ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RADIUS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RADIUS」に関する情報が集まったページです。

セキュリティニュースアラート:
全てのWi-Fiクライアントが影響を受ける可能性 「SSID混乱攻撃」の脅威
Top10VPNはWi-FiのSSID認証欠如による「SSID混乱攻撃」の脆弱性を報告した。この脆弱性は全てのWi-Fiクライアントに影響を及ぼす可能性があり、IEEE 802.11標準の設計上の問題とされている。(2024/5/21)

WindowsのVPN問題を解消【後編】
「VPNがすぐ切れる」を解決するだけじゃない“Always on VPN”の利点はこれだ
Microsoftが提供する「Always on VPN」には、一般的なVPNサービスとは異なる幾つかの機能がある。何が違い、どのような利点があるのかを具体的に見てみよう。(2024/4/3)

OpenRoamingとPasspoint比較【前編】
奥が深い「Wi-Fiローミング」の仕組み OpenRoamingの特徴を徹底解説
Wi-Fiのローミングには「OpenRoaming」と「Passpoint」という2大規格がある。それぞれにメリットがあり、特徴や仕組みを理解する必要がある。OpenRoamingについて解説する。(2024/3/1)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(3):
ユーザーに危害を加えない設計をしていますか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントについて解説する。連載第3回は、製品の設計に欠かせない考え方である設計品質のうち「安全性」を取り上げる。(2023/10/17)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(3):
DirectAccessはもう古い!? Windows 10/11の安全なリモートアクセスは“Always on VPN”推奨
「DirectAccess」は、Windows 7およびWindows Server 2008 R2から利用できる企業ネットワークへの安全なリモートアクセス手段の一つです。しかし、現在のWindows 10とWindows 11では、DirectAccessは非推奨になりました。その代替として、「Always on VPN」が推奨されています。その導入手順を検証してみました。(2023/8/9)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(65):
国内初! ソフトバンクがネットワークスライシングを使ったプライベート5Gを開始、その実力は?
ソフトバンクが2023年3月29日、国内の携帯通信事業者として初めて5Gネットワークスライシングを使ったプライベート5Gのサービスを開始した。その実力を見てみよう。(2023/5/29)

VPNを導入したい企業は要チェック!:
PR:「中小企業向けVPNルーター」はなぜ実現できたのか? その秘密をバッファローの担当者に聞く
企業の拠点間、あるいは拠点と外部を結ぶ「VPN(Virtual Private Network)」の構築において、ネックになるのが「VPNルーター」の価格である。バッファローのVPNルーター「VR-U300W」「VR-U500X」は、中小企業や中小規模の拠点への導入に焦点を当てることで税込み5〜6万円程度という手頃な価格を実現した。商品担当者へのインタビューを通して、その魅力に迫る。(2023/2/1)

異例の対応? CISAがカタログに追加した脆弱性を一度取り下げた理由
CISAは「既知の悪用された脆弱性カタログ」に追加した脆弱性について、一時的に登録を解除するという異例の措置を発表した。なぜ同脆弱性は取り下げられたのだろうか。(2022/5/17)

全国に散らばる無線APを一元管理!:
PR:NTT西日本グループが提案する製造業DX 無線LAN環境を生かした「リモートファクトリー」のつくり方
西日本豪雨や東日本大震災、そして新型コロナウイルスなど、日本は今まで数々の有事に直面してきた。事前に予測できない非常事態に備える意味でも、デジタル技術を積極的に活用し、製造業DXを推進していくことは“ものづくり大国ニッポン”において急務である。多くの製造業が集中する西日本エリアの通信インフラを支える役割を持つNTT西日本グループ、NTTビジネスソリューションズに製造業DXにおける課題と解決策を聞いた。(2022/3/31)

