ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nokia N82」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nokia N82」に関する情報が集まったページです。

パンツになって戦う衝撃作「パンティパーティー」まさかのNintendo Switch移植決定 4人対戦に対応
待望のSwitch降臨。(2019/1/7)

カールツァイスレンズ搭載Nokiaスマートフォン、復活へ
Nokiaブランドを保有するHMD Globalと独光学技術企業ZEISSが複数年の独占的提携を結んだ。Nokiaブランドのスマートフォンに、カールツァイスのレンズが戻ってくる。(2017/7/7)

ノキア製のSoftBank 3G携帯電話が電波利用の制度改正で一部利用不可に――12月1日から
電波利用に関する制度改正に伴い、ノキア製のSoftBank 3G携帯電話の一部が12月1日から通話・通信不可となる。(2015/3/3)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
Windows Phone、Symbian、BlackBerry――日本から消えたスマホOSから何が見える?
国内のスマートフォン市場は現在、iPhoneとAndroidの2大勢力が市場を支配している。だが以前は、もっとさまざまな種類のスマートフォン OSが市場に流通していた。それらはなぜ日本から消えたのだろうか。(2014/5/7)

App Town ナビゲーション:
iPhone向けの「NAVITIME」アプリが再登場
ナビタイムジャパンが4月20日、iPhone 3G/3GS向けのナビアプリ「NAVITIME for iPhone」をリリースした。地図検索や乗換案内は無料で利用可能。トータルナビなどは有料会員登録をする必要がある。(2010/4/20)

自動で楽に使えます:
NVIDIA、GPUとIGPを自動で切り替える「NVIDIA Optimus Technology」発表
NVIDIAは、ユーザーが意識することなくパワフルなGPUと省電力な統合型グラフィックスコアを使い分けるノートPC向けの新しいグラフィックス技術を発表した。(2010/2/10)

携帯電話を拡大鏡にする「Nokia Magnifier」
老眼鏡を忘れても、「Nokia Magnifier」を搭載した携帯があれば、細かい字を読むことができる。(2009/2/19)

山根康宏の香港ケータイ「マニア買い」:
第1回 この冬イチオシ、Nokiaファン必買!「Nokia 5800 XpressMusic」──3980香港ドル=約4万7000円
香港に在住し、年間100台ものケータイを買ってしまうほどの”ケータイ大好き!”な筆者が、思わず買ってしまった海外ケータイの中から選りすぐりの1台をピックアップする。第1回目は「Nokia 5800 XpressMusic」を紹介しよう。(2009/1/6)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター坪山編):
「さよなら」があまりに惜しいNokia
国内外を問わず、メーカーが携帯事業の再編や撤退を決断した2008年。インセンティブモデルの問題を解決する割賦販売は根付いたものの、買い変えサイクルが伸びて端末販売は鈍化。コストダウンを目指した端末は没個性化が進んでしまった。(2008/12/31)

携帯販売ランキング(12月8日〜12月14日):
順位の変動、やや穏やかに──総合ランキングは9割がドコモ端末
2008年の携帯冬商戦が始まり、各キャリアの新機種は順当に上位を占めている。ただ、新機種の人気傾向が次第にはっきりしてきたため、動きは少し落ち着いてきた。今回はどの機種が首位か、早速販売ランキングの結果をチェックしていこう。(2008/12/19)

11月29日〜12月5日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
TCAが11月の契約数を発表。純増トップはソフトバンクモバイルが獲得したものの、イー・モバイルとドコモも健闘した。KDDIはLTE導入を正式に発表し、富裕層をターゲットとする英VERTUは2月にMVNOで日本市場に参入することを明らかにした。(2008/12/8)

ソフトバンクも「Nokia E71」を発売せず――ノキア日本撤退の影響
ノキアの日本撤退を受けソフトバンクモバイルは、12月中旬以降の販売開始を予定していたノキア製スマートフォン「Nokia E71」の発売を中止する。E71については、ドコモも発売を中止している。(2008/12/5)

