ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モラル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モラル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「AIと倫理は経営課題」弁護士が警鐘 「日本企業はもっと真剣に取り組むべき」
「AIと倫理について考えることは、企業の経営課題である」――AIに詳しい三部弁護士の見解は。(2019/5/20)

上野千鶴子さんの祝辞を読み解く 「女性」の魂を折らない社会と、「通俗道徳」へのカウンター
どのようなメッセージだったのか。(2019/4/15)

EU、「信頼できるAI」へ倫理指針
欧州委員会は8日、人工知能(AI)の活用に向けた「倫理指針」を公表した。人間を主体とした「信頼できるAI」を掲げ、その実現のための7項目の要件を提示した。EUはAI開発で米国と中国に遅れるが、世界的なルールづくりで主導したい考えだ。(2019/4/10)

Googleさん:
GoogleはAI倫理の多様性のために「多様性の敵」を取り入れるべきか
AIの先端を行くGoogleが、自社のAIの取り組みについて監視・アドバイスしてもらう第三者諮問委員会を立ち上げ、わずか10日後に解散。何があったのか。(2019/4/7)

Google、AI倫理諮問委員会「ATEAC」解散 メンバーに問題ありとの反対を受け
Googleが、AI倫理原則順守目的として3月末に立ち上げた外部諮問委員会ATEACを早々に解散する。メンバーとして反LGBTQ発言を繰り返す保守系シンクタンクの所長やかつて米軍からドローンの仕事を請け負った企業のCEOを指名したことに内外からの批判が高まっていた。(2019/4/5)

GoogleのAI諮問委員会ATEACに「待った」 反LGBTQなメンバー除名の署名運動
GoogleがAI倫理を守る目的で立ち上げた諮問委員会ATEACのメンバーとして、保守系シンクタンクの所長を指名したのは不適切だとして、Google従業員有志が除名を求める署名運動を開始した。(2019/4/2)

Google、AI倫理原則のための外部諮問委員会「ATEAC」立ち上げ
Googleが、昨年6月に発表したAI倫理原則を企業として順守するための外部諮問委員会を立ち上げた。年に4回会議を開催し、成果は報告書として一般公開する計画だ。(2019/3/27)

【激動ヨーロッパ】「信頼できるAI」へ EU、ルール作りで主導狙う
欧州連合が人工知能活用に関する「倫理指針」策定を急いでいる。(2019/2/28)

「Facebookは故意にプライバシー保護と競争防止の両方の法律に違反した」──英議会
Facebookの商習慣を18カ月にわたって調査してきた英議会下院の委員会が、同社が故意にプライバシー保護と競争防止の両方の法律に違反したという結論に達し、ネット企業に対する強制力のある倫理規定が必要と主張した。(2019/2/19)

没後87年以上:
不祥事続き、GAFAが誕生しない日本の処方箋 渋沢栄一に学ぶ
経営トップの逮捕や品質管理問題など、日本企業のガバナンスの欠如やモラルを疑う事件や問題が後を絶たない。政府統計の不適切調査や不祥事の隠蔽もそうだし、日本でGAFA(ガーファ)といわれる先進IT企業が誕生しないことを憂う声も強い。こうした中で、日本の「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一氏(1840〜1931年)が脚光を浴びている。没後87年以上、渋沢栄一に学ぶものは何か――。(2019/2/12)

ファーウェイ、日経新聞とテレ東の報道に「見解」 遺憾の意を表明
ファーウェイ・ジャパンが、日本経済新聞とテレビ東京が2018年12月に掲載・放送した記事・報道について声明を発表。遺憾の意を表明し、両社に抗議文を送付したことを明らかにした。テレビ東京の放送については、BPO(放送倫理・番組向上機構)に対する申し入れも行ったという。(2019/1/17)

政府、「人間中心」AIの7原則 国際ルール作り主導へ
政府は13日、高齢化や人手不足など国家的な課題解決に向けた人工知能(AI)の活用に関する7つの基本原則を決めた。倫理面でのあり方が課題になっている現状を踏まえ、AIが基本的人権を侵さない「人間中心の原則」を柱に据えた。(2018/12/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国発「遺伝子操作ベビー」の衝撃 “禁じ手”を使った人類の未来
中国の研究者がゲノム編集した子供を誕生させたと主張し、大きな物議を醸している。「デザイナー・ベビー」については倫理的な批判が大きく、技術が乱用される危険性もある。「禁じ手」として可能性を排除するべきなのか。世界規模で議論が加速しそうだ。(2018/12/6)

今日のリサーチ:
AIで結果が出ている企業とそうでない企業、「倫理観」の認識で大きなギャップ――SASなど調査
企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明しました。(2018/11/1)

ハロウィーン仮装でエアガンの取り扱いに気をつけて 老舗メーカーの東京マルイが注意喚起
公共道徳とイベントのルールを守るよう呼びかけています。(2018/10/25)

