ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「機動警察パトレイバー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機動警察パトレイバー」に関する情報が集まったページです。

アニメに潜むサイバー攻撃:
篠原重工は行政指導が必要? 劇場版「機動警察パトレイバー」で学ぶ「内部犯行」リスク
サイバー攻撃は、時代に合わせ、攻撃の対象や手口が変化してきました。そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第7回のテーマは「機動警察パトレイバー the Movie」です。(2019/6/7)

「攻殻機動隊」押井守監督の新作アニメーションが制作決定! “構想10年”の意欲作が2020年に放送予定
放送すぐじゃん。(2019/5/15)

架空世界で「認証」を知る:
押井守監督作品で考える「VRオンラインゲームの個人認証」
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第13回のテーマは「オンラインVRゲームにおける認証」について。(2019/4/16)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
“冬の時代”から始まった平成アニメ、いかに2兆円産業に飛躍したか
アニメ・映像ジャーナリストの数土氏が平成アニメビジネス史を総括する。冬の時代から今の繁栄にどう至ったのか。(2019/3/14)

架空世界で「認証」を知る:
ガンダム、パトレイバー、コードギアス――リアルロボットの“認証技術”を考察する
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第8回のテーマはサンライズ作品のリアルロボットの認証について。(2019/1/21)

架空世界で「認証」を知る:
「鉄人28号」が抱える脆弱性とは? ロボット悪用を防ぐ”認証”を考える
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第7回のテーマは「鉄人28号」の認証について。(2019/1/15)

架空世界で「認証」を知る:
映画「ミッション:インポッシブル」5作品の“セキュリティ突破方法”を考察してみた
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第6回のテーマは映画「ミッション:インポッシブル」に登場する認証技術。(2019/1/7)

架空世界で「認証」を知る:
「新世紀エヴァンゲリオン」の使徒がネルフ本部に仕掛けた“ハッキングの手口”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第5回のテーマは「パスワードハッキング」。(2018/12/7)

東京コミコン2018:
セクシーな“キャプテンマーベル”の美脚がすらり 東京コミコンの美女コンパニオンを紹介
【画像25枚超】編集部が厳選した美人お姉さん大集合。(2018/12/2)

「エヴァ」「ハルヒ」「コナン」 TVアニメ放送開始したときの自分の年齢覚えてる?
シーンは思い出せるんだけどなあ……。(2018/8/18)

夏の暑さも吹き飛ばす! 夏コミを彩るコスプレイヤーさんたちにシャッターを切る指が止まらない 
2日目も暑いけど夏コミは大盛り上がりです!(2018/8/11)

「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
初挑戦となったフル3DCG。そして、アニメの中にゲーム画面を組み込む難しさとは。(2018/8/10)

「パトレイバー」の新作が本格始動! 8月10日の“パトレイバーの日”には公式サイト&SNSがオープン
公開日などの情報は未定。公式サイトやSNSを通して発表していくとのこと。(2018/8/9)

「実はマジすごい、超細かい」「よいアニ鉄教育できます」 鉄道BIG4も絶賛「アニメと鉄道展」が開催
アニメに描かれる鉄道描画や考証の「すごいところ」を一挙公開。開催は2018年8月19日まで。(2018/7/13)

赤いシャムネコ・将来の終わりが語る:
「安室透」とは結局何者なのか? 劇場版コナン最新作「ゼロの執行人」について語らせて!【ネタバレあり】
バーボン片手にマジトーク。(2018/4/30)

「パシフィック・リム:アップライジング」レビュー 言いたいことはいろいろある。だけどそれが幸せだ
紆余曲折を経て公開されたシリーズ第2段。(2018/4/20)

アニメーターの高木弘樹さん死去 「WXIII 機動警察パトレイバー」「宇宙戦艦ヤマト2199」などに参加
現在公開中の「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が遺作に。(2018/2/9)

写真でふりかえる2017年:
アニメから“現実化”したロボットまとめ(2017年) 「ハロ」「タチコマ」など
ガンダムの「ハロ」、攻殻機動隊の「タチコマ」――2017年は、日本のアニメ史を彩ってきた個性豊かなロボットたちがいくつも“現実化”した1年間だった。(2017/12/23)

「君の名は。」「おそ松さん」「文スト」……アニメの“予告編”ってどうやって作られてるの? ディレクターに聞いてきた
予告編制作の裏側。(2017/11/25)

アニメで見たい! すしお、足立慎吾、高田明美ら「ワンダーウーマン」のコラボイラスト手掛ける
なぜかリカちゃんもコラボしてしまう。(2017/7/7)

「パトレイバー」新作か? フランスの映画祭に「Patlabor EZY」ポスター
(2017/6/14)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)

魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”
実際のところ、押井守は何か新しいテーマや表現を持って再び「攻殻機動隊」を手掛けたいと思っているのだろうか?(2017/4/18)

現場に急行してる感すごい 走る輸送車両の上にいるイングラムが撮影される
アニメでよく見た。(2017/3/14)

「恋は雨上がりのように」アニメ化! 2018年1月にノイタミナ枠で放送
中年男性がキュンキュンしそう。(2017/3/2)

製造業IoT:
PR:スマートファクトリー実現へ、工場IoTのカギを握るMECHATROLINK
スマート工場実現に向けて、工場内で活用する産業用オープンネットワークが注目を集めている。その中で日本・アジアを中心に存在感を高めているのが、MECHATROLINK協会が推進する「MECHATROLINK(メカトロリンク)」である。(2017/2/22)

