ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医薬品ネット販売規制」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医薬品ネット販売規制」に関する情報が集まったページです。

ガスター10も:
Amazon、1類医薬品の販売開始 ロキソニンなど取り扱い
Amazon.co.jpで「ロキソニン」などの1類医薬品が購入可能に。(2017/4/18)

楽天、ケンコーコムを完全子会社化
楽天がケンコーコムの株式をTOBで取得し、完全子会社化すると発表した。ケンコーコムは上場廃止となる見込み。(2015/11/26)

薬のネット販売店、メール問い合わせに「返事なし」45% 厚労省調査
薬のネット販売店にメールで問い合わせをすると、45%の店舗から返事がなかった――厚労省の調査結果。(2014/6/24)

三木谷氏、産業競争力会議の辞意撤回 首相の慰留受け
楽天の三木谷浩史社長は、産業競争力会議の民間委員の辞任を撤回する意向を明らかにした。(2013/11/18)

ケンコーコム、処方箋薬のネット販売解禁求め国を提訴
処方箋薬の通販を禁止した厚労省令は違憲・無効として、ケンコーコムが国を提訴。(2013/11/12)

“1万2000円のシュークリーム”は楽天が価格チェック済みだった 「ルール甘かった」と三木谷社長が陳謝
「楽天日本一セール」で不当な二重価格表示が疑われる件について三木谷社長が説明。話題になった「元値1万2000円のシュークリーム」は公式セールの参加商品として楽天の価格チェックを通っていたとし、チェック体制を厳格化すると話した。(2013/11/12)

医薬品ネット販売“再規制”に三木谷氏ら抗議 「“対面神話”は時代錯誤」 再び訴訟も
医薬品のネット販売を一部規制する方向で政府が最終調整に入ったことを受け、楽天の三木谷社長が会見。「“対面神話”は時代錯誤もはなはだしい」と痛烈に批判した。(2013/11/6)

視点:
新興国市場での成功の鍵――「FRUGAL」製品の可能性と落とし穴
先進国を凌駕しうる非常に大きなポテンシャルを持つ新興国において、いかにして成功するか。新興国進出において、日本企業が陥りやすい3つの落とし穴について考えてみる。(2013/7/29)

「医薬品ネット販売解禁」「ビッグデータ促進」――規制改革会議の答申公表
政府の規制改革会議の答申には、医薬品のネット販売解禁や、クラウドファンディングの枠組みの整備、ビッグデータ推進のための個人情報保護のあり方の検討などが盛り込まれている。(2013/6/6)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(31):
どうする、知財計画2013
世界で最もクリエイティブな国は日本だという評価が圧倒的第1位だったのに対して、日本人だけが日本のことをクリエイティブだと思っていないという結果。自ら点検し、評価しつつ、外に出すための戦略をゼロベースで見直さなければならない。(2013/5/13)

ケンコーコム、医薬品ネット販売を再開
医薬品のネット販売を容認する最高裁判決を受け、ケンコーコムが医薬品販売を再開した。(2013/1/11)

医薬品ネット販売を容認 最高裁判決 ケンコーコム「速やかに販売再開」
医薬品ネット販売禁止をめぐる訴訟で、最高裁がネット販売を容認し、国の敗訴が確定。ケンコーコムは速やかに販売を再開する方針だ。(2013/1/11)

薬のネット販売認める ケンコーコムが逆転勝訴
 改正薬事法による医薬品のネット販売禁止の取り消しを求めた訴訟の二審判決はネット販売を認め、ケンコーコムとウェルネットが逆転勝訴。(2012/4/26)

オルタナブログ通信:
「負け癖」からの脱却――失敗は成功への序章
約240人のブロガーによって日々、ITにまつわる時事情報などが発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今回はその中から、「WikiLeaks」「インターネット」「電化製品」「負け癖」などを紹介しよう。(2010/12/17)

医薬品ネット販売を議論 IT戦略本部の専門調査会をライブで
政府のIT戦略本部傘下の「情報通信技術利活用のための規制・制度改革に関する専門調査会」第3回をライブ配信。一般用医薬品のネット販売やテレビ電話を通じた販売について、関係者からヒアリングし、議論する。委員として、オイシックスの高島宏平社長やマイクロソフトの楠正憲さんなどが参加。会長は、イプシ・マーケティング研究所の野原佐和子社長。配信は11月30日16時0分〜。(2010/11/29)

参院選、ベンチャー経営者も政治の世界へ挑戦 ITスキルや経営経験で改革目指す
11日投票の参院選では、IT関連などのベンチャー企業経営を経験した候補者が目立っている。企業経営を通じて身に付けたノウハウと規律を政治の世界に持ち込み、変革にチャレンジしている。(2010/7/7)

