ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「再生医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「再生医療」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

住友ファーマ、iPS細胞製造の新工場を国内建設へ 最大1万人分 木村新社長「新しい輸出産業に」
住友ファーマが開発を進める人工多能性幹細胞(iPS細胞)による再生医療向け製品を巡り、年間最大1万人分規模の細胞を培養、生産できる専用工場を国内で建設する方針であることが25日、分かった。(2024/6/27)

『志高く』(5):
孫正義の信念 ビル・ゲイツ、ジョブズ、イーロン・マスクに共通すること
作家・井上篤夫氏の著書『志高く 孫正義正伝 決定版』(実業之日本社文庫、2024年)から抜粋記事の5回目。ビル・ゲイツ、ジョブズ、イーロン・マスクに共通することとは?(2024/6/13)

遠藤章さん「世界で一番売れている薬」を開発 アルツハイマー病など広がる用途
5日に90歳で死去した東京農工大特別栄誉教授の遠藤章さんが開発した、血中のコレステロール濃度を下げる特効薬「スタチン」は、毎日4000万人以上が服用するとされ、「世界で一番売れている薬」の異名を持つ。(2024/6/12)

研究開発の最前線:
ソルダーレジストの技術開発を加速する研究拠点を埼玉県嵐山町で開設
太陽ホールディングスは、埼玉県嵐山町の嵐山事業所内でソルダーレジストの開発を加速する技術開発センター「InnoValley(イノヴァリー)」を開設した。(2024/5/9)

事業を成功させる人に“共通する力”とは
事業の立上げ、継続、拡大、撤退判断などの重要局面で成否に係る一つの重要ファクターは、タイミングだといえる。(2024/4/2)

医療技術ニュース:
抹消神経損傷に対する3次元神経導管移植の治験結果
京都大学とサイフューズが共同で実施した、末梢神経損傷に対する3次元神経導管移植に関する医師主導治験で、有効性および安全性が示された。サイフューズ、太陽ファルマテックらは、社会実装に向けて開発を進めていく。(2024/3/27)

医療技術ニュース:
酸化ストレスが消化管がんの原因となる仕組みを解明
九州大学らは、酸化されたDNAが消化管がんの原因となることを明らかにした。この研究成果は、遺伝性大腸がん家系における発がんリスクコントロールに役立つ可能性がある。(2024/3/19)

iPS心筋球移植 1年で心不全に顕著な効果 来年にも実用化 慶大発ベンチャー
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を球状に加工した「心筋球」を、重い心不全患者の心臓に移植する世界初の治験で、移植後1年間の経過観察により長期間の顕著な症状改善効果が確認されたことが3月8日、分かった。実施した慶応大発の医療ベンチャー、ハートシード(東京都新宿区)は「来年にも実用化したい」としている。(2024/3/8)

医療技術ニュース:
手足をつくる四肢前駆細胞を産むリプログラミング因子群を同定
九州大学らは、非四肢細胞に四肢前駆細胞の性質を付与するリプログラミング因子群を同定した。同因子群は、四肢発生過程でも四肢前駆細胞特定化の役割を担う可能性が高く、四肢再生医療への応用が期待される。(2024/2/27)

医療技術ニュース:
口腔内細菌が放出する細胞外小胞が大腸がんの発症に関わることを解明
東京大学は、口腔内細菌の1種A. odontolyticusが大腸がんの初期発がん過程に密接に関与することを明らかにした。A. odontolyticus由来の細胞外小胞が大腸上皮細胞で炎症やDNA損傷を引き起こしていた。(2024/2/26)

医療技術ニュース:
乳がん再発の原因となる細胞を取り出すことに成功
金沢大学は、乳がんの再発を起こす原因細胞を取り出すことに成功した。心不全の治療に用いる強心配糖体を術前化学療法に加えることで、原因細胞の治療抵抗性が弱まり、死滅することが明らかとなった。(2023/12/12)

材料技術:
再生医療の細胞培養向けにPVAハイドロゲル製マイクロキャリアを開発
クラレは、再生医療用の細胞培養向けに「PVAハイドロゲルマイクロキャリア」を開発した。安全性が高く、効率的な細胞培養を可能にする。(2023/10/24)

