ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PCデポ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PCデポ」に関する情報が集まったページです。

PCショップ「PCデポ」の解約金が21万円で炎上 PCデポは「正規の対応だった」とコメント
PCデポは2016年にも炎上していました。(2017/12/7)

「PCデポに解約料21万円請求された」ネットで物議 PCデポ側「正規の対応」
PCデポで契約した光回線などの中途解約を申し出たところ、解約手数料21万円を請求された――Twitterで拡散したこんな訴えについて同社は「正規の対応だった」と説明した。(2017/12/7)

PCデポ、2011年以降の決算に誤り システム不備と人為ミスで
PCデポは、2011年3月期以降の決算に誤りがあったため、5月中に訂正すると発表した。システムの不備や人為ミスが原因という。(2017/5/18)

毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」のメンバー発表 司会の中居正広・ベッキーをはじめ、コメントしづらい顔ぶれ
2016年を騒がせた人たちが大集結。(2016/11/24)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年8月版:
PCデポよりゴルスタより「アカウントロック」が気になる?
2016年8月は、各所で恒例のセキュリティイベントが開催されました。また、PCデポやゴルスタの1件が話題になると同時に、「アカウントロック」や「攻撃手法の公開」の是非について議論が交わされたのでした。(2016/9/13)

PCデポ「古物商許可」不透明問題について取材 9月1日から「Web本店」での中古品取り扱いを再開
「古物商許可、未取得の可能性」とネットを騒がせていました。(2016/9/1)

PCデポ、Webでの中古品取り扱いを当面中止 古物取り扱いの届け出にミス
店舗では買い取り・販売を引き続き行っているとしています。(2016/8/28)

PCデポ、炎上したサポート契約に関する対応策を発表 現状把握と別スタッフによる案内確認を実施
店舗スタッフとは別の「品質管理スタッフ」でチェックするとしてます。(2016/8/26)

スピン経済の歩き方:
高齢者カモ疑惑 PCデポの「初動対応」があまりにもお粗末だったのはなぜか
PCデポが大炎上した。PCの使い方などをサポートするサービスに対して、批判が集中したわけだが、同社の初動対応に問題はなかったのだろうか。炎上後、PCデポの対応をみると……。(2016/8/23)

Weekly Access Top10:
日本やりました! 金メダルです! (演出も)
リオ五輪の閉会式、鳥肌が立ちました。ポケモンは時期的に間に合わなかったのでしょうね。(2016/8/22)

PCデポが「従業員によるカード情報不正取得」を否定 店員を名乗るアカウントは「易々とクレカを渡す鴨」と投稿
ツイートは2014年当時のものでした。(2016/8/18)

「PCデポ店員が顧客のカードで買い物」Twitterに投稿 PCデポは否定
家電店「PC DEPOT」のある店舗で、店員が顧客のクレジットカードで買い物している――Twitterにこんな告発が投稿されていたが、PCデポは否定した。(2016/8/18)

「顧客にそぐわないサービス提供あった」 ネットで批判受けたPCデポ、75歳以上の解約は無償に
「高齢者に不必要に高額なサポート契約を結ばせたのでは」とネットで炎上していたPCデポが対策を発表。75歳以上の顧客について、契約解除を無償にするという。(2016/8/18)

高齢者サポートで炎上のPCデポが謝罪 今後は75歳以上の契約解除を無償に
「使用状況にそぐわないサービス提供があった」とのこと。(2016/8/17)

PCショップ「PCデポ」高齢者相手の高額サポートで批判 月々1万5000円、契約解除に20万円
ネット上ではPCデポに対する批判が相次いでいます。※追記(2016/8/17)

ピーシーデポ、「JUST PRICE FON」で音声定額サービスを開始
「JUST PRICE FON」で1回あたり3分、月170回までが無料となる音声定額サービスを開始。プレフィックス番号を自動で付加する専用アプリを用意する。既存プランよりも1000円高くなる。(2016/8/12)

格安SIM定点観測:
手厚いサポートのMVNOが登場 端末のレンタルサービスも――2016年4月・5月音声通話
音声通話対応のMVNOサービス(格安SIM)も、競争の軸が「サービス改善」中心となった感がある。新年度に入っても、サポート、端末の提供方法、通話定額など、料金の「外」での動きが活発だ。(2016/6/16)

