ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「政見放送」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政見放送」に関する情報が集まったページです。

有名人サロンやN国も踏襲:
それでもオンラインサロンが受ける理由――「デジタル選民ビジネス」という甘いワナ
有名実業家やタレントなどが主催するオンラインサロンがいまだに盛況だ。筆者はその裏に「デジタル選民意識」の利用があるとみる。あの「N国」も巧みに操るそのビジネスモデルとは?(2019/10/10)

ビジネスの世界にもはびこる:
N国とれいわ新選組が操る「不安マーケティング」の正体とは
「N国」や「れいわ新選組」が選挙で躍進した。筆者はその根本にあるのが「不安マーケティング」だと分析。ビジネスでもはびこる「不安な庶民の利用」手法を斬る。(2019/9/5)

「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」:
世間から「黙殺」される無名候補の生き様が、勇気をくれる
選挙でほとんど報じられない無名候補者を20年取材してきた畠山理仁氏の著書「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」。「変わり者」と受け止められがちな候補者たちの生き方を知ると、「自分も頑張ろう」と思えてくる。(2018/1/26)

マック赤坂、トランプ氏優勢で「やっと泡沫候補が陽の目を見た!」と喜びのツイート “異端児”つながりで親近感?
自らを「日本のトランプ」と呼称。(2016/11/9)

自由飲酒党におおさか生鮮の会!? 阪神百貨店が今年も「食品総選挙」やってるで!
投票したら抽選で“えぇもん”当たるで〜!(2016/7/3)

「生息場所:井戸」ってなんだよ! 映画「貞子VS伽椰子」のキャラクター紹介がなぜか格ゲー風
闇深すぎな二人のプロフィールがコワすぎ!(2016/5/27)

「こんにちは、貞子です」 「あ゛ぁ゛あ゛あ゛あ゛」 貞子と伽倻子が政見放送で激突 得票数が拮抗中
通訳は一体何者なんだ……。(2016/5/12)

「画面から出てこない」! 貞子と伽椰子が劇場マナーCMに登場 最恐決戦の結果を予想する「総選恐」も
日本ホラー史上最恐の決戦に向けてさまざまなキャンペーンが始動。(2016/4/29)

あなたはチョコボール党? それともエンゼルパイ党? 森永製菓が「おかしな総選挙」を開催中
お菓子たちの意地のぶつかり合いを見逃すな!(2015/3/30)

窪田順生の時事日想:
誰のせい? 参院選が盛り上がらなかった理由
「ネット選挙が解禁されるので、参院選の投票率は高くなる」――。このような声があったが、実際にフタを開けてみると、過去3番目の低さ。なぜ参院選はイマイチ盛り上がらなかったのか。その理由は……。(2013/7/23)

田原総一朗VS. 水道橋博士のテレビと著作権(後編):
番組を動画サイトにアップ、どう思う? テレビが面白い理由
ソーシャルメディアが普及したことでネット上にテレビ番組についての感想や批評を記す人たちが出てきた。テレビ番組の引用はどうあるべきなのか。田原総一朗さんと水道橋博士が語り合った。(2013/6/19)

松岡功のThink Management:
求められるネット選挙マネジメント
インターネットを使った選挙運動が、今年7月の参院選からいよいよ解禁される方向となった。通称「ネット選挙」と呼ばれるこの動きにもマネジメントが求められるのだ。(2013/4/18)

「ネットはリアルにどんどん浸食されている」――ニコ動6周年 川上会長に聞く、リアルに投資する理由
ネットサービスながら、「超会議」や「ニコファーレ」などリアルイベントへの投資を加速するニコニコ動画。「ネットとリアルの境界がなくなりつつある」と、ドワンゴの川上量生会長は言う。(2012/12/20)

NHK、ラジオネット配信を9月1日スタート
NHKラジオのネット同時配信が9月1日にスタート。まずPC向けに配信し、10月1日にはスマートフォン向けも始まる。(2011/6/3)

「ネットの声を政策に」――MIAUが衆院選プロジェクト
衆院選候補者にネット関連政策について聞いたり、政見放送を選挙終了後にYouTubeに公開するプロジェクトを、MIAUが始める。(2009/7/21)

