあるという。(2019/11/12)

JapanTaxiの決済機付きタブレット、非接触IC決済サービス3種に対応
JapanTaxiが提供するタクシー後部座席設置型のセルフレジ型マルチ端末「決済機付きタブレット」が、非接触IC決済サービス「Mastercardコンタクトレス」「JCBコンタクトレス」「American Expressコンタクトレス」に対応する。(2019/11/1)

ゆうちょPayが「Smart Code」に対応、統一コードで決済事業者の負担を軽減
ゆうちょ銀行は10月1日、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」において、キャッシュレス推進協議会が定めるコート決済用の統一コード「JPQR」に準拠したJCBのコード決済手段「Smart Code」に対応したと発表した。Smart Codeは、コード決済事業者と各店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両社間の加盟店契約を一本化する事業。(2019/10/1)

JCB、“現金を使いそうなお店”でキャッシュレスキャンペーン
JCBが、10月1日にキャッシュレス決済を対象としたキャンペーン「#JCB みんなのキャッシュレス」を開始した。第1弾として、新橋ガード下横丁にて、10月1日から10月7日まで実施する。期間中は、いつ来店してもドリンクが半額になる他、キャッシュレス決済限定メニューを提供する。(2019/10/1)

「ものすごい反響」のJCB20%還元、ただしJCBブランドとJCB発行の違いに難しさ
JCBが実施しているQUICPay20%還元キャンペーンは、還元上限額が1万円と大きいこと、また新規会員に限定せずに既存ユーザーが利用できること、さらに複数枚のJCBカードを持っていればそれぞれに還元があることから注目を浴びた。一方で、JCBブランドとJCB発行カードの違いは、利用者に混乱も招いている。(2019/10/1)

あえて現金ぽいイメージのある新橋で JCBがキャッシュレスイベント
JCBは10月1日から、キャッシュレス決済のイベント「#JCB みんなのキャッシュレス」を開始した。第一弾として、東京・新橋ガード下の9店舗にて、ドリンクが半額となるサービスや、キャッシュレス限定メニューを提供する。(2019/10/1)

現金・クレカ・非接触・QRコード 一番早く決済できるのはどれ? お店で比べてみた結果は……
JCBが、現金とキャッシュレス決済(クレジットカード決済、非接触型決済、QRコード決済)の決済速度を計測・比較する実証実験を実施。レジで店員に金額を口頭で伝えられてから、商品とレシートを受け取るまでの時間を計った。その結果は……?(2019/9/3)

レジでお金を払う時、キャッシュレスは現金より16秒速い 年間約3時間節約できる? JCB調べ
店員の負担も減らせるかも──という試算。(2019/8/29)

キャッシュレス決済は現金より何秒早い? JCBが“決済速度”をテスト
ジェーシービーは、8月28日に決済速度に関する実証実験の結果を発表した。レジ会計でキャッシュレス決済は現金よりも16秒速く、非接触型は現金より20秒速く決済できることが分かった。(2019/8/28)

JCBグループのカードが対象:
JCBが「Apple Pay」「Google Pay」で20%還元 12月15日まで
ジェーシービーが、Apple PayやGoogle Payを介した「QUICPay+」の利用で利用金額の20%を還元するキャンペーンを開始した。JCBグループ発行の個人カード、ビジネスカードが対象で、参加登録が必要になる。(2019/8/16)

JCBがQUICPayで20%還元実施 既存ユーザーにも
Apple PayおよびGoogle Payの利用額の20%を還元するキャンペーンを行う。還元上限はJCBカード1枚につき1万円。期間は12月15日まで。(2019/8/16)

メルペイが「Smart Code」加盟店で利用可能に
メルペイが、ジェーシービーが推進するQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」加盟店で利用できるようになった。これにより、「メガネフラワー」など同スキームを利用する一部加盟店でメルペイでの決済が可能となる。(2019/7/26)

6割が週1回以上キャッシュレス決済を利用 5人中4人は「現金支払いよりも便利」と回答 JCBが調査
ジェーシービーがキャッシュレス決済に関する調査を実施。結果を発表した。回答者の約6割が週1回以上キャッシュレス決済を利用しており、5人中4人は「現金支払いよりも便利」とした。一方、利用をためらう理由上位は「使用可否が不明」「残高の不安」「少額だと嫌がられる気がする」となった。(2019/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。