クリスとレオンが初共闘! フルCG長編映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」公開日&キービジュアル解禁
舞台は……「謎の洋館」!(2016/12/15)

14年ぶりアニメ復活「機動警察パトレイバー REBOOT」期間限定でWeb公開
短編アニメ「機動警察パトレイバー REBOOT」が、日本アニメ(ーター)見本市のWebサイトで公開。パトレイバーが14年ぶりにアニメ版として復活した。(2016/11/24)

復活(REBOOT)するぞおおお!! 「機動警察パトレイバー」完全新作アニメが期間限定で配信中
あらためて王道を意識した作品に。(2016/11/23)

復活きたぁああああ! 「機動警察パトレイバー」が完全新作アニメで10月劇場公開!!
キャストとして山寺宏一さん&林原めぐみさんが参加。(2016/7/29)

「これは僕の廃墟願望を満たすゲーム」 押井守、『ドラゴンクエストビルダーズ』に妄想の塔を建築す 後編
押井守は『ドラゴンクエストビルダーズ』でいったいどんな世界を作り上げたのか? 異色のゲーム中心インタビュー(後編)。(2016/7/21)

「これは僕の廃墟願望を満たすゲーム」 押井守、『ドラゴンクエストビルダーズ』に妄想の塔を建築す 前編
押井守は『ドラゴンクエストビルダーズ』でいったいどんな世界を作り上げたのか? 異色のゲーム中心インタビュー(前編)。(2016/7/20)

制作は「エヴァ新劇場版」のスタジオカラー! 重力ゲー「GRAVITY DAZE」のスペシャルアニメ「The Animation 〜Ouverture〜」制作始動
「GRAVITY DAZE 2」主人公はキトゥンが続投!(2016/7/19)

ハウステンボスに「ロボットの王国」誕生 ロボットのレストランや体験型ミュージアムなどの複合施設に
2015年にはロボットが働く「変なホテル」をオープンしていた。(2016/7/13)

押井守監督の短編が2017年公開決定
国内でも放送してほしい……!※追記・訂正あり(2016/7/5)

搭乗型巨大ロボの本格バトル、始動
巨大な二足歩行メカに乗り込んで、ライバルメカと対戦する、少年のロマンが実現する。さらに国際リーグ戦まで構想している海外メーカーがある。(2016/5/25)

シリーズ最終作「バイオハザードVI:ザ・ファイナル」、日本で世界最速公開決定!
公開は2016年12月23日。これが、最後。(2016/4/25)

アニメ監督×漫画家×小説家:
これからの人類はAIとどう向き合っていくべきか――「AIの遺電子」山田胡瓜と「イヴの時間」吉浦康裕、水市恵が語る現在と未来
これまでSFにしか存在しなかった、人間と見分けのつかない知性を備えたAIが近い将来、本当に実現するのかもしれない。そんなAIが実用化された社会はどんなものになるのだろうか。(2016/4/14)

海外オタク見聞録:
「ウィザードリィ」とアニメの意外な関係 作者ロバート・ウッドヘッド氏インタビュー
「ウィザードリィ」の作者として知られるロバート・ウッドヘッド氏。実は日本のアニメを翻訳する事業も手がけています。(2016/3/30)

ハウステンボスに高さ約9メートルの実物大「パトレイバー」出現 映画で使用された小道具や写真展示も
ぐわぁああああああハウステンボスやりおった……か!(2016/3/8)

寒い日のデッキアップにぴったり 篠原重工と特車二課のウインドブレーカー、ワンフェスで先行販売
特車二課と篠原重工のウィンドブレーカーが登場。寒い日のデッキアップや台風直前の防水処理、埋め立て地でのランニングにぴったりです。(2016/1/27)

第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」、入賞作41タイトルを発表
DEGジャパンは、2015年に発売されたBlu-ray Discタイトルの中で「最もBlu-ray Discの特徴を生かした作品」を表彰するアワード、第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の入賞作41タイトルを発表した。(2016/1/21)

Weekly Access Top10:
地下鉄の車窓から
東京の地下には、まだまだ謎が眠っているようです。(2015/11/9)

「バイオハザード」新作CG映画が2017年公開決定 スタッフを一新し完全リブート
ゲーム……フルCG映画化……うっ頭が。(2015/10/15)

『名作マンガの間取り』が新版に 「日常」「けいおん!」「時かけ」など追加
2008年7月出版の『名作マンガの間取り』に、新たに26点の間取り図が加わった。(2015/9/8)

毎日新聞出版、ミドルエイジ向けラノベレーベル「μNOVEL」10月27日創刊
書き下ろし作品だけでなく人気作の復刊も積極的に取り組む。(2015/9/2)

やあ! ゆうきまさみ『究極超人あ〜る』が読み切りで復活だよ
前編は9月14日発売の『ビッグコミックスピリッツ』42・43号に、後編は9月26日発売の「月刊!スピリッツ」11月号に掲載。(2015/8/27)

戦後70周年、「終戦の日」に読みたいWebコミック4選
無料のWebコミック作品の中から、お勧めをテーマに沿ってご紹介。(2015/8/15)

特車隊、北へ! パトレイバー実物大イングラム、北海道初上陸 苫小牧市で開催の「とまこまい港まつり」にて
イングラムが津軽海峡を越えるなんて胸熱!(2015/7/12)

羽海野チカ、荒川弘らとの鼎談も ゆうきまさみを大特集したムックが登場
単行本未収録作や幻の同人誌作、さらには連載中の『白暮のクロニクル』1話分のネームまで収録。(2015/6/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。