データ移行やLINE設定も店頭で――ピーシーデポ、MVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供
ピーシーデポが、4月29日に新たなMVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供する。月額料金にはスマホの端末代、通信料金、サポート料金が含まれており、利用できるプランは端末によって異なる。店頭でのみ申し込みを受け付ける。(2016/4/12)

SIM通:
ピーシーデポ、LINE設定等サポート「格安スマホプラン」発表
ピーシーデポは、購入時の店頭設定から購入後の継続サービスまで付つく「格安スマホ」プランを、新たに3種類投入する。(2016/2/23)

ピーシーデポ、格安スマホのラインアップ拡充――サポート付き3プランを開始
ピーシーデポの格安スマホラインアップに、各種サポートも含めた月額1990円〜3990円の3プランが追加された。(2016/2/3)

新PCに買い替えるチャンス:
対象のWindows 10搭載デバイス購入で下取り最大1万円増額――10月15日から
対象となるWindows 10搭載デバイスはタッチパネル搭載の計75種類(2015/10/14)

PC DEPOT、「VAIO」シリーズの取り扱いを拡大――全店舗で提供を開始
ピーシーデポコーポレーションは、VAIO製PCの取り扱い店舗拡大を発表、「PC DEPOT」「ピーシーデポスマートライフ店」全店で取り扱いを開始する。(2015/6/19)

ピーシーデポ、VAIO本体+データ通信サービスをセットで使える月額制「VAIO スマートパック」の販売を開始
ピーシーデポコーポレーションは、VAIO製ノートPC本体とモバイルインターネット通信料をセットにしたパッケージ「VAIO スマートパック」の販売を開始する。(2015/3/6)

SIM通:
PCデポ、格安SIMサービスに秘められた「おもてなし」
PCデポは、SIMカードの開通手続きや設定、iPhone 6の設定や開通・通信テストなど、専門スタッフのサポートが店頭で受けられる格安SIMサービスを提供しています。その背景を聞きました。(2014/11/27)

MVNOに聞く:
光回線とモバイルのセット販売も検討――格安や映像を武器に伸びる「U-mobile」の戦略
2段階制の独自の料金プランを提供し、渋谷区の外苑前にリアル店舗もオープンするなど、MVNOとして存在感を高めているU-NEXT。オフィシャルキャラクターに“天使すぎるアイドル”の橋本環奈さんを起用したことも話題を集めた。そんな同社の戦略を聞いた。(2014/10/17)

LTEは非対応:
ピーシーデポ、端末込み月1490円の格安スマホを9月発売 通話付きでMNPも可能
ピーシーデポは、端末代込み月1490円で利用できる格安スマホを9月に発売する。通話機能付きでMNPによる乗り換えも可能だ。(2014/8/7)

ピーシーデポ、速度制限なしで週200Mバイトまで使える格安SIM発表――料金は月額1000円から
ピーシーデポコーポレーションは、NTTドコモのネットワークを利用した高速LTE対応のSIMカードを発表した。毎週200Mバイトまでの快適なインターネットを、月額1000円から楽しめる。(2014/2/24)

ただの中古とは違う:
中古ではありません。「NECリフレッシュPC」です──国内メーカーが取り組むとPCリユースはこうなる
開始10周年を迎えたNEC製PCのリユース事業「NECリフレッシュPC」は、普通の中古PCと何が違うか。修理・サポート拠点、NEC群馬事業場で展開する「国内PCメーカーだからこそ」の点は何か。(2013/2/15)

イー・アクセス、家電量販店やISPなど10社のMVNOにLTE網を提供
イー・アクセスは、同社のLTE通信網を利用するMVNO企業10社を公表した。3月15日から順次サービスを提供する。(2012/3/14)

ピーシーデポ、被災者向けの割引PC修理サービスを開始
ピーシーデポは、震災被害を受けたPCの応急処置/修理と特別割引にて実施する。(2011/3/18)

ピーシーデポ、42V型LEDバックライト搭載のフルHD液晶テレビを9万9900円で販売
ピーシーデポコーポレーションは、「OZZIO StyleVisionシリーズ」の液晶テレビ3モデルを販売する。LEDバックライト採用液晶テレビとしては業界最安値という9万9900円から。(2010/6/9)

ピーシーデポ、7万9800円のフルHD倍速42V型液晶テレビ
ピーシーデポが「クラス最安値」という、7万9800円のフルHD倍速42V型液晶テレビを発売する。(2009/11/13)

