ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メルカリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メルカリ」に関する情報が集まったページです。

「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】
「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?
コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。(2020/1/24)

メルペイ、「Origami Pay」提供元を買収 スマホ決済サービスを統合
メルペイがOrigamiを買収する。Origami Payのサービスとブランドは、メルペイに統合する方針。大企業のチェーン店に限らず、地域の中小事業者にもキャッシュレス決済の導入を促していく考えだ。(2020/1/23)

「Origami Pay」は「メルペイ」へ――メルペイがOrigamiを子会社化
メルペイが、「Origami Pay」を運営するOrigamiを子会社することに。Origamiの康井義貴社長から株式を譲り受ける形で子会社化を実行する予定となっている。Origami Payは、一定の周知期間を経て「メルペイ」に統合される予定だ。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収 Origami Payは「メルペイ」に統合へ
中小企業を中心に導入を推進するとのこと。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収
メルカリ子会社でスマホ決済事業を営むメルペイは、スマホ決済「Origami Pay」を営むOrigamiを買収すると発表した。買収金額は非公開、株式の譲渡は2月25日を予定している。(2020/1/23)

ノザキのコンビーフ、“廃止決定の枕缶”転売品に注意喚起 「悪意のある人が買い占めできない量の在庫ある」
「焦ってアプリ等での転売品を買われないようにしてください」と呼びかけています。(2020/1/17)

「Kubernetes」か「Mesos」か【前編】
コンテナ連携ツール「Mesos」とは? 「Kubernetes」との違いは
複数のコンテナを連携させながら管理する手段は「Kubernetes」だけではない。有力な対抗馬が「Apache Mesos」だ。Mesosにはどのような特徴があるのか。(2020/1/17)

新連載 池田純のBizスポーツ:
ソフトバンク、楽天、DeNA ……IT企業とスポーツビジネス  “三社三様”の関わり方
スポーツとビジネスに詳しい池田純氏の新連載。昨今、IT企業が続々とスポーツに参入している。プロ野球ではソフトバンク、楽天、DeNAが球団を経営。他にはミクシィ、アカツキ、メルカリといった名だたる企業がスポーツ業界に参入し始めている。まずはプロ野球3球団の例から、背景を読み解く。(2020/1/16)

「Paidy」悪用した詐欺、メルカリも対策 関係各社と連携、不正なアカウントは利用制限
「メルカリ」と「Paidy」を組み合わせた詐欺の報告が相次いでいる件で、メルカリがコメントを発表。現時点では被害は確認していないが、「関係各社と連携の上、不正行為を未然に防ぐ対応を進めている」という。(2020/1/15)

詐欺発生の「Paidy」、提供元が対策 「悪用の恐れある」取引を制限・停止
後払いサービス「Paidy」を悪用した詐欺に対し、提供元のPaidy社が対策を講じる。悪用の恐れが高いと判断した取引では、決済サービスの提供を制限するか停止。再発防止策などの検討を進める。(2020/1/15)

決済サービス「Paidy」を悪用した詐欺に対応するため提供をいったん制限もしくは停止へ 「悪意ある者に対しては損害賠償を請求する所存」
「Paidy翌月払い」を悪用した詐欺事件が発生していた。(2020/1/14)

「Paidy」を悪用した詐欺、フリマアプリで二重請求 被害者には「全社を挙げて対応」
後払い決済サービス「Paidy」を悪用した詐欺が発生。フリマアプリを使い、売り上げを搾取していたという。Paidyでは、被害拡大を防ぐために、悪用の懸念が高い取引をいったん制限するか停止する。(2020/1/14)

後払いサービス「Paidy」悪用した詐欺、メルカリなどで発生か ネットで報告相次ぐ
「メルカリで商品を購入し、代金を支払ったのに、後日『Paidy』からも請求が来た」──後払いサービス「Paidy」を悪用した、そんな詐欺に遭ったという報告がネットで相次いでいる。(2020/1/14)

電動キックボードシェアのLime、欧米の12都市でサービス終了
UberやAlphabetが出資する電動キックボードシェアサービスのLimeが、12都市でサービスを終了し、従業員の14%をリストラする。(2020/1/10)

