ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「推進団体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「推進団体」に関する情報が集まったページです。

Interop Tokyo 2019:
「EDA」が実現するリアルタイムなIoTサービス、推進団体が事例を披露
EDAコンソーシアムは「Interop Tokyo 2019」に出展。同コンソーシアムの参加企業が、EDA(Event Driven Architecture:イベント駆動型アーキテクチャ)の取り組み事例を多数披露した。(2019/6/21)

「Microsoft Dynamics 365 Business Central」導入を支援:
3年で中小企業1000社に導入したい――MSのクラウドERP、導入支援団体が発足
中小企業向けにクラウドERP「Microsoft Dynamics 365 Business Central」導入を支援するコンソーシアムが立ち上がった。その理由と、「旧来のERP運用、導入の常識を打破する」という、その手法とは。(2019/6/7)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

USB 4がついに船出 Thunderbolt 3ベースで最大40Gbpsを実現
IntelやHP、Appleなどで構成されるUSB推進団体「USB Promoter Group」が、3月4日に次世代USBアーキテクチャ「USB 4」の仕様を発表した。USBの帯域幅が現行のUSB 3.2の2倍になる他、細かい仕様は2019年半ばに公表される見込みだ。(2019/3/5)

インダストリアルIoT向けセキュリティ:
Kaspersky Lab、IICのIoTセキュリティ成熟度モデル実践ガイドの作成に協力
カスペルスキーは、Kaspersky LabのICS CERT部門のエキスパートが、IoT推進団体であるIndustrial Internet Consortiumの他の会員企業とともに、「IoT Security Maturity Model:Practitioner’s Guide」の作成に携わったことを発表した。(2019/3/5)

ジェフ・ベゾス氏の20億ドル慈善ファンド、まずは24のホームレス支援団体に約1億ドル提供
Amazon.comやBlue Originの創業者で実業家のジェフ・ベゾス氏が、9月に立ち上げた慈善ファンド「Bezos Day One Fund」の最初の出資先を発表した。24のホームレス支援団体に約1000万ドルを提供する。(2018/11/26)

PS4版「ファイプロ」頸髄損傷の高山善廣選手をDLCで応援 販売額は高山選手の支援団体へ寄付
高山善廣DLCの売り上げは高山選手に寄付されます。(2018/8/11)

ほのぼの京王電鉄のツバメのフン受け板 なぜツバメは駅に巣を作るのか、「フン受け板」推進団体に聞く
自作できる「フン受け型紙」も配布。(2018/4/16)

EdgeCrossコンソーシアム:
EdgeCrossコンソーシアム幹事会社に日立が加盟、三菱やオムロンらと並ぶ
FAとITとつなぐオープンプラットフォーム「Edgecross」の推進団体に、日立製作所が幹事会社として加盟した。幹事会社はこれでアドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機それに日立製作所の7社となった。(2018/3/13)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

FAニュース:
IVIがドイツのBW州のインダストリー4.0推進団体と連携
IVIはドイツのバーデン=ビュルンベルク(BW)州でインダストリー4.0に取り組む団体「Allianz I4.0」と産業用IoT推進で連携する合意文書(MOU)に調印した。(2018/3/5)

「メンヘラの孤立を解消したい」 支援団体のデータベース作成を目指すクラウドファンディングが実施中
目標は、当事者と支援者のリアルなつながり。(2017/12/29)

電気自動車:
EVのワイヤレス充電、SAEが出力11kWの開発指針を発表
自動車および航空宇宙分野の標準化推進団体であるSAE Internationalは、電気自動車(EV)のワイヤレス電力転送(WPT)規格「SAE J2954」において、伝送出力を11kWまで拡張した推奨プラクティスを発表した。(2017/12/8)

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」に 支援団体TAKAYAMANIA設立
頚髄完全損傷、回復の見込みなしと診断。(2017/9/4)

テクノロジーよりも重要なこと
IoT導入がうまくいかない“本当の原因”とは? 標準化団体幹部に聞く
IoTシステムやデバイスの普及には、標準化やセキュリティなど数々の課題がある。IT業界の大手5社が設立したIoT推進団体の理事が、こうした課題への取り組みについて語った。(2017/8/28)

