ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Kindle Fire HD 7」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Kindle Fire HD 7」に関する情報が集まったページです。

Amazonで2021年初のタイムセールを実施中 Echo&Fireシリーズがお得に
Amazonが恒例のセール「タイムセール祭り」を2月1日23時59分まで開催している。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、Fireタブレットもセールで安くなっている。(2021/2/1)

Amazonのブラックフライデー&サイバーマンデーでスマスピやPCがお得に
Amazonがビッグセール「ブラックフライデー&サイバーマンデー」セールを11月27日〜12月1日23時59分まで開催中だ。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、PCなどもセールで安くなっている。(2020/11/28)

【Amazonタイムセール祭り】4TB HDDが8300円、Fire HDタブレットが最大4000円OFFなど、セール2日目の注目商品まとめ
最大約6万円OFFのMacBook Pro(一世代前モデル)もまだまだセール中。(2020/8/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazonのタブレット「Fire」を買ったらしておくべき5つのこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Amazonの格安タブレット「Fire」シリーズを利用する際に、確かめておきたいTipsをまとめた。(2020/8/3)

【Amazonタイムセール祭り】セール終了まであとわずか! 冷感寝具やFire HD 10 タブレットなど、最終日の注目商品をチェック
セールは6月28日の23時59分まで!(2020/6/28)

エントリークラスのタブレット、買うならどっち?:
「iPad」と「Fire HD 10」で10番勝負をした結果
PCを持っていても、手元にタブレットがあると何かと便利だ。ここでは、なるべく安くて長くえるモデルとして、Appleの「第7世代iPad」と格安タブレットの代名詞といえるAmazonの「Fire HD 10」を、さまざまな角度で比較した。(2020/4/23)

3月30日23時59分まで:
Amazonが「新生活セール」を開催、Echo Show 8にKindleや格安タブレットのキッズモデルがお得!
Amazonが3月27日から30日まで行っている「新生活セール」。今回は画面付きスマートスピーカー「Echo Show 8」や「同5」、FireやKindleシリーズのキッズモデルがお得だ。(2020/3/27)

3月30日23時59分まで:
Amazonが「えりすぐりアイテム」を先行販売、Kindleや格安タブレットやのキッズモデルがお得!
Amazonが27日から30日まで行う「新生活セール」を前に、20日から「えりすぐりアイテム」の先行販売を開始した。(2020/3/20)

20日12時から「えりすぐりアイテム」を先行販売:
Amazonが3月27日から30日まで「新生活セール」を開催
Amazonが3月27日9時〜3月30日23時59分まで「新生活セール」を開催する。また、20日12時からは先行して「えりすぐりアイテム」を販売予定だ。(2020/3/19)

3月2日23時59分まで:
Amazonのタイムセールで格安タブレットやKindleのキッズモデル、スマスピ「Echo Studio」がさらにお得!
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を開催している。期間は3月2日23時59分までだ。同社のスマートスピーカーを始め、KindleやFireタブレットのセールを展開している。(2020/2/29)

2月29日9時スタート:
Amazonが恒例のタイムセールを予告 スマートスピーカー「Echo」シリーズや格安タブレット「Fire」などがお得に
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を開催する。期間は2月29日9時〜3月2日23時59分までの約63時間だ。同社のスマートスピーカーを始め、KindleやFireタブレットのセールが予告されている。(2020/2/22)

2月3日23時59分まで:
タイムセール祭りでAmazonの格安タブレット「Fire HD 10」や画面付き「Echo Show 5」がさらにお得!
Amazonが“63時間のビッグセール”と題した「タイムセール祭り」を開催している。普段PC USERで取り上げている関連製品のお得情報をまとめた。(2020/2/1)

1月6日23時59分まで:
初売りセールでAmazonの格安タブレット「Fire HD」とスマートスピーカー「Echo」がさらにお得!
Amazonが“2020年最初のビッグセール”と題した「初売りセール」を開催している。普段PC USERで取り上げている関連製品のお得情報をまとめた。(2020/1/3)

12月9日23時59分まで:
サイバーマンデーセールでAmazonの格安タブレット「Fire HD」とスマートスピーカー「Echo」がさらにお得!
Amazonが“2019年最後のビッグセール”と題した「サイバーマンデーセール」を開催している。普段PC USERで取り上げている関連製品のお得情報をまとめた。(2019/12/8)

【Amazonサイバーマンデー】Fire HD 10タブレットが1万円以下で! Kindle、EchoなどのAmazonデバイスも安いぞ
Kindleシリーズは最大7000円OFF!(2019/12/6)

サイバーマンデーセールでよりお得に:
大人がAmazonのFire HDやKindle「キッズモデル」を買う理由
Amazonのタブレット「Fire HD」シリーズと電子書籍端末「Kindle」に、キッズモデルが相次いで登場した。子供だけでなく、大人にも人気の秘密を探ってみた。(2019/12/6)