リーントラストの具体的な進め方:
PR:ゼロトラスト実装の要件と、すぐに成果が出る「簡単・確実な手段」とは
ゼロトラストの対策アプローチが求められているが、ピンポイントソリューションで実装できるような単純なものではない。だが、セキュリティリスクは待ってはくれず、業務も止められない。日々のビジネスを阻害せず、スピーディーに対策を実装できる手段はあるのか。(2021/8/30)

「エージェントレスで導入が容易」:
社内ITシステムのゼロトラスト対応に、リスクベース認証製品Silverfortが日本での販売を開始
ゼロトラストへの取り組みでは、多様な既存の社内ITシステムに対する認証を、統合的に強化する必要がある。エージェントレスでこれを容易に実現できるリスクベース認証基盤製品の「Silverfort」が、日本での販売を開始した。(2020/9/2)

8年間使い続けられるネットワーク機器の秘密:
PR:無線/有線ネットワークに一元対応できる国内ベンダーが登場、他と何が違うか
社会インフラなどの重要システムの実績を持つネットワーク機器メーカーが満を持して無線ネットワーク市場に参入する。ポイントは8年もの長期保証と有線/無線を問わない手厚いサポート体制にある。(2020/7/29)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(28):
「在宅」ファーストの企業ネットワーク設計、3つのポイントとは?
新型コロナウイルスの感染予防対策として、在宅勤務が一気に広がった。今や企業のネットワークユーザーは社内ではなく自宅からアクセスしている場合が少なくない。「アフターコロナ」となっても、働き方改革の定着と相まって在宅ファーストは続くだろう。このような状況を前提とした企業ネットワーク設計のポイントについて述べる。(2020/5/27)

テレワーク、クラウドサービスのSIにおける要、『認証強化』:
PR:パスワードよりも安心、生体認証よりも低コスト、トークン型ワンタイムパスワードよりも効率的なソリューション「トークンレス・ワンタイムパスワード」
「働き方改革」への対応、地震、台風といった災害対策、新型コロナウイルスをはじめとする感染症への対策などによる、テレワークやクラウドサービスの需要増に伴い、“認証”の強化が企業の課題となっているが、手間とコストの問題がつきまとう。安全を担保しつつ、手間とコストの削減につながる認証ソリューションを紹介する。(2020/3/4)

D-Link、11ac Wave2対応の無線LANアクセスポイント
ディーリンクジャパンは、IEEE 802.11ac Wave2接続に対応した無線LANアクセスポイント「DAP-2680」を発表した。(2019/7/30)

PR:IT担当者を疲弊させる「割に合わない」セキュリティ対策――社内の無線LANの“落とし穴”とは?
企業ネットワークでも、今や使えて当たり前の「インフラ」となった無線LAN。安定した通信環境のため、法人向け製品を選択すべきという理解が広がってきたが、それでもセキュリティに不安を抱き、IT管理者に負担を強いるような状況になっていないだろうか。実は、見落としがちな重要な技術「IEEE 802.1X」と「適切な認証方式の選択」にこそ解決の鍵がある。(2019/7/5)

俺たちの情シス“スペシャル3”レポート:
マジでしんどい「クラウド時代のカオスなネットワーク」に立ち向かう俺たち情シスに武器はあるのか?
ITmediaエンタープライズでは、2019年2月27日に「俺たちの情シス スペシャル3」を開催しました。今回のテーマは「クラウド時代に安定したネットワークを構築する方法」。ライトニングトークには、各社の情シス担当者が、速くて安定した企業ネットワークを確保するためのアイデアや実践例を持ち寄りました。(2019/3/29)

ビジネスインフラを狙う攻撃にどう対応するか(1):
もう一度考えたい、企業内ネットワークの「維持」のためにすべきこと
社内ネットワークは企業活動のインフラとして、動いて当たり前の存在だ。だが、問題を起こしやすい部分のみが脚光を浴び、DNSやDHCP、認証などは必ずしも十分に管理されていない場合がある。いざ停止したときの備えがないと、企業活動が滞ってしまうことはもちろん、サイバー攻撃の対象となった場合の被害も大きい。今、何ができるのか、もう一度確認しておこう。(2018/9/25)