ネットで叩かれている「Slackマナー」は本当にアホらしいのか? 良しあしを真剣に考えてみた
ビジネスチャットツール「Slack」に、「メッセージを送る際は宛名と所属を書かねばならない」などのマナーが生まれていると、Twitterなどで話題になっている。筆者はこれらに対し、「アホらしい面も確かにあるが、一理ある」と感じた。その理由は……。(2020/1/9)

課題山積の地方こそ、グローバルで戦える:
もうけは悪、補助金漬け――そんな地方都市で実績上げる、サツドラ社長の戦略
「課題山積の地方こそ、グローバルで戦える」――。そう意気込むのは、北海道を中心に国内約200店舗のドラッグストアを運営するサツドラホールディングスの社長を務める富山浩樹氏だ。地方都市の生き残りを賭けて戦う富山氏に、戦略の詳細を聞いた。(2020/1/6)

カリスマ経営者が語る未来、企業公式アカウントの「中の人」など:
2019年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2019年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2019/12/30)

気になるニュース&ネット記事:
2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測
MLOps/AutoMLなどの自動化に、自然言語処理(BERTなど)、倫理問題/信頼と、2019年の「AI/機械学習」界わいの変化は止まらなかった。2020年はどう進化していくのか? 英語での情報を参考に、10個の大胆予測を行う。(2019/12/26)

医療ITはいまだ2000年代を生きている:
PR:クラウド活用で医療は劇的に変わる――社会に大きなインパクト生み出すDXを主導する2020年の新しいエンジニア像
医療従事者の慢性的な人材不足、いまだに紙ベースでの運用が主流の非効率な情報管理、連携不足で個別最適な情報システム――医療業界の「負」をテクノロジーで解決するために、本気のエンジニアたちが集結した。(2019/12/26)

PR:ねとらぼ編集部が選ぶ「個人的に超よかった記事」で2019年を振り返ってみる
編集部員とライターさんの愛が詰まった記事を振り返るメルカリとのタイアップ企画です。(2019/12/26)

メルカリの独自データから判明:
クリスマス直前、フリマアプリで「紙袋」が大量に売れる謎 データから分析
クリスマス直前に中古の「紙袋」が大量に売れているという。メルカリの独自データから判明。謎の消費行動を考察する。(2019/12/23)

待遇に納得できる、休暇が取れる、風通しが良い――「令和の働き方」ができる企業ランキング、上位にシスコやApple 1位は…?
オープンワークが「令和らしい働き方をリードする企業ランキング」を発表した。自由で創造的な働き方を導入している企業を評価したもの。IT企業では、Apple Japanやシスコシステムズなどが上位に入った。1位は……?(2019/12/18)

最新版「Looker 7」を発表:
Lookerの組み込み型アナリティクスが提供する「データエクスペリエンス」とは何か?
Googleによる買収が発表されてから約半年。その間にも着々と成長する気鋭のBIベンダーLookerが新バージョン「Looker 7」を発表した。その特徴を解説する。(2019/12/18)

「赤字上場」急増 成長期待で投資家も許容 令和元年の「IPO」86件
 野村証券は17日、令和元年の新規株式公開(IPO)が86件になる見通しだと明らかにした。前年から4件減るものの、ほぼ例年並みの水準。赤字企業の上場は22件で、記録のある平成21年以降では過去最高を更新する見込みだ。この日上場したクラウド会計のfreee(フリー)をはじめ、先行投資がかさむITベンチャーが増えてきたためで、投資マネーを企業の成長に結びつける市場機能が一段と高まっている。(2019/12/18)

急成長の方程式:
「グロースハック」の神髄とは? Dropboxとメルカリの場合
元祖グロースハック企業Dropboxと、わずか数年で世界有数のフリマアプリに成長したメルカリ。急成長のドライバーとなったグロースハックのノウハウが明かされた。(2019/12/16)

多重下請けも海外人材活用も「元」は同じ:
なぜ未曾有の人材不足でも、エンジニアの年収は上がらないのか
市場原理では需給バランスで価格が決定する。なのになぜ、俺の、私の年収は上がらないんだ!――IT“業界”解説シリーズ、第7弾はマクロ視点での多重下請け考察です。(2019/12/16)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

