ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スクーター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スクーター」に関する情報が集まったページです。

「おいこれムーミンだよね?」「いやウサビッチだ」 ヤマハが新型のびっくり顔スクーター発表「たぶん何か宿ってる」
何に見えましたか……?(画像22枚)(2020/10/19)

三井住友海上とUber Eatsが連携 配達パートナーの事故防止支援など
三井住友海上は、Uber Eatsと包括的な連携協定を結んだ。自転車や原付バイク、軽自動車を使う配達パートナーの交通事故防止の支援などに取り組む。(2020/9/1)

西武池袋本店で「としまえん」の思い出を振り返るパネル展 貴重な昔の映像や「オートスクーター」の実車も
懐かしい記憶が甦りそうな写真の数々。(2020/8/8)

「リカちゃんイーツ」「リカペイ」でごっこ遊び リカちゃん人形がニューノーマル対応
タカラトミーが、着せ替え人形「リカちゃん人形」用の小物セット「リカペイでピッ! おかいものパーク」「リカちゃんイーツ おとどけスクーター」を発売。キャッシュレス決済やフードデリバリーサービスなど、新しい生活様式をごっこ遊びで体験できる。(2020/6/18)

お仕事はかどるカッコよさ……! イタリアンデザインの屋根付き3輪商用電動スクーター「aidea AAカーゴ」発売
イタリアンデザインですもん。月1万7700円からのリースプランも。(2020/6/18)

和歌山がバイク普及率全国一、理由は道路事情だけじゃない
 梅やミカンの収穫量が全国一の和歌山県が、オートバイ・スクーターの普及率でも都道府県で1位の座を維持し続けていることはあまり知られていない。平成に入ってから行われた国による6回の調査では、1台以上所有する世帯の比率が30〜50%台にも達し、毎回2位以下に大きく差をつけている。その背景には、山がちな地形や道の狭さ、雪があまり降らない温暖な気候、農作業との関係などさまざまな事情がありそうだ。(2020/6/18)

最高速度は約35キロ:
公道でも走行できる電動キックスクーター登場、価格は3万9800円
FUGU INNOVATIONS JAPANは6月上旬より、公道でも走行できる電動キックスクーターを、ドン・キホーテ系列店舗で発売している。価格は3万9800円(税別)。(2020/6/17)

横から見ると生き物みたい! スペインのEVスクーター「URBET EGO」がカワイイ
最高速度は90キロとスペックもなかなか。(2020/6/12)

うぉぉぉこれはぁぁ〜!! ナンバー“ちゃんと”取れる立ち乗り電動スクーター「X-SCOOTER LOM」キター
超早割ならばお値段10万円ほどですよぉぉー。(2020/5/28)

あの会社のこの商品:
電動スクーター「ブレイズスマートEV」は、なぜ3000台以上も売れているのか
名古屋市に本社を置く自動車ディーラーのブレイズが開発した電動スクーター「ブレイズスマートEV」が注目を集めており、売れ行きも好調だ。人気の秘密を取材したところ……。(2020/5/22)

エヴァ×ココイチのコラボキャンペーンが豪快 本当に乗れる初号機風スクーターが当たる!
Tシャツやフィギュアなども用意。(2020/4/3)

「水曜どうでしょう」最新DVD&Blu-ray発売を記念した一番くじが登場 「原付の旅シリーズ」がボードゲームに
ギアいじったっけ ロー入っちゃって もうウィリーさ。(2019/12/25)

一充電で87キロ走行:
ホンダ、集配ビジネス向けEVスクーター「BENLY e:」20年4月発売 着脱式バッテリー搭載
ホンダは2020年4月、宅配などの集配業務を想定したビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズを法人向けに発売する。簡単に交換できる着脱式バッテリーを搭載。EV二輪の普及に取り組む。年間200台の販売を目指す。(2019/12/19)

スマホで「ピザ屋さんスクーター」借りられる(!!) このサービス何? 「HELLO SCOOTER」早速使ってみた【写真10枚】
「原付スクーター」を分/時間単位で借りられるサービスが登場! でも……どんな人向けなの?(2019/10/1)

東京モーターショー2019:
新型フィットを世界初公開、電動化戦略の要となる2モーターHVを採用
ホンダは2019年9月26日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、「スーパーカブシリーズ」をベースにしたトレッキングバイクのコンセプトモデル「CT125」や、電動スクーター、「フィット」の新モデルを世界初公開すると発表した。(2019/9/27)

ソフトバンク出資先とホンダ、都内でシェアスクーター開始 借りた場所に返さなくてもOK、検索・予約はアプリで
スクーターのシェアリングサービス「HELLO SCOOTER」がスタート。まずは東京都内の新宿、目黒、新橋の3エリアで展開。(2019/9/24)

