ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「官民共同」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「官民共同」に関する情報が集まったページです。

脱炭素社会の切り札となるか――水素エネルギー活用の最前線を巡る
脱炭素社会の実現に向けて、大きな期待が寄せられる水素。そもそも水素が、なぜ脱炭素社会に役立つのか。水素に関する研究は、どこまで進んでいるのか。水素研究の先進地、山梨県を訪ねた。(2021/1/25)

ドローン:
NTT東日本など3社が国産ドローンの新会社を設立、まずは農業分野にフォーカス
NTT東日本、オプティム、WorldLink & Companyがドローン分野における新会社「株式会社NTT e-Drone Technology(NTTイードローン)」を設立する。スカパーJSATグループのエンルートの一部事業を譲り受けて自社でドローンを開発する機能を持つとともに、ドローンサービスやドローン運用支援などの事業を展開する。(2021/1/19)

高崎駅「上州地鶏肉盛り弁当」(950円)〜鉄道とゆかりある群馬の一軒宿「法師温泉」!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは高崎駅「上州地鶏肉盛り弁当」(950円)です。(2021/1/18)

高崎駅「上州地鶏おもてなし弁当」(1300円)〜群馬デスティネーションキャンペーンと共に新作駅弁登場!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは高崎駅「上州地鶏おもてなし弁当」(1300円)です。(2021/1/17)

いまさら聞けないクルマのあの話(7):
「新車全て電動車」はどうなった? 年末に発表されたグリーン成長戦略をおさらい
2021年は、グリーン成長戦略の実行に向けて多くの企業が動き出す1年となるでしょう。グリーン成長戦略でどのような目標が掲げられたか、自動車を中心におさらいします。(2021/1/7)

軽トラックでワーケーション ドコモやダイハツ工業が実証実験
NTTドコモやダイハツ工業が、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を開始。スキー・スノーボード愛好家をターゲットに、貸し出しサービスを行う。(2020/12/25)

FA 年間ランキング2020:
「国産マスク」にかつてない注目、COVID-19による混乱の影で進むスマート工場化
2020年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。2020年のランキングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を色濃く受けたものとなりました。(2020/12/24)

6Gの産官学連携組織発足 オールジャパンで巻き返しへ
今春に国内で商用サービスが始まった第5世代移動通信システムで日本は欧米や中国、韓国などに後れをとったが、6Gではオールジャパンで中核技術の開発などに先手を打ち、巻き返しを図る。(2020/12/21)

6Gの産官学連携組織発足 オールジャパンで巻き返しへ
2030年ごろの実用化を目指す6Gの開発戦略を推進する産官学のコンソーシアムが設立された。5Gでは後れを取った日本だが、6Gではオールジャパンで中核技術の開発などに先手を打ち、巻き返しを図る。(2020/12/21)

2021年のカギを握る国内ITトレンドは? IDCが主要10項目を発表
IDCは、2021年の国内IT市場でカギとなる技術や市場トレンドとして「DXとFuture Enterprise」や「AIによる自動化」など主要10項目を発表した。2021年は企業が新たなビジネスモデルや競争の方法を模索する「ネクストノーマル」の時代が訪れるという。(2020/12/18)

米国COVID-19ワクチン開発プロジェクトがサイバー攻撃を受ける IBM X-Forceが警告
COVID-19ワクチン開発プロジェクトを利用したサイバー攻撃が確認された。当局は関連企業に情報確認と対策を呼びかけている。(2020/12/5)

d.labセンター長×SEMIジャパン社長対談:
半世紀に一度のゲームチェンジが起こる半導体業界、「日本が戦う新しい舞台に」
半導体の設計研究センター「d.lab」センター長、先端システム技術研究組合(略称RaaS:ラース)理事長を務める黒田忠広氏が、SEMIジャパン社長を務める浜島雅彦氏とオンラインで対談。半導体業界の展望や両組織での取り組みおよび半導体製造装置/材料業界に求められることなどを語った。(2020/12/2)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(7):
FMにBIMを活用する(その1)「国土交通省 建築BIM推進会議から考える」
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメントに関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、FMにBIMを活用するをテーマに、国交省「建築BIM推進会議」の動向から考察した。(2020/11/9)