「開国せにゃならん!」 孫社長&三木谷社長、“ガラパゴス規制”を批判
「開国せにゃならん!」――孫社長と三木谷社長が対談。ネットビジネスを阻害する日本の規制を「ガラパゴス」と批判した。(2010/4/26)

eビジネス推進連合会「極めて遺憾」 医薬品ネット販売規制訴訟で事業者敗訴
医薬品ネットの販売を規制の取り消しなどを求めた行政訴訟で事業者側が敗訴したことについて、楽天やヤフーなどが参加する「eビジネス推進連合会」は、「極めて遺憾」とするコメントを発表した。(2010/3/31)

ネット各社参加の「eビジネス推進連合会」が発足
楽天やヤフーなどネット各社が参加する業界団体「eビジネス推進連合会」が正式に発足。ネット選挙解禁などを積極的に提言していく。(2010/2/23)

ネット選挙 民主「全面解禁」、自民「サイトのみ、メールはダメ」
自民・民主両党ともネットを使った選挙運動解禁には積極的だが、民主は全面解禁を訴えている一方、自民はWebサイトのみ解禁し、メールは解禁しない方針だ。(2009/8/17)

誠 Weekly Access Top10(2009年8月1日〜8月7日):
医薬品のネット販売を検討した会議の議事録がすべて公開
6月1日に施行された改正薬事法。すべての一般用医薬品に「対面販売の原則」を設けたことにより、ネット通販などで販売できる薬が大幅に減ったが、この是非をめぐって議論が行われた検討会の議事録がこのほどすべて公開された。(2009/8/12)

自民・民主にネットビジネス政策で質問状 楽天・三木谷社長ら経営者60人
自民・民主のネットビジネス振興政策について、関連企業の経営者60人が質問状を送付した。回答内容は公表する予定。(2009/8/11)

小寺信良の現象試考:
「ネット」を政治の争点にしよう
間もなく総選挙が実施される。何を重視して投票するかはそれぞれだが、情報通信政策という視点だってあっていい。若い人ほど関係の深い「ネット」についての意向を、国政へ伝えるまたとないチャンスだ。(2009/8/3)

「ネットの声を政策に」――MIAUが衆院選プロジェクト
衆院選候補者にネット関連政策について聞いたり、政見放送を選挙終了後にYouTubeに公開するプロジェクトを、MIAUが始める。(2009/7/21)

ひろゆき&夏野コンビ+SFCの学生、三木谷社長に迫る
「マスコミの将来は」「薬のネット販売はどうなる」――SFCの夏野氏の講義に、ひろゆき氏と楽天の三木谷社長がゲスト参加。学生からの質問に答えた。(2009/7/3)

ネットの逆流(19):
改正薬事法で得をしたのはいったい誰なのか
6月1日に施行される改正薬事法で、医薬品の販売が変わった。はたして、これでよかったのだろうか。いま一度考え直してみたい。(2009/5/31)

「ドラッグストアは安全なのか」 医薬品ネット販売規制取り消し求め行政訴訟
医薬品のネット販売規制は行き過ぎであり、「二重に違憲」だとしてケンコーコムらが規制取り消しを求める行政訴訟を起こした。「バイト店員が販売するドラッグストアは『対面販売』と言えるのか」などとして、ネット販売継続を法廷で訴えていく。(2009/5/25)

「このままではPSE法の二の舞」 医薬品ネット販売継続求め国会議員と有識者らアピール
「医薬品ネット販売規制は過剰、国会で議論を」――自民・民主の若手議員や浅野史郎さん、國領二郎さんなど有識者、消費者が集まり、ネット販売継続を強く訴えた。(2009/5/21)

新聞は一度、バカと言われる側に回ってみてはどうだろうか?
新聞の購読部数減少に歯止めがかからない状況だが、原因はどこにあるのだろうか。インターネットの出現や景気などにも左右されているかもしれないが、新聞は一度「バカだと思われている側」に回ってみるのもいいかもしれない。(2009/5/18)

生き残れない経営:
岐路に立つ政府、いかなる道を進むべきか
世間では新自由主義のフリードマンに代わり、再び政府の市場介入を是とするケインズが脚光を浴びている。しかしながら進むべき道を考えたとき、「小さな政府」か「大きな政府」かという二者択一の時代は終わったのである。(2009/4/14)

医薬品通販、継続求める署名が100万件突破
楽天とヤフーに寄せられた、医薬品の通信販売継続を求める署名の合計が累計100万件を突破したと発表した。(2009/3/26)

