ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サウナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サウナ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

関東最大級のサウナ施設「かるまる 池袋」12月オープンへ サウナ4種、水風呂4種(うち1つはシングル)を擁する夢のサウナが池袋に
シングル水風呂「サンダートルネード」の衝撃。(2019/11/8)

“ぽっちゃり”姿に「えーっ!」 難解な役に挑戦し続ける知英、映画「どすこい!すけひら」インタビュー
本人も驚くビジュアル。(2019/11/1)

タイムアウト東京のオススメ:
フィンランド大使館のサウナに潜入する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/10/1)

じわりサウナブーム 「感度高い人」集まる 
サウナが舞台のテレビドラマや漫画が相次いで登場している。「暑苦しい」「おじさんが入るもの」…。ネガティブなイメージも根強いサウナが、作品の主要テーマになるのは異例のことだ。背景には、サウナの爽快感やリラックス効果に親しむ愛好者「サウナー」の増加と、それに伴うサウナ文化の広がりがあるようだ。(2019/9/10)

サウナは家族公認の愛人である! 「サ道」4話でスーパー熱波師エレガント渡会が語ったサウナの真髄に心底うなづく
「サウナ王」いわく「彼以上に所作の美しいロウリュは見た事がない」。(2019/8/16)

「あいさつ代わりに組み手を仕掛け合う」 オリンピックをガチで目指していた人に“あるある”を聞いてきた(レスリング編)
頂点を目指す者たちの世界。(2019/8/11)

泣けるサウナが杉並区にある? 「サ道」3話の舞台は「ゆ家 和ごころ 吉の湯」、サウナと水風呂と外気浴と涙
サウナに行きたくなる魔法にかかるドラマ。(2019/8/9)

熱中症で死亡も 着ぐるみの過酷な実態
「ひらかたパーク」で7月、着ぐるみ姿でショーの練習をしていたアルバイト男性(28)が熱中症で死亡した。男性が着ぐるみ姿で踊ったのは日没後のわずか20分間。複数の要因が重なった事故とみられるが、専門家は「着ぐるみは熱中症のリスクが高く、過酷な環境だ」と警鐘を鳴らす。(2019/8/7)

肩にちっちゃい重機を乗せながら見たいアニメ今季No.1「ダンベル何キロ持てる?」第6話先行カット公開 銀髪の新キャラ登場
その名は「ジーナ・ボイド」。(2019/8/5)

錦糸町ニューウイング水風呂の魔力「サ道」2話 裸の男たち(原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗)を見ているだけで「ととのう」サウナトランス・ドラマってことですか?
なんといってもサウナの主役は水風呂ですよ。(2019/8/2)

「おっさんたち、こんな気持ちいいことしてたのか……!」 ドラマ「サ道」で映像化された“ととのう”の世界
原田泰造も磯村勇斗も全裸で「ととのったー!」。コーネリアスまで登場した1話。(2019/7/26)

サウナ好きのバイブル「サ道」が、原田泰造&磯村勇斗でドラマ化ととのった! サウナ愛が今日から深夜を熱くする
「ととのう」=「サウナトランス」を知ってほしい。(2019/7/19)

自分を志摩リンだと思いこんだオタクが「ビーノ」に乗って行く「ゆるキャン△」ガチ聖地巡礼レポート【前編】
志摩リン仕様のビーノに「リンちゃんのサイドバッグ」を装着してゆるキャンオタが聖地巡礼にでかけた漫画。(2019/6/21)

AI時代の人間は「ガンダム」や「聖闘士星矢」のようになる:
パッと見ただけで年収が分かる時代が来る?――DMM亀山会長らが見通す未来
DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏らが未来を見通す――。(2019/6/12)

tsumug.edge:
「電子国家」なのに不便? エストニアに住む日本人が見た、電子国家の本当の意味
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けします。(2019/5/31)

「素晴らしい筋肉!」「また只野やって欲しい!」 高橋克典、3年前の“只野仁ボディー”が自画自賛する仕上がり
高橋さん「只野の予定はないけど、また身体づくり始めます」。(2019/5/20)

東京最古の銭湯:
銭湯不況時代なのに、なぜ「あけぼの湯」に人は集まるのか
東京都内から銭湯が消えつつある。そんな “銭湯不況時代”でも流行る「あけぼの湯」の魅力とは。あけぼの湯の運営を担う嶋田照夫さんに話を聞いた。(2019/4/28)