Googleの従業員、中国での“検閲版”検索サービス「Dragonfly」反対署名運動
Googleが中国での“検閲版”検索サービスを秘密裏に進めているという報道を受け、同社従業員が幹部の倫理を問う署名運動を展開。1400人以上が署名したとNew York Timesが報じた。(2018/8/17)

「ファンミーティングでプロの乳首をつねらないで」異例の苦言が飛び出す 問われるe-Sportsファンのモラル
なんでそんなことしたん……。(2018/8/7)

「しっかりと倫理を学び直したいと」 宮崎謙介、「踊る!さんま御殿!!」から贈られた“倫理的な何か”に襟を正す
ちゃんともらえるんですね。(2018/8/2)

IntelのクルザニッチCEOが辞任──企業倫理に反する従業員との関係で
Intelのたたき上げCEO、ブライアン・クルザニッチ氏が辞任する。社内恋愛を禁じる企業倫理要綱に反したため。後任を探す間、CFO(最高財務責任者)が暫定CEOを務める。(2018/6/22)

Google、「AIの倫理原則」を公開 武器など人に危害を加える利用はしないと約束
米国防総省とのAI技術関連契約で社内外から批判されているGoogleが、AIに関する倫理原則を発表した。武器など人に危害を与える技術にAIを使わないとしており、ピチャイCEOは「これはコンセプトではなく具体的な基準だ」と語った。(2018/6/8)

高度なAIの前で人間は「責任」を取れるのか? 「自動運転車による死亡事故」が投げかけるもの
法律でも、倫理でもないもの。(2018/5/27)

AIには「信頼」が必要――Microsoft、AIの開発・活用で重視すべき「6つの倫理的要件」を発表
Microsoftが、AIの開発と活用で重視すべき「6つの倫理的要件」を発表。急速に開発が進むAIは、一方で信頼と倫理に関する複雑な問題を提起すると指摘。その疑念を払拭し、人間がAIの恩恵を最大限に享受するには「6つの倫理的要件」が重要だとしている。(2018/4/24)

マイクロソフトが考える、AI開発に必要な「6つの倫理的条件」とは
日本マイクロソフトは、AIの開発と活用において重視すべき6つの倫理的用件を発表した。(2018/4/24)

技術面の解決をする前にすべきこと
AIをビジネスに活用するための5つの難題
人工知能(AI)のビジネスを成功に導く鍵は、最高の採用担当者、信頼を生む組織構造、そして企業倫理への配慮だ。(2018/4/11)

Facebookデータの不正利用
Cambridge Analytica報道が物語るデータ収集の教訓
データ分析企業のCambridge AnalyticaによるFacebookデータの不正利用が明るみに出た。今後は、企業による倫理的配慮に基づくデータ収集がますます重要になるだろう。(2018/4/5)

ニーチェもカントもイケメンに 倫理のノートに自分でさし絵を描き込む受験勉強法が楽しそう
時間をかけてていねいに取り組んだ結果うまく頭に入り、センター試験の結果も上々だったそうです。(2018/2/16)

日本テレビもAmazonオリジナルドラマ「チェイス」に抗議文 「倫理的にも著作権法的な見地からも到底看過できません」
2009年から2010年にかけ放送された「北関東連続女児殺害・行方不明事件」報道に内容が類似していると指摘。(2018/2/2)

目立つからって、勝手に撮影して良いわけじゃない ロリータ服ならではのつらさを訴えた漫画に共感の声
「モラルとかマナー以前の問題」という声も。(2018/1/19)

TBS「ビビット」に「放送倫理違反」の判断 ホームレス取材で不適切な表現
番組内でホームレス男性を「犬男爵」「人間の皮をかぶった化物」と呼ぶなどしていました。(2017/10/5)

米連邦政府、「ロシア政府とつながりのある」Kaspersky製品を全機関から締め出しへ
米国土安全保障省(DHS)が連邦政府の全庁省に対し、ロシアのセキュリティ大手Kaspersky Labの製品利用を停止するよう命じた。Kasperskyの従業員とロシア政府の諜報機関とのつながりを懸念しているという。Kasperskyはこれに対し、いかなる政府とも非倫理的なつながりはないと主張した。(2017/9/14)

「FF15」の田畑氏がPC版を語る上で切り離せない「ヌードMod」について言及 「ユーザーのモラルに任せたい」
(2017/8/26)

来年度「道徳」の教科書の表紙が話題に 元ジブリアニメーターで現在スタジオコロリドの新井監督が手掛ける
これは小学生がうらやましい。(2017/7/1)

迷惑撮影が原因でディズニーリゾートの建物が工事に? ウワサの真偽をオリエンタルランドに聞いた
モラルをもって楽しい1日に。(2017/6/26)