“ネットと政治”を考える(後編)――ネットユーザーが選挙でやれることとは?
アジャイルメディア・ネットワークは4月24日、「インターネットが選挙を変える? 〜 Internet CHANGEs election 〜」を開催した。ネットが政治にどう参加できるのかについてさまざまな分野の専門家が知見を語った。後編では自民党や民主党の国会議員も参加した第2部の「パネルディスカッション」の様子を詳細にお伝えする。(2009/5/5)

「次の参院選にも出馬したい」 “政治2.0”の神田敏晶氏
「現行法ギリギリまでネット選挙したい」と参院選に出馬した神田敏晶氏だが、公示後はネットでの活動ができなかったと悔しがる。次回の参院選時は政党を立ち上げ、改めて出馬したいという。(2007/8/6)

News Weekly Access Top10(2007年7月22日−7月28日)
「政治2.0」を掲げて出馬したあの人は……
「現行法のギリギリのところまでのインターネット選挙活動を推進する」――ビデオジャーナリストの神田敏晶さんは、ブログにそう書き残して参院選に出馬したのだが……。(2007/7/30)

“選挙マーケティング”が始まっている:
ネットと政治の微妙な関係
なぜ公選法ではネット利用が制限されるのだろうか? 参院選も終盤戦だが、最近は奇妙なことが起きている。政党Webサイトの更新が目立ち、これまで公選法に抵触するからと自粛されていたものが、今回の選挙では破られているのだ。(2007/7/26)

オルタナブログ通信:
IT社会の過激な問題噴出――選挙から中国、ケータイ問題まで
中国製品のさまざまな問題が表面化する中、その中国でケータイが爆発し死者が出てしまった。果たしてその真相は――オルタナブログは、ケータイからMT4、選挙問題などITとかかわる時事ネタを独自の解釈で発信する。(2007/7/13)

保田隆明の時事日想:
ニコニコ動画で活気付くか、株主総会
株主総会が退屈でワンパターンなものだったのも今は昔。今年はさらに、オンライン配信されている総会に、自宅から「異議アーリ!」とツッコミを入れるような楽しみ方が始まるかもしれない――そう、“あの”政見放送のように。(2007/5/10)

YouTubeへの“輸出”も――ひろゆき氏が語る「ニコニコ動画」の今
「ニコニコ動画」がクローズドサービスにも関わらず大人気だ。ニコニコで生まれたコンテンツがYouTubeに“輸出”されたり、「動画アンケート」「動画雑談」が行われたりと新しい文化も生まれている。運営は「赤字垂れ流し」だが、ビジネスの芽も見え始めた。(2007/4/20)

オルタナブログ通信:
ブログで見る、ネットがリアルに与える変化
DRMにかかわる著作権問題、テクノラティ発表による国内ブログ動向、そして新年度でスタートするサービスについてなど。オルタナティブ・ブログでは、インターネットで日々起こる時事ネタが独自の視点で解釈されている。(2007/4/13)

News Weekly Access Top10(2007年4月1日−4月7日)
“政見放送をマッシュアップする”というカオス
都知事選の政見放送で一気に有名人になった外山恒一氏。動画投稿サイトでは、外山氏の動画と別の“MAD動画”を組み合わせた“マッシュアップ”が人気を集めている。(2007/4/9)

AmebaVisionで政見放送削除 都選管が依頼、YouTubeも
都選管は5日夜、AmebaVisionとYouTubeに投稿された政見放送動画計65件を削除するよう申し入れた。AmebaVisionを運営するサイバーエージェントは6日、「特定の候補者の政見放送だけが自由に閲覧できる状況は不公平」などとし、該当の動画を削除した。(2007/4/6)

“泡沫候補”浮上させるYouTube 選管も困惑
YouTubeに投稿された“泡沫候補”の政権放送が、ネット上で話題になっている。公選法違反の疑いがあり、選管は動画の削除依頼に乗り出している。ネットの進化に制度が追いつかない。(2007/4/3)

YouTubeで政見放送する「日本メガネ党」とは
「構造改革の次はメガネ改革」「メガネを含めて、この国が好きです」――“日本メガネ党”なる組織の政見放送が、YouTubeで公開されている。その正体とは。(2006/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。