3Dプリンタ インタビュー:
3Dプリンティングの未来は明るい、今こそデジタル製造の世界へ踏み出すとき
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、サプライチェーンが断絶し、生産調整や工場の稼働停止、一斉休業を余儀なくされた企業も少なくない。こうした中、サプライチェーンに回復力と柔軟性をもたらす存在として、あらためて3Dプリンタの価値に注目が集まっている。HP 3Dプリンティング事業 アジア・パシフィックの責任者であるアレックス・ルミエール(Alex Lalumiere)氏と、日本HP 3Dプリンティング事業部 事業部長の秋山仁氏に話を聞いた。(2020/10/29)

“高校AI部”で人材育成 山形で産学官連携プロジェクト始動
山形県内の企業や大学、自治体が連携して、高校生を対象にしたAI人材養成プロジェクトの運営組織を発足した。地域全体でAI人材を育て、将来的には地元で活躍することで、循環型経済の形成と地域の活性化を後押しする。(2020/10/26)

HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA:
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企業やユーザー企業を招き、ディスカッションが行われた。(2020/10/19)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
6億人が旅行の中国「国慶節連休」、それでも売れる「巣籠もり家電」
中国で「国慶節」の8連休が10月1日に始まった。昨年の同連休では、旅行者数がのべ7億8200人、国内観光収入が6497億1000万元(約10兆円)だったが、コロナ後初となる今回の大型連休で、旅行と消費の動向が注目される。また家電セールも好調だ。(2020/10/8)

”電子政府”を目指す:
行政手続オンライン化へ、高松市が取り組み開始 NTT ComやNECらと協力
香川県高松市は、市の行政手続のオンライン化を推進する取り組みを開始した。NTT Com、NECらと共同で、行政手続の実態を把握する調査、分析を行い、2021年度以降のデジタル・ガバメントの推進に向けた実行計画案策定に活用する。(2020/9/30)

設計環境のデジタル変革:
PR:デジタルツインで加速する設計環境のデジタル変革、何ができるようになるのか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、設計部門にもさまざまな影響が生まれている。こうした中で日本の製造業は「新たな設計環境」をどう描くべきなのだろうか。アンシス・ジャパン カントリーマネジャー大谷修造氏と日本マイクロソフト 執行役員 専務 エンタープライズ事業本部長の高橋美波氏による対談から“ニューノーマル”における設計環境の姿について紹介する。(2020/9/23)

業界動向:
日本工営とスルバナジュロンがMOUを締結、SDGs達成への貢献を目指す
日本工営は、シンガポールのスルバナジュロンコンサルタンツと相互協力に関わるMOUを締結した。気候変動適応・レジリエンス向上・スマートソリューションの都市開発事業を推進し、SDGs達成への貢献を目指す。(2020/9/18)

海外医療技術トレンド(63):
コロナ禍克服の“先”を目指すニューヨークのスマートシティー
連載第52回で、欧州の保健医療機関による気候変動/環境への取り組みを取り上げた。今回は、スマートシティーと健康/環境の観点から、米国ニューヨークの取り組み事例を紹介する。(2020/9/18)

製造マネジメントニュース:
安全、安心なデータ流通の実現に向けてウフルとLayerXが協業
ウフルは、安全、安心なデータ流通の実現に向けて、LayerXと協業する。両社は今後、安全、安心なデータの条件を5段階で定義した「5-Star Trusted Data」を実現するためのデータ流通基盤作りを進める。(2020/8/28)

きっかけは「セントリーノ」 インテル出身の二人が提案する熱中症予防の新“法則”
アイシング用保冷剤「アイスバッテリーfresh」を製造販売する松浦工業とアイスバッテリーの開発元のアイ・ティ・イー。両社に共通するのは、“元インテル”だった。(2020/8/21)

講義をDX、地域課題も解決し人材育成も:
九州大学やAtCoderらが手がける課題解決人材を育てる「アルゴリズム思考」教育とは何か?
2020年8月、九州大学やAtCoderなど5者が、産学協同での研究や地域の課題解決のための協働事業、さらには人材育成などを目的に包括的な協定を締結した。その注目すべき取り組みを紹介する。(2020/8/18)

