ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RDF」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Resource Description Framework

Gartnerのアナリストが予測
データ分析の3大トレンド「拡張分析」「自然言語検索」「グラフ分析」とは?
「『拡張分析』『自然言語』『グラフ分析』が、データおよびアナリティクス市場を変えつつある」とGartnerは指摘する。これに伴い、ユーザーはより簡単にデータを理解、共有できるようになってきている。(2019/3/25)

IoT観測所(45):
個人で立ち上げたIoTの非営利団体「OSIoT」の成れの果て
本連載「IoT観測所」では、基本的にアクティブというか、いろいろと普及させようと努力している規格だったり団体だったりを紹介してきた。今回はちょっと毛色を変えて、事実上休眠状態に陥っているものを取り上げよう。(2018/5/31)

NoSQLベストプラクティス(6):
NoSQLとセマンティック、データモデリングのベストプラクティス
本連載では、「NoSQLデータベースの今」を正しく理解し、ビジネス躍進の実現に向けて対策するための「ベストプラクティス」を掲示していきます。今回は、データモデリングにおける従来の制約を、セマンティックでどう超えられるかを解説します。(2017/12/27)

オバマケア「Healthcare.gov」の危機的状況を救ったデータベース:
PR:既存のRDB、NoSQLと何が違うのか マルチモデルデータベース「MarkLogic」の強みとその効果に迫る
RDBには限界があるとして「NoSQL」が多数登場し、それによってRDBの特定の課題を解決できるようになった。しかし、その多くがエンタープライズ向けではなかった──。「MarkLogic」は企業が求めるエンタープライズクラスの要件を満たしつつ、RDBが苦手としているデータの多様性もカバーした「NoSQLデータベース」だという。鍵は「ユニバーサルインデックス」と呼ばれる、リッチなインデックスとデータの保有の仕方だ。特にデータ統合の用途に強みを発揮するという、MarkLogicの「強み」と「その効果」をキーパーソンに聞いた。(2017/9/1)

開発者向け「無償エディション」も提供:
マークロジック、NoSQLデータベース「MarkLogic 9」正式版をリリース
マークロジックが、NoSQLデータベースプラットフォームの最新版「MarkLogic 9」をリリース。開発者向けの「無償エディション」も用意する。(2017/5/18)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(36):
データベースをパクられたので、著作権侵害で9億円請求します!
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「データベースの著作権」について、判例を基に解説する。(2017/1/25)

福田昭のデバイス通信(93):
「SEMICON West 2016」、Synopsysが予測する5nm世代のトランジスタ技術
Synopsysの講演では、5nm世代のトランジスタのシミュレーション評価結果が報告された。この結果からはFinFETの限界が明確に見えてくる。5nm世代に限らず、プロセスの微細化が進むと特に深刻になってくるのが、トランジスタ性能のばらつきだ。(2016/10/14)

グラフ型データベースとは?
今さら聞けないグラフ型データベース基礎の基礎
グラフ型データベースとは何か。何ができて、どのようなメリットがあるのか。グラフ型データベースについて、一から分かりやすく解説する。(2016/8/31)

2016年末に発売へ:
マークロジック、NoSQL DBの次世代版「MarkLogic 9」のプレビュー版を公開
マークロジックは、エンタープライズNoSQLデータベースプラットフォームの次世代版「MarkLogic 9」のプレビュー版公開を発表した。(2016/6/2)

スマートエネルギーWeek 2016:
林業の新たな光となるか、初開催の国際バイオマス発電展
再生可能エネルギーとして注目を集めるバイオマス発電。2016年3月2日から4日まで東京ビッグサイトで開催された「第1回 国際バイオマス発電展」には今後の市場拡大が期待されるバイオマスに関連した製品・技術・サービスが展示された。(2016/3/10)

トランセンド、USB 3.1対応の高速転送カードリーダー
トランセンドジャパンは、USB 3.1接続に対応したメディアカードリーダー「RDF9」を発表。UHS-II対応の高速転送モデルだ。(2015/9/14)

