ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペイントソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ペイントソフト」に関する情報が集まったページです。

エントリー向けペンタブレット「One by Wacom」にペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」が付属
セルシスは、ワコム製エントリー向けペンタブレット「One by Wacom」にペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」を付属して出荷する。(2019/3/22)

漫画アシスタント「これ無料でいいんですか?」 “積まれた本を一瞬で描けるブラシ”が絵描きたちの心をつかむ
読書家キャラを描く際に使いたい。(2019/2/11)

Apple新製品イベントの前に知っておきたい2年以上にわたる取り組み
10月30日23時(日本時間)に始まるAppleのスペシャルイベントでは何が発表されるのか。その内容はこれまでAppleとAdobeが取り組んできたことに大きな関わりがあるようだ。(2018/10/30)

Adobe MAX 2018:
AppleとAdobeが組んだら何が起きた? iPad版フル機能Photoshop、ARのProject Aero
3年ぶりとなるAdobe + Apple合同イベントレポートをお届けする。(2018/10/18)

Adobe MAX 2018:
iPadに「Photoshop CC」と新イラスト制作アプリ「Project Gemini」がやってくる PSDファイルに対応
タッチ入力とジェスチャー入力に再設計した「Photoshop CC」と、新しいペイントアプリ「Project Gemini」のiPad版が2019年に登場する。(2018/10/15)

「XPS 15 2-in-1」は絵師の夢をかなえるか 人気イラストレーターが徹底検証
4K表示に対応した15.6型液晶を搭載し、筆圧4000段階の新世代ペンを付属する最新モバイルノートPC「XPS 15 2-in-1」を人気プロ絵師のrefeia氏がレビュー。XPS 15 2-in-1で“夢”はかなうのか?(2018/9/22)

ゲーマー漫画家の要望をくみ取ってPCを組んでみた結果
PCでゲームもしたい漫画家が求める快適なPCを組んでみた。価格は……?(2018/5/30)

refeia先生が「Wacom Intuos」をねっとりとレビューするよ
人気プロイラストレーターのrefeia氏が「Wacom Intuos」をレビュー。せっかくだから俺はベリーピンクちゃんを選ぶぜ(担当編集)(2018/5/18)

写真にしか見えないフルーツや野菜のイラストにTwitterで驚きの声 「写真じゃないの?」「本物よりおいしそう」
リアルさの表現とイラストの良さが合わさった飯テロ作品です。(2018/3/25)

「スカイリム」などでModを作るクリエイター「ひげよし」「tktk」氏対談 Modはいかにして作られるのか?
今やPC用ゲームには欠かせない「Mod」の世界を、Modクリエイター2人が語ります。(2018/3/24)

ワコム、4096筆圧レベルに対応したペンタブレット「Wacom Intuos」新モデル
ワコムは、同社製ペンタブレット「Wacom Intuos」シリーズの新モデルを発表。4096段階の筆圧レベルに対応するなど基本性能を高めている。(2018/3/6)

錯覚を起こす人間の脳は「バカじゃない」 “意地悪な立体”を作り続ける錯視研究者・杉原教授が語る「目に見える物の不確かさ」
「ロボットの目」から始まった、「人間の目」の不思議。(2018/2/10)

PR:街で見かける「似顔絵師」ってアレだけで食べていけるの? 気になったので直接聞いてみた
知らなかった世界の話ばかりでした。(2017/12/6)

Windows10から「ペイント」が消える? マイクロソフトがアップデート予定で発表
「Windowsストアから利用できる」としています。(2017/7/25)

iPad Pro 10.5とSurface Proを比較 人気プロ絵師によるお絵描きレビュー
旬なデバイスのお絵描き性能をrefeia先生が確かめる。描き味の簡単なインプレッションをお願いしたらなぜかガチレビューに。(2017/7/7)

「魔法のよう」――pixivがお絵描きサービスにAI自動着色を取り入れた理由
今や会員2300万人を抱える巨大サービスになったpixiv。彼らの新たな取り組み「pixiv Sketch」とは何か。AIを活用し、何を目指すのか。(2017/6/30)

シャープ「MZ-80C」を再現、中身は「Raspberry Pi A+」:
懐かしの8ビット機が手のひらサイズで復活! BASICが動く「PasocomMini MZ-80C」登場
往年の8ビットパソコン名機「MZ-80C」をミニチュアサイズで再現した「PasocomMini MZ-80C」をハル研究所が発売する。BASICでUSB機器やGPIOの制御も可能。ハードウェアは「Raspberry Pi A+」を採用した。(2017/5/11)

