ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「J:COM MOBILE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「J:COM MOBILE」で8月から5Gサービス提供 料金据え置き、SIM交換不要
ジュピターテレコムが、2021年8月25日からMVNOサービス「J:COM MOBILE」で5Gサービスを提供する。月額料金は据え置きで、SIMの交換も不要で利用できる。5G対応端末として、シャープ製の「AQUOS sense5G」を投入する。(2021/6/10)

「OCN モバイル ONE」が3月に新料金プラン発表へ
NTTコミュニケーションズが、3月に「OCN モバイル ONE」の新料金プランを発表する。OCN モバイル ONEでは現在、月額1180円で1GB〜月額5980円で30GBという6種類のプランを提供している。主要なMVNOでは、既に日本通信、Y.U-mobile、オプテージ、J:COM、ビッグローブ、IIJなどが対抗プランを発表している。(2021/2/25)

総務省がJ:COM MOBILEを規制対象に追加と発表――実質無料のiPhone SE(第2世代)が他社から突っ込まれたか
KDDIが、電気通信事業法第27条の3などに基づく「特定関係法人」としてジュピターテレコム(J:COM)の子会社と京セラコミュニケーションシステム(KCCS)を届け出ていなかったとして行政指導を受けた。KDDIの法令解釈ミスが原因ではあるが、総務省はより早くツッコめなかったのだろうか……?(2021/1/29)

約半額の値下げで完全分離プランに 石川社長が語る、J:COM MOBILE新プランの狙い
J:COM MOBILEの新料金プランは、5GBで1480円、10GBで1980円、20GBで2480円の4タイプ。新プラン導入の背景には、9割のユーザーが20GB以下のデータ通信を利用しているトレンドがある。採算が取れるギリギリでプランを設定したという。(2021/1/29)

J:COM MOBILE、月20GBで2480円の新料金プラン 5G対応は夏以降
ジュピターテレコム(J:COM)が、MVNO「J:COM MOBILE」の新料金プランを2月18日に提供する。月間データ容量20GBで月額2480円のプランなどを用意。夏以降には5G通信にも対応する。(2021/1/28)

月額2480円で20GB――「J:COM MOBILE」で新料金プラン 5GBと10GBも値下げ au認定中古iPhoneも投入
ジュピターテレコムが、MVNOサービス「J:COM MOBILE」向けの新料金プランを2月18日から提供する。1GBプランは月額980円で据え置きだが、5GBプランは月額2980円から1480円に、10GBプランは月額3980円から1980円に、20GBプランは月額4980円から2480円に値下げする。対応スマホとして、au認定の中古iPhoneや、Galaxy A21の販売も開始する。(2021/1/28)

総務大臣がMNOの「特定関係法人」の追加を諮問 J:COM地域子会社などが追加予定 KDDIには「行政指導」も
総務大臣(総務省)が、電気通信事業法第27条の3に基づく「特定関係法人」として、NTTドコモの関連会社1社とKDDIの関連会社12社を追加する告示案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問した。本件に関連して、総務省はKDDIに対して特定関係法人に該当すべき12社を届け出なかったことに対する行政指導を行った。(2021/1/22)

J:COM MOBILEが60分かけ放題サービスを提供 新プランやiPhoneも好調
ジュピターテレコムが、J:COM MOBILEで60分かけ放題のサービスを提供する。同社によると、99%のユーザーが60分以内の通話で済んでいるという。刷新した料金プランは、月額980円の1GBプランが特に好調だという。(2020/11/17)

MVNOに聞く:
プラン刷新でiPhone SEも実質0円から 新生「J:COM MOBILE」の戦略を石川社長に聞く
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が料金プランを刷新した。J:COM MOBILEでは高年齢層のユーザーが集中していたが、若年層にも広げるのが狙いだ。iPhoneの取り扱いからオンライン強化、政府の値下げ要請の影響まで、石川雄三社長に幅広く聞いた。(2020/11/2)

「J:COM MOBILE」がサービス強化 1GBで月額980円、iPhone SEが実質0円〜 石川社長は「MNO並み」と自信
ジュピターテレコム(J:COM)が9月15日、MVNOサービス「J:COM MOBILE」のサービス強化を発表。月額料金は据え置きで、0.5GBのデータ容量を1GBに、3GBプランのデータ容量を5GBに増量する。セット端末の「iPhone SE(第2世代)」は、新規契約で10GBか20GBプランを選べば64GBモデルは実質0円となる。(2020/9/15)