正規の端末だけを「社外」からも受け付ける:
PR:社内外から社内ネットにアクセスしたい――“認証”の運用が明暗を分ける
堅固なネットワークを実現しようとしたとき、基本となるのは“認証”だ。BYOD(Bring Your Own Device)やスマートデバイス活用が注目される現在、ますます認証が課題となっている。「社内ネットワークには許可したデバイス以外は存在しない」という状態を、当たり前に実現しなければならないからだ。“認証”の選択を誤るとネットワーク全体の使い勝手を損なうばかりか、最悪の場合には機能しなくなる。そうならないよう、確実に動作する専用アプライアンスの導入などを検討すべきだ。(2018/9/18)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
情報部門は一番の“業務コンサル”であれ――コーセー 情報統括部長 小椋敦子氏
会社全体の業務の流れを把握できる情報部門は“業務コンサル”であるべきと語るコーセー 情報統括部長 小椋敦子氏。女性ならではの視点で斬る、AIやRPAとの向き合い方や、女性情シス部長・CIOを育てるコツとは?(2018/8/24)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(3):
働き方改革から災害対策まで「閉域モバイル網」を徹底活用しよう!
連載第3回はモバイルに焦点を当てる。この数年で固定通信と比較して、モバイル向け通信の高速化と低価格化が進んだ。企業はモバイルをより多く活用する「モバイルシフト」によって、通信コストを削減できる。それだけでなく、働き方改革や災害対策にも役立つ。その際使うべきなのはインターネットに接続していない「閉域モバイル網」だ。(2018/4/23)

諦めるのはまだ早い:
PR:マルウェア対策の理想と現実、「ファイアウォールとウイルス対策ソフト」を抜け出す方法
効果的なマルウェア対策を打ち出せずにいる企業は多い。理由の1つとして、対策製品が導入企業に無理を強いる傾向があることが考えられる。では、無理をせずに導入できる、効果的なマルウェア対策とは、どのようなものだろうか。(2018/3/28)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(8):
Oracle Databaseのさまざまなデータ、通信暗号化機能をマスターする
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は透過的データ暗号化で既存のアプリケーションのデータを暗号化する方法と、データベース外部に保存したデータを保護する方法、通信暗号化機能について紹介します。(2017/12/1)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(終):
Oracle DatabaseとMySQLの機能の違いを比較表で理解する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、移行設計を実施するに当たり把握しておきたい、Oracle DatabaseとMySQLの機能の違いについて説明します。(2017/11/30)

産業社会におけるデジタル化の価値(3):
デジタル社会の進展に伴い重要性が増すセキュリティ対策
「デジタル化」とは何か――。デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第3回では、デジタル化の流れの“受け皿”となる産業用ネットワーク/インダストリアルIoT(IIoT)と、それに関連したセキュリティの話題を取り上げます。(2017/5/23)

地域のより高度な医療の実現を目指す:
NECとSCSK、京都岡本記念病院の院内ネットワークをSDNで構築
京都岡本記念病院がSDNを活用した院内ネットワークを構築。ネットワークの経路追加や設定変更へ柔軟に対応でき、さらに信頼される地域医療の提供に向けた安定稼働やセキュリティ性を確保するのが目的。NECとSCSKが構築を担った。(2017/2/3)

SDNで医療機器の移動も自在に、京都岡本記念病院がネットワークを刷新
院内ネットワークにSDNを導入し、エコーなどの医療機器を含む電子カルテ系システムと、インターネット接続用PCなどの情報系システムを統合。院内のレイアウトや、医療機器を移動してのネットワーク接続・利用が容易な環境を構築した。(2017/2/3)

「佐賀県情報漏えい事件」で再考する学校セキュリティ【後編】
予算がなくても最低限やってほしい、学校のセキュリティ対策「3つのポイント」
佐賀県の情報漏えい事件をきっかけに、セキュリティ対策の検討を進める教育機関は少なくないだろう。予算的にも人的にも制約がある中、教育機関が実現できる現実的なセキュリティ対策とは何か。(2017/1/30)