猛省「ストロベリーナイト・サーガ」 1話で見せた二階堂ふみら新キャストの“それぞれのハマり方 ” 今野浩喜の関西弁もウザくて最高
「二階堂ふみは竹内結子を超えるのか」ってそういう問題じゃないんだよ。(2019/4/18)

「湯船」ってどこが「船」なの? →調べてみたら「本当に船」だった
むしろ中に水があるから、人が船……?(2019/4/4)

『夜になると』『旬の魚を食べ歩く』 本のタイトルをつなげて一つの文章を作る漫画がやってみたくなる面白さ
本を使ったささやかな楽しみ方です。(2019/3/9)

ヤマハ発動機が「サウナとバイクでととのう漫画」新作4本を公開 『ゆるキャン△』志摩リンが“初サウナる”エピソードも
サウナに行っておいしいご飯が食べたくなる漫画です。(2019/3/7)

水曜インタビュー劇場(眠り公演):
カプセルホテルの“常識”が変わる? 「ナインアワーズ」の考え方
カプセルホテルといえば、サラリーマンのおじさんが泊まっているといったイメージが強いかもしれないが、数年ほど前からちょっと異変が起きている。オシャレな雰囲気を演出しているところが増えてきたなかで、「眠り」にチカラを入れているところがある。それは……。(2019/2/27)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「謎サウナ(下北沢高架下)」の取材をレポートする
感想「ふ〜……死ぬか〜……」(2019/2/21)

イラストで銭湯を元気にしたい――『銭湯図解』塩谷歩波さんに聞く、銭湯の魅力とこれから
作者の塩谷歩波さんに、出版の経緯や思い出深かった銭湯などいろいろ聞きました。(2019/2/22)

全国24カ所の銭湯を緻密なイラストで 塩谷歩波『銭湯図解』書籍化決定!
見てるだけでととのいそう。(2019/2/5)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
外資系証券で6000万円使って分かった接待の極意
顧客と信頼関係を築く手段としてに欠かせない接待。筆者は外資系証券会社に在籍していた際に通算580回の接待をした。合計6000万円近くを使って見えてきた接待の極意とは?(2019/2/4)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
バカと暇人はサウナから学べ
「銭湯サウナは多種多様な情報に触れることができる」――『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』の中川淳一郎さんによる銭湯サウナエッセイ。(2019/1/18)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯では80歳の老女が「お姉さん」になる。なら、私は?――31歳ライターと“銭湯年齢”
「80歳でお姉さんならば、31歳の私は何者なんだ? まさか、幼女?」――姫野桂さんによる銭湯サウナエッセイ。(2019/1/17)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯、天ぷら、レモンサワー。体に溜まっていく毒と、それでもネットが大好きだという話
「私たちはネットで知らない間に“負の感情”を蓄積しており、それをどこかで発散させる機会が必要だ」――御朱印集めが好きなライター・ちぷたそさんによる、銭湯サウナエッセイ。(2019/1/16)

【お知らせ】ねとらぼ初の同人誌「ねとらぼん」を、「第4回ウェブメディアびっくりセール」で頒布します
ねとらぼソースもありますよ。(2019/1/16)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
ネットでつながるサウナ愛 国内初&最大のサウナポータル「サウナイキタイ」はなぜ生まれ、どうサウナ人気を支えていくのか
「サウナ」とググると一番上に表示される、国内最大のサウナポータルサイト「サウナイキタイ」。開設1年でここまで愛用されるようになったのはなぜか、運営側の立ち上げに対する思いはどのようなものか。創案者2人への1万字インタビュー。(2019/1/13)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯を流行らせるには「ウニ推しおじさん」になれ―― 銭湯神ヨッピーが語る、ネットで「水風呂推しおじさん」が増える理由
ヨッピーさん「国民全員が銭湯にハマればGDPが3倍になる」。(2019/1/11)

神田淡路町にコワーキングスペース付き銭湯ができるぞおおお! 「RAKU SPA 1010 神田」3月上旬オープン予定
秋葉原からも歩いて行ける距離!(2019/1/11)

ダンジョンで美しいエルフの風呂に癒やされる ムヒョロジ作者が送るファンタジー×お風呂漫画『エルフ湯つからば』
Twitterで第1話が約3万RTされるなど話題に。銭湯サウナブームとファンタジーが融合しただけでなく、入浴の真ずいも描かれているところに注目を。(2019/1/1)

