ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ぴあ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ぴあ」に関する情報が集まったページです。

暁美ほむらに特化したムック本『魔法少女ほむら☆マギカ×ぴあ』 斎藤千和さんのスペシャルインタビューも収録
12月18日に発売。(2018/12/13)

エンタメ情報誌『ぴあ』、スマホアプリになって復活
読者投稿コーナーも復活。(2018/11/29)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
「ライブ」は唯一無二だがIT活用で広がる「エンターテインメント」の世界は無限
「はじめに遊びがあった」という精神に基づいて、事業を展開するぴあ。遊びから生まれるエンターテインメントにより、全ての人に「感動」を与えることを目指している。(2018/11/28)

カズレーザー、真っ赤な衣装のローラを完全再現するも「プリントかと思いきや夏ぴあ」「踵が浮いてる」
格好いいけど笑ってしまう。(2018/11/5)

「ジャケットはレザーかデニムか」 “世紀末の救世主”を徹底解剖した『ケンシロウぴあ』発売
デニムだと思ってる。(2018/9/29)

半径300メートルのIT:
ぴあ、アララ、トレンドマイクロ――情報漏えい事件の後に“支持される企業”と“たたかれる企業”の違い
一度起こってしまった情報漏えい事故は、なかったことにできない。だからこそ問われるのが、事件後に各企業がとった対応です。さまざまな“事件”を巡って彼らの評判を分けたものとは、一体何だったのでしょうか。(2018/9/19)

電子チケットで入場、買い物も パナソニックとぴあ、スタジアム事業で協力
パナソニックとぴあは、スポーツイベントなどの入場チケットの電子化を進める。電子化したチケットで、入場時の認証に加え、グッズや飲食物の購入もできるようにする。(2018/9/14)

ぴあ、新アリーナの模型写真と完成イメージ動画を公開 横浜・みなとみらい地区に2020年春開業予定
1万人規模の大型コンサートアリーナとなる予定です。(2018/9/2)

若年層への認知向上へ:
かまぼこの鈴廣Webサイトでレシート換金アプリ「ONE」活用キャンペーン
ぴあデジタルコミュニケーションズと鈴廣蒲鉾本店は、鈴廣Webサイトにキャンペーンプラットフォームを新設。取り組みの一環として、レシート換金アプリ「ONE」を活用する。(2018/8/30)

嗜好性の高いオーディエンスに質の高いメディアでアプローチ:
「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始
ぴあデジタルコミュニケーションズは、同社が提供するDMPサービス「PIA DMP」がサイバー・コミュニケーションズ(CCI)の広告マーケティングソリューション「BEYOND XPMP」との連携を開始したと発表した。(2018/8/21)

顧客との近距離化・深化に貢献するマーケティングソリューションを開発:
ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。(2018/7/17)

情報誌『ぴあ』がスマホアプリとして復活 8月末に本創刊
無料サービス部分をテスト版として先行公開中。(2018/7/13)

新会社を設立:
三井物産とヤフー、ダイナミックプライシング事業を本格始動 ぴあも参加
三井物産とヤフーは6月1日、需要と供給に応じてチケットなどを動的に価格調整する「ダイナミックプライシング」を手掛ける新会社「ダイナミックプラス」(東京都千代田区)を設立した。チケット最大手のぴあも資本参加する。(2018/6/4)

ぴあ、購入チケットを発券前に同行者に配れる「Cloak」 定価リセールも1枚単位で
チケット販売サイト「チケットぴあ」に新サービス「Cloak」導入。チケットを複数枚購入した人が、発券前に同行者にチケットを配布でき、発券後に手渡ししたり郵送するといった手間がなくなる。(2018/4/13)

「チケットぴあ」の会員データを広告配信の最適化に活用:
ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォームとのデータ連携コンサルティングサービスを提供開始した。(2017/12/13)

この一冊に一片の悔いなし!? 世紀末覇者・拳王を徹底解析する『ラオウ×ぴあ』11月20日発売
“ザコからのメッセージ”なども掲載。(2017/11/18)

ぴあ、横浜の「1万人規模アリーナ」12月着工 2020年の“会場不足”解決へ
ぴあが2020年春に横浜市で開業予定の「1万人規模のアリーナ」が12月に着工される。(2017/11/9)