ネットの逆流(12):
医薬品のネット販売は本当に規制すべきなのか
先日公布された省令により、6月から医薬品のネット販売が規制されることになった。この規制は本当に必要なものなのだろうか。(2009/2/23)

医薬品ネット販売規制の検討会「ネットでリアルタイム公開を」 楽天など要望書
医薬品のネット販売規制の影響を話し合う検討会について、楽天などが要望書を提出。検討会をネットでリアルタイムに公開することなどを求めている。(2009/2/20)

医薬品ネット販売、継続求める署名が50万件に
楽天とヤフーに寄せられた医薬品のネット販売継続を求める署名の合計が50万件を突破した。(2009/2/18)

楽天市場「巣ごもり消費」で好調 「景気が悪い感じがしない」と三木谷社長
楽天の営業益が過去最高に。「巣ごもり消費」の拡大や「訳あり商品」人気が貢献した。(2009/2/16)

医薬品の通信販売規制、97%が「反対」意見――パブコメ結果
医薬品の通信販売規制について厚労省が募集したパブリックコメントで、寄せられた意見のうち97%が反対意見だったという。(2009/2/13)

医薬品ネット販売規制「大変残念」 楽天、ヤフー、MIAUらが声明
楽天、ヤフー、MIAUら6団体・企業は、医薬品のネット販売を規制する省令の公布を受け、「大変残念」との声明を発表した。(2009/2/6)

医薬品通販、継続を求める署名が30万件に
楽天とヤフーに寄せられた、医薬品の通信販売継続を求める署名の合計が30万件を突破した。(2009/2/2)

医薬品のネット販売禁止、3割が「不便」「困る」と抵抗感
副作用リスクが比較的高い医薬品のネット販売を禁止する方針に対し、「とても不便」「いざというとき困る」と答えたのは3割だった。(2008/12/19)

医薬品ネット販売継続を――楽天、ヤフー、MIAUらが厚労相に要望書
医薬品のネット販売継続を求める要望書を、日本オンラインドラッグ協会やヤフー、楽天、MIAUなどが舛添厚労相に提出した。(2008/12/11)

医薬品ネット販売の新ガイドライン策定で継続訴え
日本オンラインドラッグ協会は、医薬品のネット販売を継続していくため、新ガイドラインを定めた。医薬品の副作用リスクに応じ、販売方法を定めた。(2008/11/20)

「困ります、私たち」――楽天、医薬品のネット販売継続求め署名活動
楽天が医薬品のネット販売継続を求める署名活動を始めた。楽天市場内に専用ページを開設して受け付けている。(2008/11/14)

「医薬品のネット販売禁止は過度な規制」 楽天、ヤフーら102社が厚労省に意見書
楽天、ヤフーなど102社が、医薬品のネット販売継続を訴える意見書を厚生労働大臣あてに提出した。(2008/8/7)

「医薬品のネット販売継続を」 ネット薬局が自主ガイドライン策定
ケンコーコムなどが加盟するオンラインドラッグ協会は、医薬品ネット販売継続に向けた自主ガイドラインを策定した。(2008/8/6)

オンラインで買った薬品の60%以上が偽造品――欧調査
オンライン薬局の96%が違法に運営されているほか、注文した薬品と一緒に、医学的な評価なしに別のサンプル薬品が届けられるケースも多いことが明らかになった。(2008/6/6)

ネットで買った薬で死亡、成分にウラン混入
ネットで薬を買って飲んだカナダの女性が死亡した。検視の結果、ウランやホウ素などの危険物質が検出されたという。(2007/3/23)

ネット販売のダイエット薬には生命の危険も――Sophos
痩せる薬をネットで買う女性が増えているが、スパムで宣伝されている薬は本物だという保証がなく、健康を害する恐れもあるとSophos。(2007/3/7)

医薬品購入時にWebで服薬説明 ケンコーコムが新機能
ケンコーコムは、医薬品販売時にWeb上で薬剤師による服薬説明を行う機能を追加し、薬事法改正案で義務付けられる見通しの「積極的な情報提供」に対応する。(2006/1/31)

「薬のネット販売規制案、見直しを」――ネット薬局が要望書
「このままではほとんどの医薬品がネット販売できなくなる」――医薬品のネット販売を行う薬局・薬店14社が、薬事法改正案の見直しを求めている。(2006/1/19)

大衆薬のネット販売は「便利」が5割半ば
C-NEWSによれば、ネットで大衆薬を購入した経験のある人はほとんどいないが、過半数の人が購入できること自体は便利だと考えていることがわかった。また、インターネットでは、対面販売での購入に抵抗を感じるような薬の需要が高くなるようだ。(2004/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。