前編:
御堂筋が「シャンゼリゼ」に? 大阪の街並みに“激変”迫る
大規模開発が並行して進む大阪。街並みはこれから、どんな変貌を遂げていくのか――。前編では、大阪市の都心エリアにあたる「大阪駅周辺」「中之島」「御堂筋」「難波」の開発プロジェクトとその特徴を見ていく。(2023/10/19)

双子モデル・吉川ちえ、美容整形後のひたいが“コブダイ”状態へ 多額の費用要した修正手術で後悔も「傷がこんなに残りました…」
数万円の注射が100万円超の修正手術に。(2023/10/9)

最初は注目されなかった:
ノーベル賞受賞のカリコ氏が語る「苦難と信念」 コロナワクチン開発に貢献した開拓者精神とは?
ノーベル生理学・医学賞に、コロナワクチンの開発に貢献した独ビオンテック社のカタリン・カリコ上級副社長と、米ペンシルベニア大学医学大学院のドリュー・ワイスマン教授が選ばれた。その背景には、苦難の研究者人生があった。困難にめげず信念を貫いて道を切り開いた姿勢は、多くの経営者のヒントになるだろう。(2023/10/3)

医療機器ニュース:
体内深部への薬剤送達への応用へ、電気刺激のない柔軟なピペットを開発
東北大学は、電気刺激がなく、制御性、柔軟性、安全性を併せ持つ細径チューブ型のハイドロゲル製ピペットを開発した。体内深部への薬剤送達やハイドロゲル電極デバイスへの搭載が可能だ。(2023/9/26)

Innovative Tech:
豚の体内で“人間の臓器”の成長に成功 中国の研究者らが発表 移植用臓器不足の軽減を目指す
中国科学院などに所属する研究者らは、移植用の人間の臓器を豚の体内で育成することに成功した研究報告を発表した。(2023/9/19)

「姉は全身がお顔」「アンチの方は情熱をもって見てくださっている」 叶姉妹3年ぶりファンミにファン感涙
恭子さんのプライオリティーの1番が美香さん、2番がお金、3番がネコちゃん、4番がシューズ、5番がグッドルッキングガイとのこと。(2023/9/7)

電子ブックレット(製造マネジメント):
イノベーションの秘訣が分かる記事8選
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、イノベーションに関する考え方や思い、組織の在り方などについての記事をまとめた「イノベーションの秘訣が分かる記事8選」をお送りします。(2023/9/7)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「スマートシティー」にも活用広がる ブロックチェーン活用サービスの最前線を解説【前編】
「お試しPoC」を終えて普及期に入るブロックチェーン。決済や資金調達、スマートシティーや地方創生などにおける最前線の活用事例を紹介しつつ、課題と展望をアナリストが解説する。(2023/8/25)

ロボット開発ニュース:
細胞医療製品を双腕ロボットで量産、アステラス製薬が2026年に治験薬を供給へ
アステラス製薬は、ロボットを用いて細胞医療製品の製造を自動化する取り組みについて説明するとともに、2023年3月につくばバイオ研究センターに導入した製造技術検証用の双腕ロボット「Maholo」を報道陣に公開した。(2023/8/10)

電子ブックレット(素材/化学):
インターフェックス2023注目ブース、脱アルミを加速するフィルムなど
MONOistに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集しました。今回は、「インターフェックスWeek東京2023」に出展した注目企業の材料技術や素材を採り上げた記事をお送りします。(2023/8/10)

製造マネジメントニュース:
帝人はアラミド工場火災の影響が残り営業利益6割減、通期予想は据え置く
帝人は、2023年度第1四半期の売上高が前年同期比0.4%増の2488億円となるも、営業利益は同60.8%減の42億円になったと発表した。(2023/8/8)

神経細胞から「AI」が生まれる未来【後編】
「生体細胞でAI開発」の可能性 “Amazonも熱視線”の理由は?
「AI」モデルのトレーニングに神経細胞を使うアイデアを実現したCortical Labsに、さまざまなクラウドベンダーが注目している。同社が加えた改良と、今後解決すべき課題とは。(2023/8/8)

3度の余命宣告を乗り越えFIP寛解の猫、寝たきり生活へ…… リハビリに励む姿に「ストレッチ頑張ってるね」と応援の声
みんなに応援されて頑張っています!(2023/8/3)