旧作も紹介するアニメ誌、ぴあが創刊 「ネットの進化で旧作楽しむ機会増えた」
新作だけでなく人気の旧作も紹介するアニメ雑誌『アニメぴあ Shin-Q(シン・キュー)』をぴあが創刊する。(2017/8/16)

ぴあから新アニメ誌「Shin-Q(シン・キュー)」誕生! 新作と懐かしアニメの2つを軸に
どんな雑誌になるのか楽しみ。(2017/8/14)

ぴあが1万人規模のアリーナをみなとみらいに建設 会場不足問題の解決に向け 2020年春開業予定
盛り上がるライブ・エンタテイメント市場規模の受け皿なるか。(2017/7/20)

ぴあ、「1万人規模の音楽アリーナ」横浜に建設 2020年開業へ
1万人規模の音楽コンサートアリーナを、ぴあがみなとみらいに建設へ。2020年春の開業を目指す。(2017/7/20)

民間単独で:
ぴあ、1万人規模の大型音楽アリーナ建設へ 20年春開業
ぴあは収容客数が1万人規模の大型音楽アリーナを横浜市のみなとみらい地区に建設する。(2017/7/20)

チケット高額転売、マイナンバーカードで阻止 総務省とぴあが検討【訂正あり】
総務省とぴあが、チケット販売時にマイナンバーカードを使った認証機能の導入を検討。チケットの高額転売を防ぐ狙い。【訂正あり】(2017/7/12)

ぴあも「電話番号認証」必須に 不正転売対策で
「チケットぴあ」にも電話番号認証が。1つの電話番号につきIDを1つに制限することで、大量IDの不正取得によるチケット大量購入を防ぎ、高額転売抑止につなげるとしている。(2017/7/7)

チケットぴあが「電話番号認証」を導入 1つの電話番号で1つの会員IDを認証するシステムで高額転売を抑止
不正な複数ID取得を防ぐための仕組みです。(2017/7/6)

嗜好性の高いオーディエンスデータを活用可能に:
ぴあ、「チケットぴあ」などのデータを活用したプライベートDMPの本格提供を開始
ぴあは、国内最大級のライブエンターテインメントおよびレジャーのプライベートDMPサービス「PIA DMP」の本格提供を開始した。(2017/5/23)

不正利用被害は880万円:
ぴあのクレカ情報流出、新たに6500件確認
ぴあ運営のB.LEAGUE関連サイトで不正アクセス。個人情報が流出した可能性がある問題について、新たにクレカ情報6500件が対象になると発表。合計で約3万9000件に上るという。(2017/5/19)

ぴあ、Bリーグ不正アクセス問題 新たにカード情報6500件の流出可能性を発表 計4万件弱に
5月8日時点で、不正使用が判明しているのは379件(被害額約880万円)。(2017/5/18)

ぴあ、新たにカード情報6500件流出の恐れ チケットサイトが不正アクセス被害
B.LEAGUE公式チケットサイトなどが不正アクセスを受けた件で、さらにクレジットカード情報が6508件流出した可能性が発覚。公表済み件数と合わせると3万8695件。クレジットカード決済機能の復旧は「困難な状況」。(2017/5/18)

「アニメぴあちゃんねる」が4年半の歴史に幕 最終回のゲストは前田玲奈、鈴木このみら
最後は全員で大合唱エンド。(2017/5/18)

業界初の公式チケット転売「チケトレ」 手数料に「高すぎる」の批判続出、ぴあ「運営コストギリギリで設定」
高額転売問題を解決するために設立された「チケトレ」。券面金額でチケットを二次売買できるが、手数料の設定にネットでは疑問の声が。(2017/5/10)

B.LEAGUEチケットサイトなどから個人情報のべ15万件超が流出の恐れ Apache Struts2の脆弱性が原因
ぴあが運営を受託していたプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」のチケットサイトとファンクラブ受付サイトに不正アクセスがあった。個人情報のべ15万件超が流出した可能性があり、クレジットカード番号とセキュリティコードも3万2000件あまりが盗まれた可能性がある。(2017/4/25)

15.5万件余りの個人情報流出か プロバスケリーグ、チケットサイトの不正アクセスについてぴあが謝罪
Twitter上ではクレジットカードの不正利用を疑う声があがっていました。(2017/4/25)

