ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「政党」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政党」に関する情報が集まったページです。

ヤフーが“政党マッチング診断”公開 10個の設問で意見の合う政党が分かる
第26回参議院議員選挙の公示を受け、ヤフーが、10個の設問に答えると自分の考えと近い公約を掲げている政党が分かる「政党との相性診断」サービスを公開した。(2022/6/22)

結果は自明
DockerコンテナがロシアへのDDoS攻撃に利用されるリスクに注意
ロシアやベラルーシのWebサイトにDDoS攻撃を仕掛けるDockerコンテナが、APIを介して広がっている。このコンテナに侵害されるとDDoS攻撃に加担させられる。その結果、何が起こるのか。(2022/6/21)

検温と消毒、そしてマスク 3年ぶりのリアル開催「ニコニコ超会議2022」コロナ禍を超えて帰ってきたニコ厨たちの祭典レポート
雨で少しひんやりした1日でした。(2022/4/30)

フランス在住の中村江里子、長女が“初投票”で「大興奮」 日本からは「こんなに積極的な事に驚き」と反響
投票にこんなにワクワクできるなんて。(2022/4/14)

国会でオンライン審議導入焦点 「出席」の解釈が障壁に
オンラインでの国会審議の導入が今国会の焦点として浮上してきた。憲法では、開会と議決できる条件を「総議員の3分の1以上の出席」としており、一般に「出席」とは物理的に議場にいることを意味すると解されている。(2022/2/15)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
面接で「家族のエピソード」聞くのはOK? NG?
ファミリー向けサービス・施設を営む企業。面接で「家族でのエピソード」や「両親がどんな人か」と聞いていたところ、応募者から不適切ではないかと意見があった。自社ビジネスに関係していても、こうした質問はNGなのだろうか? 社労士が解説する。(2022/2/4)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(16)STEM教育(4):
GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ
今回は、全国の小中学生に1人1台のコンピュータと高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組みである「GIGAスクール構想」と、その課題から、“江端流GIGAスクール構想”を提案してみました。(2021/11/30)

2050年のカーボンニュートラルはただの「お題目」:
選挙カーで、大量のCO2を排出する“大罪” なぜ日本で「選挙DX」は進まないのか
第49回衆院選挙は10月31日に投開票が行われ、激しい選挙戦を終えた。期間中、風物詩の「選挙カー」をうるさいなあと感じた人も多いだろう。テレワーク、ハンコ廃止など企業のデジタル化やDXはどんどん進むのに、なぜ選挙はこんなにも「アナログ」なのだろうか。海外ではネット投票やデータを活用した選挙戦略が目立つにもかかわらず、日本に「選挙DX」が起こらないのはなぜか?(2021/11/11)

立候補者が「みんな違ってすごくダメ」 投票先選びの葛藤を描いた漫画に「ほんとこれ」と共感の声
わかる。(2021/10/29)

スピン経済の歩き方:
賃金は本当に上がるのか? 安いニッポンから抜け出せない、これだけの理由
選挙戦が盛り上がってきたが、ビジネスパーソンが気になるのは、やはり「賃上げ」だ。賃上げを達成するために、各政党は目玉政策を打ち出しているが、その中でひときわ目を引く「謎の政策」がある。それは……。(2021/10/26)

TBS、選挙特番で当落予測AI活用へ 「出馬選挙区では勝率低」など理由も説明
富士通が、31日に放送されるTBSテレビの選挙特別番組「選挙の日2021」に、富士通の“説明可能なAI”「Wide Learning」を活用した当落予測技術を提供すると発表した。(2021/10/25)

ワタミが「衆院選投票でドリンク1杯無料」キャンペーン 「選挙への関心を高めていただきたい」
対象期間は10月25日〜11月7日。(2021/10/22)

Twitter、AIバイアス調査結果 政治家のツイートはなぜか右派優勢
Twitterは「ホーム」タイムラインの推奨アルゴリズムのバイアス調査結果を発表した。政治的コンテンツの場合、右派の方が左派よりも増幅されていることが判明した。原因の特定は困難だが、改善の必要があるとしている。(2021/10/22)

