ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Shanda(盛大)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Shanda(盛大)」に関する情報が集まったページです。

ゲームオン、「電脳コイル 放課後探偵局」1月25日より正式サービス開始
アニメ「電脳コイル」の世界をゲーム化した「電脳コイル 放課後探偵局」が正式サービスを開始。あわせて「LuviniaSaga」との合同キャンペーンも開催される。(2012/1/26)

“主戦場は手のひらの中に!” 「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」登壇者決定
中国、韓国、台湾、日本の4カ国地域のトップ企業が集結。9月15日に開催される「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」では手のひらサイズのサービスをテーマに語る。(2011/8/17)

ベクター、「魔界2」の国内独占配信権の契約を締結――2011年夏にサービス予定
ベクターが2011年夏にサービスを予定しているのは、中国Shanda Games Limitedの「魔界2」。(2010/12/20)

イメージイラストも発表に――MMOPRG「Luvinia Online(仮)」の正式名称が「LuviniaSaga(ルビニアサーガ)」に決定
イメージイラストは日本版オリジナルで、新進イラストレーターの久方綜司氏の手によるものとなっている。(2010/10/5)

TGS2010【アジア・ゲーム・ビジネス・サミット】:
話題の中心は成長の中国市場――アジア4カ国のゲームメーカートップ8人がアジアゲーム市場を熱く語った
「東京ゲームショウ2010」は、テーマのひとつに「アジアNO.1の情報網羅性」を掲げている。このテーマを象徴するイベントとして、東アジア各国のゲームメーカートップが集まり、アジア圏におけるゲーム業界の将来を語る「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」が9月17日に開催された。(2010/9/18)

ついに「FF」シリーズが中国上陸――スクウェア・エニックス、中国・シャンダゲームズとの戦略的提携を発表
「アジアNo.1 の情報網羅性」を謳う「TGS2010」開幕初日に、日本のスクウェア・エニックスと中国・シャンダゲームズとの大型提携が発表された。第1弾タイトルは、9月22日にPC版が発売となるMMORPG「FF XIV」だ。(2010/9/16)

「TGS2010」ビジネスデイに、マイクロソフトのフィル・スペンサー氏と泉水 敬氏の基調講演決定
9月16日〜19日に幕張メッセで開催する東京ゲームショウ2010において、ビジネスデイの2日間に開催されるセッションの内容が判明した。(2010/8/26)

ゲームオン、「Luvinia Online(仮)」の独占ライセンスを締結
(2010/4/1)

中国のゲームサイト停止、主要サイトは白黒に 地震犠牲者いたむ
オンラインゲームサイトは停止し、Yahoo!やGoogleは白黒に――四川大地震の犠牲者への「哀悼の日」と定められた19日から21日まで、中国の主要サイトが哀悼の意を示している。(2008/5/21)

ChinaJoyで発表した「DOA ONLINE」の動画公開
テクモは、ChinaJoyで発表したWindows用オンライン格闘ゲーム「DOA ONLINE」のプロモーションムービーを公開した。 (2007/7/19)

「デッドオアアライブ」シリーズ初となるPCオンラインゲームを発表――「DOA ONLINE」
テクモは中国において、中国でも有数のインタラクティブ・エンターテイメント・メディアである盛大と提携し、「デッドオアアライブ」シリーズ初となるPCオンラインゲームを提供することを北京で発表した。(2007/7/3)

「アニス&フリッキー」韓国メディアツアー(その4):
1に企画力、2にチームワーク、そして熱意が大事――Actoz Soft CEO チェ・ウン氏
メディアツアー2日目は「アニス&フリッキー」の開発元であるActoz Softを訪問。CEOのチェ・ウン氏に話をうかがい、開発会社の代表とはどういうものなのかを聞いてみた。(2006/8/22)

