ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Open Handset Alliance」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Open Handset Alliance」に関する情報が集まったページです。

ベッキー、デビュー20周年で“おはガール”時代の写真公開 「これからも一歩ずつ前進します」
中学生だったっけ。(2018/12/3)

GoogleのAR技術「Tango」を活用:
KDDI、AR空間で女子大生AIキャラクターと対話できるシステムを発表
KDDIは、自社のスマートフォン向けAI搭載型音声アシスタント「レナ」をAR化すると発表した。利用者は、AR空間で目に見えるキャラクターとして、レナとの会話が可能になる。(2017/10/3)

天野くん、大変だよ! キャイ〜ンとDEENがまさかの新ユニット「KYADEEN(キャディ〜ン)」結成!
ラジオ番組での口約束から結成が実現。(2016/9/27)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(1):
スマホ台頭の陰で地位を失った“日の丸半導体”
これから10年先の半導体業界はどうなっているのだろうか――。過去10年に起こった半導体業界の変化を、スマートフォンやテレビといったキラーアプリケーションの解剖を通じて探りながら、次の10年のトレンドを連載で探っていく。第1回は、日本の半導体メーカーが世界市場でどのように地位を失っていったのか、その過程を見ていく。(2016/1/21)

知財専門家が見る「アップルVSサムスン特許訴訟」(2):
サムスンを縛ったFRAND宣言とスマートフォンOSの覇権争い
知財専門家がアップルとサムスン電子のスマートフォンに関する知財訴訟の内容を振り返り「争う根幹に何があったのか」を探る本連載。第2回では、訴訟の重要なポイントとなったサムスン電子のFRAND宣言と、スマートフォン基本ソフト(OS)の動向について解説します。(2014/11/17)

NVIDIA ADAS and Auto Partner Program シニアマネジャー Geoff Ballew氏:
Androidと自動車の橋渡しを、NVIDIAがOAAで果たす役割
2014年1月、自動車へのAndroidプラットフォームの統合を目指す業界団体「Open Automotive Alliance(OAA)」が発足した。OAAで唯一のプロセッサベンダーとして参加しているのがNVIDIAだ。同社のオートモーティブ関連事業でシニアマネジャーを務めるGeoff Ballew氏に、OAAでの活動や、1月に発表したばかりの最新モバイルプロセッサ「Tegra K1」について話を聞いた。(2014/2/17)

Windowsネットワーク管理者のためのAndroid活用入門:
第1回 ユーザーとしてではなく、管理者として知っておくべきAndroid
個人利用から普及したAndroid端末も、仕事にどう役立てるか、という時代を迎えている。でも管理者なら活用方法のみならず、リスクも知っておくべきだろう。まずはAndroidを仕事で使ううえでの注意点を中心に解説する。(2013/2/20)

AmazonもGoogle Maps離れ 「Amazon Maps API」を発表
Amazonが、Kindle FireおよびKindle Fire HD向けアプリ開発者向けに、Google Maps APIに代わる独自APIの提供を開始した。(2012/9/18)

AcerのAliyun端末発表延期についてGoogleがコメント
Googleが、OHAのメンバーであるAcerが“Androidの非互換バージョンであるAlibabaのAliyun OS”搭載端末を販売するのはAndroidエコシステムの不利益になるとして、新端末の発表に反対したことを認めた。(2012/9/16)

金山二郎のAndroid Watch(3):
「IceCreamSandwich」はAndroidの将来を照らす光明となるか
金山二郎のAndroid Watchの第3回。2011年はAndroidにとって混迷を極めた1年であったといえる。そんな中、さまざまな不安を吹き飛ばす存在として、待望の「IceCreamSandwich(Android 4.x)」が登場した。今回は激動の2011年を振り返るとともに、ICSの全体像を踏まえた上で、2012年のAndroidの展望を占う。(2012/1/13)

金山二郎のAndroid Watch(2):
Androidの成長と課題、その劇的な道のり
金山二郎のAndroid Watchの第2回。Android回想の後半に当たる今回は、いよいよ登場したAndroidがたどった“道のり”について紹介。それは決して順風満帆なものではなかった!!(2011/11/24)

