ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OSGi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Open Services Gateway Initiative

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(3):
Javaでの常識が通用しないAndroidにおけるメモリ管理の注意点
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。今回は、Androidアプリのメモリ管理に関して、Javaとはどのような挙動の違いがあるのかをサンプルアプリを通じて解説していきます。(2016/11/25)

台湾Advantechが語る戦略:
IoT市場の鍵は「シェアリングエコノミー」にある
Advantechは2016年10月27〜29日、台湾・林口キャンパスで、顧客やパートナーを対象としたカンファレンスを開催した。同社CEOのKC Liu氏は、成長するIoT市場に向けて「クローズな組織ではなく、“シェアリングプラットフォームカンパニー”へと変革している」と語る。(2016/10/31)

IoT市場を活性化する切り札となるか:
センサープラットフォーム、日本でも標準化狙う
Advantech(アドバンテック)は、IoT(モノのインターネット)センサープラットフォームの新たなオープン規格「M2.COM」を提唱、日本市場における普及と需要の拡大を狙う。(2016/6/10)

コミュニティー活動で魅力を伝える
27歳と47歳、メインフレームに魅了される2人のエンジニアが語ること
47歳のメインフレームプログラマーが部署の中で最年少だとしたら、もっと努力をして若いIT担当者をメインフレーム関連の仕事に引き込む必要があるのではないだろうか?(2016/4/25)

組み込み開発ニュース:
NECプラットフォームズ、アプリ組み込みや各種センサー対応のIoTゲートウェイ
NECプラットフォームズはさまざまなアプリケーションとセンサーの接続が可能なIoT(Internet of Things)ゲートウェイプラットフォームを販売開始した。(2014/11/17)

OSSによるアイデンティティ管理(5):
OpenIDMによるプロビジョニング、ライフサイクル管理
OpenIDMは、アイデンティティ情報のプロビジョニングとライフサイクル管理を実現するOSSです。オープンスタンダードな技術を採用し、高い柔軟性と拡張性を備えています。(2014/10/16)

SAP、モバイルアプリ開発環境の最新版をリリース
「SAP Mobile Platform 3.0」ではこれまで個別提供していたツール群を統合し、HTML5やODataなど業界標準技術への対応を強化している。(2013/12/3)

XPagesでスマホWebアプリ開発入門(番外編):
AndroidアプリでREST経由でNotesデータにアクセスする
XPagesから離れて、AndroidのネイティブアプリからREST APIを呼び出してNotes/Dominoデータにアクセスします。(2013/4/22)

ET2012 開催直前情報:
「ニッポンの高い技術力がここに!」――ETアワード、受賞企業が決定
組込みシステム技術協会(JASA)は、11月14〜16日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展」の出展企業の中から、優れた製品、技術、ソリューションなどを表彰するETアワードの受賞企業を発表した。(2012/11/12)

既存のM2Mテクノロジーを強化:
M2M向け総合ソフトウェア開発環境「Wind River Intelligent Device Platform」発表
ウインドリバーは、インテル主催の開発者会議「Intel Developer Forum 2012」の中で、同社の商用組み込みLinux OS「Wind River Linux」とミドルウェアを基盤とする、M2Mアプリケーション専用の総合ソフトウェア開発環境「Wind River Intelligent Device Platform」を発表した。(2012/9/12)

Rooでアプリ開発をRapidしようぜ!(1):
10ミニッツで絶対にできる、Spring Rooアプリ開発
(2011/8/3)

日本IBM、WebSphere Application Serverの最新版を発表
日本IBMがリリースする予定のWebSphere Application Server V8.0では運用管理効率やパフォーマンス、開発生産性の向上が図られている。(2011/5/18)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第10回 どうやってAndroidに移行するか
限られたハードウェアリソースの中で動作する組み込みソフトウェアをAndroidに移行するためには、幾つかの押さえどころがあり、十分な考察と技術が必要になります。Linuxベースからの移行の他、Javaベースからの移行とRTOSベースからの移行方法を紹介します。(2011/4/28)