「アニス&フリッキー」韓国メディアツアー(その1):
「アニス&フリッキー」X-TESTを控えてメディアツアー開催――GMO Gamesとネットクルー
GMO Gamesとネットクルーが7月13日に発表した「アニス&フリッキー」のX-TEST(クローズドβテスト)を9月9日に控えた8月16日、ITmedia +D Gamesは韓国へ赴いた。そして、開発元のActoz Softおよびネットクルーのローカライズチームなどへのインタビューを行った。(2006/8/21)

ChinaJoyで見かけた中国のMMORPG
ChinaJoyで展示されたゲームも、KONAMIとSCEIを除けば全てPC用オンラインゲーム。日本人が気になりそうな、ChinaJoyで見かけたMMORPGを中心に紹介しよう。(2006/7/31)

中国最大のゲームショー「ChinaJoy」が開幕
「ChinaJoy」は知る人ぞ知る中国最大のゲームショーで、7月27日〜30日まで中国・上海で開催される。今回は著名日本メーカーも出展。プレイステーション 3も登場したらしい!?(2006/7/29)

中国でDisneyのオンラインゲーム提供へ
Walt Disneyと中国のShanda Interactive Entertainmentが提携し、中国でDisneyのキャラクターを使ったオンラインゲームを展開する。(2006/5/25)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
2005年の「中華IT」を振り返る
「レノボによる新生ThinkPad」のインパクトが強烈だった今年の中国IT業界。ほかにも中国IT業界の国際化が目立つ1年であった。日本のメディアでは紹介されていない出来事を拾いながら2005年を振り返る。(2005/12/27)

Nokia Mobile Application Summit:
Lenovo携帯やNokia端末が注目集める〜Forum Nokiaの上海イベント
急速に携帯ユーザーが増える中国で、Forum Nokiaが主催する初の開発者向けイベントが開催された。(2005/11/30)

ネットゲームのShandaが携帯ゲーム機立ち上げ
(2005/10/19)

アジア オンラインゲーム カンファレンス2005:
中国オンラインゲーム産業に見る、インタラクティブメディア飛翔への道(前編)
開催が迫る「アジア オンラインゲーム カンファレンス2005」。中国市場に詳しい中村彰憲・立命館大助教授に、同市場の現状や成功企業の取り組みを解説してもらった。(2005/2/22)

海外製オンラインゲーム、“カルチャライズ”が成功の鍵に?
良質なオンラインゲームタイトルを持ち込むだけでは、国内でヒットさせることは難しい――。ガマニア幹部は、コンテンツのカルチャライズが重要だと指摘する。(2004/7/26)

成熟しつつある台湾市場、オンラインゲーム企業は中国進出を加速 ― SIG-OG第2回研究会
ブロードバンド推進協議会は、7月24日にオンラインゲーム専門部会(SIG-OG)の第2回研究会を開催した。台湾のオンラインゲーム市場動向や中国市場の現状などについて講演とパネルディスカッションがおこなわれ、台湾における市場の飽和などが語られた。(2004/7/26)

Intel、デジタルホーム用ソフト開発で中国企業と提携
(2004/6/9)

中村彰憲氏に聞く中国オンラインゲーム市場動向(後編)
(2004/2/26)

中村彰憲氏に聞く中国オンラインゲーム市場動向(前編)
(2004/2/25)

盛大ネットワークに聞く
中国オンラインゲームビジネスを支えるプリペイドカード(後編)
後編では中国市場の現状や課金決済の仕組みなどについて聞いた。(2004/1/21)

盛大ネットワークに聞く
急成長する中国ネットゲームビジネス、その現状と今後(前編)
オンラインゲームといえば韓国を頭に思い浮かべることが多い昨今だが、世界最大のオンラインゲームプレイヤー人口を抱える国は、今や韓国ではなく中国だ。中国最大のオンラインゲームパブリッシャーである盛大ネットワークの日本事務所代表である黄哲氏に、中国におけるオンラインゲームビジネスについて伺った。(2004/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。