あなたの無線LANに最適な認証方式は?:
PR:「何を、何から守りたいのか」に立ち返って考える無線LANセキュリティ
漠然と「無線LANは危ない。保護しなくては」と考えて、従来言われてきた対策を導入するだけでは、本当に自社の資産を脅威から守ることはできない。無線LANセキュリティでは、「どんな脅威から何を守りたいのか」を明確にした上で、適切な認証方式を採用することが重要だ。(2016/12/12)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第2回】
いまさら聞けない無線アクセスポイントの選び方、クリニックで“安全”に増設するには
医療機関で使用する無線LANアクセスポイントは、「モバイル端末が接続できれば何でもいい」わけではありません。認証方式はどれを選ぶべきか、設置場所はどこがいいのか、ポイントをおさらいしましょう。(2016/9/14)

運用が面倒というのは都市伝説:
PR:無線LANの必需品。今こそ「認証サーバ怖い」を粉砕せよ!
「社内の無線LANで認証サーバの運用? とんでもない」と考える担当者の方々に、知っていただきたいことがある。これは企業無線LAN運用の常識であり、本格利用には避けて通れないトピックだ。(2016/7/1)

BYOD、IoT対応も考慮:
Wi-Fi環境の監視を効率化。米アルバが管理ツール群を発表
米アルバがエンタープライズ向け無線ネットワーク管理ツールの新製品群を発表した。Wi-Fi環境の運用管理を効率化する機能が盛り込まれている。(2016/3/15)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(30):
ネットワークデバイスのセキュリティ設定
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回はルーターやスイッチなどの機器に対するセキュリティ設定の方法を解説します。(2016/1/18)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】
“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは?
無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。(2016/1/5)

ただし条件付き
同意できない「無線LANが危機的状況である」という主張
「情報が漏れる!」という警告は、“語感”の妙もあって無線LANの危険性を企業ユーザーに植え付けてしまった。しかし、無線LANを導入する企業は確実に増えている。安心して使うために必要なこととは。(2015/10/30)

プログラマーは“適職”ではなかった:
PR:さまざまな仕事を経験して本当の“適職”を見つけたエンジニアの新たな目標
プログラマーに向いていると思っていた。プログラマーになろうとして回り道をした。その道程は、本当の“適職”を見つけるための旅だった。(2015/10/20)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【後編】
学校が今、最低限すべき「情報セキュリティ対策」はこれだ
現時点では、教育機関が扱う情報は限られており、機密情報を保有する企業のような高度なセキュリティ対策はほとんどの場合、必要ない。ただし、現状でも最低限のセキュリティ対策は必要だ。その具体例を示す。(2015/9/29)

第6世代Core、USB 3.1 Type-C、回転液晶も搭載:
東芝、世界初の12.5型“4K”ノートPC「Satellite Radius 12」発表
ドイツ・ベルリンで開催されるIT/家電の展示会「IFA 2015」に合わせて、東芝は世界初の12.5型4K液晶ディスプレイ搭載の2in1モバイルノートPCを発表した。(2015/9/4)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(1):
次期Windows Serverから消えそうな役割と機能、そして対策
企業のIT部門/IT管理者の方には、Windows 10以上に気になる存在である次期Windows Server。まだまだ謎の部分も多いのですが、本連載では現行バージョンとの比較でその全容を明らかにしていきます。(2014/12/24)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第6回】
「アンチウイルスが死んだ」今、職場のネットワークをどう守るべきか?
脅威の多様化やスマートデバイスの普及などが、ビジネスの現場を支えるキャンパスネットワーク(大規模LAN)のセキュリティ対策に変革を迫る。対策に不可欠な3種の要素を示す。(2014/10/15)

