ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイル仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイル仮想化」に関する情報が集まったページです。

クライアント仮想化導入企業の約6割がデジタルワークスペースを導入、経営・ビジネス課題への貢献度は4割――IDC調べ
IDC Japanがまとめた国内クライアント仮想化市場のユーザー動向調査によると、クライアント仮想化の導入済み企業の55.8%がデジタルワークスペースを導入しており、業務、用途、利用場所は拡張傾向にあった。また、経営課題、ビジネス課題へのデジタルワークスペースの貢献度は約4割にとどまった。(2018/7/18)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(3):
働き方改革から災害対策まで「閉域モバイル網」を徹底活用しよう!
連載第3回はモバイルに焦点を当てる。この数年で固定通信と比較して、モバイル向け通信の高速化と低価格化が進んだ。企業はモバイルをより多く活用する「モバイルシフト」によって、通信コストを削減できる。それだけでなく、働き方改革や災害対策にも役立つ。その際使うべきなのはインターネットに接続していない「閉域モバイル網」だ。(2018/4/23)

ブランド統合へ:
楽天のMVNO、140万回線突破 フリーテル買収で
フリーテルを買収した楽天のMVNO回線が140万を突破。(2017/11/1)

長期契約者の優遇策も刷新:
「ユーザーの予想超える」ドコモ、復活の2画面スマホ「M」など発表
NTTドコモが、2017〜18年冬春モデル発表会を開催。4年ぶりとなる“2画面スマホ”の「M Zー01K」や、長期契約者向けの新たな優遇策などを発表した。(2017/10/18)

デリバティブ損失で純利益98%減も:
ソフトバンクの1Q、大規模ファンドと復活のSprintが好調
ソフトバンクグループの2018年3月期 第1四半期(17年3〜6月)の連結決算は、売上高・営業利益がともに前年同期比を上回ったものの、中国Alibaba株のデリバティブ取引関連で巨額の損失を計上。純利益は98%減となった。(2017/8/8)

ワイモバに対抗:
携帯「サブブランド」競争激化 UQが「家族割」追随
知名度が急上昇しつつある「UQ mobile」が、「UQ 家族割」を発表。契約者数で後れを取る「Y! mobile」と料金体系をそろえて巻き返しを図る狙いがある。(2017/6/1)

「公平な競争」望む声も:
格安スマホは「サブブランド」を超えられるのか
格安SIMが携帯市場全体に占める割合は7.4%で、依然として10%未満にとどまっている。その要因は、KDDI傘下の「UQ mobile」など、キャリアのサブブランドの台頭だ。MVNOは独自色を強めて対抗しているが、さらなる発展を遂げることができるのだろうか。(2017/5/29)

グローバル事業はやや苦戦:
KDDI、16年度は増収増益 「UQ mobile」が好調
KDDIの2017年3月期の連結決算は増収増益だった。サブブランドMVNO「UQ mobile」の契約者増や、ジュピターショップチャンネルの連結子会社化などが影響した。(2017/5/11)

MM総研調査:
格安スマホの利用率は約15% 通信面の不安など課題
国内のMVNOの利用状況は?――MM総研調べ。(2017/3/23)

のんをCM起用:
「勝負をかける」LINEモバイルの自信
「LINEモバイル」のサービス開始半年間の実績や今後の展開は――? LINE子会社のLINEモバイルが3月14日発表。プロモーションを本格的に展開し、女優・タレントのんさんを起用した初CMを放送する。(2017/3/15)

Computer Weekly製品ガイド
NFVが通信事業者のWANインフラ経費削減を支援
通信事業者はネットワーク機能仮想化を通じてサービスの最適化を行っている。(2017/3/1)

革新的な変化を待つ時代でなくなった
Windowsの「仮想デスクトップ」が次のビッグウエーブにならない意外な理由
エンドユーザーコンピューティングの次の大きな波は何か。この分野に携わる人なら、誰もがここ数年にそう自問したことがあるだろう。だが、それは考えるべき正しい問題ではない。(2016/9/23)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
PR:「ビジネスのデジタル化」を推進するフラッシュストレージ、その進化とは?
「ビジネスのデジタル化」が進む今、多様化する顧客動向をいち早く把握し、ビジネスの価値を創出することが求められている。それを支えるのがデータ活用基盤。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは、フラッシュストレージに焦点を当て、その進化と活用方法を紹介した。(2016/5/31)

β版で「画面分割マルチタスク」をレビュー
徹底レビュー:iPadの後追いとは言わせない、「Android N」の“1画面2アプリ”機能を試してみた
GoogleはモバイルOS「Android」の次期バージョンである「Android N」(コードネーム)の開発者向けβ版をリリースした。その新機能の実力とは。実際に試してみた。(2016/4/9)

5つのセキュリティ課題を整理
「Android」がいまだに敬遠される最大の理由
Android端末の企業導入のハードルとなってきたセキュリティ問題。最近は関連製品の充実で現実的な解決策も見えつつある。Androidセキュリティの現状を5つの視点から整理する。(2016/2/5)

あらゆる端末で仮想モバイルアプリを使用可能に
iPhoneでWindowsアプリを実行、瞬く間に製品が増えた「VMI」の全て
仮想モバイルアプリを使えば、端末とデータのセキュリティを強化できる。これを実現するのが、先行技術のVDIとよく似たVMIだ。(2015/12/16)

J:COMがMVNOに参入 「J:COM MOBILE」スタート 自社VODアプリからの視聴は通信量カウントなし
CATV最大手のジュピターテレコムがMVNOに参入。自社VODアプリからの動画視聴をデータ通信量としてカウントせずに利用できる「J:COM MOBILE」を提供する。(2015/10/13)

VDIに必要なセキュリティ保護をチェック
「仮想デスクトップは物理PCより安全」はウソ? “VDI安全神話”を検証する
デスクトップ仮想化に関連するセキュリティの危険を過小評価するのは禁物だ。IT部門は、自社のVDI環境のあらゆる側面をマルウェアから保護する必要がある。(2015/9/3)

企業も学ぶべきデータ防衛の手法
米軍が選んだ「iPhoneにデータを残さない」ソリューション、VMIの安全性とは
仮想モバイルインフラ(VMI)は企業分野で普及の兆しが見えるが、米国防総省は以前から、仮想モバイルアプリケーションがセキュリティ強化に役立つと考えてきた。(2015/8/26)

仮想モバイルインフラ「VMI」の利点と課題
誰もが一度は思った「iPhoneでAndroidアプリを使いたい」、実は可能に
データセンターで稼働するAndroidアプリを手元の端末で操作可能にする「仮想モバイルインフラ(VMI)」。モバイルアプリ管理の在り方を根本から変える可能性がある一方、課題も少なくない。(2015/8/21)

ケイ・オプティコム、電力小売りに参入 「eo電気」
ケイ・オプティコムが電力小売りに参入する。(2015/8/3)

14年の世界携帯契約数、世界人口を上回る「75億」に
矢野経済研究所によると14年の世界の携帯電話契約数は74億9487万で、世界の人口を3.5%上回った。主流は2Gだが、3G、4Gも拡大している。(2015/6/23)

「仮想モバイルインフラ」(VMI)の不思議発見!
iPhoneから(Windows経由で)Androidアプリを動かしてみた
iPhoneからリモートで動作中のWindows PCに接続し、Androidアプリを動かせるのか? そんな一見無駄に思えることでも試してみる価値はあるようだ。(2015/6/22)

デバイスへのデータ保存なしでより安全に
iPhoneでAndroidアプリが動作、「仮想モバイルインフラ」は使いものになるか?
仮想モバイルインフラ(VMI)を使用すると、データセンターでモバイルOSをホストして、ほぼ全ての端末にOSを配信できるようになる。だが、VMIが成功するにはインターネット接続が必要など幾つかの課題がある。(2015/6/1)

MVNO向け「Xperia」、So-netから今春登場
So-netのMVNOによる通信サービスと組み合わせたXperiaが今春発売される。(2015/1/30)

「アプリ連係」の強化が急務
「スマホ向けビジネスアプリ」は3年前から進化していない
モバイル端末の導入に乗り気でない企業の多くは、投資対効果が不確実なことをその理由に挙げる。端末と比べて業務アプリの進化が遅いことが、その原因だという見方がある。(2014/12/15)

「楽天モバイル」端末拡充 IGZOスマホなど追加 激化するMVNO競争、楽天の生き残り策は
「楽天モバイル」に、IGZOディスプレイを搭載したシャープ製「AQUOS SH-M01」と、Huawei製ファブレット「Ascend Mate7」が追加。MVNO競争が激化する中、楽天グループの資産を生かして差別化していく。(2014/12/5)

CCCが携帯子会社「CCCモバイル」設立 独自スマートフォン発売へ TSUTAYA店頭販売も
CCCが子会社「CCCモバイル」を設立。来秋にMVNOに参入し、オリジナルスマートフォンを発売する。(2014/12/1)

楽天がMVNOに参入 ドコモLTEを月額1600円から「楽天モバイル」
楽天が「楽天モバイル」でMVNOに参入。ドコモLTE/音声対応SIMを月額1600円から提供する。(2014/10/29)

モバイルアプリ管理(MAM)の可能性
スマホ用“わがままアプリストア”導入のススメ
モバイルの浸透が進む中、企業のIT部門は、セキュアで使い勝手が良く、わがままの言えるアプリ管理の方法を模索している。エンタープライズアプリストアの導入やプライベートクラウドベースの活用は有力な選択肢だ。(2014/6/17)

クライアント仮想化の導入率は23.7%、DaaSが台頭
IDC調査で2013年のクライアント仮想化ソリューション市場規模は、前年比7.6%増の3826億円となった。(2014/6/12)

2013年のクライアント仮想化導入率は21.2%、金融中心に拡大
IDC Japanは、4月に実施した国内でのクライアント仮想化市場の動向に関する調査結果を発表した。(2013/7/1)

2012年のクライアント仮想化導入率は20.2%、仮想化技術の進化が市場を拡大
IDC Japanによれば、法人向けクライアント端末における仮想化導入率は20.2%となり、2017年には48.7%に到達する見通しだ。(2013/4/30)