電気自動車開発技術展 2010:
主役は充電システム、EV化技法にも注目集まる
2010年7月14日〜16日、『電気自動車開発技術展 2010』がパシフィコ横浜で開催された。同展示会では、『クリーン発電&スマートグリッドフェア 2010』が同時開催されたこともあり、電気自動車用の充電器に関する展示が強い存在感を示した。また、通常のガソリンエンジン車を電気自動車に改造する「EV化技法」に関する展示も目を引いた。 (2010/10/1)

組み込み技術:
【ESEC 2010】Androidが遅い!高速化に挑戦する取り組みに注目
Androidは公開直後からスマートフォンだけでなく、家電などの組み込み機器への応用が始まっている。ところが、Androidには大きな問題があるという業界関係者が増えてきている。「第13回組込みシステム開発技術展(ESEC 2010)」では、この問題を解決する技術のデモンストレーションを複数の企業のブースで見ることができた。(2010/5/18)

NetBeans 6.9β版がリリース、OSGiサポートやRuby on Rails 3.0対応などが追加
オープンソースのJava統合開発環境「NetBeans」の最新β版が公開された。JavaFX関連の機能強化、「Ruby on Rails 3.0」への対応などが特徴。(2010/4/26)

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表
レッドハットはアプリケーションサーバの最新版「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表した。EJB3とJSFの連携をPOJOとアノテーションをベースに統合することが可能になった。(2009/11/12)

OSGiベースのネット家電共通基盤、NTTとメーカー5社が実証実験
NTTは、NECなどメーカー各社と共同で、OSGi準拠のネット家電向け共通基盤の実証実験を12月から始める。(2009/11/4)

OSGiベースの軽量ランタイム「Apache Felix Karaf 1.0」リリース
OSGiフレームワークの軽量ランタイム環境「Felix Karaf 1.0.0」がApache Felixチームからリリースされた。(2009/9/30)

Eclipse 3.5リリース――AppleのCocoaをサポート
「Galileo」のコードネームで開発されていたオープンソースIDE「Eclipse」の最新バージョンが公開された。(2009/6/25)

真のクラウド、真のSOAを目指す英Paremusが日本市場参入
クラウドとSOAを掛け合わせたもの──英国のParemusが目指すのは、単に人気の技術ではなく、企業のニーズに合った正しい技術の組み合わせだ。(2009/4/20)

WSO2、コンポーネントSOAフレームワーク「Carbon」を発表
OSGiをベースとしたコンポーネント型SOAフレームワーク「WSO2 Carbon」がリリースされた。WSO2以外のOSGiベースのコンポーネントにも対応、必要に応じてミドルウェアをカスタマイズできる。(2009/2/10)

Javaアプリサーバ「Jetty」、Eclipseプロジェクトとして参加を提案
Javaアプリケーションサーバの「Jetty」がEclipseプロジェクトに参加すると提案した。Jettyはすでに「Eclipse IDE 3.3」「Equinox」などで使われている。(2009/1/30)

逆襲のMicrosoft:
時代はオープンソースからリーンソフトウェアへ
2009年のソフトウェア開発シーンを予測するForresterのアナリスト、ジョン・リマー氏は「MicrosoftはPaaSでIBMとOracleに打ち勝つ。Microsoftはクラウドベースのモデルの開発では、IBMやOracleよりアグレッシブだ」と話している。(2008/12/10)

Sun、商用版「GlassFish Enterprise Server v3 Prelude」をリリース
Sunは2009年に登場予定のJava EE 6の機能を一部先行して実装した商用版Webアプリケーションサーバ「Sun GlassFish Enterprise Server v3 Prelude」を発表した。(2008/11/7)

Inforum 2008 Report:
現場主義、ビジネス視点、無償――インフォアのERP差別化戦略
ラスベガスで開催された米Infor主催のカンファレンス「Inforum 2008」では、Inforが軸とする3つのソリューション戦略が明らかになった。企業はこれらの戦略をどう評価し、注目すべきだろうか。(2008/10/21)