自分の考えに近い政党が分かる「投票マッチング」がTwitterで話題に 「選挙に関心持ってもらいたい」
10月31日に開催される第49回衆議院議員総選挙に出馬する政党の中で、自分の考えに最も近い政党が分かるサービス「投票マッチング」がTwitter上で話題だ。(2021/10/21)

スピン経済の歩き方:
「女性だからではなく実力で選べ!」が、日本企業の競争力を低下させているワケ
女性管理職の平均割合は8.9%で過去最高――。とはいえ、海外に比べると、まだまだ。なぜ日本企業は女性活用が進まないのか。(2021/9/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
解散“一転見送り”の菅政権、10月総選挙で株価はどう反応する?
実は、衆議院選挙期間中は「株価が上がりやすい」という経験則がある。当初の見込みよりも早く総選挙が行われる可能性が一時的に高まったことから、駆け込み的な買いが入ってきた可能性がある。では、今回の解散総選挙によってマーケットはどのように反応するのだろうか。(2021/9/3)

国会のデジタル化が進まない理由は「議員のITリテラシーの低さ」 議員へのアンケートで判明
国会がデジタル化しない理由は「国会議員のITリテラシーが低いから」――IT導入に積極的な議員が実名で回答したアンケートで、こんな結果が出た。(2021/8/26)

モバクソ畑でつかまえて:
どす黒いのはゲームではなく自分のプレイスタイルなのだ “闇のアイマス”こと「Idol Manager」を遊んで自分の良心と向き合ってみよう
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるゲームコラム。今回はスマホゲームではなく、PLAYISMからリリースされた「Idol Manager」を遊びます。(2021/8/11)

国会議員の発言をビジュアル化するサイト「国会採掘」が分かりやすい 各議員の特徴を1枚の画像に
発言内の特徴的な言葉ほど目立つように可視化。(2021/8/5)

働き方の「今」を知る:
官僚アンケートで発覚 未だに「残念すぎる」霞が関の働き方と、改革を阻むカベ
民間企業に投げかけられている「テレワーク7割」の掛け声だが、霞が関は実現できているのか? 官僚アンケートで明らかになったのは、残念すぎる内情だ。(2021/5/18)

保護施設出身の「英首相官邸ネズミ捕獲長」 猫のラリーが勤続10周年を迎える
顔パスでドアを開けてもらえる貫禄がすごい。(2021/2/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界から非難されるミャンマー 日本企業は“ビジネスの危機”を乗り越えられるのか
ミャンマーで軍によるクーデターが発生。米国が経済制裁を強化する可能性もあり、現地に進出する多くの日本企業のビジネスが制限されることに。そして中国の存在感も強まる。この状況を救えるのは、ミャンマーとつながりを築いてきた日本政府だ。(2021/2/11)

ジャンプ編集部、『鬼滅の刃』風政治家ポスターに「一切の関与をしておりません」
ポスターを製作した議員は既に謝罪済み。(2021/2/4)

米McAfee、選挙候補者の動画がディープフェイクかどうか調べる取り組み 全世界で調査依頼を受け付け
米McAfeeは、米国の大統領選を前に候補者のものとされる動画がディープフェイクで作られた偽物かどうかを判断する取り組み「McAfee Deepfakes Lab」を始めた。各国のメディアなどから無償で調査依頼を受け付ける。(2020/10/20)

政府の「携帯料金値下げ」は何が問題か 競争を削ぐ“その場しのぎ”の先にあるもの
菅内閣が掲げる「携帯電話料金の値下げ」には問題が多い。どこがポイントなのか。(2020/10/16)

Facebook、米大統領選投票終了後に関連広告一時停止へ Googleに続き
Facebookが、米大統領選当日の混乱を避けるため、投票終了後は一時的に関連広告を停止する。同様の方針をGoogleは9月中に発表している。Facebookはまた、当選者確定前に候補者やその政党が勝利宣言を投稿した場合、ラベルを付ける計画だ。(2020/10/8)