ぴあ、チケットサイトから個人情報15万件流出か カード情報も
「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受け、ぴあが運営するB.LEAGUEのチケットサイト、ファンクラブサイトから個人情報が流出。(2017/4/25)

不正利用は197件630万円:
ぴあ、最大3万2000件のクレカ情報流出
ぴあが最大約15万5000件の個人情報(うち、クレジットカード情報約3万2000件)が流出した可能性があると発表。運営を受託しているB.LEAGUEのチケットサイトとファンクラブ受付サイトが不正アクセスを受けた。(2017/4/25)

国内音楽ライブ市場、成長続く 15年は初の3000億円超え
2015年の国内の音楽ライブ市場は初めて3000億円を突破――ぴあ総研がこんな調査結果を発表した。(2016/9/29)

ファンブック「スプラトゥーンぴあ」3月23日発売! イカ研究所デザインの「イカしたバンダナ」も付いてくる
気になるじゃなイカ。(2016/3/14)

ぴあで個人情報を含むノートPCが盗難に、社内規定が守られず
横浜 F・マリノスのチケット購入者の個人情報を含むノートPCが盗まれた。社内規定で個人情報の社外持ち出しが禁止されていたものの、担当者の不注意で削除されていなかった。(2015/11/30)

デビュー25周年の足跡を辿る『BEGINぴあ』 9月28日発売
表紙は『ぴあ』の表紙を手掛けるイラストレーター・及川正通さんが描き下ろしている。(2015/9/28)

40周年記念:
『世界名作劇場ぴあ』7月30日発売、付録はアンやラスカルたちが描かれた特製トランプ
全26作品のストーリーやキャラクターなどの設定集や、宮崎駿が手掛けた「赤毛のアン」レイアウト原画など貴重な資料を多数掲載している。(2015/7/21)

ぴあ、チケット購入者1万4000人分の個人情報入りノートPCを紛失
ぴあは、コンサートチケット購入者1万4080人分の個人情報が含まれたノートPC 1台を紛失したと発表した。(2015/7/21)

ぐでたま公式ファンブック第2弾「ぐでたまぴあ2」発売 ニセたまがぐでたまにインタビュー、付録は手ぬぐい&シール
表紙の本人は相変わらずぐでぐで。(2015/7/12)

一緒に作るのだ――『赤塚不二夫80年ぴあ』発売へ
公式サイトでは、好きな赤塚キャラや名場面、赤塚さんに関するエピソードを募集中。一部は誌面に掲載される。(2015/3/16)

縦スクロールで雑誌のダイジェスト版が読める「smartmag」
月額300円で『ぴあ食本シリーズ』や高級腕時計専門誌『クロノス日本版』などが読み放題に。無料コンテンツも用意されている。(2014/11/18)

名機とともに振り返る――生誕35年記念『ウォークマンぴあ』発売
小室哲哉やジミー・ペイジら著名人35人が語る、ハイレゾ体験も掲載。(2014/10/28)

ビューン、雑誌読み放題に『WIRED』『VOGUE JAPAN』など6誌を追加
『GoodsPress』(徳間書店)、『GQ JAPAN』『WIRED』『VOGUE JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)、『flick! digital』(エイ出版社)、『おいしい肉の店 首都圏版 2014』(ぴあ)の6誌が追加。無料閲覧期間を6日間に延長した新規ユーザー向け「愛本キャンペーン」も実施している。(2014/9/22)

ぴあ、転売&空席対策 発券前のチケットを定価で再販売可能に
行けなくなった公演のチケットを有効活用。(2014/7/1)

行けなくなった公演のチケットを希望者に再販売できる公式サービス、ぴあが開始
「チケットぴあ」でチケットを購入したものの公演に行けなくなった場合、希望者に定価で再販売できる「定価リセールサービス」をぴあが始めた。(2014/7/1)

KDDI、エンターテインメントサイト「uP!!!」で「uP!!!presents MBS音祭2014」チケットの最速先行販売を開始
KDDIは、ぴあと共同提供するエンターテインメントサイト「uP!!!」にてMBSが開催する音楽イベント「uP!!!presents MBS音祭2014」のチケットの最速先行販売を開始する。(2014/6/2)

「チケットぴあ」サイトで二重請求、約3億円分
「チケットぴあ」サイトでクレジットカード決済によりチケットを購入した一部のユーザーへの二重請求が判明。約2万4600件・2億9531万円に上っている。(2014/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。