Androidセキュリティの今、これから(3):
ビジネス用途で活用する際の注意点
爆発的な勢いで普及し始めたAndroid端末は、大きなポテンシャルを秘める一方で、セキュリティという課題にも直面しています。この連載では一般ユーザー、ビジネスユーザーと、あらゆるAndroidユーザーを対象に、Androidのセキュリティについて解説していきます。(編集部)(2011/8/30)

ビジネスニュース:
GoogleがMotorola Mobilityを125億米ドルで買収
GoogleがMotorola Mobilityを125億米ドルで買収すると発表した。GoogleはAndroidのエコシステムを強化し、Androidに対する特許攻撃の対抗策をとる構えだ。(2011/8/16)

Intel、モバイル関連の新興企業6社に計2600万ドル出資
Intelは、NFC関連技術のSecureKey Technologiesや位置情報アプリツールのCloudMadeなど、モバイルプラットフォーム向け関連技術企業6社に出資する。(2011/2/15)

ACCESS、Androidアプリ群「NetFront Life」を発表――まずはブラウザやホーム画面を提供
ACCESSがAndroidスマートフォン向けのアプリケーションラインアップ「NetFront Life」シリーズを発表。第1弾のBrowser、Screen、DocumentsとGraffitiの4タイトルがAndroidマーケットから入手できる。(2010/11/15)

せかにゅ:
Android新版「Gingerbread」、11日登場のうわさ
Androidの次期バージョン「Gingerbread」のリリース時期について新たなうわさが流れている。Googleケータイ「Nexus Two」が製造上の問題で発表が延期になったとの報道も。(2010/11/9)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第1回 スマートフォンだけではない、広がるAndroidの可能性
オープンソースのソフトウエアプラットフォームとして多くの技術者から支持を得ている「Android」。オペレーティングシステムとしてLinuxを採用し、プログラム実行環境としてJava技術を導入するなど、実績がある既存の技術を取り入れていることが技術者の支持を集めている理由の1つと言えます。しかし、Androidには他にも技術者を引きつける要素がたくさんあります。(2010/8/11)

ACCESS、OHAに加盟――Androidに対する取り組みを本格化
ACCESSが、Androidの開発を推進するOHAに加盟。ワンセグや赤外線など、日本特有のサービスを利用可能にするアプリをAndroid向けに提供する。(2010/7/29)

“ソーシャル”に特化した純正Windows Phone 7機 「KIN ONE」「KIN TWO」発表
Microsoftが、米国で自社ブランドのWindows phone「KIN」を発表した。SNSとの連携機能や共有機能を徹底的に使いやすく強化し、“いつでもどこでもつながっていたい”ユーザーにアピールする。(2010/4/13)

EvAndroidに聞くAndroidのキモ 第1回:
そもそも、「Android」って何?
2010年中に国内3キャリアから端末が出そろい、iPhoneの独走に“待った”をかけるのか注目が高まっているAndroid。本連載ではTwitter上で集めた意見を参考にしながら、Androidの可能性を探っていく。第1回では、Androidの基本的な“キモ”をおさらいしよう。(2010/3/19)

Androidがオープンソースだから、AppleはGoogleを訴えられなかった?
AppleがHTCに対して起こした特許訴訟は、Googleが真の標的だと考えられている。GoogleはオープンソースであるAndroidを「所有」していないから、端末メーカーを訴えたのではないか。(2010/3/5)

Mobile World Congress 2010:
真の中立性を保っている点が強み――「Android」「MeeGo」との競争に自信を見せるLiMo
NokiaとIntelのMeeGo、Samsungのbadaなど新たなモバイルプラットフォームが登場し、覇権争いが激しさを増しているモバイル市場。Linuxベースのプラットフォームを展開するLiMoは、どこに優位性があり、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2010/2/24)

NokiaとIntelが「MeeGo」に込めたそれぞれの思惑
MaemoとMoblinをマージさせたLinuxベースのモバイル向けOS「MeeGo」。その登場の背景には、NokiaとIntelがそれぞれの立場から新たな市場を勝ち取ろうとする意図が見て取れる。MeeGoはAndroidやiPhoneに並ぶ存在になるのか、それとも別の道を行くのだろうか。(2010/2/18)