課題解決ナビ
私物スマートフォンを業務で安全に使いたい
使い慣れた私物のスマートデバイスを業務でも利用する「BYOD」。生産性や社員の満足度向上が期待できるとされるが、情報漏えいなどのリスクも高い。私物デバイスを業務で安全に使うための製品を紹介する。(2013/3/4)

Mobile World Congress 2013:
2画面スマホ「MEDIAS W」のグローバルモデルを展示――NEC
日本での発売が待ち遠しい2画面スマホの「MEDIAS W N-05E」。MWC2013のNECブースにはドコモ版とグローバル版の2つが展示され、来場者の目を引いていた。(2013/3/1)

クラウド活用は次のフェーズに ヴイエムウェアが注目する3つの領域
ヴイエムウェアが2013年度の事業戦略を発表。顧客のクラウド利用が進みつつあることを背景に、「プライベート/ハイブリッドクラウド」「エンドユーザーコンピューティング」「Software-Defined Data Center」の3領域に注力していくという。(2013/1/29)

使い勝手に大きな課題
スマートフォンでデスクトップ仮想化を使うべきでない、これだけの理由
PC向けのアプリケーションを動かすためにスマートフォンやタブレットでデスクトップ仮想化を試す企業が増えている。だが使い勝手は良くない。企業はモバイル向けデスクトップ仮想化をどう考えるべきか。(2013/1/10)

ソフトバンクとVMwareが提供:
スマホの中に業務用と個人用の2つのOS――「モバイル仮想化」BYODソリューションの特徴とメリット
社員の私用スマートフォンを業務に利用するBYODが注目を集める中、米VMwareとソフトバンクが、仮想化技術を利用したBYODソリューションを提供する。トライアルサービスを提供中のこのサービスについて、その特徴とメリットを担当者に聞いた。(2012/12/28)

活用される仮想化技術
iPadやChromebookで利用、企業はモバイルアプリをどう構築・運用しているか
モバイルアプリケーションを社内で利用するには幾つかの方法がある。仮想化技術を使ってアプリケーションをモバイル対応させ、iPadやChromebookで利用している企業の事例を紹介する。(2012/11/26)

仮想デスクトップならぬ「仮想スマホ」も発表:
基盤からアプリまで――NECがビッグデータをサービスとして提供
NECは11月8日から開催している「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2012」に合わせ、複数の新サービスを発表している。(2012/11/8)

BYODの安全性を高める「仮想スマホ」サービスを開発、NEC
NECは、クラウド上に仮想的なスマートフォン環境を構築、利用できる「NEC Cloud Smartphone」を発売した。(2012/11/7)

VMwareとソフトバンク、モバイル仮想化技術を利用したBYOD対策を共同展開へ
ソフトバンクグループは、VMwareのモバイル仮想化技術を搭載した端末を利用してのBYODソリューションの開発に着手する。(2012/11/6)

データの安全性やユーザー体験がポイント
VMwareのCTOに聞く、モバイル戦略策定のキーポイント
モバイル仮想化製品「VMware Horizon Suite」の開発を進める米VMware。同社の最高技術責任者(CTO)に、モバイル仮想化製品の現状と、モバイル企業利用の勘所を聞いた。(2012/10/23)

現状ではセキュリティに懸念、近く市場再編も
モバイル仮想化の導入を見送るべき理由
BYODの安全性確保の特効薬とされるモバイル仮想化。ベンダーは製品の市場投入を急ぐが、導入を見送るユーザー企業も多い。背景には、製品や市場の成熟度の低さがある。(2012/9/19)

クライアント仮想化の導入に積極的なのは「金融」 IDCが先進ユーザーを調査
IDC Japanはクライアント仮想化の導入で先進的なユーザー企業の傾向を分析した。(2012/9/11)

Sky、教育支援ソフト「SKYMENU Pro」の最新版を発表
生徒の作品評価支援する機能や一般教室での授業運営を支援する機能などが強化された。(2012/4/12)

対応端末の不足が普及を妨げるとの声も
スマートフォン仮想化は私物端末管理の特効薬となるか
1台のスマートフォンで複数の環境を切り替えて利用することができる「モバイル仮想化」。私物端末の管理に役立つという評価がある一方で、対応端末の少なさが普及のネックとなるという声もある。(2012/3/2)

VMwareとLG Electronics、企業向けモバイル仮想化で提携
企業の従業員が私物のスマートフォンに会社のアカウントを追加できる仮想化技術を共同で開発し、2011年には製品を発売するとしている。(2010/12/8)

有料アプリに集まる期待:
市場に期待するAndroid開発者たち
Google Android携帯用アプリケーションの開発者は、競合するApple iPhoneアプリの開発を継続しながら、拡大するAndroidの顧客需要に対応するための取り組みを加速させている。(2009/2/23)

Linux携帯の標準化目指す「LiPS」設立
LiPSの目標は、全メーカーのLinux携帯と互換性のあるアプリケーションを構築できるAPIを開発することだ。最初のLiPSデバイスは2007年に市場に登場する。(IDG)(2005/11/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。