ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セガゲームス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セガゲームス」に関する情報が集まったページです。

国体初のeスポーツ大会 若年層中心に健全性アピール ゲーム産業のすそ野拡大に期待
 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」で、コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の全国都道府県対抗選手権が5日、開かれた。(2019/10/7)

国体初のeスポーツ大会 若年層中心に健全性アピール ゲーム産業のすそ野拡大に期待
第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」で、コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の全国都道府県対抗選手権が5日、開かれた。国体では初の試み。eスポーツは国内でも人気が高まってきたが、新たに認知されつつある“競技”だけに抵抗感も根強い。関係者は国体での実施で、青少年を中心にeスポーツの健全性をアピールしたい考えだ。(高木克聡)(2019/10/7)

メガドラタワーも作れる メガドライブの変遷をたどれるミニチュアフィギュアがカプセルトイで登場
みんなの憧れ、メガドラタワーがミニチュアに!(2019/9/17)

「新サクラ大戦」アニメ化に続き舞台化決定 「東京ゲームショウ2019」で発表され会場沸く
令和はサクラ大戦が熱い。(2019/9/15)

PS4「電脳戦機バーチャロン マスターピース」11月27日配信決定! 「OMG」「オラタン」「フォース」の3作収録で4500円
やったああああああああ!(2019/9/13)

「新サクラ大戦」アニメ化決定! 天宮さくらを主人公に2020年放送開始
監督は小野学さん、シリーズ構成は小野さんと浦畑達彦さんが担当。(2019/9/13)

「一体何宮寺さくら」「さくらオルタ」 「新サクラ大戦」にCV横山智佐の新キャラ登場でネット混乱
さくら……なのか……?(2019/9/12)

マシーナリーともコラム:
祝・ツインスティックついに完成! マシーナリーとも子、タニタ本社で「バーチャロン」のプロデューサーに会うの巻
ついに完成した「バーチャロン」用ツインスティックを触りに、マシーナリーとも子とタニタ本社へ突撃してきました。(2019/9/9)

「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」まさかのVer.1.03配信開始! ツインスティックへの対応準備で
他にも一部のバグ修正など、23項目の変更が行われます。(2019/7/29)

「ファンタシースターオンライン2」が2度目のアニメ化 全25話で10月放送開始
まさかの。(2019/7/17)

「JUDGE EYES:死神の遺言」初版は差し替えなし ピエール瀧の羽村京平のまま遊べる
出演者のピエール瀧氏の逮捕を受け、販売が自粛されていた「JUDGE EYES:死神の遺言」。このほど、ピエール瀧氏の出演部分を差し替えた「新価格版」の発売が発表されたが。あわせて、初版の交換やパッチ対応は行われないことが明かされた。(2019/5/22)

ピエール瀧逮捕で販売中止の「JUDGE EYES:死神の遺言」、モデル差し替えで再発売
ピエール瀧氏が逮捕されたことを受けて3月から販売を自粛していた「JUDGE EYES:死神の遺言」が7月18日に「新価格版」として4540円(税別)で再発売。瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」は、田中美央さんが演じたモデルに差し替えた。(2019/5/21)

バッファローの周辺機器がメガドライブミニに公式対応 USBハブなどを利用可能
セガゲームスから発売予定の「メガドライブミニ」の特設ページにバッファロー製USBハブなど周辺機器として掲載されている。(2019/5/17)

セガ、女性向けアイドル育成ゲーム「Readyyy!」サービス終了 リリースから約3カ月で
2月1日にリリースしたばかりでした。(2019/4/26)

「メガドライブミニ」9月19日発売 6980円
「メガドライブ」を手のひらサイズで復刻した「メガドライブミニ」が9月19日に6980円(税別)で発売。コントロールパッドを2つ同梱した「メガドライブミニ W」も8980円(同)で同時発売する。当初は18年内の発売を予定していたが延期していた。(2019/4/1)

ピエール瀧容疑者出演のPS4「ジャッジアイズ」、欧米版ではキャラクターを差し替えて発売へ
日本版の出荷再開時期などについてはいまだ不明です。(2019/3/23)

ピエール瀧容疑者逮捕で販売自粛のPS4「ジャッジアイズ」 ゲオの中古ソフト週間売上で前週14位から1位に
新品の出荷とDL販売はセガが自粛中。(2019/3/20)