Google、Android 2.1搭載の“スーパーフォン”「Nexus One」を発表
Googleが1月5日(現地時間)、自身が端末の開発に深く関わり、Android OSの性能を最大限に引き出したスマートフォン「Nexus One」を発表した。米国では即日販売を開始している。(2010/1/6)

Embedded Technology 2009:
組み込みシステムを革新する――Androidイノベーション
組み込み関連イベント「Embedded Technology 2009」が先日開催された。組み込み機器へのAndroid適用を推進する「OESF(Open Embedded Software Foundation)」の展示・デモンストレーションに注目し、OESFの最新の取り組みについて紹介する。(2009/12/1)

ARM、Android端末開発を支援するWebサイト立ち上げ
ARMとそのパートナーは「Solution Center for Android」で設計者や開発者向けにツールや情報を提供する。(2009/11/18)

auのAndroid携帯は「来年以降」──小野寺社長
KDDIの小野寺社長は、「Android携帯の開発は進んでいるが、発売は来年以降」と述べ、開発に時間がかかっていることを示唆した。(2009/6/24)

Microsoft vs. Googleの新たな戦場:
AndroidはNetbook市場でWindows 7を脅かすか?
AcerがAndroid搭載Netbookをリリースすると発表した。機能に制限のあるWindows 7のStarterエディションよりも柔軟性の高いAndroidを選択するのは賢明かもしれない。(2009/6/8)

写真で解説する「HT-03A」(外観編)
ドコモ2009年夏モデルの中で最も大きな話題となっている国内初の“Androidケータイ”「HT-03A」。タッチパネルとトラックボールで軽快に操作でき、iPhoneとWindows Mobileのいいところを取ったような端末だ。iPhoneなどとの比較も交えながら、ハードウェアの主なポイントをチェックした。(2009/5/22)

Androidの組み込み事例:
「Android冷蔵庫」が地震大国ニッポンを救う?
オープンなケータイOSとして注目を集める「Android」。その柔軟な開発環境とクラウドとの親和性は、組み込み機器の分野でもさまざまなマッシュアップが期待できるという。そんなアイデアの1つが「Android冷蔵庫」という考えだ。(2009/4/21)

5分で分かる、先週のモバイル事情――3月21日〜3月27日
米Appleが開発者向けの年次イベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の開催日を発表。OESFは、Androidを組み込みシステムで活用するための普及促進活動を開始した。(2009/3/30)

Androidを組み込みシステムで活用――普及促進団体「OESF」が活動開始
Androidを組み込みシステムで活用するための普及促進団体「OESF」が発足。参加会員各社が共同で共通フレームワークやプラットフォームを開発する。(2009/3/25)

Mobile World Congress 2009:
日本の技術を世界に――バリューとブランドで勝負する英Sony Ericsson
Mobile World Congress開幕前夜に「Idou」を発表した英Sony Ericsson。景気後退によるコンシューマー市場の冷え込みを前に、ハイエンドな高付加価値端末を投入する狙いはなにか? 日本市場やソニーのゲーム部門との取り組みについても聞いた。(2009/3/2)

米国、そして世界での普及を阻むものは何なのか?:
「3Gワイヤレス」最新事情
長い間待ち望まれていた3Gワイヤレスの機能のうちいくつかが、米国内でも利用できるようになってきた。しかし、3Gの本格的な普及までにはまだ時間がかかりそうだ。本稿では、米国で3Gを普及させるために課題となっていることを整理するとともに、各社が行っている取り組みについてまとめる。(2009/3/1)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(3):
ブラウザや地図、ストリートビューの基、Intentとは?
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Market配布を目指しましょう(2009/2/5)

Google「Android」、近く日本語に対応 「日本の携帯をオープンに」
米Googleが提供する携帯電話向けプラットフォーム「Android」が、「今年の近いうち」に日本語に対応する予定だ。(2009/2/2)

