ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Orkut」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Orkut」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

IT部門の管理が不要で成功した例もある
RPAソフトウェア導入を成功させる「3つのアプローチ」とは
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)導入におけるIT部門の役割は、プロジェクトの範囲や企業のビジネスモデルに応じて変わる。本稿では、さまざまな企業のRPA導入事例を紹介する。(2018/5/29)

Googleさん:
Googleはなぜ「混沌」を放置するのか
「Gmail」が久しぶりの大幅アップデートで、そういえば「Inbox」はどうするのでしょう。「Allo」と「Duo」と「ハングアウト」の関係は? 「Android」と「Chrome OS」は? Google混沌の謎。(2018/4/29)

Googleさん:
次に終了するのは「Google+」……ではなさそうです
役割を終えたと判断したサービスはさくっと終了させてきたGoogleさん。そろそろ「Google+」も? と思いきや、まだまだ生きながらえそうなヒントを見つけてしまいました。(2017/7/29)

Google、また1つソーシャルサービスを終了──「Spaces」を4月17日に完全停止へ
Googleが昨年6月に立ち上げたソーシャルサービス「Google Spaces」を4月17日に終了し、コンテンツも完全に削除する。Orkut、Buzz、Waveと同じ運命をたどる。(2017/2/27)

Google初代SNS「Orkut」の開発者、“愛のSNS”「Hello」アプリを公開
Googleが2004年に公開し、2014年にひっそり終了した同社初のSNS「Orkut」の開発者、オーカット・バイヨカッテン氏が新しいSNS「Hello」を立ち上げた。“ペルソナ”の合うユーザー同士が画像投稿を通じて交流できる。(2016/8/8)

Google、最初のSNS「Orkut」を終了へ Google+にフォーカス
Googleが2004年に立ち上げたSNS「Orkut」を9月30日に終了する。2011年にスタートした同社の「Google+」に“追い越された”ためとしている。(2014/7/1)

Google+ハングアウト入門:
これから始めるGoogle+ハングアウト
Googleが提供している無償の統合メッセージングサービス「Google+ハングアウト」。テレビ会議にも使えるこのサービスの概要を解説する。(2014/4/9)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
時代は検索からSNSへ?――ブラジルのFacebook訪問数、Googleを上回る
訪問数が上回ったのは、すべて休日だった。(2012/4/20)

「MOTOROLA RAZR IS12M」の“ここ”が知りたい:
第2回 どんなアプリが入ってる? 「MotoCast」で何ができる?――「MOTOROLA RAZR IS12M」
「MOTOROLA RAZR IS12M」には使い勝手の良いオリジナルアプリが多数プリインストールされている。中でも充実しているのが、SNS関連とエンターテインメント系のアプリ。また自分のPC内にリモートでアクセスできるサービスも用意している。(2012/3/19)

海外モバイルニュースピックアップ:
歌姫アデル、iPhoneで悪態ついてスッキリ?
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは歌姫アデル、iPad hand、米企業のタブレット導入、ストリートビューで見る日本の鍾乳洞など。(2012/2/16)

「MOTOROLA PHOTON ISW11M」の“ここ”が知りたい:
第4回 ホーム画面は使いやすい? “MOTOBLUR”の使い勝手は? ――「MOTOROLA PHOTON ISW11M」
同じAndroidスマートフォンでも機種ごとに違うのが、ホーム画面やプリセットアプリの使い勝手。グローバルモデルの「MOTOROLA PHOTON ISW11M」はどんなホーム画面なのか、またSNSを活用できるという“MOTOBLUR”の使い勝手も確認した。(2011/12/8)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
横ばいのmixiと急成長するFacebook
mixi、Twitter、Facebook、Google+……さまざまなSNSが登場しているが、最も使われているのはどれなのだろうか。アカウント数でなく利用率を見ると、去年の12月と今年の8月とで大きな変化が起きている。(2011/8/25)

GoogleはTwitterを買収するべきだ――しないだろうが
GoogleはFacebookに対抗するために、Twitterを買収する必要があると一部の専門家は主張している。しかし、GoogleはTwitterなしでも成功しており、買収は不要だとの見方も。(2010/10/6)