保険にも加入できる:
公道を走れる原付扱いの電動キックボードが登場 時速20キロのスピード感
公道を走れる電動キックボードが登場。原付扱いで保険にも加入できる。「時速20キロのスピード感が、景色を見渡す余裕をくれる」という。(2019/9/6)

電動スクーター「Bird Two」はバッテリーが50%アップで壊れると自己申告する
シェアサイクルのBirdが、新電動スクーター「Bird Two」を発表した。壊れると自己申告し、Birdが回収・修理するための損傷センサーや、「Bird One」より容量を50%アップしたバッテリーを搭載する。(2019/8/2)

ロサンゼルスで記者が見た「新たな交通手段」 死者が出ても止まらない“ブーム”
ロサンゼルスで新たな交通手段となっている「電動シェアスクーター」の利用状況を見てきた。(2019/8/1)

あのモンエナカラーだ! ヤマハ、MotoGPワークスマシンカラー仕様の「原2スクーター」を発売
気分はもうロッシ選手。(2019/7/26)

シェアスクーター、今夏スタート ヘルメットも利用者同士でシェア ソフトバンク出資のOpenStreet
OpenStreetが今夏からシェアスクーターサービスを始める。(2019/7/17)

屋根付きカッケェェェ! 航続距離270キロの電動ビッグスクーター「AD-4」登場、こりゃ街乗りはかどりそう
航続距離270キロ、タンデム&高速道路も走れる。(2019/7/8)

ホンダ、スマートキーに対応した原付2種「スーパーカブ C125」新色を発表 落ち着いた色合いの「パールカデットグレー」追加
ホワイトとグレーで落ち着いた色合いに仕上げた新色。(2019/5/30)

シェアサイクルのBird、電動スクーター「Bird One」を1299ドルで限定販売も
米シェアサイクルのBirdが、サービス向けに製造した新しい電動スクーター「Bird One」を台数限定で販売する。黒、白、ピンクの3色で、価格は約14万円。(2019/5/9)

お台場「痛車天国2019」:
軽トラELFがエルフのえるちゃん仕様に!? 「痛車天国2019」五等分の花嫁、エヴァなど痛車写真まとめ
アスカのスクーターが超イカすぅ!(2019/4/7)

岩下社長のラブコールが実現 プジョー新型「ジャンゴ」と「岩下の新生姜」がコラボ、特別仕様の世界で1台のスクーターが完成
違和感がなさすぎる。(2019/3/18)

Xiaomiの電動スクーターに脆弱性 他人が遠隔操作で急ブレーキや急加速も
米セキュリティ企業のZimperiumは、他人のスクーターに遠隔操作でロックをかけて動かなくさせる様子を示したデモ映像も公開している。(2019/2/14)

あっ、ほしい ヤマハの名バイクたちを描いた印鑑が販売中、RZ250など全19種類をラインアップ
ビッグスクーターやオフロードもラインアップ。(2019/2/4)

あの小さな探偵ごっこが捗りそう 時速32キロで走る電動スケボー「Riptide R1 Elite」が日本上陸
最高速度は32km/hと原付バイク並みのスピード!(2019/2/3)

Uber、“自分で持ち場に戻る”自転車を開発か──英Telegraph報道
Uber傘下のJUMPが、シェアサイクルの自転車やスクーターの自動運転化を計画していると、英TelegraphがUberの人材募集要項から推測している。(2019/1/22)

ヤマハ、原付スクーター「ビーノ」2019年モデルを発表 新色3種を追加して全6バリ展開へ
そういえばこれ、ホンダ製なんだよなぁ。(2019/1/18)

モバイル版「Googleマップ」の「経路」にシェアサイクルLimeも表示
GoogleがシェアサイクルのLimeと提携し、AndroidおよびiOS版の「Googleマップ」の経路検索結果に、シェアサイクルのスクーターあるいは自転車が表示されるようにした。米国とオーストラリアの一部都市で利用可能だ。(2018/12/14)

電気自動車:
ホンダ「PCX」に電動モデル、既存のボディーに電動パワーユニットを収めEV化
ホンダは2018年11月29日、電動バイク「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」のリース販売を開始すると発表した。原付2種のスクーター「PCX」をベースに、新開発の電動パワーユニットを搭載した。バッテリーは、着脱可能なリチウムイオン電池「モバイルパワーパック」を使用する。(2018/11/30)

電車にも乗れちゃうくらい省スペース 災害時には電源にもなる折りたたみ式電動スクーター「UJET」がめっちゃイケてる
非常時の電源としても活躍してくれる。(2018/11/5)

うぉぉこれは超やべぇぇぇ! 「大人のミニレーシングカート」爆誕、電動二輪バランススクーターを超変身
「ドリフト用サイドブレーキ」もちゃんと(?)ある! お子様もOKの調節機構付き。(2018/10/18)