Google、米大統領選に向けて検索オートコンプリートで誤解を招く候補は非表示に
Googleが、米大統領選保護の一環として、検索フレーズのオートコンプリートに、選挙の候補や政党、選挙の安全性に関する主張の可能性のある候補を表示しないようにした。(2020/9/11)

Microsoft 米大統領選挙介入を狙うサイバー攻撃を検出 ロシア、中国、イランの組織が関与
同様の攻撃は米国に限らず世界各国で発生していると、Microsoftは警鐘を鳴らしている。(2020/9/11)

課題は生産コスト:
TSMC、米アリゾナ州での工場建設への意欲を強調
TSMCは現在、米国アリゾナ州への半導体工場の建設に向けて、トランプ政権と交渉を進めている。TSMCのチェアマンを務めるMark Liu氏は、同州に半導体工場を建設する意義について語った。(2020/6/25)

4割超が経済活動より「感染対策を優先」 若年層では「経済活動」派と「感染対策」派が2極化
世代間だけでなく、同世代間で意見が大きく分かれています。(2020/5/26)

ビル・ゲイツ氏標的の“新型コロナ陰謀説” 米国人の3割が「信じる」 世論調査
ゲイツ氏をやり玉に挙げる根拠のない陰謀説を「正しい」と思う人は28%。与党共和党やトランプ大統領支持者では44%に上った。(2020/5/26)

経済学者の見解を知る:
中国は本当にAI先進国なのか
米国対中国のAI(人工知能)バトルは、どちらが勝者なのか。これはよく聞かれる質問だが、正しく答えられていないことがあまりにも多い。米国では、「AI技術では中国がリードしている」と広く信じられている。しかし、経済学者のDieter Ernst氏は、最近発表した中国のAIチップに関する研究論文の中で、その考えに異議を申し立てている。(2020/4/28)

現金給付「国民1人10万円」で着地へ
公明党はこの問題で出遅れていた。(2020/4/17)

緊急事態宣言後に発生:
世論誘導? ステマ関与? 一部SNSで拡散したデマにランサーズが反論
政府の緊急事態宣言に関する記者会見後、同じような内容のツイートが複数アカウントから行われていることについて一部SNSでデマが拡散。ランサーズの関与に言及したデマで、4月8日夜にランサーズ社が反論メッセージを発表した。同社は法的措置も辞さないとしている。(2020/4/9)

低迷する和牛消費:
「お肉券」との関係は? JA全中の「5000人に黒毛和牛を無料プレゼント」、アクセス集中で閲覧できなかったキャンペーンサイトが復旧
JA全中が毎年実施している和牛プレゼントのキャンペーン。今回は新型コロナの影響を受け、当選枠を100人から5300人に増やし話題に。アクセス集中で閲覧できなかったキャンペーンサイトが復旧した。一部政党から新型コロナで落ち込んだ経済復興案として出ていた「お肉券」との関係性も聞いた。(2020/4/2)

自社への利益を求め:
2020年大統領選を巡るハイテク業界の献金動向
シリコンバレーの大富豪たちは、選挙献金や資金集めイベントの実施など、2020年の米国大統領選挙に向けて金銭的関心を示している。この動機は、自社や、自社が行う新興企業への投資に有益な政策を掲げる候補者を支持するためなどだ。(2020/4/2)

インスタを投稿しただけなのに世界を揺らしたテイラー・スウィフト Netflixドキュメンタリー「ミス・アメリカーナ」がすごい
2018年、アメリカの音楽界で起こった“事件”。(2020/3/21)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
面接で「してはいけない質問」、知っていますか? 「思想・信条・宗教」だけではない、いくつものタブーとは
新卒採用のシーズンが始まった。採用面接では、求職者の人柄を知ろうと質問をする。しかし、何気なく質問してしまう事項でも、実は聞いてはいけないことがある。「思想・信条・宗教」はもちろんのこと、その他にもたくさん……。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/16)

