ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイルビジネス活性化プラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルビジネス活性化プラン」に関する情報が集まったページです。

MVNOの深イイ話:
「端末価格と通信料金の分離」 MVNOが果たした役割は?
MNOとMVNOのビジネスモデルは異なりますが、端末販売をどのように捉えるかも大きく異なります。今回は携帯電話業界の永遠のテーマの一つでもある「端末価格と通信料金の分離」にスポットを当て、MNOとMVNOの戦略の違いを明らかにしていきます。(2018/9/15)

対応可能なものから実施:
総務省「SIMロック解除に関するガイドライン」を公表
総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」を公表した。当分の間法制化に関する検討は保留し、対応可能なものからSIMロック解除を実施するよう通信事業者に求める内容になっている。(2010/6/30)

mobidec 2008:
総務省の谷脇氏、携帯業界の“官製不況”説に反論
2008年は、端末メーカーにとって苦しい1年となった。買い替えサイクルの長期化が端末販売の不振を招き、メーカーの再編や撤退も相次いだ。こうした事態を“官製不況”とする声に総務省の谷脇氏が反論。改めてオープン化の本質について説明した。(2008/12/8)

フィルタリングでは“すべての解決”にならない――「安心ネットづくり」にキャリア3社が参画
民間主導で安全なインターネット環境の構築を目指す「安心ネットづくり」促進協議会。携帯キャリア3社のほか、ケータサイト大手2社も設立に参画し、ネットリテラシーの向上に取り組む。(2008/10/8)

6月28日〜7月4日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
7月1日、ドコモが本社受付に新ロゴを掲出し、名実ともに“新しいドコモ”としてスタートを切った。ウィルコムはARM11搭載の「WILLCOM 9」発表し、新たに「ウィルコム ガジェット」サービスを開始。日本通信は、ドコモの3G網を利用したデータ通信サービスを8月に開始すると発表した。(2008/7/7)

モバイルビジネス活性化プラン評価会議 第2回:
その先に業界の明るい未来は待っているのか──総務省の評価会議
総務省は7月1日、モバイルビジネス活性化プランの発表後、業界がどのように変わったか、どのように機能しているか評価する「モバイルビジネス活性化プラン評価会議」の第2回会合を開催した。(2008/7/2)

総務省、MCPCの「ケータイ実務検定」を後援──ケータイソムリエ試験が始動
総務省は3月31日、「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針」に基づいて、MCPCが主催する「ケータイ実務検定」を後援すると発表した。携帯電話販売員の知識レベルなどを認定する“ケータイソムリエ”試験が始動する。(2008/4/1)

モバイルビジネス活性化プラン評価会議 第1回:
“活性化プラン”でモバイル業界は変わったのか──総務省が評価会議を開催
総務省は3月6日、モバイルビジネス活性化プランの発表後、業界がどのように変わったか、どのように機能しているかを評価する会議の第1回会合を開催した。(2008/3/6)

神尾寿のMobile+Views:
携帯販売員向けの新検定試験、“ケータイソムリエ”に実効力はあるのか
総務省が1月22日に発表した「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針(案)」は、携帯販売員の新たな資格制度の創設を目指すもの。しかしこの方針案が業界に波紋を起こしている。(2008/2/6)

総務省、携帯電話販売員向け検定試験の後援方針案を発表
総務省は1月22日、民間が主催する携帯電話販売員の検定試験を後援する際の方針案を発表した。総務省の基準に合致する、携帯電話販売員の質の向上と知識の認定を目的とした試験を行う公益法人に、「総務省後援」の名義使用を認める。(2008/1/23)

神尾寿のMobile+Views:
モバイル市場活性化のために、選択肢と多様性を増やしたい──総務省 谷脇氏に聞く
携帯電話業界が大きく動いた2007年、総務省はモバイルビジネス研究会や、その後発表されたモバイルビジネス活性化プランなどを通し、モバイルビジネスを活性化するためのさまざまな活動を行ってきた。2008年、総務省はモバイル業界にどう関わっていくのだろうか。(2008/1/8)

他社に比べて、どこがどう安いのか――ドコモが新料金体系と新販売方式を改めて説明
加入初年度から基本料金を50%割り引く「ファミ割★MAX50」「ひとりでも割★50」、分離プランとして導入した「バリューコース」、全部入りの905iシリーズなど矢継ぎばやに投入したサービスや端末が好調なドコモ。販売現場を率いる営業・販売担当部長が、冬商戦の動向と、競合他社に対する強みについて改めて説明した。(2007/12/25)

神尾寿の時事日想:
ディズニーの携帯参入に見る、日本でMVNOを成功させるコツとは
2008年春から、ソフトバンクのインフラを借りる形で、ディズニーが携帯電話事業を開始する。「従来のMVNOとは違う」というそのビジネスモデルは、どこが新しく、なぜ双方にメリットがあると言えるのだろうか?(2007/11/14)

“プレミアム”と“キャラケー”で攻める──ソフトバンクモバイル孫正義氏
ソフトバンクモバイルは10月22日、2007年秋冬モデルのラインアップを発表。細部までこだわり上質感を持たせた“プレミアム”な端末と、コアなファンを狙い撃ちする“キャラケー”で、端末の魅力を訴求していく。(2007/10/24)

イー・モバイル、「モバイルビジネス活性化プラン」推進要望書を総務省に提出
イー・アクセスとイー・モバイルは、総務省が公表した「モバイルビジネス活性化プラン」の推進を求める要望書を、同省に提出した。(2007/10/19)

5分で分かる、2007年上半期のモバイル事情(後編)
2007年上半期のモバイル事情を振り返る本企画。後編では、ビジネスモデルの変化や他事業との連携について振り返る。【2007年1月から8月15日までのソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル、業界動向記事のアクセスランキング掲載】(2007/9/28)

9月15日〜9月21日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
WiMAX参入を目指すKDDIとソフトバンクが相次いで免許申請に向けた提携策を発表。総務省は、モバイルビジネスのオープン化に向けた活性化策を発表し、改革に乗り出した。(2007/9/21)

総務省、モバイルビジネスのオープン化に本腰──「活性化プラン」発表
総務省は、「モバイルビジネス研究会」の最終報告書案提出を受け、モバイルビジネスのオープン化に関する課題をまとめたプランを発表した。合わせて総務省は、通信キャリアに各種料金の明確化を進めるよう要請。また総務省内にMVNO支援相談センターを開設した。(2007/9/21)

「モバイルビジネス研究会」第10回会合:
販売奨励金分離、SIMロック解除、MVNO推進──最終報告書案を提示
総務省は9月18日、モバイルビジネスのあり方を議論する「モバイルビジネス研究会」の第10回会合を開催。最終回となる今回は、最終報告書案の内容確認を行ったほか、MVNOが活性化することによる経済効果の試算が提示された。(2007/9/19)

「モバイルビジネス研究会」第8回会合:
モバイルビジネスの変革は“段階的に、確実に”──総務省の報告書案まとまる
モバイルビジネス研究会の議論を経て、総務省がモバイルビジネスの問題点に関する解決案を盛り込んだ報告書案をまとめた。販売奨励金、MVNO、SIMロックなどの問題について段階的な施策で対応するよう通信キャリアに求めた。(2007/6/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。