論文でpixivのR-18小説を「わいせつ表現」として引用、作者名も公開 モラル欠く“さらし上げ”と批判殺到
ピクシブも論文の発表元へ、対象ユーザーとの問題解決を要請しました。(2017/5/25)

NEC:
「データ流通戦略室」を新設――パーソナルデータの利活用に向けて
NECは、パーソナルデータなどのデータ流通/利活用に関し、法制度や倫理、生活者の受容性などの観点から社内をけん引する組織「データ流通戦略室」を新設した。(2017/4/28)

製造マネジメントニュース:
パーソナルデータの利活用に関して社内をけん引する組織を新設
NECは、2017年4月1日付で「データ流通戦略室」を新設した。AI/IoT時代のデータ流通/利活用に関して、法制度や倫理、生活者の受容性などの観点から戦略や企画を立案し、社内をけん引していく組織となる。(2017/4/18)

人工知能学会、倫理指針を策定 「人類への貢献」「安全性」など全9条で研究者の職業倫理をあらためて表明
「当たり前のことをきちんと表明することこそが重要」とのコメントも。(2017/3/8)

「真・女神転生」の“マーラ様”フィギュアがグッスマから登場 倫理的に大丈夫か不安になるレベルの再現度
大丈夫、アレじゃなくて魔神だからきっと大丈夫。(2017/2/20)

「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
2人の情報提供者に詳しく話を聞きました。(2017/1/23)

セキュリティの意識や倫理観は低下するばかり――IPA調べ
IPAが毎年実施している情報セキュリティの意識調査によれば、SNS利用やパスワード設定などの項目で利用者の意識が低下している。(2016/12/20)

STORIA法律事務所ブログ:
「WELQ」はアウトか? セーフか? DeNAの責任は? 著作権法の観点から弁護士が分析してみた
WELQをはじめとした「まとめサイト」の問題は、倫理面や法律面が複雑に絡み合っている。WELQの「リライト」は、著作権法の観点からアウトか、セーフか。著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2016/12/21)

必要なのは、技術的な知見と「あれ、おかしいな」と気付く感性:
千葉大学、学生対象の「セキュリティバグ発見コンテスト」を開催 「きちんと伝える力」を備えたセキュリティ人材の育成に向け
千葉大学が、セキュリティ人材の育成を目的とした「セキュリティバグハンティングコンテスト」を実施する。技術と法律/倫理面で講習を受けた学生に「ライセンス」を与え、実際の大学システムに存在する脆弱性を発見してもらう。独自のルールや仕組みの下で行われる学生向けバグバウンティは国内の大学として初の試みという。(2016/12/16)

イニシアチブを始動:
倫理観に基づくAI規格の策定へ、IEEEが始動
IEEEが、AI(人工知能)を活用したシステムの設計プロセスに倫理観を取り入れることを掲げたイニシアチブを立ち上げた。エンジニアからだけでなく、ビジネスマンや弁護士、経済学者、哲学者からも広く意見を求めている。(2016/12/16)

映像加工で出演者を「脱落」扱いにしていた「ピラミッド・ダービー」にBPOが意見書公表 「放送倫理違反と判断する」
「独走感があって盛り上がらない」と編集を指示。(2016/12/6)

今治市の“怖すぎる滑り台”が使用再開へ 新たな看板で“大人”へのモラルを問う
安全第一。楽しく滑りましょう。(2016/10/13)

BPO「放送倫理上重大な問題があった」 2014年放送の世田谷一家殺害事件特番
元FBI捜査官に賛同しているかのような恣意的な編集が行われていました。(2016/9/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
どこが違うのか クルマと鉄道の「自動運転」
自動車の自動運転技術が進化している。先日の自動運転車の死亡事故は残念だけど、技術だけではなく、法整備や倫理観へ議論を進めるきっかけとなった。ところで、鉄道の自動運転を振り返ると、半世紀以上の歴史があるにもかかわらず関連法では「特例扱い」のままだ。鉄道の自動運転は、長年にわたって築かれた安全技術の上に成立しているからだ。(2016/7/15)

AI研究の「倫理」どうする? 人工知能学会、倫理綱領を策定へ
AI研究の倫理はどうあるべきか――人工知能学会は、AIの研究者・開発者が守るべき倫理綱領の素案を公表した。(2016/6/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
こんなに違う一流と二流
気づかいは、人間的、道徳的にすぐれていることではなく、利益を生み出し、きわめて効率のいいこと。一流のふるまい方とは。(2016/5/19)

フジテレビのバラエティー番組「カスペ」に、BPOから「放送倫理上問題あり」との判断
フジテレビは「あなたの知るかもしれない世界6」内の企画コーナーに関して、この放送の取材に応じた男性から申し立てを受けていた。(2016/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。