ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SO902iWP+」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SO902iWP+」に関する情報が集まったページです。

FOMA初の防水対応! コンパクトなケータイ「FOMA SO902iWP+」(懐かしのケータイ)
コンパクトなストレート型FOMAの第2弾モデルとして登場した「FOMA SO902iWP+」。FOMAでは初めてとなる防水ボディーを有していました。(2018/3/11)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“けっこういい感じ”なしっかりした絵を出力──「SO902iWP+」
IPX7相当の防水性能を持つドコモの「SO902iWP+」。「130万画素CMOSセンサーで、パンフォーカス」と、一見するとひと昔前の仕様に思えるカメラ機能だが、実力・使い勝手はどうか。晴天下、室内、そして防水ケータイならではの雨天下などにおいて、その写り具合をチェックした。(2006/8/30)

防水の“機能美”をさりげなく──SO902iWP+、デザインのこだわり
ドコモの防水携帯「SO902iWP+」のコンセプトの中で重要な位置を占めるデザイン。そのこだわりについて開発陣に聞いた。(2006/7/3)

黒いアクティブホルダーが付属──「SO902iWP+」専用のHEAD PORTER製ケース登場
HEAD PORTER製の「SO902iWP+」専用ケースが登場。ボディカラーに合わせた2色がラインアップされ、いずれも黒いアクティブホルダーが付属する。(2006/6/30)

コンパクトな防水FOMA、「SO902iWP+」発売──新規は4万円前後
FOMA初の防水端末「SO902iWP+」が都内で発売された。新規価格は都内ドコモショップ価格で4万円前後と902iSシリーズより若干高価となっている。(2006/6/30)

開発陣に聞く「SO902iWP+」(防水機構編):
“小さくて防水”はこうして実現された――SO902iWP+、防水の秘密
防水加工をすれば、サイズが大きくなってしまうのが世の常。しかしSO902iWP+は、ベースモデルであるSO902iと比べても遜色ないサイズを実現した。“小ささ”と“防水機能”をどのように両立しているのだろうか。(2006/6/29)

開発陣に聞く「SO902iWP+」(コンセプト編):
防水の先にある“新しいスタイル”を見せる──「SO902iWP+」の使命
「SO902iWP+で目指したのは、防水とデザインとハイエンド機能の融合。これらが“かけ算”の付加価値を持つような携帯に仕上げよう」──。これが開発陣の思惑だ。(2006/6/28)

お風呂で使える防水FOMA「SO902iWP+」、30日から発売
30分水に浸けても壊れない防水仕様のFOMA「SO902iWP+」が、30日から順次店頭に並ぶ。(2006/6/27)

夏モデルの“ここ”が知りたい「SO902iWP+」編(3):
メール機能の使い勝手は?──「SO902iWP+」
独特のユーザーインタフェースを持つソニー・エリクソン製端末。これをよしとするユーザーは同社の端末から離れられないということもあり、その進化と機能改善への関心も高いようだ。(2006/5/29)

夏モデルの“ここ”が知りたい「SO902iWP+」編(2):
イヤフォンをつけたら防水機能はどうなる?──「SO902iWP+」
デザインにも強く打ち出された防水性を持つ「SO902iWP+」。NTTドコモの端末ラインアップに久しぶりに登場した防水ケータイは、質問の数からも関心の高さがうかがえる。(2006/5/19)

夏モデルの“ここ”が知りたい「SO902iWP+」編(1):
水中撮影できるのか?──「SO902iWP+」
ソニー・エリクソン製端末としてはまだ2台目のFOMAであるにもかかわらず、いきなり防水端末として個性を押し出す「SO902iWP+」。質問で目立ったのが防水機能に関するものだ。(2006/5/16)

写真で解説する「SO902iWP+」
日本無線の「GEOFREE」以来となる防水携帯「SO902iWP+」は、「SO902i」と「premini-II」双方のテイストを持ち合わせた外観のストレート端末だ。(2006/5/12)

お風呂で使える防水FOMA──「SO902iWP+」
ドコモから、30分水に浸けても壊れない防水仕様のFOMA「SO902iWP+」がコンパクトなボディで登場。(2006/5/11)

「SO902iWP+」「SO702i」「705SH」――新機種がJATEを続々通過
3キャリアの新端末と見られる端末が、続々とJATEを通過している。キャリアの新機種発表も近そうだ。(2006/5/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。