コレガ、法人向けの無線LANコンバータ「CG-WLCVR300ND」
コレガは、IEEE802.11a/b/g/n接続に対応した法人向け無線LANコンバータ「CG-WLCVR300ND」を発売する。(2014/7/4)

SOHO/中小企業に効く「無線LANアクセスポイント」の選び方(前編):
「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?
オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LANアクセスポイントの選び方を紹介する本連載の前編は、家庭用製品との違い、および特徴となる機能をチェックしていく。(2014/6/24)

竹中工務店、約3000台のiPadを導入へ
「竹中スマートワーク」の推進を目的にiPadを導入。ソフトバンクテレコムがその利用環境を構築した。(2014/3/26)

セキュアブラウザと認証基盤の組み合わせが解決策に
「スマートデバイスの業務データを守るには、MDMだけで十分」は本当?
従業員にスマートデバイスを業務利用させる際は、端末内に業務データを残したくない――。こう考える企業は多いが、MDM製品だけでこうしたニーズを満たすのは難しい。その理由と、具体的な解決策を示そう。(2013/11/28)

ホワイトペーパー:
“なし崩しBYOD”の阻止から始めるスマホの業務活用、 NetAttest EPSでセキュリティ対策と効率的な運用・管理を実現
iPhoneやiPad、Android端末といったスマートデバイスの普及で、企業内端末の多様化が急速に進んでいる。そうした中、無線LANやVPNなど、社内LANの入り口で「利用者」や「端末」を認証することがより一層重要になってきている。(2013/10/11)

スマートフォンをもっと安全に活用!:
PR:ソリトンシステムズが提案する新しいモバイル環境とは
ノートPCやスマートフォン、タブレット端末の紛失・盗難をゼロにはできない。ならば、端末が他人の手に渡ったとしても情報漏えいにつながらないようなシステムを導入すべきである――そんな発想に立ったセキュアなモバイルワークインフラを、ソリトンシステムズは提案している。(2013/10/7)

PR:クラウド・マルチデバイス時代のモバイルワークインフラ「セキュアブラウザ・ゲートウェイ」
PCやスマートフォン、タブレットなど企業で活用可能なデバイスの選択肢が広がり、モバイルワークなど業務のスタイルも多様化しつつある。しかし、これらのデバイスごとにセキュリティ対策を講じることは、企業にとって大きな負担だ。そこでソリトンシステムズは、マルチデバイスに対応したセキュアアクセスソリューションを提供する。Windows/Mac/iOS/Androidに対応しており、強力なセキュリティ機能を備えた専用ブラウザ経由で社内・クラウドシステムを利用させることで、重要データの漏えい・拡散を防止することができる。(2013/8/19)

PR:スマートデバイスの導入前に実施したい「シャドーIT」の排除とその方法
スマートフォンやタブレットデバイスの普及を受けて、企業でもこうしたスマートデバイスの活用に注目するところが増えている。本格導入となればかなりの台数規模になるが、既存のネットワークアクセス環境はそれに対応できるものになっているだろうか。企業の安全なスマートデバイス導入を妨げかねない問題に「シャドーIT」の存在がある。(2013/7/8)

企業を取り巻く新たな環境に、新たなセキュリティ対策を:
PR:ソリトンシステムズが提案するクラウド/モバイル時代の認証システムとデータ保全
5月8日から10日にかけて東京・ビッグサイトで開催された「第3回スマートフォン&モバイルEXPO 春」のソリトンシステムズのブースでは、モバイルデバイスやクラウドの普及といった、企業ITを取り巻く新たなトレンドを活用するためのセキュリティ製品が紹介された。(2013/5/31)

ホワイトペーパー:
スマートデバイスの普及で重要さが増す認証ネットワーク、NetAttest EPSで簡単構築、簡単運用
デバイス/ワークスタイルの多様化により、無線LANやVPNなど、社内LANの入り口で「利用者」や「端末」を認証することがより一層重要になってきている。(2013/5/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。