「サウナで良くなった血流に幸福物質を流し込んでやれっ!!」 サウナとグルメのルポ漫画制作プロジェクトが支援を募集中
サウナの後のビール……!(2018/10/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
夏の甲子園に潜む“無限ループ”は「最悪の事態」が起きるまで続くのか
酷暑が続く中、高校野球の熱戦だけでなく、その大会運営に対する議論も白熱している。ただ、これまでの伝統や球児、関係者の思いを考慮すると、大きな変革は望めない。「夏の甲子園」と暑さ対策、“無限ループ”が続いていくだろう。(2018/8/17)

タイムアウト東京のオススメ:
アートな冒険に出る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/8/15)

最新巨大客船の裏側へ潜入! 氷川丸と「客船80年の進化」を見比べる
どんだけすごいんだ。【写真スライドショー150枚】(2018/7/29)

水曜インタビュー劇場(銭湯公演):
どこが魅力なの? 知られざる「風呂なし」物件の世界
銭湯が減っているなかで、「風呂なし物件」を見直す動きが出ている。風呂なし物件といえば、古い、汚い、くさいといったマイナスイメージをもつ人が多いかもしれないが、実際はどのような感じなのか。専門家に話を聞いたところ……。(2018/7/25)

水曜インタビュー劇場(男子公演):
なぜ伊藤忠は18年ぶりに「独身寮」を復活させたのか
伊藤忠が18年ぶりに「独身寮」を復活させた。業績低迷を受けて、2000年に社有の寮を売却したのに、なぜこのタイミングで建てたのか。建物は7階建てで、部屋は361室。国内最大級の寮のナカはどうなっているのかというと……。(2018/7/4)

常見陽平のサラリーマン研究所:
君たちはどうサボるか? 中国の働き方から学ぶ「手抜き」
『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(西谷格、小学館新書)を読んで、衝撃を受けた。中国でのテキトーな働きぶりが紹介されているわけだが、働きすぎの日本人も学ぶべきところがあるのではないだろうか。それは……。(2018/6/15)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「花見(井の頭公園)」の取材をレポートする
感想「なんどしても面白いな、チャンプ事件の話」(2018/4/16)

えんやの銭湯イラストめぐり:
熱々サウナにマイナス5度の外気浴! 本場フィンランドの公衆サウナ「SAUNA ARLA」が最高すぎた
今回は番外編! サウナの本場、フィンランドの公衆サウナを体験してきました。(2018/4/15)

NEC 顧客動態レーダー:
カメラを使わずレーダーで顧客動態を見える化、NECがサービス提供へ
NECは、「リテールテックJAPAN 2018」において、店舗における顧客動態をカメラを使わずにレーダーで見える化するサービスを紹介した。現在実証実験による顧客からの評価を受けており、2018年6月の発売を予定している。(2018/3/19)

PR:仕事に追われるarrows先生 “救世主”は「arrows Tab F-02K」?
一部で名高い「arrows先生」。最近忙しさに拍車が掛かっているという先生が、その業務の効率化を狙って「arrows Tab F-02K」を導入してみたそうです。1年半ぶりにモデルチェンジしたNTTドコモの「arrows Tab」のどこに魅力を感じたのでしょうか……?(2018/3/19)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「スキー場」の取材をレポートする
感想「たのしい! たのしい!」(2018/3/16)

サウナブームを背景に:
日本のサウナ人口は1159万人 「サウナー」じわり増加
日本サウナ・温冷浴総合研究所がサウナ実態調査を発表。サウナブームを背景に、サウナ人口が増加している。(2018/3/7)

スピン経済の歩き方:
サウナブームは絶滅寸前の「銭湯」を救えるか
「銭湯」の減少に歯止めがかからない。厚労省の調査によると、平成に入ってからは3分の1の規模まで縮小しているのだ。このままでは銭湯という日本の伝統的な公衆浴場が消滅してしまいそうだが、何か打つ手はないのか。筆者の窪田氏は「サウナ」に注目していて……。(2018/3/6)

えんやの銭湯イラストめぐり:
スカイツリーを見上げながらハンモックでゆらゆら…… 押上「大黒湯」の露天風呂が全力で人をダメにしにきている件
人をダメにする銭湯だこれ!(2018/2/27)

都内ネットカフェなどのオールナイト利用者、25.8%が住居喪失者 うち75.8%は不安定就労者
入居に必要な初期費用や保証人を確保できないことが主要因となっているようです。(2018/1/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。