台湾電動スクーターメーカーの野望(後編):
大容量バッテリーを使わず“電欠”の不安解消、「毎日の充電は不満にならない」
2018年6月にキムコが発表した2台の電動スクーターの新モデル「Many 110 EV」と「Nice 100 EV」は、いずれも「iONEX(アイオネックス)」に対応している。アイオネックスとは、キムコが普及を目指している小型モビリティ用の電力供給ソリューションの名称だ。キムコ 会長のアレン・コウ氏は「車両の概念に、スマートフォンのアプリや急速充電ステーション、公衆コンセントのネットワークなどといったものを含めたもの」と表現している。(2018/9/26)

原付のみ、400枚限定:
「しゅうニャン市」こと山口県周南市、ネコデザインの“ご当地ナンバー”交付開始
「しゅうニャン市」を愛称として市のPR活動を展開している山口県周南市が、原付用の“ご当地ナンバー”の交付を開始。ネコがモチーフのデザインを取り入れた点が特徴で、400枚限定で発行する。(2018/9/19)

電気自動車:
ヤマハ発動機が台湾メーカーと協業、バッテリー交換型電動スクーターのOEM供給で
ヤマハ発動機と台湾の二輪車メーカーGogoroは2018年9月11日、台湾市場向けの電動スクーターに関する協業の検討を開始したと発表した。協業の対象は、電動スクーターの開発と生産委託、バッテリー交換システムの共用で、2018年内の正式契約を予定している。エンジン車も含めて台湾市場向けのラインアップを拡充する。(2018/9/12)

台湾電動スクーターメーカーの野望(前編):
電動スクーターを“普通に”使えるように、台湾二輪車メーカーはインフラ計画も描く
日本では現在、クルマの世界ではハイブリッド車の存在感が増し、少しずつ電動化の流れが強まってきていることを実感している人は多いはず。しかし2輪では、台湾が日本のはるか先を行く。そんな思いを抱かせる新型スクーターが登場した。(2018/7/31)

エコカー技術:
ホンダが「世界初」のハイブリッドバイク、スターターモーターが4秒間アシスト
ホンダは2018年7月6日、原付二種スクーターの「PCXシリーズ」にハイブリッドモデルを追加して同年9月14日から販売すると発表した。量産二輪車として「世界で初めて」(ホンダ)、ハイブリッドシステムを採用する。スターターモーターに駆動アシストの機能を持たせることで、走行状況に応じた俊敏な加速を実現するとしている。(2018/7/12)

UberやAlphabet、電動スクーターシェアリングのLimeに出資、UberアプリでLime利用可能に
ライムカラーの自転車や電動スクーターのシェアリングサービスで世界に進出中の米Limeが、3億ドル以上の増資を発表した。Uberが出資だけでなく、戦略的パートナーとして協力していく。UberアプリでLimeの電動スクーターを利用可能にする計画だ。(2018/7/10)

そのメリットは?:
ホンダ、量産二輪初のハイブリッド「PCX HYBRID」発売
ホンダは、人気の原付二種スクーター「PCX」に、量産二輪車としては世界初というハイブリッドシステムを採用した「PCX HYBRID」を設定し、9月14日に発売する。(2018/7/9)

フォルクスワーゲン、カーシェアリングに「WE」ブランドで参入へ 電動スクーターも
独Volkswagenが電気自動車によるカーシェアリングサービスを2019年にまずはドイツで開始する。2020年には米国やアジアにも進出する計画。電気自動車だけでなく、電動スクーターやスケートボードも提供する見込みだ。(2018/7/5)

突然目の前に止まった原付ドライバーから渡されたのは……? 幸運を分けてくれたエピソードにほのぼの
(2018/7/4)

初代を彷彿とさせるデザイン:
ホンダ、「スーパーカブC125」発売 より上質になったカブが新登場
ホンダは、原付二種の二輪車「スーパーカブC125」を9月14日に発売する。(2018/6/28)

ミッキーマウスと原付バイクが融合!? ディズニーモータース「チムチム」ライフサイズモデルを初披露
世界で1台だけの超レア品。(2018/6/8)

原付バイクを改造した消防車両 本隊に先行して現場へ、状況確認や初期消火で迅速な展開に期待
小型の消火ユニットを搭載した原付。(2018/6/1)

取り回しやすい:
スズキ、原付二種スクーターの新型「SWISH」発売
スズキが新型の原付二種スクーター「SWISH(スウィッシュ)」を発売する。(2018/5/31)

ABS、HSTC搭載:
ホンダ、軽スクーター「フォルツァ」フルモデルチェンジ 安全・軽快な走り
ホンダがスクーター「フォルツァ」をフルモデルチェンジ。ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)と「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を搭載。走行性能と扱いやすさを向上させた。(2018/5/11)

「アソビの達人」コンセプト:
ホンダ「モンキー」が原付二種で復活 「モンキー125」発売
ホンダが二輪車「モンキー125」を7月12日に発売する。(2018/4/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。