ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayReady」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayReady」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Chromecastアプリ開発入門(2):
スマホとWebSocketで連携するテレビ用SPA(Single-Page Application)の作り方
メディアストリーミングデバイス「Chromecast」用アプリの開発方法を一から解説する連載。今回は、Senderのコマンドを受信してHTML5のvideo要素を使ってメディアを再生したり画面を写したりするReceiverアプリの概要と作り方などを解説します。(2014/11/14)

Microsoft Azureスマート解説【最終回】
“作る”から“利用する”へ 管理者を多くの作業から解放する「Microsoft Azure」のサービス
「Microsoft Azure」のサービスの中から、ビッグデータ分析基盤「HDInsight」、モバイルバックエンドサービス構築基盤「モバイルサービス」、動画配信基盤「メディアサービス」、統合プッシュ通知サービス「通知ハブ」を紹介する。(2014/10/15)

Chromecastアプリ開発入門(1):
Chromecastで動くHTML5ベースのメディアストリーミングアプリを作るための基礎知識
メディアストリーミングデバイスChromecastの概要とシステム構成、開発環境、専用アプリを作るための準備と手順などを解説します。(2014/9/3)

ファーウェイ、セットトップボックス「U-NEXT TV」を8月15日から提供開始
ファーウェイ・ジャパンは、同社初となるセットトップボックス「U-NEXT TV」を8月15日から提供開始。8万本以上の動画を高画質で楽しめる。(2014/8/1)

DRM、ストリーミング、ネイティブ/HTML5の高い技術力が必要:
PR:オープンストリームがChromecast対応iOS/Androidアプリ開発技術を確立できた理由
(2014/6/20)

パケットビデオの「Twonky」がドコモの「TV BOX」に採用――さまざまな環境で「NOTTV」を視聴可能に
パケットビデオのメディアソリューション「Twonky」が、NTTドコモの「TV BOX」に採用。これにより「NOTTV」のコンテンツを非対応端末でも視聴可能となる。(2014/5/21)

月額490円で6万コンテンツが見放題 「UULA」2月14日サービス開始
エイベックス・エンタテインメントとソフトバンクの合弁会社、UULA(ウーラ)が2月14日から、ソフトバンクモバイルのXシリーズをのぞくAndroidスマートフォンとiPhone/iPad向けに、月額490円の映像配信サービスを開始する。追加料金なしですべてのコンテンツが楽しめる。(2013/2/13)

高精細有機EL搭載タブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を10月25日に発売
Samsung電子製のAndroid 4.0タブレット、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」が10月25日から店頭に並ぶ。7.7インチのSuper AMOLED Plusディスプレイは現時点で世界最大のサイズだという。(2012/10/22)

ドコモ タブレット:
世界最大、7.7インチSuper AMOLED Plus搭載――「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
Samsung電子製の7.7インチAndroidタブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」がドコモのタブレットラインアップに登場。XiやNOTTV、ワンセグに対応し、大容量のバッテリーを備える。(2012/8/28)

IIJ、デジタル著作権をSaaS型で管理するDRMサービスを提供開始
IIJは、SaaS型サービス「IIJ DRMサービス/PlayReady」を発表した。PCやスマートデバイス向けコンテンツの著作権管理を、手軽で安価に実現するという。(2011/11/18)

NTTスマートコネクト、クラウド型のスマートデバイス向け動画配信サービスを開始
NTTスマートコネクトは、多様な機器への動画・楽曲配信をクラウドサービスで実現する「マルチデバイス配信サービス」の提供を開始した。(2011/9/2)

IIJ、スマートデバイス向けコンテンツの著作権を保護・管理するDRMサービス提供
マイクロソフトが提供するデジタル著作権管理システム「PlayReady」を用いたDRMサービスを、10月以降に提供する。(2011/7/19)

IIJ、スマートフォン向けのDRMサービスを発表
インターネットイニシアティブは、マイクロソフトのデジタル著作権管理システムを利用したサービスを開始する。(2011/7/14)