神経細胞から「AI」が生まれる未来【中編】
「人の細胞」で訓練したAIとは あの「AlphaGo」を凌ぐ可能性も?
生体細胞を使った「AI」モデルの開発プロジェクトが動き出している。開発からトレーニングまでのプロセスと、将来の可能性を開発担当者が語った。(2023/8/1)

インターフェックスWeek 2023:
iPS細胞にも使える「大型ウェルバッグ」、65万個のスフェロイドを培養可能
東洋製罐グループホールディングスは、「インターフェックスWeek東京2023」で、65万個のスフェロイドを培養できる「大型ウェルバッグ」を披露した。(2023/7/18)

粘菌100万体の振る舞いを個別計算、ラット脳細胞で機械学習──ライゾマ真鍋氏が見せた「AIの少し先の未来」
粘菌100万体の振る舞いを個別計算、ラット脳細胞で機械学習──クリエイティブ集団Rhizomatiks(ライゾマティクス)の真鍋大度氏が個展で見せた、「AIの少し先の未来」を紹介する。(2023/7/1)

猫のお迎え準備から老齢期の過ごし方まで 読みやすさを追求した猫本『ころばぬさきのねこ 病気にならない猫の飼い方』発売
猫の魅力も満載。(2023/6/22)

イノベーションのレシピ:
DNPが展開する全分野の技術を集積した共創施設をオープン、「ミニ腸」も展示
大日本印刷は、東京都内のDNP市谷加賀町第3ビルに開設した共創施設「P&Iラボ・東京」を2023年5月8日にオープンした。(2023/5/26)

FAニュース:
日立の細胞培養加工施設とバリューチェーン統合基盤を活用した再生細胞薬を提供へ
沖縄県で再生医療事業を手掛ける由風BIOメディカルが日立グローバルライフソリューションズの最新式の細胞培養加工施設と、日立製作所のバリューチェーン統合管理プラットフォームを活用した再生細胞薬の製造、供給を2023年6月から開始する。(2023/5/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
絆徳経営で重要なのは「相手はどんな人で、何を求めているのか?」を常に考え続けること
20世紀型の成功哲学により、長時間働く人がすごい、お金を稼いでいる人がすごいという価値観に社会が一気に席巻された。20世紀型の成功モデルを否定するわけではないが、これからの企業は、「お客さまに対して価値を提供し、絆を作る」ことを感覚的に感じ取ることが必要になる。(2023/5/16)

医療機器ニュース:
記憶メカニズムや中枢神経系疾患の研究に有用なヒト神経細胞を作製
東京大学とリコーは、転写因子で分化誘導されたヒトiPSC由来神経細胞を用いて、ヒトの脳神経細胞の成熟過程を再現し、迅速な機能的成熟に成功した。記憶メカニズム研究や中枢神経系疾患の治療薬開発への活用が期待される。(2023/4/28)

医療技術ニュース:
新型コロナ治療薬の開発に向け、オートファジー関連化合物をスクリーニング
京都大学iPS研究所は、ヒト気道オルガノイドを用いたオートファジー関連化合物のスクリーニングにより、シクロヘキシミドとタプシガルギンが新型コロナウイルスに対して強い抗ウイルス効果を示すことを発見した。(2023/4/26)

京大附属病院、3Dプリンタで神経損傷の治療に成功 切れた神経を回復できるように
京都大学医学部附属病院が、バイオ3Dプリンタを使った末梢神経損傷の治療に世界で初めて成功した。従来手法に比べて神経再生が良好で、副作用や合併症の発生もないという。(2023/4/25)

医療機器ニュース:
医総会博覧会では内視鏡とカテーテルの手術を体験できる?
オリンパスとテルモは「日本医学会総会2023東京 博覧会」に出展。内視鏡やカテーテルの体験コーナーを中心に一般来場者向けの展示を展開している。(2023/4/21)

医療機器ニュース:
他家T細胞療法の普及に向けて細胞自動培養装置の共同開発を開始
日立製作所、京都大学、リバーセルは、他家T細胞療法の普及に向けて、細胞自動培養装置を開発するための共同研究契約を締結した。細胞自動培養装置を用いて、多能性幹細胞から再生キラーT細胞を製造する技術開発の研究を開始した。(2023/4/5)