PCのサポートとモバイルデータ通信をセット販売――イー・モバイルとPCデポが協業
PCデポとイー・モバイルが協業し、モバイルデータ通信とPCのサポートをセットにした「バリューパック」を発売。PCインターネットのトラブル時には、原則24時間以内で正常回復のサポートが受けられる。(2009/4/23)

PCデポ、約5万円からの液晶一体型デスクトップPCを発売
ピーシーデポコーポレーションは、トライジェムジャパンとのコラボレーションモデルとなる液晶一体型デスクトップPC「OZZIO TR」「同 TX」の2シリーズ5製品を発売する。(2009/3/6)

PCデポ、5万円台からのAtom搭載ミニノート「OZZIO AXD」
PCデポは、オンキヨーとのコラボレーションモデルとなるAtom搭載ミニノート「OZZIO AXD」シリーズを発表した。(2008/10/31)

PCデポ、アップル製品の取り扱い強化を発表――全店舗で専用売場を展開
PCデポは、アップル製品の販売強化を発表、周辺機器やアクセサリの専用売場を全店舗で順次展開していく。(2008/2/12)

FONルータに上位機 電波飛距離5倍の専用アンテナも
FONは専用ルータ「La Fonera」の上位機と、電波の飛距離を最大5倍に伸ばす専用アンテナを8月11日から発売する。(2007/8/9)

FONが専用無線ルータを機能強化、電波到達距離が5倍になるアンテナも
フォン・ジャパンは、ポート数やアンテナなどを拡張した無線LANルータ「La Fonera」の新版を発売する。(2007/8/8)

PCデポ、46V型で18万円台の「業界最安値」液晶テレビ
PCデポ液晶テレビ「OZZIO StyleVisionHDシリーズ」7製品を発売する。いずれも「業界最安値」(同社)の低価格設定だ。(2007/7/26)

PCデポ、ハイビジョン対応液晶/プラズマを最大5万円値下げ
ピーシーデポコーポレーション(PCデポ)が薄型テレビ「OZZIO StyleVision」4モデルの価格を改定。最大5万円の値下げ。(2007/4/12)

PCデポ、32V型と37V型の「業界最安値」液晶テレビ
ピーシーデポコーポレーションは、ハイビジョンパネルを搭載した32V/37V型液晶テレビを発売する。価格はもちろん“業界最安値”だ。(2007/2/27)

Home Basic→Home Premiumは9800円 「Anytime Upgrade」国内サービス発表
Windows Vista上位エディションにオンラインでアップグレードできる「Anytime Upgrade」の国内価格を発表。Home BasicからHome Premiumへの参考価格は9800円。(2007/1/19)

+D Voice:
「一般的な家電」になりつつある薄型テレビ
今冬、購入したいAV家電として薄型テレビの人気が高い。「テレビ」としての基本性能は各社モデルとも一定水準に達しており、選択の幅も増えた。「初めての薄型」を買うにはいい時期かも知れない。(2006/12/4)

LifeStyle Weekly Access Top10:
「小さなnano」希望
人気を集めたのは新しいiPod shuffleのレビュー。並べると分かるが、新しいiPod shuffleとnanoは共通のイメージを持ったきょうだいのように見える。“まんなか”もある3兄弟ならよかったのに……。(2006/11/13)

PCデポ、32V型で7万円台の「業界最安値」HD液晶テレビ
ピーシーデポコーポレーションは、ハイビジョンパネルを搭載した32V型液晶テレビ「OZZIO StyleVision Basic」(HDV-32B1)を発売する。価格はもちろん“業界最安値”だ。(2006/10/18)

Vistaを前にPC需要低迷 PCデポが業績予想を下方修正
(2006/10/17)

あなたのお札、判定します――ニセ札判定くん
もし、あなたの持っているお札がニセ札だったら――。そんな時に気軽にチェックできるのが「ニセ札判定くん」だ。(2006/8/22)

42V型で19万9900円の液晶テレビ、PCデポから
ピーシーデポコーポレーションは薄型テレビ「OZZIO StyleVisionシリーズ」に42V型と47V型の2製品を追加した。(2006/8/22)

PCデポ元社員を逮捕 インサイダー取引の疑い
PCデポで広報などを担当していた当時の社員が、自社の株式分割などを事前に知り、インサイダー取引をしていた疑いで逮捕された。(2006/8/3)

“業界最安値更新”の薄型テレビを見てきた
50V型プラズマが22万円台、37V型フルHD液晶が14万円台という低価格が特徴。PCデポの大画面薄型テレビを見てきた。(2006/7/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。