Windows Phone “Mango”にも対応:
ミルモと電通、デバイスやOSを問わないコンテンツ配信プラットフォームをリリース
ミルモと電通は、マルチOS、マルチデバイスが特徴のコンテンツ配信プラットフォーム「ROTA2U」をリリースした。DRMにはMSのPlayReadyを採用し、クラウドサービスの「Windows Azure」を利用した柔軟な運用が行える。(2011/7/1)

ミルモ、スマートフォンやPC向けコンテンツ配信プラットフォーム「ROTA2U」を提供
ミルモと電通は、マルチデバイス向けコンテンツ配信プラットフォーム「ROTA2U」の提供を7月1日に開始するとともに、ROTA2U対応の音楽・動画アプリ「media2U」を提供する。(2011/5/25)

ミルモ、Android向け音楽、動画配信プラットフォームを発表
ミルモが、Windows Media DRMとPlayReadyに対応したAndroid端末向けの音楽、動画配信プラットフォームを発表。また、音楽と動画の再生プレーヤー「millmo Media Player」の提供を9月3日に開始した。(2010/9/3)

Microsoft、「Silverlight 4」のβ版リリース
MicrosoftがRIAツールの次期版ほか、コラボレーションツールやモバイル向けOfficeなどのβ版をリリースした。(2009/11/19)

オフラインDRMを実現:
Microsoft、「Silverlight 4」の新機能を発表
MicrosoftのFlash対抗RIA再生ツールの新バージョンでは、デジタル権利管理機能がオフラインコンテンツにも対応するようになる。(2009/9/9)

「ネットでMS環境に固執する意味薄い」――「Silverlight2」正式版、来週公開
MSのブラウザプラグイン新版「Silverlight2」正式版が来週中に公開される。AACやH.264にも対応した新DRMを搭載。「ネットでMS環境に固執する意味は薄い」とMSの担当者は語る。(2008/10/10)

まもなくβがとれます:
マイクロソフトが「Silverlight 2」正式版のリリース時期を発表
マイクロソフトが次世代Webブラウザプラグイン「Silverlight 2」の説明会を開催し、10月第3週の正式リリースを告知。“SeaDragon”の名で知られる画像高速表示機能「DeepZoom」のデモなども行った。(2008/10/10)

MSの「Silverlight」、採用拡大
Microsoftのメディア再生用ブラウザプラグイン「Silverlight」を、新たに複数の企業が採用。年内登場予定の新しいDRM技術「Silverlight DRM」についても明らかになった。(2008/4/16)

Nokia、MSのDRM技術「PlayReady」採用
PlayReadyのサポートにより、Nokiaの携帯端末で購入したコンテンツをPCやほかの端末に移して楽しむことが可能になる。(2007/8/7)

MS、Flash対抗「Silverlight」発表
SilverlightはIEにもFirefoxにも対応するプラウザプラグイン。高精細(HD)からモバイルに至るまで幅広い双方向ビデオ体験をサポートする。(2007/4/16)

MSのDRM技術「PlayReady」は携帯電話に照準、だがユーザーへの恩恵は?
Microsoftの新しいデジタル著作権管理(DRM)技術「PlayReady」は携帯電話での利用を見据えて、従来のWindows Media DRM技術よりも高い柔軟性を提供するとされている。だが、エンドユーザーが実際にどの程度の柔軟性を享受できるかは、技術よりも、ビジネスの交渉によって決まることになりそうだ。(2007/4/4)

3GSM World Congress 2007:
MS、Windows Mobile 6.0を披露──6月にもソフトバンクが端末を発表
Microsoftが、スペイン・バルセロナで開催中の3GSM World Congress 2007でWindows Mobile 6.0を発表。新たに東芝とLG電子が対応端末をリリースするとし、ソフトバンクモバイルが6月にも東芝製「G900」とHTC製のWindows Mobile端末を発表するという。(2007/2/13)

3GSM World Congress 2007:
MS、AACとH.264対応の新しいDRM「PlayReady」発表
Microsoftが発表したデジタル権利管理技術「Microsoft PlayReady」で保護されたコンテンツは、携帯電話やPCなど、複数の端末で楽しめるという。(2007/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。