「Kindle キッズモデル」発表 児童書1年間読み放題、目標達成でもらえる「バッジ機能」など搭載 30%高速化した「新Fire HD 10」も
新しい「Fire HD 10」も発表。(2019/10/8)

Amazonの「Kindle キッズモデル」は1年間子ども向け本が読み放題で1万980円
Amazonが、電子書籍リーダー「Kindle」の初の子ども向けモデル「Kindle キッズモデル」の予約を開始した。か買うは1万980円。「Amazon FreeTime Unlimited」を1年間無料で利用でき、容量は普通のKindleの倍の8GBで、軽量な専用ケースが付属する。(2019/10/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazonの格安タブレット「Fire 7」でAlexaハンズフリーモードを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はモデルチェンジしたAmazonの格安タブレット「Fire 7」でAlexaハンズフリーモードを試してみた。果たしてスマートスピーカーの代替として使うことは可能だろうか。(2019/7/5)

Amazon、タブレット刷新 薄くて軽い「Fire 7」、値下げ「Fire HD 8」発売
新型タブレット「Amazon Fire 7」と「Fire HD 8」が登場。Fire 7は従来機種と比べると薄型化・軽量化し、ディスプレイも見やすく。Fire HD 8は基本性能はそのまま、値下げした。(2017/5/17)

Amazon.com、「Moto G」(第4世代)をプライム会員向けに格安販売へ(ただし広告入り)
Amazon.comが米国のプライム会員向けに、広告表示+オリジナルアプリプリインストールの最新Android端末2モデルを50ドル引きで発売する。かつての「Fire Phone」のようなオリジナルではなく、Lenovoの「Moto G」(第4世代)とBLUの「R1 HD」だ。R1 HDの16GBモデルは半額の49.99ドル(約5000円)で購入できる。(2016/6/30)

コンテンツを楽しむことを追求したタブレット
徹底レビュー:「Amazon Fire HD 10」は低スペックが気にならない究極の“息抜き”端末?
米Amazon.comの「Fire HD 10」が適切な価格で販売されれば、それに勝るタブレットはなかなかない。「簡単にネットに接続して暇をつぶせるものが欲しい」というユーザーにとっては特にそうだ。(2016/1/11)

コスト削減されたパーツはこれとこれ
徹底レビュー:安さで注目の「Amazon Fire」タブレット、5000円で買った人は満足できるか?
日本でも9月30日に発売となった、50ドルを切る新7インチタブレット「Amazon Fire」。一般向けには8980円で、プライム会員には4980円で販売される。この激安タブレットの性能はどうだろうか?(2015/11/8)

Amazonが約6000円の6インチタブレットを準備中とのうわさ
低価格のタブレット「Fire HD」シリーズを販売するAmazon.comが、現行最低価格の99ドルのさらに約半額の50ドル(約6000円)の6インチタブレットをホリデーシーズンに発売するとWall Street Journalが報じた。(2015/9/8)

電子書店完全ガイド:
Amazon「Kindleストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第2回目はAmazonの「Kindleストア」を紹介する。(2015/4/28)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle(2014)――Amazon
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。今回は、AmazonのKindleシリーズからローエンドに位置する一台を紹介。(2015/2/23)

2015 CES:
Seagate、7ミリ厚HDD、無線HDD、パーソナルクラウド用HDDを発表
Seagateが、ステンレスで厚さ7ミリの携帯用HDDやモバイル端末と無線で接続できるWi-Fi搭載HDD、最大8Tバイトの“パーソナルクラウド”用HDDを発表した。(2015/1/5)

6型モデルは発売記念で9980円から:
Amazon、Fire OS搭載タブレット「Fire HD」新モデル3製品を発売
Amazon.co.jpは、独自タブレット「Fire HD」シリーズのリニューアルを発表。新たに低価格の6型モデルが加わった。製品名からは「Kindle」が省かれている。(2014/9/18)

Amazon、Kindle上位モデル「Kindle Voyage」など新端末発表 
AmazonがKindleの上位モデル「Kindle Voyage」や新「Kindle Fire HD」、8.9インチの「Kindle Fire HDX」新モデルを発表。(2014/9/18)

Amazon、新電子書籍リーダー「Kindle Voyage」やFireタブレット新モデル発表
タブレット新モデルにはビデオ通話で24時間サポートを受けられる機能も。(2014/9/18)

Amazon、6インチタブレット「Fire HD 6」など5製品を発表
発売となるのは、「Fire HD 6」「Fire HD 7」「Fire HDX 8.9」「Kindle Voyage」「Kindle」の5モデル。海外では、子ども向けの「Fire HD Kids Edition Tablet」も発売となる。(2014/9/18)

「Fire Phone」レビュー(1):
Amazon初のスマートフォン「Fire Phone」を購入――さっそく開封してみた
米国で発売されたAmazonのスマートフォン「Fire Phone」を、米国在住のドリキンさんが購入。開封の儀を写真たっぷりでお届けします。また、1週間使ってみたファーストインプレッションもまとめてもらいました。(2014/8/14)