ピエール瀧容疑者逮捕、波紋はゲーム業界にも 前例なき「出荷自粛」「声優交代」の決断はどのように下されたのか
両メーカーにコメントを求めました。(2019/3/22)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

欲しいものは“物理メディア”で買うべき? ピエール瀧容疑者逮捕で考える「デジタル時代の購入と所有」
ピエール瀧容疑者が逮捕され、過去の音楽作品や映像作品も“自粛”の影響を受けている。デジタルコンテンツの場合は、定額配信サービスなどにも影響は及ぶのか。デジタル時代に「所有すること」について考えたい。(2019/3/14)

「過去作の封印は過剰反応」相次ぐ自粛にクリエイターも苦言 ピエール瀧容疑者逮捕の余波
ピエール瀧容疑者の逮捕の余波が広がっている。相次ぐ自粛を受け、映画監督など作品をつくるクリエイターからも「過去作まで封印するようになるのは過剰反応だと思う」など批判の声が上がった。(2019/3/14)

セガ、PS4「JUDGE EYES:死神の遺言」の出荷およびDL販売を当面自粛 ピエール瀧容疑者の逮捕を受けて
羽村京平役としてピエール瀧さんが出演していました。(2019/3/13)

セガ、ピエール瀧容疑者逮捕で「JUDGE EYES:死神の遺言」の販売を自粛
ピエール瀧容疑者逮捕の報道を受け、セガがPS4向けゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の出荷とダウンロード販売を自粛すると発表した。(2019/3/13)

ピエール瀧逮捕にネットで“自粛不要論”広がる 「作品に罪はない」「自粛されることの方が怖い」
(2019/3/13)

あなたは「ぷよぷよ」「ぷよ通」どっち? 「メガドライブ ミニ(仮)」の収録タイトル、人気3シリーズを投票で決める企画開始
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「ぷよぷよ」「シャイニング・フォース」シリーズのうち、1作目と2作目どちらを入れるかを投票で決定!(2019/2/25)

PS4「ツインスティック」増産プロジェクト、目標達成 30日まで支援募る
PS4向けゲームコントローラー「ツインスティック」の増産を目指すクラウドファンディングが、目標の4460万円を達成して成立した。商品の発送は2020年3月ごろの予定。1月30日まで募集を続ける。(2019/1/15)

タニタ、「ツインスティック」の増産プロジェクト開始 台数制限なしの購入型クラウドファンディングで
タニタがゲームコントローラー「ツインスティック」の増産を目指して、12月21日から購入型のクラウドファンディングプロジェクトを始める。(2018/12/20)

コンビニを破壊するキムタクが見られるのは「JUDGE EYES」だけ! “キムタクが如く”発売でキムタク祭り発生
キムタクが如く。(2018/12/18)

マシーナリーともコラム:
ツインスティック商品化実現おめでとう! 今こそバーチャルユーチューバー勢は全員「バーチャロン」をやるべきです。やれ。
これから毎日バーチャロン対戦しようぜ?(2018/10/28)

タニタの「ツインスティック」プロジェクト、1日で目標額を達成 セガゲームスの発表が後押し
タニタのクラウドファンディンが開始からわずか11時間26分で目標金額を達成。セガゲームスの対応タイトル発表をきっかけに支援者が急増し、「ツインスティック」商品化が決定した。(2018/10/19)

セガゲームス、「電脳戦機バーチャロン」過去3作のPS4移植を電撃発表 ツインスティックCFの支援金額は激増中
クラウドファンディグはオーバーキルの勢い。(2018/10/18)

タニタ、「バーチャロン」用ツインスティック商品化へ再始動 今度こそクラウドファンディング達成なるか
諦めてなかったのか!(2018/10/18)

タニタが「ツインスティック」プロジェクト再始動 目標額を抑えてリベンジ
タニタは、7月末に不成立に終わった、ゲームコントローラーの開発を目指すクラウドファンディングのプロジェクトを再始動させる。(2018/10/18)

「メガドライブ ミニ」発売延期 2019年に
家庭用ゲーム機「メガドライブ ミニ」(仮称)の発売時期が2019年に延期。北米版、欧州版も用意し、全世界で同時期に発売するとしている。(2018/9/19)

主人公はキムタク! 龍が如くスタジオ最新作「ジャッジアイズ」電撃発表
キムタクを自分の手で操作できるだと……!(2018/9/10)