メルカリ上で取引増:
黒電話が謎のプチブーム? 「昭和レトロ」だけでない真の理由とは
昭和レトロ雑貨としてもてはやされる黒電話。しかしどうも無関係な理由で近年、人気の可能性が。メルカリ上の流通データから迫る。(2019/12/13)

調査研究が活発に:
欲しいのは「お金」よりも「承認」 フリマアプリで「承認欲求」を満たす人々、増加中?
11月に「メルカリ総研」を立ち上げたメルカリ。利用者が急増し、「不用品の売買」から脱皮し始めるフリマの調査研究に意欲的な姿勢を見せている。利益を追い求めず、承認欲求を満たす人の姿も見えてきた。(2019/12/10)

「利益100円以下」でもフリマアプリに出品するのは「承認欲求」のせい? 4人に1人が利益100円以下でも出品
つい売るものを探してしまう「メルカリハイ」現象も。(2019/12/10)

HDDなど転売「7844個」──行政文書流出、ブロードリンクが謝罪 ずさんな管理体制明らかに
神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題で、ブロードリンクは記者会見を開き、流出のいきさつと捜査の状況を説明した。同社の高橋雄一容疑者は3年前から7844台の機器を転売していたという。(2019/12/9)

メルペイが年末年始企画 抽選で最大1万円分還元、きゃりーのライブに招待
メルペイが年末年始特別企画「あけおメルクリ」を開始。他のユーザーから招待されてメルペイを初めた人が、キャンペーンコードを入力した上で本人確認を済ませると、抽選で当たった場合に特典を付与する。特典は、最大1万円分のポイント還元と、きゃりーぱみゅぱみゅさんのライブへの招待。(2019/12/9)

メルペイ、全国の信用金庫244社と口座連携 残高へのチャージが可能に
メルペイが全国の信用金庫244社との口座連携に対応した。メルペイに口座を登録したユーザーは、メルペイ残高へのチャージが可能になる。連携する信用金庫は、北海道信用金庫、愛知信用金庫、大阪信用金庫、福岡信用金庫など。(2019/12/9)

今日のリサーチ:
「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認欲求」にあるようです。(2019/12/6)

4人に1人が「利益100円以下」の商品をフリマアプリに出品 その理由は?
メルカリが、フリマアプリ利用者の意識を調査した結果を発表。調査対象の約4人に1人が、利益が100円以下でも出品するユーザーだったという。(2019/12/5)

ローンスター大学、Merrill、Accentureが挑む「DX」への道【中編】
目論見書印刷会社が本業をやめてSaaSベンダーに転向 その理由と成果
目論見書などの金融資料の印刷を手掛けていたMerrillは、本業をやめてSaaS「DatasideOne」の提供に注力する決断をした。その理由とは何だったのか。事業転換の成果は。(2019/12/5)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
売れる店と売れない店は何が違うのか――データだけでは分からない「両者を分かつもの」
社長が自らが先頭に立って統計学を学び、データドリブンな経営を目指す――。そんな取り組みで注目されている「グッデイ」の三代目社長 柳瀬隆志氏に、「売れる店と売れない店を分かつもの」について聞く。(2019/12/4)

「メルペイスマート払い」キャンペーン開始 2000円相当のポイント還元
メルペイは、12月3日に「メルペイスマート払い」の利用促進を目的としたキャンペーンを開催。期間中に利用設定をし、翌月10日までにメルペイスマート払いで決済するともれなく2000円相当のポイントを還元する。(2019/12/3)

アイドル関連が話題に:
2019年にメルカリ内で検索回数が急増した「トレンドワード」トップ10が発表 出品人気はアイドルや新元号に集中
2019年、メルカリ内でトレンドとなったものが発表。18年と比較すると、トップ10には食品関連が増えた。出品ワードマップにはアイドルや新元号が目立った。新元号に関しては、発表後に検索数や出品数が激増したという。(2019/12/3)