ドコモ、ノキア製スマートフォン「Nokia E71」を発売中止
ノキアの日本市場撤退を受け、NTTドコモは2008年冬モデルとして発表した「Nokia E71」の発売を中止する。(2008/12/1)

11月22日〜11月28日:
5分で分かる今週のモバイル事情
Nokiaが日本向け端末の開発と販売を打ち切ると発表。ドコモはオンラインショップで機種変更向け端末の販売を開始する。KDDIは端末販売の強化に向け、支援を強化する模様だ。(2008/12/1)

携帯販売ランキング(11月17日〜11月23日):
冬の新機種、ランキング上位を独占──ドコモは「F-01A」が首位
各キャリアの2008年冬商戦モデルが大量に発売された11月の第4週。期待どおり、販売ランキングの順位は大きく入れ替わった。今回はドコモが4機種、auが2機種、ソフトバンクモバイルとイー・モバイルが1機種ずつ初登場のモデルがランクインしたが、この中で何が人気だったのか。早速、今回のランキングをチェックしていこう。(2008/11/28)

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」発売――新規の実質負担額は5万円台前半
ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」と「Nokia N82」が発売された。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格がAQUOSケータイ FULLTOUCH 931SHは月々2180円、Nokia N82は月々680円と案内されていた。(2008/11/28)

ノキア、日本向け端末の販売を終了――Vertu事業は継続
ノキアは11月27日、日本市場向け端末の開発と販売を打ち切ると発表した。高級携帯ブランドVertuの販売やグローバルR&D、ソーシング事業は継続する。(2008/11/27)

ソフトバンク、「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」「Nokia N82」を11月28日に発売
ソフトバンクモバイルが、全面タッチパネル採用のハイエンドモデル「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」と、カールツァイスレンズの5Mカメラを採用した「Nokia N82」を11月28日から販売すると発表した。(2008/11/26)

バイヤーズガイド:
2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(ヘッドセット編)
日本のケータイでも対応機種が爆発的に増えてきたBluetooth。Bluetoothはハンズフリーで通話できる基本機能に加えて、ワイヤレスの音楽再生やワンセグ視聴も行える特徴があり、この便利さは一度使うと手放せなくなる。今回は、数あるBluetooth製品の中から「初めてBluetoothケータイを購入したユーザー」に向くハンズフリー機器を紹介していこう。(2008/11/20)

Weekly Access Top10:
Windowsケータイに付属する「Outlook」は試用版というワナ
購入検討の「Touch Diamond」「Touch Pro」を横目でにらみつつ、“母艦”にするつもりで「Eee PC」を購入した。もちろんOfficeが入っていないので、端末の同期にはOutlookが別途必要となるのだが。(2008/11/13)

ソフトバンクモバイル2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ソフトバンクモバイルが10月30日に発表した2008年冬モデルは全16機種。3.8インチHXGA液晶搭載のフルタッチスライド「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」、OMNIA日本モデル「930SC OMNIA」、8M CCDカメラ搭載搭載の「930SH」から、HTCのTouchシリーズ、Nokia端末など多彩な機種が登場。このソフトバンク冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

写真で解説する「Nokia N82」
ノキアの「Nokia N82」はカールツァイスレンズ+キセノンフラッシュ搭載の500万画素カメラを搭載し、エンターテイメント機能に大きくフォーカスしたコンパクトな“ヨーロピアンデザイン”のストレート端末。ソフトバンクモバイルの型番ではなくノキアオリジナルの型番で展開するが「X02NK」に通じる高い機能を備える。(2008/11/11)

写真で解説する「Nokia E71」
「Nokia E71」は小型のQWERTYキーボードを備えた幅広タイプのストレート型端末。ソフトバンクモバイル端末としては法人向けに販売された「X01NK」の後継モデル。薄く小型になり、新たにカメラやGPS、HSDPAに対応した。Xシリーズの料金プランを利用できSIMロックもかけられているが、ソフトバンクロゴはなく、Nokiaブランドの型番のまま発売する。(2008/11/11)

