ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Prime Air」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Prime Air」に関する情報が集まったページです。

ついに未来くる!! Amazonがドローン配送「Prime Air」商用サービス開始へ 「数カ月以内」にスタート
日本でも早く!!(2019/6/7)

Amazon、配送用ドローンの最新モデルを披露 数カ月中にサービス開始へ
Amazonが、ドローン配送構想「Prime Air」の新ドローンを披露。翼を兼ねる覆いがついてより安全になり、約2.3キロまでの荷物を積んで24キロまでの距離を飛行し、顧客の庭などに垂直着陸する。(2019/6/6)

Amazon.com、AIイベント「re:MARS」を6月にラスベガスで開催へ
Amazonが、Machine learning(機械学習)、Automation(自動化)、Robotics(ロボティクス)、Space(宇宙)をテーマにした一般参加可能なイベント「re:MARS」を6月4〜7日にラスベガスで開催する。(2019/1/18)

ITはみ出しコラム:
AmazonではAIが社員の仕事を着々と奪っている?
膨大なユーザー数のデータを持ち、強力なクラウドサービスも持つ米Amazon。当然ながら社内でもAI活用は進んでいますが、そのせいで居心地が悪くなっている社員もいるようです。(2018/6/17)

ITはみ出しコラム:
Amazon快進撃を支えるジェフ・ベゾスCEOの長期的展望
書籍のネット販売から始まったAmazon.com。現在の快進撃のバックボーンには、ジェフ・ベゾスCEOの「顧客第一主義」と「長期的展望」があります。(2017/7/23)

Amazon、米ケンタッキー州に自社空輸拠点を建設、2000人の雇用創出へ
ドナルド・トランプ米大統領から米国内で雇用を創出していないと非難された米Amazon.comが、1月に発表した10万人雇用計画に続けて、ケンタッキー州に自社専用空輸拠点を建設し、2000人以上を雇用すると発表した。(2017/2/2)

Apple、「マップ」改善でドローン採用のうわさ FAAが認可済み
Appleが地図サービス「マップ」の品質向上のために、小型ドローンで地図情報を収集する計画だとBloombergが伝えた。既に米連邦航空局(FAA)から商用ドローン飛行の認可を取得済みという。(2016/12/2)

プライムサービス専用航空貨物機「Amazon One」、地元航空ショーでお披露目
Amazon.comが、プライムサービス強化のためにリースした専用航空貨物機(ボーイング767-300)をシアトルの年次航空ショーで初披露した。現在米国で11機が稼働しており、段階的に40機にまで増やす計画だ。(2016/8/8)

視点:
Logistics 4.0――物流ビジネスにおける新たなイノベーション
ロジスティクスは、今までに3つの革新的変化を遂げてきた。第1の革新は、19世紀後半から20世紀にかけての「輸送の機械化」。第2の革新は、1960年代からの「荷役の自動化」。第3の革新は、1980年代からの「物流管理のシステム化」。そして、進みつつある第4の革新「Logistics 4.0」は?(2016/2/3)

Amazon、「Prime Air」用ドローンの新プロトタイプ動画(ジェレミー・クラークソン出演)を公開
ドローン配送サービス「Prime Air」に取り組むAmazon.comが、新しいプロトタイプが実際に商品をテスト輸送する動画を、元「トップギア」司会のジェレミー・クラークソンの解説入りで公開した。(2015/11/30)

FAAが実験的耐空証明を発行するも……:
Amazon、“理想のドローン配達”の実現はまだ遠い?
Amazonは、小型の無人航空機(ドローン)を使った配達サービスの実現に向け、着実に前進しているようだ。米連邦航空局(FAA)が、Amazonに実験的耐空証明を発行したのである。だが、ドローンの飛行や商業利用に関してはまだ制限事項が多く、Amazonが描く“理想のドローン配達サービス”の実現には遠いというのが実情だ。(2015/3/24)

米航空当局、Amazonに配送ドローン試験飛行の制限付き耐空証明を発行
Amazon Prime Airの配送ドローンのテスト飛行を米連邦航空局が許可した。パイロットが目視できる範囲での飛行に限られるなど制限は厳しいが、一歩前進といえるだろう。(2015/3/20)

米航空当局がドローン規制法案を発表 パイロット免許不要に
米連邦航空局が、小型無人航空機、いわゆるドローンの常用に関するルール設定に関する告知を発表した。商用ドローンの操縦者はパイロット免許ではなく、FAAの試験で取得する新たな資格を必要とする。(2015/2/16)

Google、配送ドローンプロジェクト「Project Wing」のテストを実施
Googleが、Amazonの「Prime Air」と競合するドローンによる配送サービスのテストをオーストラリアで実施した。Google Xで2年前に立ち上げた「Project Wing」というプロジェクトの一環という。(動画あり)(2014/8/29)

2キロの荷物を時速80キロで配送:
Amazon、ドローン配送の実験許可を米航空当局に申請
米国では商用ドローンの飛行はFAAが決めた地域でしかできないが、Amazonが安全なドローン配送サービス実現のために私有地での屋外飛行実験を許可するようFAAに申請した。(2014/7/14)

AmazonのベゾスCEO、ドローン配送サービスの進捗状況を説明
Amazonのジェフ・べゾスCEOは株主向けの年次書簡で、「Amazon Prime Air」用のドローンの開発が第8世代まで進んでいると語った。(2014/4/11)

“AI”はどこへ行った?(5):
AIの“苦悩”――どこまで人間の脳に近づけるのか
人工知能(AI)の研究が始まった1950年代から、AI研究の目的は「人間の大脳における活動をいかにコンピュータ上で実現させるか」だ。大手IT企業や大学の努力によって、AIは少しずつ人間の脳に近づいているのは確かだろう。一方で、自然言語処理の分野では、“人間らしさ”を全面に押し出した「人工無能(人工無脳)」も登場している。(2013/12/19)

Weekly Access Top10:
年末年始は本と漫画で冬眠しましょ
ぐっと寒くなっていよいよ年の瀬感が高まってきました。そろそろ年末年始の冬眠……じゃなかった、休暇に向けて本と漫画を仕入れたいところです。(2013/12/9)

Googleのルービン氏、「次のムーンショットはロボット」──New York Times報道
3月にAndroidの責任者を退いたアンディ・ルービン氏は現在「Google X」でロボティクスのプロジェクトを率いており、将来は部品組み立てや配送用のロボットを販売する計画だ。(2013/12/5)

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、ドローン配送や未来を語る
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが米人気報道番組「60 MINUTES」に出演し、「Prime Air」のドローンが450グラムまでのパッケージを配送できることなどを語った。(2013/12/3)

エイプリルフールじゃないよ:
米アマゾンが無人ドローンを使った「空飛ぶ宅配システム」開発中 未来すぎるだろ!
注文の品を、小型のドローンが超高速で届けてくれる時代がやってくる!?(2013/12/2)

Amazon、ドローンでの配送サービス「Prime Air」構想を発表
商品配送時間短縮に注力するAmazon.comが、小型無人飛行機での配送サービス「Prime Air」を早ければ2015年にスタートすると発表した。(2013/12/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。