データ分析を現場の武器にするための道具立てとは?:
PR:日常業務の中で自然にアナリティクスを実践。Analytics 3.0時代を加速するオラクルのビッグデータアナリティクスソリューション
企業に日々蓄積されていく大量かつ多様なデータ。それらを業務の中でスピーディーに分析/活用し、ビジネス上の成果を得ていくためには、従来と異なるアプローチが必要だ。その考えの下、アナリティクスを現場の武器に変えるべくオラクルが提供しているのが各種のビッグデータアナリティクスソリューションである。[ビッグデータ][Big Data](2015/7/31)

Database Watch(2015年7月版):
グラフデータベースはどんな用途に向いている?
関係性を表現するのが得意なNoSQL「グラフデータベース」。通常のリレーショナルデータベースでは複雑になるデータモデルを扱える理由と適用領域などを「Neo4j」を題材に紹介します。(2015/7/29)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:標準技術でLinked Dataも統合 「RDF Semantic Graph」の実力とは?
オラクルのデータ管理プラットフォームでは、Linked Dataも統合できる。「1兆トリプル」のRDF(Resource Description Framework)ベンチマークを達成した「RDF Semantic Graph」の実力とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[ビッグデータ][Big Data](2015/5/15)

河川の水位データをリアルタイムにオープンデータ化 鯖江市とjig.jpが共同で公開
河川の水位データを計測し、リアルタイムにオープンデータ化して公開する実証実験を、福井県鯖江市とjig.jpがスタートした。(2015/1/7)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
オープンデータの市場創出に尽力するjig.jp
福井県鯖江市に拠点を構えるjig.jpの福野社長は、日本をオープンデータ先進国にする計画を練る。オープンデータの虜になるきっかけは、W3Cへの参加だったという――。(2014/9/9)

データ資源活用の基礎(4):
LODとして統計データを扱えると、どうなる?
Linked Open Dataの形式でデータが扱えると、何ができるようになる? RDFという知られた技術を軸に、多様な可能性が見えてくる。(2014/8/27)

データ資源活用の基礎(3):
Webの全てをデータベースにするLinked Open Data(LOD)とクエリ言語SPARQLの基礎
オープンデータによるデータ流通のためのLinked Open Dataの仕組みと、クエリ言語SPARQLの基本を学ぼう。マシンリーダブルな表現を活用し、Webの世界全てをデータベースとして活用するための基礎知識を紹介する。(2014/8/12)

「リスクのない挑戦はない」 人口7万の街が“オープンデータ先進地”に 福井県鯖江市の取り組み
眼鏡の生産地として知られる福井県鯖江市が、“ITの街”として注目されている。日本の自治体で初めて「オープンデータ」に取り組んだ同市。その背景と成果、可能性は――。(2014/6/25)

地域の活性化につなげたい:
鯖江市のオープンデータはどう進展してきたか
6月4日、福井県鯖江市、jig.jp、アマゾンデータサービスジャパン、SAPジャパンは共同で、鯖江市のオープンデータへの取り組みを説明した。4者は今後、他の自治体における同様な取り組みの広がりと、公開データを活用したアプリやサービスの普及に務めていく。(2014/6/5)

オープンデータの登録と提供基盤を構築、鯖江市とjig.jp、AWS、SAPがタッグ
jig.jpがオープンデータ活用のためのクラウドサービスを開発した。同社と連携する福井県鯖江市やAWS、SAPが本格利用に向けて活動する。(2014/6/4)

自治体のExcelファイルを“5つ星”オープンデータ化 jig.jpがプラットフォーム開発 鯖江市が採用
jig.jpが自治体向けのオープンデータプラットフォームを発売。自治体が持つExcelデータをWebから登録すれば、汎用性の高いRDF形式に変換して公開できるプラットフォームで、まず福井県の鯖江市役所が採用した。(2014/6/4)

自治体初、“眼鏡の街”鯖江市がW3C加盟へ 「オープンデータ」推進で
“眼鏡の街”福井県鯖江市が、Web技術の標準化団体「W3C」に全国の自治体で初めて参加する。(2014/2/26)

「iWorkは水増しソフト」──MicrosoftがAppleに反撃
Appleのティム・クックCEOが新製品発表イベントでSurfaceを暗に批判したことを受け、Microsoftが公式ブログで「iWorkを無料にしたところでOfficeを搭載するSurfaceには脅威でも何でもない」と反撃した。(2013/10/24)

