ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「詐称」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「詐称」に関する情報が集まったページです。

IoTセキュリティ:
VxWorksの脆弱性「URGENT/11」が浮き彫りにしたTCP/IPスタックの“残念な実装”
20億個以上のデバイスに用いられている、ウインドリバーのRTOS「VxWorks」のTCP/IPスタック「IPnet」で発見された11個の脆弱性「URGENT/11」。URGENT/11を発見したIoTセキュリティベンダーのアーミスのリサーチャーが「Black Hat USA 2019」で講演し、URGENT/11やTCP/IPスタックの実装問題について説明した。(2019/9/26)

Microsoftが停止した理由は?
「メールセキュリティに悪影響」MicrosoftのDMARCレポート停止をNCSCが批判
MicrosoftがDMARCレポートの送信を停止したことを受け、英国立サイバーセキュリティセンターが「大きな悪影響を及ぼす」と同社を批判。DMARCレポートがなぜ重要なのか。そしてMicrosoftが停止した理由は何か。(2019/9/17)

半径300メートルのIT:
俺を忘れてもらっちゃ困るぜーー進化する「ビジネスメール詐欺」
「さすがに今更、こんな手には引っかからないだろう」という油断を突かれ、多額の被害を受ける……そんなことが起きないように、企業や業界の垣根を超えた「公衆衛生対策」が求められています。(2019/8/14)

本人情報の真偽判断にブロックチェーン活用 富士通研、「分散型ID」の信頼性向上させる新技術
富士通研究所は、オンライン取引の際、相手の本人情報の真偽を判断するためのアイデンティティ流通技術「IDYX」を開発したと発表した。ブロックチェーンを使った「分散型ID」の上に、ユーザーによる相手の評価を記録した上で、過去の取引の実態を分析し、本人情報の信用度と詐称リスクを割り出す。(2019/7/5)

ブロックチェーンで詐称を見抜く「アイデンティティー流通技術」 富士通研究所が開発
分散型IDの仕組みの上で、オンライン取引の相手が提示する本人情報の信用性を判断する。(2019/7/5)

携帯電話事業者を詐称した「スペシャルクーポンの発行」「からあげプレゼント」の詐欺メールに注意喚起
「都道府県型JPドメイン名」には特に注意しましょう。(2019/6/23)

フィッシング詐欺も過去最大規模で拡大
新手の攻撃「Roaming Mantis」「セクストーションスパム」とは?
ルーター設定を書き換え悪質サイトに誘導する「Roaming Mantis」や、ソーシャルエンジニアリングを使った脅迫メール「セクストーションスパム」など、新たに観測されたサイバー攻撃事例を取り上げる。(2019/3/22)

「警告!!パスワードの入力は数回間違いました」 iCloudかたるフィッシングメールに注意
「警告!!パスワードの入力は数回間違いました。」――こんな件名で、Appleをかたって偽のiCloudサイトにサインインするよう求めるフィッシングメールが出回っているという。(2019/3/8)

他人事ではない?
内部関係者による犯罪を防ぐ「身元調査」「リスク評価」 どう実施する?
内部関係者による脅威は企業に重大なリスクをもたらす。本稿では、内部関係者による脅威を防ぐため、身元調査とリスク評価を利用する方法を取り上げる。(2019/2/6)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
“自称AIエンジニア”を見破るには? 採用担当に伝えたい「ゴレンジャイ問題」
「AI人材の採用がうまくいかない」と感じている採用担当者は少なくないだろう。また、いざ採用しても求めていた人材と異なるというミスマッチの問題もある。どうすれば良いのだろうか。(2019/1/24)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
成功の可能性よりロマンや面白さでチャレンジしたい――ワンファイナンシャル創業者・CEO 山内奏人氏(後編)
元ハンズラボCEOの長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。後編では山内さんがどのように育ったのか、また、高校生活や将来のことを聞きました。(2019/1/9)

.NET TIPS:
電子メールを送信するには?(outlook.com編)[.NET 4.5、C#/VB]
Microsoft Graphに統合されているOutlookメールREST APIを使用して、電子メールを送信する方法を解説する。(2018/11/28)

架空世界で「認証」を知る:
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」で学ぶ”所有物認証”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第2回のテーマは「所有物認証」。(2018/10/23)

プログラマティック広告の健全性向上へ:
SSP「MicroAd COMPASS」がドメインスプーフィング攻撃の自動検知と広告停止機能を搭載
マイクロアドは、媒体社向け広告プラットフォーム「MicroAd COMPASS」において、アドフラウド対策の一環として、ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知と広告配信停止機能を搭載した。(2018/10/10)

労働問題弁護士ナビ:
会社を懲戒解雇になり得る6つのケースと、解雇された時の対処法
(2018/9/16)

半径300メートルのIT:
“注意力”だけではもう見破れない? 日本企業を狙うメール詐欺の進化
あなたが取引先や同僚とやりとりしているメールの中に、精巧に作られた“偽物”が隠れている――そう言われたら、素直に信じられますか? 日本の企業をターゲットにじわじわと広がりつつあるBEC攻撃を紹介します。(2018/9/4)