Google、IE向けプラグイン「Chrome Frame」公式安定版をリリース
IE 6、7、8でHTML5のタグやJavaScriptエンジンを利用できるようにするGoogle製プラグインが公式安定版になった。Windowsインストーラのパッケージもダウンロードできる。(2010/9/24)

Slide買収、Zynga出資――Googleのソーシャルネットワークはどうなる?
GoogleがSlideにZyngaとソーシャル関連企業の買収、出資を進めているが、それをソーシャルネットワーク戦略にどう生かすのだろうか。(2010/8/10)

Google、新SNSサービス「Google Me」でFacebookに対抗?
GoogleがFacebookに対抗する「Google Me」を立ち上げるとうわさされている。Googleプロフィールのソーシャル機能を強化したものになるのか、それともGoogle BuzzとOrkutを混ぜたようなものになるのだろうか。(2010/6/29)

Google、各国政府からのコンテンツ削除要求を公開
Googleが、各国の政府機関からコンテンツ削除要求やユーザーデータ引き渡し要求が何件あったかを公表した。(2010/4/21)

iGoogleのチャットにファイル送信機能が追加
iGoogleとOrkutに、チャット相手と写真やテキストなどのファイルをやりとりする機能が追加された。近いうちにGmailのチャットでも可能になる。(2010/3/30)

3分LifeHacking:
用途別スタートページを考える――Google編
Webブラウザを開いたときに表示するスタートページ。今回は、Webの仕事術から切っても切れないGoogleの用途別スタートページを考えてみる。(2009/11/6)

インタビュー特集:Google直伝!(5):
OpenSocialアプリ、開発者にとっての魅力
OpenSocialの国内外での盛り上がりや、OpenSocialコンテナになる方法、アプリケーション開発の心得を聞いた(2009/6/19)

基礎から分かる、mixiアプリ作成入門(1):
まずは、mixiアプリを使ってみよう、作ってみよう
(2009/6/17)

オンラインオフィス「Zoho」がGmailやFacebookに埋め込み可能に
アドベントネットは、オンラインオフィス「Zoho」の各サービスをGmailやFacebookなど外部のWebサービスにガジェットとして埋め込める「Zoho Gadgets」日本語版を公開した。(2009/4/21)

2008年後半を振り返る:
Android以外は期待外れのGoogle
9月に金融危機がウォール街を直撃する数週間前の8月の猛暑の最中、わたしは2009年を迎えるまでにGoogleに実現してほしいことをリストアップしていた……。(2008/12/26)

Twitter、Google Friend Connect陣営に参加
ログイン情報共有技術で、TwitterはFacebookではなく、Googleを選んだ。(2008/12/16)

GoogleとFacebook、それぞれデータ共有の「Connect」技術を提供開始
「Google Friend Connect」β版と「Facebook Connect」は、それぞれほかのサイトとのデータ共有を実現する技術。(2008/12/5)

ソーシャルメディア経済圏:
オープン化で躍進するFacebookとOpenIDの行方
開発プラットフォームをオープン化することで、次々に登場するソーシャルアプリケーションと連携し、ユーザーニーズに応えようとする大手ソーシャルメディアは、さらなる進化に向けてアイデンティティとデータの可搬性にも取り組む。(2008/11/25)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
mixiの「つながり」を社会に生かしたい――ナナロク世代の同志、笠原さんに会った
10月末に業績予想を上方修正するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのmixi笠原さん。お会いしてみると、ユーザーのこと、社会のことを篤実に考える青年社長なのでした――。(2008/11/17)

海外ダイジェスト(10月11日)
OrkutがiPhoneに対応、Microsoftが政治関連ニュースをマイニングするツールを立ち上げ、など。(2008/10/11)

開発者向けに:
Google OpenSocialに対応したサンプルソーシャルネットワークが登場
Google OpenSocialに対応したアプリケーションの開発に関して、大きなニュースが飛び込んできた。OpenSocialアプリケーションを安全な環境でテスト、配備することができるサンプルソーシャルWebサイトが登場したのだ。(2008/8/27)

Facebook、日本のビジターが3倍に
FacebookとMySpaceはmixiを上回るペースでビジターが増えているが、GREEは減少している。(2008/8/8)

“想像力は筋肉”:
Google副社長が授ける開発者の心得とは?
Googleが成し遂げてきた数々の技術革新は、「大局的な思考法から生まれた」とマリッサ・マイヤー氏が話している。(2008/6/2)