エコカー技術:
広島でバイオディーゼルの活用スタート、食用油やミドリムシで製造
マツダは自動車用バイオディーゼル燃料の地産地消に向けた取り組みを開始したと発表した。(2020/8/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
当事者意識が全ての原動力〜空き家問題を動かす〜
2033年に3軒に1軒は空き家になるとの予測もあり、隣は空き家という状況が、どの市町村でも見られる風景になる。今後さらに空き家率が上昇すると、生活インフラの維持・管理も難しくなる地域が増える。(2020/8/13)

石川県加賀市が行政手続きをオンライン化 “脱・対面、書面、押印”へ
石川県加賀市が、スマートフォンアプリとマイナンバーカードを使った個人認証サービスを活用し、行政手続きをオンラインで完結させるツールを導入。人間ドックの助成金申請を皮切りに、受け付け範囲を拡大していく。(2020/8/12)

モビリティサービス:
CASEで都市交通の利便性向上、国交省が先駆的なスマートシティー事業を選出
国土交通省は2020年7月31日、全国各地で推進されるスマートシティープロジェクトの中で、特に先駆的な取り組みが認められるモデル事業として「先行モデルプロジェクト」に7事業を選定したことを発表した。(2020/8/11)

ドローン:
国際航業とトラジェクトリー、愛知県の2市でドローン活用した地方創生
ドローンを使ったエアモビリティの社会実装と地方創生に向け、国際航業とトラジェクトリーが愛知県豊川市および同県新城市と包括連携協定を締結。詳細な3次元地図の検討を行い、ドローン管制プラットフォームを構築していく。(2020/8/4)

コロナ禍でFAX・Excelから脱却 感染者データをクラウドで管理 ITで変わる自治体の今
役所では、紙とファクスを使った情報共有などの文化が根強く残っている。だが、新型コロナウイルスの感染が拡大し、地方自治体にもスピード感ある情報共有が求められるようになった。この状況に対応するため、クラウドを活用する自治体も現れつつある。その活用法はどんなものか。(2020/7/31)

「おはようございます」「やったー」「わーい」の声から“心の健康”を計測 横浜市など実験
「おはようございます」「やったー」など人の声を計測し、メンタルヘルスの不調を早期に発見する技術の実証実験を横浜市などが行う。(2020/7/27)

視点:
生活者起点で捉えるスマートシティ3.0〜スマートシティからサステナブルシティへ〜
第三世代の「スマートシティ3.0」は、分野横断のデータ利活用による都市機能の最適化を志向している。(2020/7/27)

オンライン移行が成長機会にも:
COVID-19による打撃は避けられる? 半導体業界
半導体産業は需給バランスや季節要因による変動が激しいことで知られるが、今のところ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による「想定外の事態」を切り抜けているように見える。それは、COVID-19のパンデミック(世界的な大流行)の中、半導体メーカーが、電力や水と同様に重要な、リモートワークや教育などのインターネット接続に必要なコア技術の提供を担っているためだ。(2020/7/16)

導入事例:
戸田建設と逗子市「地方連携型ワーケーション」の共同実証を開始
戸田建設は、逗子市と共同で地方連携型ワーケーションの実証実験を開始する。都市部の人口集中が進むなか、「地方創生」「官民連携」をキーワードに、会社以外の地方でも働ける環境づくりを目指す。(2020/7/10)

空から見た景色がファンタジー 三重県で2021年開業予定のキャンプ場が話題「異世界みがすごい」
デンマークのライフスタイル「ヒュッゲ」の魅力を発信。(2020/7/7)

現場管理:
全国の建設現場で「顔認証の入退場管理」を導入、大林組
大林組は、全社でのデジタル化推進の一環として、2020年度中にNECの入退場管理サービス「建設現場顔認証forグリーンサイト」を国内の全建設現場に導入していく方針を打ち出した。(2020/7/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
25%還元のマイナポイント 2100万枚のマイナンバーカードを倍増させられるか
キャッシュレス還元事業が、6月30日に終了した。政府が次に用意した還元策が「マイナポイント」事業だ。マイナンバーカードと任意のキャッシュレス決済サービス1つを紐づけることで、支払額の25%が還元される。前提となるマイナンバーカードの保有者数は2100万人。マイナポイントではこれを約2倍の4000万人に持っていく狙いだ。(2020/7/3)

プロジェクト:
鹿島が手掛けるミャンマーの延べ17.5万m2の大規模プロジェクトにJOINが参画
鹿島建設が、ミャンマーヤンゴン市内ヤンキン地区で、2017年に着工した複合開発事業に海外交通・都市開発事業支援機構が参画することが明らかになった。(2020/6/24)