プレーヤーたちに送る:
モバイル/ワイヤレス分野、2009年の“期待”リスト
年始めにその1年間の予測を行うのは、アナリストにとって毎年の恒例行事だ。Knowledge Centerのモバイル/ワイヤレス担当アナリスト、J・ゲリー・パーディ氏は、モバイル/ワイヤレス市場における2009年のウィッシュリストを作成した。(2009/1/21)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(2):
Androidアプリ作成の基本“Activity”とは何か?
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Market配布を目指しましょう。開発者向け実機の登場やOHA参加14社増などの話題で盛り上がるAndroid。今回は、基本Activityとライフサイクルについて。(2009/1/19)

組み込み分野に浸透進むオープンソースソフトウエア
複雑化/大規模化が進む組み込みシステム向けのソフトウエア。これを限られた予算や期間で開発するために、オープンソースのソフトウエアの存在が大きくクローズアップされている。しかしながら、これを有効に活用するためには、注意すべき事柄が数多く存在する。本稿では、組み込み機器分野でオープンソースのソフトウエアの利用を考えるに当たって知っておくべきことをまとめる。(2009/1/1)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライターmemn0ck編):
水平分業か垂直統合か――「T-Mobile G1」と「iPhone 3G」の分水嶺
国内の携帯電話事業から撤退するメーカーが相次いだ2008年。Androidなどオープンな取り組みが注目される一方で、垂直統合モデルの「iPhone 3G」が上陸するなど、日本のケータイ市場は大きな転換期を迎えたといえる。(2008/12/24)

組み込み技術:
用途は携帯電話機だけでない、組み込み機器に向くAndroid
2008年11月19〜21日に横浜で、組み込み機器の開発者やソフトウェア・エンジニアに向けた展示会「組込み総合技術展 2008」が開催された。なかでも、OHA(Open Handset Alliance)が提供するソフトウェア「Android」に関する出展が多く、来場者の注目を集めていた。(2008/12/15)

12月6日〜12月12日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
JEITAが10月の携帯電話・PHSの出荷台数を発表。携帯電話の出荷台数は前年の半数を割り込む101万台まで落ち込んだ。KDDIは高音質着うたフルを発表。合わせて音楽に特化したWalkman携帯の新モデルを披露した。(2008/12/15)

海外ダイジェスト(12月10日)
Googleが「Macwordl Expo/SF」に出展、Googleブック検索で「Popular Science」など雑誌記事の閲覧が可能に、など。(2008/12/10)

Android推進組織OHAにソフトバンクモバイルほか14社が新たに参加
ソフトバンクモバイル、東芝、ソニエリ、ASUSTeK、ARM、Vodafoneなど14社が加わった。(2008/12/10)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(1):
Android Market配布を目指しEclipseでHelloWorld!
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Marketでの配布を目指しましょう。ドコモやauでも端末が発売されるAndroid。その前に自分が作ったアプリを配布できるようにしておくと大きなチャンスです! (2008/12/8)

Google、Androidアプリ開発用SIMロック解除実機を発売
Googleが開発者向けに「Android Dev Phone 1」を399ドルで発売した。今後日本を含む18地域で販売する予定。(2008/12/8)

mobidec 2008:
“断片化”したモバイルインターネットの世界で、Googleが目指すものとは
検索を中心に、さまざまなインターネットサービスを提供するGoogle。その対象はPCだけでなく携帯電話の世界にも及んでいる。Googleがモバイルインターネットで目指すものはなにか、キーマンがその狙いを語った。(2008/11/29)

日本市場のニーズが、世界で成功するOS開発のカギに――Symbian Foundationのウィリアムズ氏
携帯電話向けOSの共通化、オープン化の動きが加速する中、Symbian Foundationのエグゼクティブディレクターに任命されたリー・ウィリアムズ氏が来日。Symbian OSの優位性と今後のビジョンについて説明した。(2008/11/21)

あなたの隣のプロフェッショナル:
銀座で“癒やしのカクテル”を作る、東大卒バーテンダー――阿部佳則氏(前編)
バー激戦区の東京・銀座で、話題の新店がある。「疲労回復」「メタボ予防」といった健康カクテルを作ってくれる、元製薬会社勤務の若きバーテンダーとは何者なのか? 興味を引かれて、そのバーに行ってきた。(2008/11/15)

Androidのソースコードが公開
T-MobileのAndroid携帯発売を翌日に控え、Androidのソースコードが公開された。(2008/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。