ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「音ズレ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音ズレ」に関する情報が集まったページです。

小池徹平主演のミュージカル「るろうに剣心 京都編」が全公演中止 新型コロナ感染拡大で「密にならない立ち回りは本意では無く」
実写映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」も2021年GWに延期。(2020/8/28)

OPPOの「Reno A」と「A5 2020」、どちらを選ぶ? スペックから性能まで徹底比較
この冬、OPPOから戦略的なSIMロックフリースマホ「OPPO Reno A」と「OPPO A5 2020」の2機種が発売された。価格は1万円ほど違うが、デザインが似ていることもあり、購入する際にどちらを選ぶべきかピンとこない人もいるだろう。そこで、スペック、デザイン、性能などを比較した。(2019/12/15)

ソニーモバイル、スマホと直接つなげるUSB-Cステレオヘッドセット「STH50C」8月3日発売 ハイレゾ対応で7000円前後
ソニーモバイルコミュニケーションズが、USB Type-Cプラグを採用したステレオヘッドセットを発売する。スマートフォンと直接接続でき、ハイレゾ音源の再生にも対応する。市場想定価格は7000円前後。(2019/7/17)

ケーブルなしで快適音楽! 最新のBluetoothイヤフォンを比較する(左右分離タイプ編)
イヤフォンマイク端子を備えないスマートフォンの増加に伴い、Bluetoothイヤフォンのラインアップが充実してきている。この記事では、「完全ワイヤレス」として最近話題になることも多い、左右分離(独立)タイプのBluetoothイヤフォンを紹介する。【訂正】(2018/9/19)

立ちどまるよふりむくよ:
その後の音楽を一変させた「MC-8の父」について
その仕組みはMIDIに継承され、今日の音楽制作の基礎となった、デジタルシーケンサーの元祖、ローランド「MC-8」。しかし、その父親的存在であるカナダ人についてはほとんど知られていない。(2016/7/1)

リモコンがなくなりません:
ソニー、離れた場所でもしっかり聞こえるテレビ用ワイヤレススピーカー
ソニーが、テレビの音声を手元でしっかりと聞き取れるリモコン一体型ワイヤレススピーカーを9月12日に発売する。(2015/8/27)

音ズレなし:
エレコム、テレビ用ワイヤレススピーカー「LBT-SPP20TV」
エレコムはBluetooth 4.0接続でテレビの音声をワイヤレス伝送するテレビ用ワイヤレススピーカー「LBT-SPP20TV」を9月上旬に発売すると発表した。(2014/8/19)

ロジテック、音ズレしないBluetoothヘッドフォン「LBT-AVOH03ABK」
ロジテックから、AAC/apt-Xとapt-X Low latency versionに対応したBluetoothヘッドフォンが登場。マイク内蔵で通話もできる。(2012/9/27)

広田稔のMacでいくなら(5):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(前編)
今回は「新しいiPadと一緒に使いたいアプリ30本」を紹介。前編では、ビジネス、マルチメディア、ライフスタイルの3カテゴリから15本を取り上げる。あなたのオススメは?(2012/4/25)

夏のボーナス活用:
3万円以下で音にこだわる“iPodオーディオ”14機種ガイド
iPod/iPhoneは、通勤・通学用だけでなく、自宅でのリラクゼーションにも最適なアイテム。今回はオーディオシステムからヘッドフォンアンプまで、ちょっとリッチに楽しめる3万円以下のiPodオーディオを紹介しよう。(2010/7/1)

ハードウェアエンコーダ搭載:
アイ・オーが1080i対応のキャプチャカードを投入
アイ・オー・データ機器が今春発売する新製品群の発表会を実施。会場にはD端子を搭載したHD対応キャプチャカードが展示されていた。(2009/3/17)

低価格ミニノート第2波:
見た目はフツー、だがそれがいい――MSI「Wind Notebook U100」を検証する
Atomを搭載したMSIのノートPC「Wind Notebook U100」を買ってきた。新世代ミニノートは“ニコ動の壁”を突破できる? バッテリーの持ちは? いろいろ試してみた。(2008/7/9)

親指入力にボディを最適化:
携帯ゲーム機っぽいUMPC――Wibrain「B1」を試す
携帯ゲーム機のようなデザインを採用したUMPC「B1」が日本市場に投入された。4.8インチながら1024×600ドットの高解像度液晶もポイントだ。(2008/3/21)

工人舎のミニPCを再検証:
8万9800円PCをメディアプレイヤーとして使い倒す
8万9800円という低価格で話題を集めている工人舎のミニノートPC「SA1F00A」。前回のレビュー記事に続き、メディアプレイヤーとしての使い勝手を検証した。(2006/11/24)

レビュー
液晶beautiful“face”のDLNA対応を試す
東芝の液晶テレビ「“beautiful face”LZ150シリーズ」がDLNAへの対応を開始した。32V型の「32LZ150」を各種PC用サーバソフトに接続し、動画などの再生状況をチェックしてみた。(2005/7/12)

TVキャプチャーカード
“徹底したPC録画派”に──カノープスの“旗艦”モデル「MTVX-WHF」(後編)
「絶対高画質に録画したい」と思うこだわりユーザーに向けたその仕様が特徴のカノープスのハイエンドTVキャプチャーカード「MTVX-WHF」。後編では、プラグイン方式によるFEATHER2005 V2機能追加やそれを利用した、“PC録画派”ならではの使い方などを試してみよう。(2005/6/29)

レビュー
縦型&無線LANで置き場所に困らない新「AVeL LinkPlayer」
アイ・オー・データ機器からDivX、WMV9の再生に対応した「AVeL LinkPlayer」の新モデル「AVLP2/G」が登場した。「AVLP2/DVDG」からDVDドライブを外し、無線LANを内蔵した製品といえるが、いくつかのアップデートも見られる。また今回は、同社製TVチューナーカードとの連携機能も検証してみたい。(2005/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。