Microsoft、AmazonのFire OS向けOneDriveアプリをリリース
Microsoftが7月にリリースした「OneNote」に続けて、AmazonのKindle FireおよびFire Phone向けの「OneDrive」の無料アプリを公開した。(2014/8/8)

BEAMSやjournal standard FurnitureのKindle用ケースが登場
journal standard Furnitureからは、使い込むほどに味が出るレザー素材のケース。BEAMSからは、ポップなバイカラーのエナメル素材のケースをそれぞれ発売。(2014/7/14)

「BIGLOBE WiMAX 2+」新規ユーザー対象のルータ&クレードル0円キャンペーン――「Kindle」プレゼントも
BIGLOBEの高速モバイルサービス「BIGLOBE WiMAX 2+」で、新規申し込み者を対象としたWi-Fiルータ&専用クレードルの0円キャンペーンを開始。「Kindle」のプレゼント特典も用意している。(2014/6/12)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle Fire HDX 7――Amazon
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、Amazonの「Kindle Fire」ファミリーの2013年モデルのうち、ハイエンドなHDXシリーズの7型モデル「Kindle Fire HDX 7」を紹介する。(2014/6/10)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle Fire HD 7――Amazon
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、Amazonの「Kindle Fire」ファミリーの2013年モデルのうちローエンドに相当する「Kindle Fire HD 7」を紹介する。(2014/6/10)

電子書籍端末ショーケース:
Kobo Arc 7――楽天
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、楽天子会社のKoboがリリースしたタブレットのエントリーモデル「Kobo Arc 7」を紹介する。(2014/3/31)

MetaMoJi、手書きノートアプリ「Note Anytime」のKindle Fire版を提供
MetaMojiの手書きノートアプリ「Note Anytime for Kindle Fire」に日本語版が登場。13カ国語に対応した手書き変換エンジンの「mazec」も有償アドオンとして販売する。(2014/2/26)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの7インチタブレット「NOOK HD」を紹介する。(2014/1/29)

BIGLOBE、WiMAX 2+を2年利用でKindle PaperwhiteやKindle Fire HDを希望者にプレゼント
BIGLOBEが「BIGLOBE WiMAX 2+」を2年継続利用する新規申込者に対し、希望すれば「Kindle Paperwhite」や「Kindle Fire HD 7 タブレット」をプレゼントするキャンペーンを開始した。(2014/1/6)

ねんがんの「Nexus 7」をてにいれたぞ! ケースはなにをそうびする?
7インチクラスで人気のAndroidタブレット「Nexus 7(2013)」。格安SIMとのセット販売など、ライバルに比べてお得に持てるのも特徴だ。そんなNexus 7向けソフトケースをいくつか紹介しよう。(2013/12/20)

コベック、電子書籍ストア構築システム「Wisebook3」をバージョンアップ
「Wisebook3 Library Server(Lite)」がバージョンアップし、1つのアプリで多彩な画面サイズに対応できるようになり、特にAndroid端末で見やすく利用しやすいものに。また、「Wisebook3 Library Server」のiOS 7対応版もリリースした。(2013/12/20)

革新はその手に?:
Amazonの新型タブレット端末「Kindle Fire HDX 8.9」を使ってみた
革新をその手に――そんなキャッチコピーで発売されたAmazonの新しいタブレット端末。その上位モデル「Kindle Fire HDX 8.9」の実力をリポート。(2013/12/13)

電子書店完全ガイド2013:
Amazon「Kindleストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第5回目は「Kindleストア」を紹介する。(2013/12/6)

Amazon「Kindle Fire HDX」発売 「軽くて速くて画面がきれい」初の体験スペースをカフェに
Amazonが「Kindle Fire HDX」を発売した。同社初の試みとして、東京・表参道のカフェに端末やコンテンツの体験スペースを設置している。(2013/11/28)

Kobo、7インチタブレット「Kobo Arc 7HD」を国内販売へ
Koboが海外で販売しているAndroidタブレットを国内でも12月から販売へ。タブレットの投入でコンテンツサービスを拡大させる。(2013/11/26)

Amazon、Kindleタブレット向けOS「Fire OS」をアップデート
「Kindle Fire」タブレットのOSがバージョン3.1にアップデートされ、ソーシャル読書サービス「Goodreads」、Kindle Fireをリモコン代わりに使える「Second Screen」機能、音声入力のテキスト化など、多数の新機能が追加された。(2013/11/19)

7インチモデルは2万4800円から:
高精細Androidタブ「Kindle Fire HDX」の予約受付スタート、発売は11月28日
米Amazon.comが2013年9月下旬に発表したAndroidタブレット「Kindle Fire HDX」の予約販売が始まった。美麗な表示にこだわった高解像度ディスプレイや、2GHzを超える高クロックのCPUを搭載している。(2013/10/16)

高精細な「Kindle Fire HDX」国内発売 7インチ2万4800円から
高精細ディスプレイを採用した「Kindle Fire HDX」の予約受け付けが国内でスタートした。(2013/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。