Weekly Memo:
マイクロソフトが狙う“クラウドID経済圏”の獲得
日本マイクロソフトやラックなど、IT企業8社が、クラウド環境でのIDセキュリティ普及促進団体を発足した。この動きの背景には“クラウドID経済圏”をめぐる勢力争いもありそうだ。(2017/6/26)

Bluetooth 5仕様策定の真意とは?
Bluetooth SIG責任者が今だから語る、Bluetooth 5仕様の真実
対応機器も発表され、普及への一歩を踏み出したBluetooth 5。その仕様やセキュリティ、IoTでの利用について、Bluetooth仕様の推進団体で開発者プログラムの責任者を務めるヘーゲンデルファー氏に聞いた。(2017/6/13)

Airbnb、難民への無料宿泊提供プログラム立ち上げ
Airbnbが、世界中の難民に無料で宿泊場所を提供するための新しいホストコミュニティ「Open Homes Platform」を立ち上げた。コミュニティに登録すると、支援団体のマッチングを経て難民に部屋を提供できる。(2017/6/8)

自動運転技術:
「V2Xは4Gセルラー技術で始めるべき」と5G推進団体が語る理由
ノキアソリューションズ&ネットワークスは、コネクテッドカー分野の取り組みとして、同社が創設から関わる5Gオートモーティブアソシエーション(5GAA)について紹介。セルラーV2X技術の優位性を訴えた。(2017/5/24)

組み込み開発ニュース:
組み込みLinuxとAndroid OS用の標準アーキテクチャ推進団体を設立
台湾のAdvantechは、組み込みLinuxおよびAndroid OS用のオープンで統一された標準アーキテクチャを推進する「Embedded Linux&Android Alliance(ELAA)」を、他9社とともに設立すると発表した。(2017/4/6)

Embedded Linux&Android Alliance(ELAA):
産業機器にLinuxとAndroidを推進、アドバンテックらが推進団体
アドバンテックが産業用途に向けて組み込みLinuxと対応ボードを推進する団体、「Embedded Linux&Android Alliance(ELAA)」の設立を発表した。(2017/4/3)

LoRa WAN対応MCU、開発加速:
ルネサス、LoRA Allianceのスポンサーメンバーに
ルネサス エレクトロニクスは、省電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)無線ネットワーク標準化推進団体である「LoRA Alliance」に「スポンサーメンバー」として加入した。(2017/3/27)

CeBIT 2017:
日欧でデータ取引市場の枠組み作りへ、推進団体の連携も
日本政府は欧州委員会とデータ流通経済の確立に向けた対話の強化などを含む共同声明を発表した。開催中のドイツのIT国際見本市「CeBIT」で行われた会談を受けてのもの。(2017/3/24)

Apple、無線給電規格「Qi」推進団体WPCに加入
次期iPhoneを無線充電対応にするのではないかとうわさのAppleが、無線給電規格「Qi」の推進団体WPCに「フル会員」として加入した。(2017/2/14)

Apple、GoogleらのAI(人工知能)普及団体に参加
Appleが、GoogleやFacebookが立ち上げた人工知能普及団体「Partnership on AI」に創立メンバーとして参加する。同団体の評議員会には、イーロン・マスク氏らのAI団体「OpenAI」の研究員も参加する。(2017/1/28)

Audi、BMW、Daimlerがタッグ:
ドイツ自動車業界と通信業界、5G推進団体を結成
ドイツの大手自動車メーカーは通信機器メーカー、半導体メーカーらとともに、5G(第5世代移動通信)とコネクテッドカーの開発に注力する団体「5G Automotive Association」を結成した。(2016/9/30)

アニメ聖地の観光促進団体「アニメツーリズム協会」設立、聖地88カ所をオフィシャル化 
国内及び外国人観光客を対象に広域観光ルートを発信していくとしています。(2016/9/17)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
シスコが提唱する「フォグコンピューティング」は普及するか
米シスコシステムズがIoT(Internet of Things)を実現する仕組みとして「フォグコンピューティング」を提唱している。世界の有力ベンダーが名を連ねた普及促進団体も結成され、本格的な活動が始まった。果たして、思惑通りに普及するか。(2016/8/26)