自然エネルギー:
廃棄物エネルギーで8億円超の補助金、バイオマスも対象
環境省が2003年度から継続している廃棄物エネルギー利用施設に対する補助金制度が2013年度も始まった。ごみなどの廃棄物のほか木質などのバイオマスを燃料に使う施設も対象になる。補助金の総額は前年度よりも増えて8億円を超える規模になった。第1次の公募を6月6日まで受け付ける。(2013/5/16)

プロセス技術:
想像以上に難しい14nmプロセス、設計面での課題が山積
14nmプロセス技術を確立することは、設計者たちが予想していたよりも、はるかに難しいようだ。プロセスの微細化が進むに連れて、リーク電流の増加などの課題が浮き彫りになった。IBMのエンジニアは、「14nm世代では、これまでの対応策が通用しなくなる」との見解を述べている。(2013/4/4)

「Google Readerが終わっても、RSSは終わらない」――伊藤直也さんに聞く
Google Reader終了を受け、「RSSは終わる」「RSSリーダーはオワコン」といった論調も目立ってきたが、伊藤直也さんは「RSSもRSSリーダーも終わらない」と話す。(2013/3/18)

日本列島エネルギー改造計画(34)広島:
中国山地の資源を再利用、廃棄物でバイオマスエネルギー
中国地方で最大の面積をもつ広島県は北に中国山地、南に瀬戸内海があって、さまざまな資源に恵まれている。再生可能エネルギーの取り組みも太陽光・太陽熱から小水力発電まで幅広い。その中で最も有望なのがバイオマスで、木質や廃棄物を利用したプロジェクトが各地で進む。(2013/2/7)

法制度・規制:
「ごみ発電」で初めて、固定価格買取制度の認定設備が決まる
原材料によって5種類に区分されるバイオマス発電のうち、廃棄物(ごみ)を利用した設備で初めて固定価格買取制度の認定が下りた。三重県企業庁が運営する「三重ごみ固形燃料発電所」で、年間に約3800万kWhの電力を12円程度の単価で中部電力に売却する。(2012/11/2)

グリーンハウス、4Gバイトメモリ内蔵の携帯音楽プレイヤー「kana RDf」
グリーンハウスは、4Gバイトの内蔵メモリとFMラジオチューナーを搭載したデジタルオーディオプレイヤーの新製品「kana RDf」を2月上旬に発売する。(2011/2/2)

モノづくり最前線レポート(23):
グローバル化を「当たり前」にするためのリコーの実践
グローバル化を支援する「7つのプラットフォーム」と、リコーが取り組んできたグローバル化の方策とその実践事例を紹介する(2010/10/20)

「PDC09」リポート:
Microsoftはハイブリッドな戦略で古い殻を脱ぎ捨てる
Windows 7で盛り上がったPDC08から1年。PDC09のキーワードは「Windows Azure」だ。大企業向けと思いがちだが、意外にもSOHOや個人にも関係するという。(2009/11/18)

Google風検索ページで「論文を普通の人にも」 NIIの「CiNii」、APIコンテストも
論文データベース「CiNii」のトップページが、Googleのようなシンプルなデザインになった。「Web検索と同じように、論文も検索できるようにしたい」から。APIコンテストも開く。(2009/8/17)

連載:ASP.NET MVC入門:
第3回 ActionResultオブジェクトでアクション操作も自由自在
コントローラでのアクションの実行が完了すると、その結果はActionResultにまとめられる。そのさまざまな派生オブジェクトについて見ていこう。(2009/7/10)

Next Wave:
実用化目前のセマンティック検索とビジネスへのインパクト
検索目的の細分化や多用途化によって従来のキーワード検索では限界が見えてきた。新たな検索技術に求められるのは、利用者のニーズを正確に把握する技術と検索対象の情報の中身を正確に理解する技術。そんな中、セマンティック検索技術が実用段階に入ってきた。(2009/6/25)

米Yahoo!、Web検索プラットフォーム「Search BOSS」を有料化
オープンなWeb検索プラットフォーム「Yahoo! Search BOSS」の機能が強化され、有料になる。(2009/2/12)