太田智美がなんかやる:
ITmediaのマストドンが「ピンクのゾウ」のわけ
会議で決まりました。(2017/5/9)

ドスパラのお絵描きタブレット「raytrektab」は本当にお絵描きできるのか? 声優兼漫画家がライブドローイングで描き心地をチェック
(2017/4/28)

左手に「Joy-Con」、右手にスタイラス――「Nintendo Switch」コントローラーが“お絵かき用デバイス”に
Nintendo Switchのコントローラー「Joy-Con」をPCにBluetooth接続し、ペイントソフトを操作するデバイスに使う――そんなツイートが話題に。(2017/3/10)

VRお絵かきソフト「Tilt Brush」がOculus Riftに対応 仮想空間が立体的なキャンバスに
昨年、GoogleがHTC Vive向けにリリースしたもの。(2017/2/23)

「支援するか」 コミケに石油王が来る童話風漫画が“ドチャクソ”ファビュラス
石油王見たことないけど、たぶんこんな感じ。(2016/12/31)

「YOGA BOOK」は買い? 5万円台で未来を体験できる2in1タブレット
まさに未来を感じるデバイス。レノボの「YOGA BOOK」は、2in1という既存の枠に当てはめることがはばかれるほど、新しい挑戦が盛りだくさんの意欲作だ。(2016/12/21)

Enterprise IT Kaleidoscope:
次期Windows 10のCreators Update 3D機能は企業にメリットあり?
Windows 10の次期アップデート「Creators Update」の新機能は一見企業ユースとは無縁だが、意外な可能性を秘めるかもしれない。2017年の展望も占ってみたい。(2016/11/30)

Surface Studioの謎「Dialはどうやって吸着してるのか」に公式回答
磁石でディスプレイにくっついているという報道もされているが、担当者によればそうではないようだ。(2016/11/6)

なんだか“ボタンがたくさんある”ヤツを試してみよう:
左利き絵師にピッタリな18ボタン搭載マウス
ゲーミングマウスを「右手用デバイス」として使ってみました。(2016/10/31)

ここまできたか! イマドキの3歳児はPCで絵を描いちゃう
PCで絵だって描いちゃうぜ。(2016/10/13)

Oculus Touchの予約販売開始 2万3800円
Oculus Rift待望のハンドコントローラーは、早ければ12月6日に届くようだ。(2016/10/11)

立ちどまるよふりむくよ:
DTMの夜明けを告げた「ミュージくん」とPC-9801がいたあの頃
カセットテープとビデオテープからなつかしい音と映像が出てきた。DTMという言葉を定義付けた「ミュージくん」という製品を使ったものだ。(2016/7/4)

読者限定でさらに3000円オフ!:
上質を知るオトナのPC――「H170FD-MINI」コラボモデル徹底レビュー
サイコムの「Premium-Line」ブランドに待望のコンパクトモデルが登場。高品質な“こだわり”のパーツで構成された、まさにプレミアムな製品だ。(2016/6/27)

キーボードが使えなかった6歳児が「亀」という文字だけ異常なスピードで打ち込めるようになるまでの話
はじめに亀ありき。(2016/6/21)

販売終了したなら作ればいいじゃない 「サイコロキャラメル」を自作する豪の者現る
パッケージまで自作しちゃうぜ。(2016/6/16)

WiGigの無線ドッキングステーションも試した:
「画面に直接描けるって楽しい!」 イラストライターが2in1「HP Elite x2 1012 G1」のアクティブペンを使ってみた
ワコムのアクティブ静電結合方式を採用し、紙に近い描き心地を実現する日本HPの2in1「HP Elite x2 1012 G1」を、普段はIntuosを使っているというイラストのプロに使ってもらいました。評価はいかに?(2016/6/8)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第23回 非Linux環境のDocker、プレステも採用する“あのOS”で動かす意味
実はLinuxではないOS環境でもDockerは動きます。でもWindowsではありません。今回はプレステにも搭載され、これからのIoT時代に主役になるかもしれない、あのOSでDockerを動かす理由を紹介します。(2016/6/1)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

HTCのVR HMD「Vive」、予約受け付け開始 日本では11万1999円
HTCが、VR HMD「HTC Vive」を日本向けに11万1999円(税別)で発売。3月1日から予約を受け付ける。(2016/2/29)