神尾寿のMobile+Views:
2008年冬モデルから読み解く、キャリアの携帯戦略――ソフトバンクモバイル編
携帯電話市場が転換期を迎える中、2008年の冬商戦向けモデルは、各キャリアが今後の戦略をかいま見せた点でも注目が集まる。auに続き、ソフトバンクモバイルのビジョンを、端末ラインアップから探っていこう。(2008/11/6)

神尾寿の時事日想・特別編:
日本のケータイ市場にじわりと浸透。存在感を増す海外メーカー
ソフトバンクモバイルが冬商戦のハイエンドモデルラインアップに台湾・HTCや韓国・Samsung電子のスマートフォンを加えるなど、各キャリアが海外メーカー製ケータイを採用する例が増えている。その背景には、販売奨励金制度の見直しやユーザーニーズの変化などで、日本市場に海外メーカーが参入しやすくなっていることがあるだろう。(2008/11/5)

神尾寿のMobile+Views:
2008年冬モデルから読み解く、キャリアの携帯戦略――au編
10月27日のauの発表会を皮切りに、携帯電話キャリア各社が相次いで冬モデルの発表を開始した。携帯市場が転換期を迎える中、各キャリアが“次世代ケータイ”のあり方をかいま見せる端末やサービスを投入しているが、その市場訴求力はどの程度なのか。まずはauのラインアップについて見ていこう。(2008/11/4)

10月25日〜10月30日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
au、ウィルコム、ディズニー・モバイル、ソフトバンクモバイルが秋冬モデルを発表した。発表会を目前に控えたドコモは、新ドコモ宣言を次のフェーズに進める成長戦略を発表。また、携帯電話関連のメーカー、通信キャリア各社が中間決算を発表した。(2008/11/4)

Touch ProやNokia E71などスマートフォンも4機種登場:
ソフトバンクモバイル、2008年冬モデル16機種発表――3.8インチスライドAQUOSや8M CCDカメラ搭載、日本版「OMNIA」、初のカシオ端末など
ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。(2008/10/30)

カールツァイスレンズ+キセノンフラッシュの5Mカメラ、無線LANやGPS、mixi投稿にも対応──「Nokia N82」
ノキア製の「Nokia N82」は、小型ストレートボディにハイエンドクラスのデジカメ機能を搭載するワールドワイドモデル。カールツァイスレンズやキセノンフラッシュなどのカメラ機能に加え、写真のSNS投稿やテレビ出力、YouTubeの動画再生、無線LANやGPSなどにも対応する。(2008/10/30)

Nokia、モバイルゲームサービス「N-Gage」立ち上げ
「N-Gage」では、EAのスポーツゲームやGluの提供するポーカーゲームなどが楽しめるほか、今後はテトリス、Simsなども追加される予定だ。(2008/4/8)

Mobile World Congress 2008:
“Ovi”を軸にした、Nokiaのサービス&ソフトウェア戦略
インターネットポータルブランド“Ovi”を軸に、現在Nokiaが特に注力すること──それが「サービス」。YahooやGoogleらが積極的にモバイル分野へ進出する中、Nokiaの戦略は。Nokia サービス&ソフトウェア事業部 プロダクトマーケティング担当副社長のレン・プライヤー氏に話を聞いた。(2008/2/21)

視覚障害者向けの携帯電話ソフトが登場
視覚障害者を対象とした新ソフト搭載の携帯電話では、撮影した文書を音声変換してくれる。(2008/1/29)

ITmediaスタッフが選ぶ、2007年の“注目ケータイ”(ライター山根編):
ブランドケータイに“両面”ケータイ、海外モデルは個性派ぞろい
 2007年、大手5社が海外で発売した端末はざっと数えても150機種を超える。これに中小メーカーやHTCなどのスマートフォンを加えればその数は倍以上になるだろう。それらの中から3機種をピックアップしてみた。(2007/12/27)

Nokia、モバイル向けインターネットラジオサービスを開始
サービスは、Nokia Nseriesの端末などで利用可能。(2007/12/4)

Nokia、500万画素カメラとWi-Fi搭載の「N82」発表
N82はCarl Zeissレンズとキセノンフラッシュ付き500万画素カメラを搭載する。(2007/11/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。