ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「Nano-ITX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nano-ITX」に関する情報が集まったページです。

PC USER 週間ベスト10:
国内販売が迫る「Surface Pro 3」の実力は?(2014年6月23日〜6月29日)
今回のアクセスランキングは、Surface Pro 3やXperia Z2 Tabletの実機リポート、オフィス用の無線LAN AP選び、PCパーツの新入荷情報、個性的なPC製品レビューなどがトップ10入り。(2014/6/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
Androidを“DIY”しようぜ――Android 4.2搭載のNano-ITXマザーが登場
Android 4.2インストール済みのNano-ITXマザーボード「NI-R3188」が話題を集めている。自作パソコンで培ったスキルを思い切り投入できる独特の魅力がある。(2014/6/23)

イマドキのイタモノ:
初春に、NUCを「何に使って、どう自作するか」を考えてみた
年初めのイマイタレビューは、2013年に大きな流れとなる“かも”しれない、超コンパクトな次世代フォームファクタだ。自作PCにとって「いい燃料」となるか? (2013/1/7)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“限界突破”を連発した9月のアキバ
9月のアキバは、DDR3の値下がりが加速する中で1枚8Gバイトのメモリが出回ったり、統合プロセッサ「Llano」でTDP 100ワットを大幅に切る低消費電力モデルが登場したりと、従来の限界を越える目玉パーツがみられた。(2011/10/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「昔ながらの小型好きなら、迷わずnano-ITXっす」――nano-ITXサイズのFusionマザーが登場!
流行の移り変わりが激しいmini-ITXだが、半年前から好調に売れていたFusionマザーすらすでに人気は落ち着いているらしい。これからの小型PCに求められるのは、省エネ? 価格? 性能? あるいはさらなる省スペース性?(2011/9/26)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(1)
組み込み機器にも意外と「入ってる!」 PCプラットフォーム
x86といえばPCを連想する読者が多いだろうし、その認識は間違っていない。しかし、組み込み分野でも多く活用されていることをご存じだろうか。活用事例とほかのプロセッサとの差別化要因を解説する。(2009/1/28)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

COMPUTEX TAIPEI 2007:
小間物ブースで見かけた「ちょっとちょっと」なブツ
マザーボートもグラフィックスカードもローンチイベントもいいけれど、“TAIPEI”にきたらこれを見ずには帰れない。(2007/6/9)

VIA、10×7.2センチの小型マザーボード発表
Pico-ITXフォームファクタ採用のマザーボード「VT6047」を発表した。(2007/4/21)

アキバでお目見え、Nano-ITXケース――SilverStone製品展示会レポート
mini-ITX規格よりさらに小型のNano-ITXフォームファクタ製品、AVアンプ風デザインに、リモコンとVFD付きのPCケース、マザーを逆さに設置し冷却効果を高めているというケースなど、SilverStone製品展示会がアキバで開催されている。(2004/9/24)

VIA、ハードアクセラレート機能加えたLinuxメディアプレーヤー発表
(2004/8/27)

VIA、COMPUTEXで家電向けの一連の製品披露へ
VIA TechnologiesはCOMPUTEX 2004で、家電向けのマザーボード「EPIA SP」を披露する。EPIA SPはVIA初のMini-ITX(17×17センチ)マザーボード。7〜9月期の初めに出荷予定。(IDG)(2004/5/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。