Yahoo!、「SearchMonkey」を一般公開
Yahoo!が、プレビュー版として限定公開してきた検索プラットフォームの「SearchMonkey」を一般公開した。(2008/5/16)

Yahoo!、検索のオープン化とセマンティックWeb対応を明らかに
開発者はYahoo!の検索プラットフォームに独自のアルゴリズムを載せ、セマンティックWebで検索体験を向上させることができるようになる。(2008/3/14)

Firefox Hacks:
Firefox機能拡張群の一括バックアップ/再インストールを可能にするCLEO
多数の機能拡張でカスタマイズしたFirefoxをどのPCからでも利用可能にするために、機能拡張およびテーマ群を1つの.xpiファイルにパッケージ化してくれるCLEOを紹介しよう。(2008/2/6)

Keywords
RSS・RSSリーダー
(2007/12/7)

ハイブリッドデータベースで体験するWeb2.0【最終回】
DB2 9によるGoogle Maps APIとの連携
これまで、3回にわたって「DB2 9」というハイブリッドデータベースを紹介してきた。連載の最後となる今回は、Google Maps APIを用いて、Ajaxアプリケーションの構築を試みたい。また、保存されているデータを基にGoogle Earthとも連携させてみよう。(2007/1/30)

5分でネットがわかるシリーズ(1):
Web更新情報が手軽にとれるRSS
「RSSをとる」「RSSでチェックする」など、IT企業の会話に紛れ込んできているRSSという概念。RSSの効果、技術の仕組みを分かりやすく5分で説明します(2006/7/4)

Column
データ連携に根本的な変革をもたらすSOAとセマンティクス
RFIDタグなどで得られる新しいデータソースをタイムリーに活用するためには、データ連携に対する新たなアプローチが必要だ。それをサポートする技術として、SOAとセマンティクスが注目を集めている。(2006/6/27)

Vista搭載のメールクライアントは広告表示型に?
Windows Live Mail(Hotmailの後継サービス)へのオフラインアクセスを提供する広告サポート型の新しいクライアントアプリケーションの提供が予定されている。同製品が成功を収めれば、広告サポート型コンシューマーソフトウェアの提供に向けて大きく道が開かれる可能性がある。(2006/3/14)

XML 2005 Conference Report:
セマンティックWebやSOA実現に欠かせないXML活用
アトランタで「XML 2005」カンファレンスが本格開幕した。オープニングの基調講演では、メリーランド大学のジム・ヘンドラー教授が「セマンティックWeb」について語った。(2005/11/17)

JVN、RSSによる脆弱性対策情報の配信をスタート
脆弱性情報/対応状況公開サイトのJVN(JP Vendor Status Notes)は、9月9日よりRSSによる脆弱性対策情報の配信を開始した。(2005/9/9)

企業での採用を狙うセキュアなRSS
XMLセキュリティ企業のReactivityは企業向けRSSプロバイダー2社と提携し、セキュアなRSSサービスの提供に乗り出す。ターゲットは金融機関をはじめとする企業顧客だ。(2005/9/5)

dev blog/CMS:ブログを支えるテクノロジー:
ブログ情報伝達を加速するトラックバック、ping
ブログの仕組みの中で、比較的理解しづらいと誰もが言うトラックバックやping。何気なく使うこの仕組みを理解すると、ブログアクセサリーや投稿画面の意味が理解でき、トラックバックスパム対策などにも活かせる。第1回はRSSについて。(2005/7/20)

アメーバブログ、大幅なリニューアルを6月20日に実施
サイバーエージェントが運営するアメーバブログは6日、6月上旬に実施予定としていた大規模なシステムバージョンアップを20日を目処に実施すると告知した。また、Ping送信先一覧からエキサイトを削除したとも発表している。(2005/6/7)

W3Cのバーナーズ‐リー氏、セマンティックWebの牽引役としてライフサイエンスに期待
かつて高エネルギー物理学がWebを軌道に乗せたように、ライフサイエンスがセマンティックWebを牽引するだろう――Web発明者でW3Cのディレクター、バーナーズ‐リー氏が語った。(IDG)(2005/5/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。