CW:送信者偽装を検知
フィッシング/なりすまし攻撃を防ぐDMARCのススメ
フィッシング詐欺に引っ掛かってしまう原因の1つが、なりすましによって信頼できる送信者であると誤認することだ。DMARCによってなりすましを防げれば、不審なメールを検知できるようになる。(2018/3/28)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
人生の異世界トラックに跳ね飛ばされた東大ラノベ作家、コミケで結界をつくる
誰かに認めて欲しかった。存在を認めて欲しかった。(2018/2/25)

ポプテピピックのクソ謎解きゲーム「竹書房壊すべし」3月スタート 4つの事件を解いて最後は竹書房を破壊
監修:キングレコード・竹書房。(2018/2/22)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(23):
「ネットワークカメラ」を活用した工場や倉庫の監視、導入前に考えるべきこと
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、オフィスや工場などで導入が進む「ネットワークカメラ」に注目し、セキュリティリスクや導入前に考えるべきポイント、そして“お役立ち資料”について紹介します。(2018/2/1)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年12月版:
ビジネスメール詐欺が現実に、取引先を偽装
2017年12月のセキュリティクラスタはメールに始まり、メールで終わりました。「Mailsploit」というメールクライアントの脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、検証サイトが公開されて実際の攻撃があったからです。既に海外では流行している「ビジネスメール詐欺(BEC)」では、とうとう国内でも大きな被害に遭った企業が現れました。セキュリティ人材では斎藤ウィリアム浩幸氏が経歴詐称のために注目を集めました。(2018/1/15)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの閲覧履歴やブックマークをPCとスマホの間で同期・共有する
PCやスマートフォンなど複数の端末でWebブラウザを使っていると、ブックマークや閲覧履歴を共有したくなりませんか? これをGoogle Chromeの「同期」と呼ばれる機能で実現する手順を解説します。(2018/7/4)

マストドンつまみ食い日記:
50万ユーザーの巨大インスタンス?
インスタンスのユーザー数ランキングを見てみると……。(2017/9/24)

キヤノンITS、メールの情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」を強化
キヤノンITソリューションズが、新バージョンの「GUARDIANWALL Mailファミリー」を発表。クラウド型メールとの連携を拡充した。(2017/9/13)

情報セキュリティの深層:
新たな脅威「ビジネスメール詐欺(BEC)」とは?
実在の組織や人物をかたったメールで従業員をだまし、サイバー犯罪者が管理する口座へ不正な送金処理をさせたり、特定の情報をだまし取ったりする「ビジネスメール詐欺(BEC)」が広がりつつあります。(2017/9/13)

警察官風のコスプレや、白バイ風のバイク改造はどこまで許される? 警視庁に聞いてみた
ケースによっては刑罰を受ける可能性も。(2017/6/19)

Google、「Chrome 59」の脆弱性を修正
「Chrome 59.0.3071.104」では5件のセキュリティ問題を修正した。(2017/6/16)

「Google Docs」を装う詐欺メールが横行、Googleが対応説明
詐欺メールの送信者は、自分の連絡先に登録されている知人や組織など信頼できる相手の名前なので、ユーザーはだまされてクリックしてしまいやすい。(2017/5/8)

電力供給サービス:
ガス自由化の営業指針、料金算定や代理販売の注意点を公表
経済産業省は2017年4月からスタートするガスの小売全面自由化に向け、ガス小売事業者向けの営業指針を発表した。料金算定の方法や契約、代理店などを利用して販売する際の注意点などをまとめている。(2017/1/31)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

ブロックチェーンの検証現場で何が起きているのか(終):
ブロックチェーン技術「Ethereum」とは何か、アプリのアーキテクチャはどう変わるのか
リクルートテクノロジーズの社内ラボで行っている、主に非金融領域に対するブロックチェーンの活用に向けたR&Dを紹介する連載。今回は、スクリプティング機能をより広汎に使える形にしたブロックチェーンの構築を目指したオープンソースソフトウェア「Ethereum」を利用し、「履歴書データベース」として実装した課程と、その結果を紹介。(2016/11/29)

「総務省共同プロジェクト」を名乗る不審なメール、日本のセキュリティ事情にも精通?
ICT-ISACから送信したかのように見せかけてランサムウェアに感染させるメール攻撃が確認された。トレンドマイクロによれば、日本を標的にした新たな攻撃活動が疑われる。(2016/11/11)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:不正侵入対策編【後編】
「無線LAN」が学校のセキュリティ対策を台無しにする“真犯人”だった?
教育機関のシステムやネットワークも攻撃者の標的になり得ることは、昨今の不正侵入事件を見れば明らかだ。そのような事態に対処するために、教育機関はどのような対策を講じればよいのか。具体策を説明する。(2016/11/10)