スマートファクトリー:
トヨタがフィールドネットワーク3強からEtherCATを選んだ2つの理由
EtherCATの推進団体であるEtherCAT Technology Groupが主催する「第10回ETG日本メンバミーティング」で、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー 工程改善部長の大倉守彦氏が「トヨタのEtherCAT採用における期待」と題する特別講演を行った。(2016/8/2)

暗号化推進団体のLet's Encrypt、他人のメールアドレス7618件を誤送信
Let's Encryptが会員に送ったメールの本文に、他人の電子メールアドレス0〜7618件が追加されてしまうハプニングが起きた。(2016/6/14)

いまさら聞けない第4次産業革命(4):
なぜ第4次産業革命を推進する団体が乱立しているの?
製造業の産業構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。しかし、そこで語られることは抽象的で、いまいちピンと来ません。本連載では、そうした疑問を解消するため、第4次産業革命で起こることや、必要となることについて分かりやすくお伝えするつもりです。第4回では、各地で増える第4次産業革命推進団体について紹介したいと思います。(2016/5/27)

製造業IoT:
インダストリアルインターネットコンソーシアムが目指すもの
米国のIoT推進団体として注目を集めるインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)だが、実際にどういう方針で取り組みを進めているのだろうか。日本ナショナルインスツルメンツが開催したユーザーイベント「NIDays 2015」では、クロージングキーノートとして、IoTの産業実装を推進するインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)の日本代表を務める吉野晃生氏が登壇。IICの取り組みと日本の動きについて紹介した。本稿では、この講演の内容と吉野氏へのインタビューをお送りする。(2015/11/24)

法制度・規制:
水素ステーションはどこまで普及したのか、今後を占う規制緩和と現在地
燃料電池車に注目が集まる一方で、遅れも指摘されている水素ステーションの整備状況は今どうなっているのか。「東京モーターショー2015」と同時開催の「SMART MOBILITY CITY 2015」に出展した水素ステーション普及団体である水素供給・利用技術研究組合(HySUT)のブースを取材した。(2015/11/4)

ビジネスニュース 業界動向:
ワイヤレス給電規格の推進団体A4WPとPMAが合併、中核技術を融合
ワイヤレス給電規格の推進団体であるAlliance for WirelessPower(A4WP)と、Power Matters Alliance(PMA)は、両組織の統合に署名した。新組織の名称は2015年中に決める。両団体の中核技術を融合した統合製品のロードマップなどを作成していく。(2015/6/8)

ビッグデータ市場に勢力再編の動き
ビッグデータ市場に新たな火種「ODPはApache Software Foundationへの侮辱だ」
Hortonworksら13社が立ち上げたHadoop普及団体ODPイニシアチブに、ClouderaのCEOレイリー氏が怒りをあらわにした。レイリー氏の真意とは? ビッグデータ市場で何が起きているのか?(2015/5/14)

あれから4年、まだ4年:
キヤノン、2015年「復興支援フォトコンテスト」開催――1応募につき100円を寄付
キヤノンが2014年に引き続き、東日本大震災復興支援の一貫として「復興支援フォトコンテスト」を開催する。テーマは「希望や元気をあらわす、または届ける」もの。応募1件につき100円を復興支援団体に寄付するという。(2015/3/11)

対策は進んでいるがやっぱりヒヤヒヤ
全く気を抜けないビットコインのセキュリティ事情
ビットコイン取引所は成熟しつつあるが、セキュリティの問題が依然として残っている。普及団体のBitcoin Foundationはこの問題をめぐり、良いニュースと悪いニュースの両方を紹介している。(2014/10/8)

「Wi-Fi Direct」が機能拡張 端末の「発見・接続・実行」がより簡単に
無線LAN規格「Wi-Fi」の普及団体Wi-Fi Allianceが、端末同士を無線で接続する「Wi-Fi Direct」の機能拡張を発表。接続やコンテンツの送受信がより簡単に行えるようになる。(2014/9/16)