フリマアプリでの中古スマホ流通にも基準を セット販売による値引きも警戒――総務省の研究会
総務省が12月2日に有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第21回会合を開催。中古端末の流通に関して、新たにネットオークションやフリマアプリなどでの取引に関する問題点が指摘された。携帯電話の料金に関する今後の取り組みの方向性に関する議論も行われた。(2019/12/3)

ハムやソーセージなど要冷蔵品の常温配送やめて 消費者庁、フリマアプリに注意喚起
消費者庁は、一部の出品者がフリマアプリで要冷蔵食品を常温配送するケースがあり、食中毒の危険があるとして注意を呼びかけている。フリマアプリを運営する大手3社には、利用者に注意喚起するよう要請した。(2019/12/3)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
小売にはびこる「悪しき先入観や現場主義」をぶっ壊せ! データドリブンなグッデイ三代目社長は、何と戦ってきたのか
社長が自らが先頭に立って統計学を学び、データドリブンな経営を目指す――。そんな取り組みをしているのが、九州北部を中心にホームセンター66店舗を運営する「グッデイ」の三代目社長 柳瀬隆志さんです。10年間の成果はどんなものなのか?(2019/12/2)

クレカ不要の「NP後払い」、アップデートで即時与信に対応 AIやビッグデータ活用
ネットプロテクションズは11月27日、後払い決済サービス「NP後払い」のシステムアップデートを実施した。ビッグデータやAIを活用することで、従来の与信ポリシーや与信通過率を維持したまま、即時与信に対応。与信通過率を向上させる施策も導入する。(2019/11/27)

ペイペイ・LINEペイが一強化も スマホ決済競争
 スマートフォン決済をめぐる競争が新しい局面に入りつつある。ヤフーを傘下に収めるZホールディングス(HD)とLINE(ライン)の経営統合合意で、両社のスマホ決済連合は実績と成長性を兼ね備えた存在になり、シェア拡大による「一強化」が現実味を帯びてきたためだ。これに対して携帯電話大手のNTTドコモやKDDI(au)などは顧客基盤を生かして対抗。フリーマーケットアプリ大手のメルカリも独自性を追求している。しかし今後は各社の競争の中で優勝劣敗が顕在化する可能性もありそうだ。(2019/11/27)

PayPayとLINE Payが一強化か ヤフーとLINEの統合がスマホ決済競争に与える影響は
ZホールディングスとLINEの経営統合合意により、スマホ決済サービスのPayPayとLINE Payが一強化する可能性が見えてきた。NTTドコモやKDDI、メルカリといった事業者は独自のサービスを追求しているが、各社の競争に大きな影響を与えると考えられる。(2019/11/27)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜPayPayが1位に? コード決済の未来は? J.D.パワーの満足度調査から見えたもの
J.D.パワーが2019年9月に実施したコード決済の満足度調査では、1位がPayPayとなった。コード決済で、ユーザーは何を重視しているのか。各事業者は「決済の先」のビジネスとして、どんなものを見据えているのだろうか。J.D.Power Japan 常務執行役員の梅澤希一氏に話を聞いた。(2019/11/26)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
ヤフー×LINE、経営統合でこれから決済業界に起こること
ヤフーとLINEの経営統合で気になるのが、2社が提供しているモバイル決済の動きだ。PayPayとLINE Payが今回の事業統合で1つにまとまることはないだろう――というのが筆者の考えだ。こう考える理由の1つに、両者の統合後の姿が原時点で全く想像できない点が挙げられる。(2019/11/21)

これからの時代に必要な「デザイン経営」:
日本企業のイノベーションを支える気鋭のデザインエンジニアが語る「”BTC型人材”のつくり方」
トヨタ、メルカリ、日経新聞……。日本企業のイノベーションをデザインで支えてきた気鋭のデザインエンジニアTakramの田川欣哉氏が「”BTC型人材”のつくり方」を語る。(2019/11/20)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)

メルカリの商品、海外からも購入可能に 代理購入サービスと連携
メルカリは、日本から出品された商品を海外から購入できるサービスを開始。BEENOS子会社の代理購入サービス「Buyee」を通じ、海外在住者のニーズに応える。(2019/11/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。