医療機器ニュース:
再生医療向けの細胞培養に活用できる、可溶性マイクロキャリアを開発
大日本印刷とHyperion Drug Discoveryは、細胞培養で足場剤として用いる、可溶性の「微小粒子(マイクロキャリア)」を開発した。従来のシャーレなどによる培養に比べ、培養スペースと使用する培養液の量を75%削減できる。(2023/4/3)

3Dプリンタニュース:
3D細胞プリントで食用培養肉製造目指す共同事業体設立、大阪万博で成果披露
大阪大学大学院 工学研究科、島津製作所、伊藤ハム米久ホールディングス、凸版印刷、シグマクシスは“3Dバイオプリントによる食用培養肉製造技術に関する社会実装の具体的な取り組み”を目的とする「培養肉未来創造コンソーシアム」を設立した。(2023/3/30)

かまいたち山内、愛猫2匹の死を報告 親子ともに急性腎不全 「この子達の血筋なのかもしれない」
「チャイものび太も私の人生そのもの」と語る山内さん。(2023/2/27)

イノベーションのレシピ:
リコーが苦手な新規事業育成を担うフューチャーズBUは「社会課題解決」を目指す
リコーが新規事業部門であるリコーフューチャーズBUの取り組み説明。社会課題解決をミッションとする8つの新規事業は、ただもうけることを主軸にはしていないという。(2023/1/20)

FAニュース:
国産初の手術支援ロボットなどが受賞、経済産業省らがものづくり日本大賞を発表
経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省は第9回「ものづくり日本大賞」の内閣総理大臣賞受賞者を2022年1月10日に発表した。ミスミのデジタル部品調達サービス「meviy(メヴィー)」や、メディカロイドと川崎重工業による国産初の手術支援ロボット「hinotori サージカルロボットシステム」の開発などが受賞した。(2023/1/11)

福田昭のデバイス通信(380) 2022年度版実装技術ロードマップ(4):
「ヒューマンサイエンス」とは何か
今回から、第2章「注目される市場と電子機器群」の本論に入る。はじめは第3節(2.3)「ヒューマンサイエンス」の概要を説明する。(2023/1/6)

投資家の政権支持率3%──“衝撃”の調査結果がVOD年間視聴数1位に 日経CNBC調べ
経済専門チャンネルを運営する日経CNBCが、自社動画コンテンツの年間視聴数ランキングを発表した。(2022/12/27)

医療機器ニュース:
FAのノウハウを再生医療機器領域へ、3D細胞製品の実用化に向けて共創
日本精工(NSK)は2022年12月23日、再生医療製品の開発を行うベンチャー企業のサイフューズと、再生/細胞医療製品分野における新技術の開発で協創することを発表した。(2022/12/23)

山浦恒央の“くみこみ”な話(160):
業務効率化の道具箱(7)ターミナルソフト「RLogin」を使ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第7回は、ターミナルソフトである「RLogin」の導入方法や使い方を紹介する。(2022/12/22)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(9):
「令和版所得倍増計画」の正体 〜全国民参加の不労所得獲得戦略
今回は、「令和版所得倍増計画」について、もう一歩踏み込んで分析してみました。その結果、この計画は、「日本の国民全員参加による、不労所得の獲得戦略」であることが見えてきました。うん、ならば意外に悪くはない、一口乗ってみるかという気にもなってきます。(2022/12/1)

医療技術ニュース:
生体外でほぼ100%毛幹を生み出せる、毛包オルガノイドを作製
横浜国立大学は、生体外でほぼ100%の高効率で毛幹を生み出せる、毛包オルガノイド「ヘアフォリクロイド」の作製に成功した。マウスへの移植実験により、毛包が生着し、毛が生え変わることが確認できた。(2022/11/10)

松居直美、元保護猫・ハナちゃんが15歳で天国へ 容体悪化で番組中号泣の過去も 「全く苦しまずに息を引き取りました」
前の飼い主が亡くなり、松居さんに引き取られて幸せに暮らしていたハナちゃん。(2022/11/2)

医療技術ニュース:
生命科学の匠の技をAIとロボットで伝承、産業化の促進を目指す
エピストラは神戸市役所(兵庫県神戸市)及びオンラインで記者会見を開き、ロボットやAIを活用した再生医療の実験効率化の成果について報告した。(2022/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。