J:COMが9月17日に「iPhone SE(第2世代)」発売 価格は9月15日に発表予定
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」において、9月17日からiPhone SE(第2世代)の販売が始まる。価格は9月15日に行う新生「J:COM MOBILE」のオンライン発表会で告知される予定だ。(2020/9/11)

J:COM MOBILEで「Galaxy A20」を5月14日に発売 2万8800円
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」で「Galaxy A20」の取り扱いを開始。5月14日から順次販売を開始する。価格は2万8800円。(2020/5/7)

J:COM MOBILEが20GBプランを追加、「iPhone 7」を実質0円で販売
ジュピターテレコム(J:COM)は2月13日、MVNOサービス「J:COM MOBILE」で提供している料金プラン「J:COM MOBILE Aプラン スマホセット」に20GBプランを追加した。iPhone 7を実質0円で販売する。(2020/2/13)

「Galaxy A30」がJ:COM MOBILEから登場 SIMロックフリーで3万3600円(税別)
Galaxyは、6月7日にミッドレンジスマホ「Galaxy A30」をJ:COM MOBILEで取り扱うと発表した。Galaxyとしては初で、約6.4型のSuperAMOLED(有機EL)ディスプレイやおサイフケータイ(FeliCa)を搭載。デュアル構成の広角カメラや防水・防塵性能も備えている。(2019/6/7)

石野純也のMobile Eye:
UQ mobile、J:COM MOBILE、mineo――au系MVNOの最新動向 “サブブランド規制論”も
KDDI傘下のMVNOが、動きを活発化させている。「UQ mobile」は春商戦でユーザー数が急増し、「J:COM MOBILE」も地域密着型ビジネスで契約数を伸ばしている。一方でサブブランドの勢力拡大をけん制する動きも見られる。(2017/6/10)

14万契約を突破した「J:COM MOBILE」、iPhone 6sも販売――J:COMのモバイル戦略
ジュピターテレコム(J:COM)が2017年度の事業戦略説明会を開催した。iPhone 6sの公認再生品を販売するなど、MVNOサービスで独自性を見せる同社にとってのMVNO事業はどのような位置付けなのだろうか?(2017/6/9)

石川温のスマホ業界新聞:
J:COM Mobileがアップル正規品の中古iPhone6sをひっそり販売――見た目は新品同様。日本でも中古iPhoneの流通が広まっていくのか
MVNOにとって、iPhoneを取り扱うことはハードルが高い。しかし、Appleの正規中古品を取り扱うMVNOが出現した。ジュピターテレコムの「J:COM MOBILE」がそれだ。(2017/4/21)

SIM通:
J:COM MOBILE、スマホセット契約者の動画視聴をカウントフリーに
J:COM MOBILEは、さまざまなジャンルの約8,000作品が、月額933円(税抜)で見放題となる「J:COM オンデマンド メガパック」を開始した。ただし、「J:COM MOBILE スマホセット」の利用者が対象で、SIMカードのみの契約者は利用できない。(2017/3/23)

J:COM MOBILE、単体でカウントフリーのビデオ見放題サービスが契約可能に
ジュピターテレコムは、VOD作品を定額見放題で楽しめる「J:COMオンデマンド メガパック」の販売対象を拡大。視聴時にデータ容量がカウントされない「J:COM MOBILE」のオプションサービスとして追加する。(2017/3/1)

J:COM、「LG G Pad 8.0 III」と「arrows M03」を3月に発売
ジュピターテレコム(J:COM)は、CATVサービス「J:COM TV」で放送中の番組やJ:COMオンデマンドを楽しめるタブレット「LG G Pad 8.0 III」と、MVNOサービス「J:COM MOBILE」に対応するスマートフォン「arrows M03」を3月に発売する。(2017/2/20)

PR:映像サービスがモバイル回線で見放題!――「J:COM MOBILE」は単なる格安スマホじゃない
J:COMが提供しているMVNOサービス「J:COM MOBILE」は、いわゆる“格安スマホ”とはひと味違う。ケーブルテレビ事業者として提供している映像配信サービスが、通信料なしで視聴できるのだ。これはどういうことなのか? 確認していこう。(2017/2/17)

J:COM MOBILE、5分以内の国内通話が無料になる「かけ放題5分」2月2日スタート
ジュピターテレコムは、MVNOサービス「J:COM MOBILE」で5分以内の国内通話が回数無制限で無料になる通話定額サービス「かけ放題5分」をスタート。料金は1回線ごとに月額850円(税別)で、2月2日から提供開始する。(2017/1/5)