「パソコンがぼくの世界を変えた」:
元祖「生主」かもしれない! リタ・ジェイ氏インタビュー
お笑い芸人、イラストレーター、ラノベ作家、ドラゴンクエストXの生主に、舞台俳優と脚本家、そして学校の先生……幅広い分野で活躍するマルチタレント、リタ・ジェイ氏の転機は、パソコンとの出会いだった。(2016/1/19)

ペイントソフトの「クリスタ」で知られるセルシスがなぜか”お米180キロ”をプレゼントするよく分からないキャンペーンを実施中
お絵かきソフトといえばやっぱりお米だよね。はい180キロドォーン!(2015/11/27)

マウスの原型を完全無視 “正確に操作できるマウス”を目指したフライス盤型マウスがやっぱりおかしい
努力の方向が予想外すぎる!(2015/10/24)

午前9時に先行受注開始:
「VAIO」のWindows 10プリインストールモデルが発売
VAIOは「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」「VAIO Pro 13 | mk2」のWindows 10プリインストールモデルを発表。10月6日午前9時から先行受注を開始する。(2015/10/6)

ライバル機種と比較:
冷静に考えて「iPad Pro」と「Surface Pro 3」で生産性が高いタブレットはどっち?
アップルのiPadシリーズに12.9型ディスプレイの新モデルが登場。同時発表のスタイラスペンやキーボードカバーを見ると、どうしても思い浮かべてしまうのが「Surface Pro 3」だ。両者を見比べながら、iPad Proのスペックをひもといていこう。(2015/9/11)

ムーアの法則50年間の変化を知る夏休み:
「インテルって知ってるかな? シーン……」――科学技術館でインテル親子PC体験教室が開催
8月7日から9日まで、インテルが「親子PC体験教室」を科学技術館で開催。江田社長が困難なミッションに挑んだ。(2015/8/7)

コミスタからクリスタへ、『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』森田崇が語る悩ましき移行事情
6月30日で販売終了し、14年の歴史に幕を閉じたセルシスのマンガ制作ソフト「ComicStudio」(コミスタ)。コミスタを長年愛用する『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』の作者、森田崇さんに「CLIP STUDIO PAINT」(クリスタ)への移行について聞いた。(2015/7/8)

液晶ペンタブに新時代が到来!:
Cintiq使いの漫画家が「VAIO Z Canvas」を真剣にレビューする
プロの絵描きが使うなら、液晶ペンタブレットは「Cintiq」しかあり得ない、いや「VAIO Z Canvas」ならあり得る! ネットでそんな論争を見かけるが、実際はどうなのか? PC USERでおなじみの漫画家(Cintiq愛用)がVAIO Z Canvasの製品版をチェックする。(2015/6/7)

コーレル、入門者向けペイントソフト「Corel Painter Essentials 5」
コーレルは、同社製の入門者向けペイントソフト「Corel Painter Essentials」シリーズの最新版「Corel Painter Essentials 5」を発表した。(2015/5/25)

そういうソフトじゃねえから! 写楽の浮世絵をExcelで描いてみた動画が実にあっぱれ
現代の粋。(2015/5/23)

PR:「絵を描くなんて美術の授業以来」? 液晶ペンタブレットで始める“大人のお絵かき入門”
小さいころは飽きずにお絵かきしていたはずなのに、いつから止めてしまったのか――そんなあなたのための“大人のお絵かき入門”、液晶ペンタブレットでいかがですか?(2015/3/18)

ワンダーフェスティバル 2015 winter:
粘土からディスプレイへ――人気フィギュアにも使われる「ZBrush」利用プロに聞く、デジタル造形のメリット
デジタルスカルプティングツール「ZBrush」の最新版が「ワンダーフェスティバル 2015 winter」で出展された。実際にソフトを愛用するプロが語るデジタル造形のメリットは。(2015/2/9)

「漫画制作に革命を」 完全無料の漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」の狙い
「だいぶお金を使った」――漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」は開発に1億円かけたが、利用は完全無料だ。赤字ながら無償提供を続ける理由は――。(2015/1/16)

完全無料の漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」公開 データはクラウドに保存 「どこでも描ける」
完全無料の漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」が公開。制作したデータはクラウドに保存されるため、オフィスのPCで途中まで描き、続きを自宅PCで描くなどが可能だ。(2014/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。