橋下徹“異端”の仕事術【7】:
橋下徹が語る新時代の働き方「自分の価値を高め続けられない人は“淘汰”される」
大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第7回目は、これからの時代の働き方について、橋下に持論を語ってもらった。(2020/2/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
炎上「宇崎ちゃん」献血コラボ継続の影で、ラブライブのパネルが撤去されたワケ
静岡県沼津市のJAなんすん(南駿)と人気アニメーションの「ラブライブ!サンシャイン!!」コラボが物議を醸している。女性のイラストに抗議が殺到するという構図は、日本赤十字社と人気漫画「宇崎ちゃんは遊びたい」がコラボした「献血ポスター」の事例が記憶に新しい。本稿では日本赤十字社側がなぜ抗議を受けても方針を変えず、JAなんすん側は抗議で方針を変えたのかをビジネス面から検討していきたい。(2020/2/21)

Twitter「聞いていた運用と違う」 日本青年会議所の問題リツイートに苦言、「メディアリテラシー」めぐり炎上
Twitter Japanと日本青年会議所が2月10日にパートナーシップを結んだが、Twitter Japanの政治関連アカウントが「リテラシーの理解に役立つ」と紹介している同団体のアカウントでは個人攻撃とも取れるツイートが拡散されていた。この事態が批判を呼び、炎上状態となっている。(2020/2/13)

橋下徹“異端”の仕事術【3】:
橋下徹の「ケンカに負けない交渉術」 侮辱されたら迷わず“100倍返し”せよ
この連載では大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第3回目は、弁護士時代から数々の難しい交渉を成立させてきた橋下に、「ケンカに負けない交渉術」について語ってもらった。(2020/2/9)

Twitter Japanが政治議論を推奨 「もっと情報発信や議論を行ってほしい」
Twitter JapanはTwitter上での政治的な議論について「もっと情報発信や議論を行ってほしい」としている。政治広告は禁止になったが、今後も政治家を含め利用者を獲得していく方針を示した。(2019/11/26)

Twitter、政治広告禁止ポリシーを公開 11月22日から実施
Twitterは11月22日から世界で政治的な広告を禁止する。それに先立ち、政治広告の定義などを説明するポリシーを公開した。(2019/11/17)

Facebook、2020年米大統領選に向けたフェイク情報対策などを多数発表
Facebookが、2020年の米大統領選に向けて、他国の政府による介入やフェイクニュース拡散を防ぐための対策を発表した。虚偽と判定されたコンテンツにはラベルで隠される。ただし、政治広告はファクトチェックの対象外なので、虚偽の広告でも放置される見通し。(2019/10/22)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ドイツで広がるアンチSUV、大小いろんなクルマがいた方がいいじゃない
太ったクルマでもいいじゃない。1人しか乗れないような変なクルマもいいじゃない。(2019/10/9)

専門家のイロメガネ:
なぜデンマークは、消費税が25%でも軽減税率を導入しないのか
軽減税率は、一見すると正しそうな制度に見えるが、この制度が原因で、小売業界と飲食業界は混乱の極みにある。軽減税率は徴税コストが高く、線引きに手間がかかり、脱法行為を生み出しかねず、高所得者に有利。だから軽減税率よりも別の手段で還元した方が好ましい。デンマークはこのように軽減税率そのものを完全に否定している。(2019/9/20)

顧客を知り、従業員を知る
スマートフォンのセンサーデータ分析がもたらすメリットとその代償
IT担当者はスマートフォンのセンサーデータの助けを借りてユーザーの行動を理解し、業務やワークフローを改善することができる。だが、センサーデータの収集には幾つか大きなリスクも伴う。(2019/9/12)

ビジネスの世界にもはびこる:
N国とれいわ新選組が操る「不安マーケティング」の正体とは
「N国」や「れいわ新選組」が選挙で躍進した。筆者はその根本にあるのが「不安マーケティング」だと分析。ビジネスでもはびこる「不安な庶民の利用」手法を斬る。(2019/9/5)

FacebookとInstagramで最も発言された選挙関連の話題 フェイスブックジャパンが公表
フェイスブックジャパンが、第25回参院選期間中にFacebookやInstagramでユーザーが発言した選挙に関する話題を集計し、結果を公表した。(2019/7/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。