PR:格安スマホの設定を訪問サポート――「J:COM MOBILE」が初心者にオススメできる理由
「格安スマホは難しい」「設定が分からない」という不安を抱いている人は多いはず。そこで注目したいのが「J:COM MOBILE」。ユーザー宅を訪問して、スマホの初期設定をJ:COMのスタッフが懇切丁寧に説明してくれる。初心者にうってつけのサービスなのだ。(提供:株式会社ジュピターテレコム)(2016/12/19)

J:COM MOBILE、料金プランを拡充 12月1日からデータ容量5GB・7GB・10GBを追加
ジュピターテレコムは、12月1日からMVNOサービス「J:COM MOBILE」の料金プランを拡充。新たにデータ容量5GB・7GB・10GBを追加する。(2016/11/22)

SIMロックフリー:
スリープ中も常時ONのサブディスプレイ搭載――J:COM、「LG X screen」を8月18日発売
LGのサブディスプレイ付きスマートフォンが、いよいよ日本に上陸する。J:COM MOBILE限定モデルとして、グローバルモデルにはないカラーを取りそろえている。(2016/8/1)

石川温のスマホ業界新聞:
UQモバイルがついにiPhone 5sを取り扱いワイモバイル追撃へ――格安スマホ市場も「iPhone」が席巻するのか
 UQコミュニケーションズが展開する「UQ mobile」で、「iPhone 5s」の取り扱いが決定した。同じくKDDIグループのJ:COM(ジュピターテレコム)とともに、ソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile」に対抗しようとしているのか。(2016/7/8)

SIM通:
J:COMもMVNO参戦!映像コンテンツ見放題サービスも開始
ジュピターテレコム株式会社は、「J:COM MOBILE」の名称でMVNO事業へ参入すると発表した。あわせて発表されたフィーチャーフォン型スマホ「LG Wine Smart」では、J:COMオンデマンドのデータ通信量をカウントしないサービスも提供される。(2015/10/29)

MVNOに聞く:
ターゲットは“非スマホユーザー”――携帯が主役じゃないMVNO「J:COM MOBILE」の狙い
ジュピターテレコムがMVNOに参入し、新サービス「J:COM MOBILE」の提供を開始した。LGの折りたたみ端末を提供し、「J:COMオンデマンド」の動画はデータ通信量をカウントしないなど、ユニークな取り組みが目立つ。J:COM MOBILE提供の狙いは?(2015/10/26)

石川温のスマホ業界新聞:
J:COMが月額2980円で動画見放題のMVNOを開始――KDDIのノウハウを生かしたサービスにNTTはどう対抗するのか
ケーブルテレビ最大手のJ:COM(ジュピターテレコム)がMVNOサービスに参入する。親会社であるKDDIの強みと、ケーブルテレビ事業者ならではの訪問販売を融合したサービスに、NTTはどう対抗するのか。(2015/10/23)

J:COMがMVNOに参入 「J:COM MOBILE」スタート 自社VODアプリからの視聴は通信量カウントなし
CATV最大手のジュピターテレコムがMVNOに参入。自社VODアプリからの動画視聴をデータ通信量としてカウントせずに利用できる「J:COM MOBILE」を提供する。(2015/10/13)

J:COM、MVNOサービス「J:COM MOBILE」発表 第1弾スマホは折りたたみボディの「LG Wine Smart」
4G LTEとVoLTEに対応。VODサービス「J:COMオンデマンドアプリ」のデータ通信料をカウントしないなど、モバイル環境での映像コンテンツ利用を促進する。(2015/10/13)

「J:COM MOBILE」3月開始〜月額2625円で音声定額
ジュピターテレコムは3月1日から、ウィルコムのPHS回線を使った「J:COM MOBILE」を開始すると発表した。月額基本料は、1回線目が2625円。(2006/1/23)

10月22日〜10月28日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
CATV統括運営会社最大手、J:COMがウィルコムと提携。ウィルコムの定額プランをベースにしたサービスで携帯業界に参入する。また、おサイフケータイを利用したクレジット決済で2つの大きな動きがあった。(2005/10/28)

J:COMとウィルコム、PHS参入で一致した思惑
J:COMが、ウィルコムから回線提供をうけてPHS事業に乗り出す。背景には、将来のFMC戦略を見据えた両社の思惑があった。(2005/10/27)

J:COM、ウィルコムと提携してMVNO参入
CATV統括運営会社のJ:COMが、ウィルコムのPHS網を使ってMVNOで携帯事業に参入する。「J:COM MOBILE」ブランドで、固定回線とのバンドル割引などのサービスを行う。(2005/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。