ポスト・メイカームーブメント(5):
医療現場を救え! Maker製フェイスシールドによる支援の輪はどのように広がったのか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、医療現場では深刻な物資不足が発生。こうした事態に対し、飛沫感染を防ぐフェイスシールドを製造し、無償で医療機関に届ける活動が日本各地で展開されている。必要とする人と、作る人をつなぐ技術と個々の思いを取材した。(2020/6/23)

材料技術:
三菱マテリアルとNIMSが情報統合型材料開発システム構築に向け開発センター設立
三菱マテリアル(MMC)と物質・材料研究機構(NIMS)は、「NIMS-三菱マテリアル情報統合型材料開発センター」設立に関する覚書を締結した。(2020/6/9)

マイナンバーカードで給付金10万円をスマホから申請、さらに5000円還元もゲットする方法
特別定額給付金の申請と受け取りが始まっています。マイナンバーカードがあれば、申請はスマホで済みます。オンラインでの申請方法について解説しましょう。(2020/5/31)

日本マイクロソフト、新型コロナ対策の官民連携プロジェクトで内閣官房と協定 効果的な対策推進を支援
日本マイクロソフトは、新型コロナウイルス対策の官民連携プロジェクトで内閣官房と協定を締結した。効率的かつ効果的な対策の推進や、収束後の新しいIT技術活用モデルの提示に向け、IT活用による関連機関との連携強化や「新型コロナウイルス感染症対策」Webサイトによる情報提供の拡充などを支援する。(2020/5/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
急増するコロナ倒産、本当に怖いのは「早期リタイア企業」の増加?
経営の危機に直面していない企業であっても、今回の新型コロナを機に廃業を決定する「早期リタイア」企業が増加するのではないか。(2020/5/1)

産業動向:
海外事業を評価され、大林組やIHIインフラシステム、安藤ハザマがJapaCon国際賞を受賞
国土交通省は、海外で建設プロジェクトや技術提供などで活躍する国内の建設会社と中堅・中小建設関連会社を評価し、海外展開を後押ししている。(2020/4/30)

エコカー技術:
ミドリムシ由来の次世代バイオディーゼルが完成、いすゞがシャトルバスで採用
いすゞ自動車とユーグレナは2020年3月31日、石油由来の軽油を100%代替可能な、微細藻類由来の次世代バイオディーゼル燃料が完成したと発表した。(2020/4/7)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「アジャイルを知らなければ、お役所仕事もできません」――官民混成で縦割りを突破、ようやく動き出した政府のDX
日本の公共サービスは非効率で、デジタル化の試みは他国と比べて遅れがちであるとされている。しかし近年になり、いよいよ「止まった10トントラックを手で押して動かすように」政府のDXが始まった。(2020/4/2)

「@ITセキュリティセミナー2020 新春」基調講演:
犯罪捜査、オリンピック、新型コロナウイルスから見えてくる、世界と日本のサイバーセキュリティ事情
新型コロナウイルスの影響によるライブ配信での実施となった「@ITセキュリティセミナー2020 新春」の基調講演に、元インターポールで現ヤフー 執行役員の中谷昇氏が登壇。世界と日本のサイバーセキュリティ事情について講演した。(2020/3/27)

海外医療技術トレンド(57):
デジタルでリアルな課題の解決を目指す欧州の新型コロナウイルス対応策
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に苦しんでいる欧州だが、その一方でデジタルを活用した対応策も出始めている。(2020/3/27)

モデルベース開発:
部品ではなくクルマの性能を見て、モデルベース開発のための計測事業開始
モデルベース開発や制御開発を手掛けるAZAPAが、計測事業に乗り出した。早稲田大学 次世代自動車研究機構と共同で、早稲田大学 本庄キャンパス(埼玉県本庄市)にシャシーダイナモを設置した。サプライヤーが部品を持ち込むと、車両に自社の部品を組み込んで燃費などの性能を測定する。その測定データを基にモデルを構築し、シミュレーションで制御やハードウェアの伸びしろを検討できるようにする。(2020/3/17)

TikTok運営のByteDance日本法人、経団連に加盟 「官民一体の活動、政策提言に参加」
TikTokを運営するByteDance日本法人が、経団連に2月3日付で加盟した。(2020/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。