企業がOSSに理解示す:
Eclipseを通じてオープンソースを利用する企業ユーザー
企業はオープンソースソフトウェアを利用することでメリットを享受しているだけでなく、Eclipseモデルを通じてオープンソースに貢献するという形でもメリットを得ている。(2008/9/2)

中心はJDeveloper:
OracleがBEA買収後のツール戦略を発表
Oracleは、BEAの技術を自社のポートフォリオに統合するロードマップを示した。ツールに関してはOracle JDeveloperが基盤になるようだ。(2008/7/3)

Eclipse 3.4M6リリース、Equinoxを機能強化
Eclipse Foundationは、統合開発環境「Eclipse 3.4M6」をリリースしたと発表した。(2008/4/1)

日立製作所、NGN時代に向けてネットワーク事業を強化
日立製作所は通信・ネットワーク事業の強化の一環として、NGN対応ホームゲートウェイと小容量SIPサーバを発売する。(2008/1/29)

Eclipse、RAP発表でJavaScriptを容易に
Eclipse Foundationは同組織にとって初となるAJAXサーバをリリースした。(2007/10/17)

組み込みソフト開発にも「Eclipse」の波
エンタープライズ分野のJava開発ではすでにデファクトスタンダードとなった「Eclipse」。ソフトウエア開発を包括的にサポートするこの開発プラットフォームは、組み込みソフトウエアにも対応すべく着々と進化を続けている。本稿では、Eclipseの組み込みソフト開発向けプロジェクト「DSDP」の現状を概観するとともに、組み込みソフト開発において同プロジェクトが果たすであろう役割について解説する。(2007/10/1)

Spring 2.0時代の開発スタイル(2):
Springは「2.0」でどんだけ便利になったの?
(2007/9/28)

IBMとフロリダ大学、「インタラクティブヘルスケア」技術を共同開発
IBMとフロリダ大学が開発した新技術は、患者が測定した血圧値などを自宅から病院に自動送信できる。(2007/7/25)

オープンソース化に満足?――Javaの父ゴスリング氏に聞く(後編)
Java言語の優位性、JVMへの課題、次世代の言語には何が必要なのか? ゴスリング氏は、プログラム言語に関するさまざまな見解を、インタビューで語った。 (2007/5/22)

IBMとCisco、音声、IMの統合プラットフォームを共同開発
IBMとCiscoが、統合型コミュニケーションおよびコラボレーション向けのプラットフォームを共同開発する。(2007/3/8)

Spring Frameworkもプロジェクトの一斉リリースへ
Eclipse Foundationのプロジェクト一斉リリース「Callisto」を手本に、Interface21はSpring Frameworkと関連プロジェクトを協調リリースする。(2006/12/15)

五感にうったえる“ハイテク風呂”の実験が始まる
ガス会社とNTTグループの4社が「NEW浴Program」実験を開始した。ガス機器や家電をコントロールして浴室をカスタマイズするという。(2006/11/28)

インタフェース21、「Spring 2.0」をリリース
Interface21は10月3日、Javaベースのオープンソース製品「Spring 2.0」をリリースする。また、米国における事業を強化するための新規雇用に関しても発表する予定。(2006/10/4)

安藤幸央のランダウン(26):
Eclipse 3.0のリッチクライアントとは?
「Java FAQ(What's New)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします。(編集局)(2005/1/15)

ユビキタス基盤「OSGi」普及へユーザー企業団体が発足
(2004/9/28)

“人”を中心に家電を連携させる技術〜NTTが開発
ネット家電が増えても、個々に動いているだけではもったいない。家電同士が連携して動けば、より便利で新しいサービスが提供できる。そんな技術をNTTサイバーコミュニケーション研究所が発表した。1〜2年後の商用化を目指して開発を進めるという。(2004/3/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。