スマホとエンタメの未来:
SHOWROOM前田裕二社長らが語る「スマホファーストの次」
スマホファーストの考え方が定着した今、エンターテインメント領域のトップランナーたちは次の世界をどう見ているのか。【更新】(2018/9/3)

タニタ「ツインスティック」プロジェクト、8000万円集めるも「不成立」で終了
タニタが6月8日から始めていた、ゲームコントローラー「ツインスティックVTX」開発プロジェクトのクラウドファンディングが終了。支援総額は約8254万円で、目標の2億7700万円に届かなかったためプロジェクトは「不成立」となった。(2018/7/31)

「ゲーム用語が分からなかった」 タニタのゲーム業界進出、責任者は“ゲーム初心者”だった
体重計メーカーのタニタが、セガゲームスの「電脳戦機バーチャロン」新作向けに、ゲームコントローラーの開発に乗り出す。ゲーム分野は、タニタにとって新たな事業領域。ネット上では「タニタが本気だ」「ニッチな商品だが大丈夫か」と話題を呼んだ。そんな開発プロジェクトを社長から任されたのは、「あまりゲームに触れたことがなかった」という久保彬子さん(新事業企画推進部)だった。(2018/6/15)

「社長の趣味ではない」:
タニタ、「とある魔術の電脳戦機」PS4用スティック開発を正式発表 ネットで2億円募集
タニタが「とある魔術の電脳戦機」PS4版の専用コントローラー開発を目指すと発表。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金募集を始め、2億7700万円の獲得を目標とする。目標達成した場合は資金を生かし、使いやすくするという。(2018/6/8)

タニタがゲーム業界に進出 セガと「バーチャロン」対応コントローラー開発 支援募る
体重計メーカーのタニタが、セガの「バーチャロン」向けに、ゲームコントローラー「ツインスティックVTX」を開発する。クラウドファンディングサイトで支援を募る。(2018/6/8)

セガ「メガドライブ ミニ」は年内発売、カートリッジは挿せない
セガゲームスが家庭用ゲーム機「メガドライブ ミニ」(仮称)の仕様を一部公開した。「思い出のゲームを多数楽しめる」(同社)という。(2018/4/17)

セガゲームスが手のひら大サイズの「メガドライブ ミニ」の発売を予告
セガゲームスは、セガの家庭用ゲーム機「メガドライブ」のゲームを収録した「メガドライブ ミニ」の発売予告を行った。(2018/4/16)

「メガドライブ ミニ」18年発売 手のひらサイズで復刻
セガが、家庭用ゲーム機「メガドライブ」を手のひらサイズで復刻した「メガドライブ ミニ」(仮称)を2018年に発売すると発表した。(2018/4/14)

「ぷよぷよ」初のプロライセンス選手決定 「もこう」「Kamestry」「くまちょむ」など11人
4月15日に初のプロ大会を開催予定。(2018/4/9)

セガゲームス、「家庭用ゲーム機再参入」検討報道を一部否定 「特定のハードに限定せず既存IPの活用法検討」
一部ではメガドラ復活か、と沸き立っていました。(2018/4/9)

実際は募集なし:
「龍が如く」スタッフ募集でケイブ株が一時急騰 手違いと判明し下落
3月20日の東京株式市場でケイブ(東証JASDAQ)が一時急騰。一部転職サイトに「『龍が如く』プランナー募集」などと掲載され、開発に参加するとの期待が集まったため。その後すぐに手違いだったと判明し、株価は大きく下げている。【訂正】(2018/3/20)

「ぷよぷよ」が待望のeスポーツに JeSUの認定タイトル化、4月の「セガフェス」で公認大会も実施
ぷよぷよのeスポーツ化を巡っては、2016年にぷよぷよプレイヤーが開発した「マジカルストーン」が物議を醸しました。(2018/3/12)

「ぷよぷよ」がeスポーツに 4月に優勝賞金100万円の大会
セガのパズルゲーム「ぷよぷよ」が、日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンスの認定タイトルになった。(2018/3/12)

海外版「龍が如く6」体験版で全編プレイできてしまう問題が発覚 ストアから削除される
現在問題について調査中。(2018/2/28)

間接部門が社内で“存在価値”を高めるために選んだ道
2000人からの依頼を効率的に対応――ヘルプデスク業務改革のファーストステップ
セガゲームスの社内システムからインフラまでを支える開発IT支援部では、ヘルプデスク業務全般の効率化が課題に。状況を改善したのは?(2018/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。