GoogleとFacebook、それぞれデータポータビリティ技術を発表
プロフィール情報を他サイトで利用可能にしたMySpaceに続き、GoogleとFacebookもデータポータビリティ技術「Google Friend Connect」と「Facebook Connect」をそれぞれ発表した。(2008/5/13)

SNSやWebを変える!? OpenSocial徹底解説(後編):
OpenSocialアプリケーション作成のための基礎知識
(2008/4/23)

Google Talk、デスクトップ常駐でアラート機能付きLabs Edition登場
Google Talkの実験版には、会議などの時間が近づくと教えてくれる通知機能がついている。(2008/4/8)

SNSやWebを変える!? OpenSocial徹底解説(前編):
Google OpenSocialによってSNSで何ができるのか?
(2008/3/14)

Google、OpenSocial対応でorkutの外部アプリを利用可能に
GoogleのSNS、orkutで、サードパーティーのアプリケーションを利用可能にすることにより、ユーザー数の増加を目指す。(2008/2/13)

海外記事で振り返る2007年の携帯、SNS、音楽配信
2007年に最も注目を浴びた分野を、海外記事で総括する。(2007/12/26)

GoogleのSNS「Orkut」でWebワームが猛威、40万人が感染
Orkutの「スクラップブック」機能を利用したワームが急拡散。既に40万アカウントが感染しているという。(2007/12/20)

コンテンツを携帯にダウンロードさせるブログパーツ「Get On My Mobile」
ビジターはこのボタンを押すことで、目的のコンテンツを携帯電話にダウンロードできる。(2007/11/17)

Google、SNS向け共通API「OpenSocial」を正式発表
開発者はOpenSocial APIを使って、「一度書けばすべての対応サイトで使える」ソーシャルアプリケーションを開発できる。MySpace、mixiも参加を表明した。(2007/11/2)

Google対Microsoft、SNS戦争の意味は?
MicrosoftとGoogleのFacebook争奪戦、そしてGoogleのOpenSocialは、Web広告収入をめぐる戦いに見えるかもしれない。だがわたしはそれ以上のものだと思っている。(2007/11/1)

Google、SNS向け共通APIでFacebookに対抗
GoogleのAPI「OpenSocial」を使えば、開発者は複数のSNSで動くアプリケーションを構築することができる。(2007/11/1)

FacebookがGoogleではなくMSを選んだ理由
GoogleはFacebookに合った相手ではないとアナリストは指摘している。(2007/10/26)

主要SNS、1年間でビジター数が大幅増
MySpace、Facebookなど主要SNSは、1年間で大きくビジター数を伸ばしている。(2007/8/2)

Googleはプライバシーの敵? 英団体が報告
Privacy Internationalは、プライバシーに対するGoogleの姿勢を最低ランクの「消費者を広く監視し、プライバシーと対立」と評価している。(2007/6/11)

ブクマをTwitterに投稿できる「Bktter」
はてなブックマークなどに投稿したURLを、自動でTwitterにも投稿できるサービスが登場した。開発した伊藤まさおさんは「Twitterは面白いし、悔しい」と言う。(2007/5/30)

Gmail、他サービスへのアクセスが“ちょっとだけ”簡単に
Gmailからほかのサービスにアクセスするためのインタフェースが“ちょっとだけ”変わった。「Blog Search」「Images」「Maps」「Orkut」「Reader」「Video」などへ、プルダウンメニューで直接アクセスできるようになった。ただし、英語版のみ。(2007/5/18)

FirefoxやYouTubeを狙うUSBワーム登場
このワームに感染するとFirefoxが使えなくなり、OrkutとYouTubeにアクセスできなくなる。(2007/5/14)

米国SNS市場、MySpaceがシェア80%でトップ
MySpace人気は相変わらずだが、写真共有コミュニティー「Buzznet」やP2P型SNS「iMeemが140%以上シェアを伸ばしている。(2007/3/15)

「SNSで出会った人に実際会った」は23%
SNSユーザーの2割以上が、SNSで出会った人に実際会ったことがある――インターワイヤードが2月20日に発表したSNSに関する調査で、こんな結果が出た。(2007/2/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。