外務省が「メールごと削除」と注意喚起 外務省職員を詐称したウイルスメールが相次ぐ 
不審サイトへのリンク誘導も。(2016/11/6)

ペイメントカードを狙ったサイバー犯罪への処方せん【後編】
「オンライン詐欺検出システム」を購入する企業がベンダーに質問すべき3つのこと
「オンライン詐欺検出システム」は、検出方法とその対象範囲が各ツールの差別化要因となっている。自社に最適な製品を選ぶには、詐欺検出ツールの主要機能を評価することが重要だ。(2016/11/2)

ペイメントカードを狙ったサイバー犯罪への処方せん【前編】
電子商取引の犯罪被害を減らす、「オンライン詐欺検出システム」の仕組み
電子商取引が増えるとともに、サイバー犯罪の件数も増加の一途をたどっている。企業は「オンライン詐欺検出システム」を導入することで、犯罪の検出と阻止に取り組んでいる。(2016/11/1)

浜崎あゆみっていくつだっけ? 公開された自撮りが20代のそれ
“逆年齢詐称”なのでは!?(2016/10/23)

迷惑メールの猛威再び? 詐称攻撃横行への対策を呼び掛け
2016年3月頃から迷惑メールの流量が増えているという。IIJによれば、送信元を容易に詐称できてしまう状況があり、対策の実施を呼び掛けている。(2016/10/17)

BINDの脆弱性を狙う攻撃発生を確認、警察庁も注意喚起
警察庁の定点観測システムでBINDの脆弱性を抱えたシステムを狙う無差別攻撃が確認された。(2016/10/6)

徹底解説「ランサムウェア」の脅威と対策【第1回】
「ランサムウェア」は約30年前から暗躍していた? 凶悪化の歴史を振り返る
身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」が猛威を振るっている。企業への感染事例も報告されており、対策は喫緊の課題だ。これまでの変遷と併せて、ランサムウェアとは何かを詳しく見ていこう。(2016/8/2)

ブロックチェーンの検証現場で何が起きているのか(1):
アーキテクチャから考えるブロックチェーン検証3つのステップ
リクルートテクノロジーズの社内ラボで行っている、主に非金融領域に対するブロックチェーンの活用に向けたR&Dを紹介する本連載。初回は、同ラボにおけるブロックチェーンに対する見方から、その検証の全体像を紹介します。(2016/7/27)

7月29日を乗り越えろ:
いつでもWindows 10に無償アップグレードできる環境を構築する――バックアップ編
Windows 10の無償アップグレード期限は7月29日。これまで先延ばしにしてきたユーザーーにも決断の時が迫っている……が、NASを使えば決断しなくてもいいのだ。(2016/7/20)

ばらまき型メールも急増
巧妙化する標的型攻撃、“救世主”サンドボックスに突きつけられた「課題」とは?
従来、標的型攻撃に効果があるとされてきたサンドボックスソリューションに次々と課題が浮上してきた。ばらまき型など新種の攻撃が登場しているのだ。企業はどのように情報を守ればいいのか?(2016/6/30)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第1回】
どう防ぐ? 標的型攻撃:「メールの添付ファイルを開いたあと、PCが重い気がする」
中堅・中小企業を狙うサイバー攻撃は年々増加し、実被害に遭遇するケースも増えています。例えば「スピアフィッシング」による標的型攻撃は、どのように仕掛けられ、どう対策すればいいのでしょうか?(2016/6/13)

週刊ファミ通「艦これ」特集の読者投稿コーナーに「叢雲」盗用イラストが掲載され編集部が謝罪
元はニコニコ静画に投稿された画像でした。(2016/4/21)

「多部未華子の顔は10代前半」「要潤は未来人?」 キャストのうわさに沸いた映画「あやしい彼女」舞台あいさつ
イジられる出演者たち。(2016/4/4)

ショーンKはいまだに世間を欺いている
経歴詐称は、学位職位の万引き。多くの人々から、ほんのわずかの可能性を少しずつかすめ取ってきて、自分の私利私欲に資する。自分の可能性を奪われた人は、やつに奪われたことにすら気付かない。(2016/3/23)

スピン経済の歩き方:
ショーンKは本当に“いい人”なのか 嘘で成功した人たちの「共通点」
経歴詐称で世間を騒がしたショーンKを擁護する声があがっている。「いい人だ」「的確なコメントをしていた」といった意見が目立っているが、嘘で成功した人たちにはある“共通点”があるのでは。筆者の窪田氏によると……。(2016/3/22)

厚切りジェイソン「日本は学歴よりも実力で判断すべき」 ショーンK“学歴詐称”報道受けて
「学歴がなくてもしゃべる内容はしっかりしていたら、どこを基準に見ればいいのか」との疑問を受け、持論を述べました。(2016/3/20)

ショーンKさん、学歴詐称疑惑受け「プロフィールに間違い」と謝罪 活動自粛の意向
学歴詐称疑惑を指摘する記事を受け、公式Webサイトのプロフィールに「長い期間、誤りが放置された」として謝罪した。(2016/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。