“Nokiaの後”の時代を作る――同世代で切磋琢磨、世界を狙うフィンランドのスタートアップ事情
スマホゲームの分野を中心に、勢いづくフィンランドのスタートアップ業界。政府や先輩起業家によるアシストだけでなく、大学を拠点とする起業支援団体が精力的に活動しているのも成功の大きな要因だ。(2014/8/15)

車載情報機器:
車載Android推進団体OAAの参加規模が6倍に、2014年末に「Android Auto」も登場
自動車へのAndroidプラットフォーム搭載を推進する団体「オープン・オートモーティブ・アライアンス(OAA)」は、新たに活動に参加することになった29の企業・ブランド名を発表した。2014年末には、Androidスマートフォンと車載情報機器を連携させる「Android Auto」を搭載する車両が市場投入される見込みだ。(2014/6/26)

スマートシティ:
再生可能エネルギーが全世界で22%に、太陽光と風力が伸びる
国際的な再生可能エネルギーの推進団体であるREN21が世界各国の最新の導入状況をまとめた。全世界で稼働中の発電設備のうち再生可能エネルギーの比率が2013年末で22.1%に達した。1年前と比べて0.4ポイントの増加で、特に太陽光と風力の伸びが大きい。日本は太陽光で第4位に入った。(2014/6/6)

キヤノン、震災復興支援に応募1件で100円寄付のフォトコンテスト
キヤノンは東日本大震災の復興支援活動として、応募1件につき100円を復興支援団体に寄付するフォトコンテストを開始した。(2014/3/11)

組織を超えたプロジェクト管理データの共有へ、推進団体が仕様書公開
「次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会」がプロジェクト管理データを組織間で交換するための「PROMCODEインターフェース仕様書」を公開した。(2013/10/22)

レノボ、「若者UPプロジェクト」にPC230台寄贈──若年層失業者対策を支援
レノボ・ジャパンがCSR活動の一環として若年失業者/ニート支援団体が取りくむ「若者UPプロジェクト」を支援。PC230台を寄贈する。(2013/6/26)

自然エネルギー:
創業60年のタオルメーカー、日本で初めて風力エネルギーの認定企業に
タオルの生産地で有名な愛媛県今治市にある池内タオルが、国際的に権威のある風力エネルギーの推進団体「WindMade」から日本の企業で初めて認証を受けた。池内タオルは2002年から工場やオフィスで利用する電力をすべて風力発電でまかなっている。(2013/6/5)

モデルベース開発:
JMAABがSICE制御部門のパイオニア技術賞を受賞、団体としては初
自動車制御システムのモデルベース開発の推進団体であるJMAAB(Japan MBD Automotive Advisory Board)は、計測自動制御学会(SICE)の制御部門が制定する2013年のパイオニア技術賞を受賞したと発表した。同賞を団体が受賞するのは初めて。(2013/3/22)

ソフトバンクモバイル、「ソフトバンク かんたん募金」をリニューアル
被災地支援団体などへ簡単に寄付ができる「ソフトバンク かんたん募金」がリニューアル。専用アプリやサイトから指定団体への寄付がいつでも可能となるほか、金額を1円単位で指定できる専用ダイヤルも用意した。(2012/9/11)

「日本はOpenFlowへの関心が非常に高い」と推進団体・ピット氏
ネットワークの仮想化を推進するOpen Networking Foundationのダン・ピット エグゼクティブディレクターが来日。SDN(Software-Defined Networking)への取り組み状況を説明した。(2012/6/12)

各地域の課題を共有:
組み込み産業活性化で各団体が集結――「第1回 全国組込み産業フォーラム」開催
全国各地の組み込み産業推進団体が一堂に会する「全国組込み産業フォーラム」が大阪で旗揚げされた。各地域が抱えている課題を共有することで、組み込み産業の活性化を図るのが狙い。(2012/1/26)

コミュニティー運営の要諦:
リーダーは進んで自分を差し出せ
リーダーの役割は複数のステークホルダーを調整し、プロジェクトをプロデュースすること――学生支援団体「SCU」の若きリーダー渡辺友太さんに、企業学生合同コミュニティー運営のポイントを聞いた。(2012/1/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。