レビュー
» 2021年06月21日 10時30分 公開

今なら1万9000円切りでOfficeと専用キーボードが付属! 「Fire HD 10 エッセンシャルセット」の破壊力にしびれる1TBのクラウドストレージも付属(1/4 ページ)

コスパ良好のAmazon製タブレットの新型「Fire HD 10」に、「エッセンシャルセット」が登場した。非常にお得なセットだが、実際に試して想像以上の破壊力があることが分かった。

[渡辺まりか,ITmedia]

 Microsoft Office(以下、Office)は仕事や授業、あるいは日常に欠かせないアプリだ。PCとセットになったり、パッケージも用意されていたりするが、WordやExcel、Outlook、プレゼンテーションのPowerPointを含む「Office Home & Business 2019」(永続ライセンス、2台までのPCへのインストール可能)で3万8284円(税込み、以下同様)と値が張る。

 またデータベースソフトのAccessや、クラウドストレージサービス「OneDrive」の1TBの利用権があるサブスクリプションタイプなら、年間1万2984円で月にならすと1000円程度の計算になる。

 コストがかさむため「互換製品でいいか」と思っていても、予想もしなかったレイアウト崩れや、ファイル作成者の意図しなかったフォントでの表示などに遭遇してしまい、結局Officeを導入せざるを得なかった、という話もちらほら耳にする。

 どうせ手に入れる必要があるならできるだけ安価な方がいい、というのが人情というもの。というわけで、考え得る最安値でOfficeのサブスクリプション版「Microsoft 365 Personal 1年版」(以降、Microsoft 365)が手に入る、「Amazon Fire HD 10 エッセンシャルセット」を購入した。

Fire HD 10 新型Fire HD 10とBluetooth接続のキーボードがセットになった「Amazon Fire HD 10 エッセンシャルセット」。Fire HD 10のボディーサイズは約247(幅)×166(奥行き)×9.2(厚さ)mm、重量は公称値で約465gある

通常2万4980円がプライムデーで1万8980円に!

 日本のAmazonでは、2012年10月から「Kindle Fire HD」の登場を皮切りとして、今では7型、8型、10.1型のタブレット「Fireシリーズ」を販売している。そして5月26日には、最新の第11世代「Fire HD 10」と、ワイヤレス充電に対応し、メモリも4GBとパワフルな「Fire HD 10 Plus」が発売された。

 新しいFire HD 10およびFire HD 10 Plusには、サードパーティー製ではあるが、初めて専用キーボードが用意された。おまけにキーボードとMicrosoft 365を組み合わせたFire HD 10 エッセンシャルセットというものまで登場した。

 32GB版Fire HD 10は単体で1万5980円だ。「Made for Amazon」を冠した専用のキーボード「Fintie Bluetooth キーボード付きカバー」は5980円で、ハードウェアの代金を合わせると2万1960円となる。そしてその組み合わせにMicrosoft 365を付けたエッセンシャルセットで2万4980円だ。通常であれば1万2984円のMicrosoft 365が、約3000円を追加するだけで手に入る計算だ。あまりにお得で、何かがバグっているとしか思えない。

 しかも、6月22日23時59分まで開催中のバーゲンセール「プライムデー」では、実に1万4999円オフの1万8980円という価格になっている。もう破格値を通り超えたプライスと言える。

 なお、Amazonで販売しているMicrosoft 365(オンラインコード版)の正規の価格は1万2019円だ。Microsoft公式サイトの価格差とは異なることを補足しておきたい。

プロダクトキーはいずこに?

 事前に予約しておいたおかげで、発売日に無事に手元に届いたFire HD 10 エッセンシャルセットだが、箱の中に入っていたのは、Fire HD 10とFintie Bluetooth キーボード付きカバーの2つのみだった。Officeバンドル版PCのようなOfficeのカードは付属していない。

 Fire HD 10を立ち上げると、Microsoft Office Mobileアプリ(Word、Excel、PowerPointをまとめたもの)がプリインストールされているのが確認できる。同アプリは、Fire HD 10 エッセンシャルセットの発表に合わせてリリースされたFireタブレット向けアプリだ。

 とはいえ、Android版と同じ無料の「Office Mobileアプリ」なので、Microsoft 365を購入していなくても、アプリストアからダウンロードすれば誰でも無料で利用可能(ビジネスでの利用は不可)なため、Fireタブレットだけで使うのであればあまりうまみはない。

Fire HD 10 新型Fire HD 10のホーム画面。Officeアプリがプリインストールされているのが分かる

 やはり、ここはPCなど他のデバイスでも利用したい。Microsoft 365なら、Word/Excel/PowerPoint/Outlook/OneNote/Publisher/Accessがインストール可能(PublisherとAccessはWindows版のみ)で、PCやMac、タブレットやスマホにインストールできる(同時利用は5台まで)からだ。

 ここで「サービスを有効にするプロダクトキーは、どこにあるのだろう?」ということが気になる。オンラインコード版なので、カードのようなものが箱に入っているわけではない。注文手続き完了通知メールにも、プロダクトキーが記載されていない。

 では、どこで確認できるのか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.