今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年04月22日 17時42分 公開

銀行口座直結の「Bank Pay」、2019年秋に開始 1000以上の金融機関が対応予定

日本電子決済推進機構(J-Debit)が、新たなスマホ決済サービス「Bank Pay」を2019年秋に開始する。ユーザーがスマートフォンアプリに表示したバーコードを読み取ってもらうことで、対応する銀行口座直結で決済ができる。1000以上の金融機関が順次対応する。

[田中聡,ITmedia]

 日本電子決済推進機構(J-Debit)が4月22日、新たなスマホ決済サービス「Bank Pay」を2019年秋に開始することを発表した。

 Bank Payは、ユーザーがスマートフォンアプリに表示したバーコードを読み取ってもらうことで、対応する銀行口座直結で決済ができるサービス。メガバンクや地方銀行など最大1000以上の銀行が、2019年秋から順次対応する予定。

 全国の金融機関やクレジットカード会社などのパートナーと協業し、加盟店開拓に努めるとしているが、具体的な加盟店は未定。店舗は1つの金融機関と契約すれば、対応する1000行以上で決済できる。店舗がタブレットやステッカーで表示したQRコードをユーザーが読み取ることで決済する方法なら、店舗は導入コスト0円でサービスを導入できる。また、加盟店向けには決済用のアプリを提供する。

Bank Pay 「Bank Pay」の利用イメージ

 Bank Payの機能を外部に開放し、飲食店のクーポンアプリやアパレルブランドのショッピングアプリなどに、Bank Payの機能を提供できるようにする。アプリ内での会員証やポイントカードなどの機能と連携することで、ユーザーは1つのアプリで会員証の提示や決済をまとめて行えるようになる。

 同様の取り組みとして、GMOペイメントゲートウェイの決済システムを使い、参画している銀行の口座直結支払いや加盟店の共有などを可能にする「銀行Pay」がある。Bank Payと銀行Payは異なる取り組みだが、加盟店の相互開放も視野に入れている。

 他に、銀行が主体となって提供している決済サービスとして、みずほ銀行が立ち上げたデジタル送金プラットフォーム「J-Coin Pay(ジェイコインペイ)」がある。

 日本電子決済推進機構には、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行などが参画しており、これらの銀行がBank Payに対応することが期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう