ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スポーツ新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スポーツ新聞」に関する情報が集まったページです。

笠井信輔、フジ時代の後輩・加藤綾子アナの結婚に「もしや『誤報』では?」 6年前の出来事を回顧
加藤さんから結婚報告もあったとのことです。(2021/6/7)

狩野英孝、一般女性と再婚へ ファンからの“フライングお祝い”相次ぐ「わあああああ!!!!! エイコーちゃんおめでとうう」「末永くお幸せに」
おめでとうございます!(2021/6/4)

黒田勇樹、妻子との写真初投稿 再婚&第1子誕生済みを報告し「二度と出演者に手を出した演出家を笑いません」
スポーツ紙が報じていました。(2021/5/6)

オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
なぜそこでやろうと思ったのか。(2021/4/18)

有吉弘行&夏目三久が結婚 「千鳥」ノブや野呂佳代らもお祝い「おめでたいですぅ」「夏目さん、考え直して」
おめでとうございます!(2021/4/2)

ポケモンGOに“黒龍”再び 2日限りの「レックウザ」復刻
ポケモンGOで3月27日、28日に「レイドウィークエンド」が開催されます。特別なわざ「ぼうふう」を覚えた伝説のポケモン「レックウザ」が再登場します。(2021/3/26)

三浦りさ子、夫・キングカズの54歳誕生日を祝福 “イタリアン寅さん”ショット公開で「かっこ良すぎ」「アルカポネ?」の声
J1最年長出場記録、どんどん更新してほしい。(2021/2/27)

なぜ「こたつ記事」は増えたのか 10年前に作った言葉がにわかに注目を集めた理由
新聞報道を機に注目を集めた「こたつ記事」。この言葉はちょうど10年前に筆者が造語したものだった。(2021/1/7)

「SMAPをつなげた日」 森且行、SG初優勝に涙 香取らと再会した“3年後の奇跡”を中居&木村も祝福
思いをそっと伝えておくれ。(2020/11/4)

専門家のイロメガネ:
コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発
 TVゲーム「桃太郎電鉄」や「シムシティ」は、戦後日本の都市開発を単純化したものだと言えるだろう。当時の日本では、阪急や西武といった私鉄各社が都市開発をリードしていた。コロナにより働き方や購買行動が変化することで、都市開発、不動産開発がどのように変化するのか。今後のビジネスの変化についても考えてみたい。(2020/7/10)

「これガチ?」「ぎゃー」 棚橋弘至、10キロ増でおなかぽっこり 驚きの声上がるも増量には理由あり
太らなきゃいけないときもある。(2020/1/20)

第70回NHK紅白歌合戦:
ジャニーズ撮影OK、午前2時から待機する報道陣、1日増えたリハーサル 記者が振り返るNHK紅白歌合戦2019取材
会社の垣根を越えて報道陣同士が協力する場面も。(2020/1/4)

スポーツ紙の記者がAIベンチャーに転職 “素人”が半年でAIモデルを量産するまで
スポーツ紙の記者からAIベンチャーの営業に――AI企業グリッドに転職した宮崎さんに、異業種からAIの仕事に就くことで味わった苦労などを聞いた。(2019/10/25)

元乃木坂46・衛藤美彩、西武・源田壮亮と結婚発表 夫婦ショット初公開で幸せ笑顔「彼の活躍が私の幸せ」
交際半年のスピード婚。(2019/10/24)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(17):
「岡山県」「福岡県」「福島県」を漢字1字でどう表す? ―― 都道府県名を1文字にコード化せよ(その2)
今回は、「都道府県名の1文字でのコード化」を取り上げます。「岡山県」「福岡県」「福島県」はどう略すかは簡単ではありません。(2019/6/18)

ZOZO前澤社長の「月旅行キャンセル報道」、問題視された記事タイトル変わる 本人が東スポに訂正依頼
「ZOZOの前澤友作社長が月旅行を断念する」と読み取れるタイトルの記事を「東スポWeb」が掲載。これを受け、前澤社長本人が月旅行のキャンセルを否定し、タイトルを批判する一幕があった。現在、当該記事のタイトルは別のものに変更されている。(2019/5/21)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(16):
東京の地下鉄「三田線」をアルファベット1文字でどう表す? ―― 都道府県名を1文字にコード化せよ(その1)
米国の州の名前を2文字で表したり、東京の地下鉄の路線名を1文字のアルファベットで略したりする場合、関係者はとても苦労したはずです。そんな苦労を読者自身に体験していただき、最終的なテーマである「都道府県名の1文字化」を考えます。「その1」の今回は、米国の州名略称と、東京の地下鉄路線名の略称/コード化を取り上げます。(2019/5/22)

オードリー春日の「結婚」は二度目? 現実のほうがドラマチックな「春日プロポーズ事件」の裏を読み込む
あの結婚式場でのドッキリは実は2回目。(2019/4/22)

ITはみ出しコラム:
「Amazonプライム」がついに値上げ それでも元は十分取れる?
ついに値上げとなった「Amazonプライム」。米国ほどの値上げではありませんが、日本で初めての価格改定ということもあり、注目を集めています。(2019/4/14)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
男女雇用機会均等法の「第1期生」 キリンで子会社社長に上り詰めた女性に学ぶ仕事術
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/3/14)

一歩「裏ドラが乗るチャンスはあるんだ!」 『はじめの一歩』と麻雀リーグがコラボ、スポーツ7紙をジャック
ヴォルグ「弱気になるナ!! テンパってみせル! アガってみせル! 勝つのはボクだ!!」(2019/3/2)

「ハリウッドと銭湯のコラボ」ってなんだよ! 「この映画宣伝がすごい! 2018 〜勝手に日本宣伝アカデミー賞」イベントレポート
村上佳菜子もB‘zも銭湯も!? 愛あるカオスがもりだくさんな2018年の映画宣伝を振り返る。(2019/2/26)

嵐「活動休止」で再確認した“聡明さ” 1月27日の嵐がスゴかった3つのポイント
寂しい、でもすごい。(2019/1/28)

CEOがコスト効率を問題視か:
東芝、「ラグビー・野球から撤退検討」報道を否定 「今後も継続」
東芝はラグビー部・野球部の運営から撤退するとスポーツ各紙が報道。車谷CEOら首脳陣がコスト効率の悪さを問題視しているという。だが東芝は「検討している事実はない」とのコメントを発表し、報道を否定した。(2018/11/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高橋由伸監督は続投しなければいけない、巨人の苦しい事情
巨人の山口壽一オーナーが、高橋由伸監督の来季続投を要請する意向を示した。チームの成績は低迷しているのに、なぜ続投なのか。疑問を感じたファンも多いかと思うが、続投を要請しなければいけない球団の事情があるようだ。それは……。(2018/9/13)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(8):
野球「マジック」点灯のバグ(その1:問題編)
終盤を迎えたプロ野球、「マジック」が気になるところ。複雑な印象があるマジック算出を例に、誰かがマジック計算ソフトを開発したとして、そのソフトをテストするためのテストケースを設計してもらいます。(2018/9/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
金農旋風を巻き起こした吉田輝星は、どんな投手になるのか
シンデレラボーイの誕生した。夏の甲子園で準優勝を手にした金足農業高校の吉田輝星投手だ。多くのメディアが大きく取り上げているが、彼はどのような投手になるのか。このままスター街道を歩むのか、それとも……。(2018/8/24)

「まさか初代神7から結婚する時がくるなんて」 前田敦子と勝地涼の結婚に驚きの声、篠田麻里子や指原莉乃らも祝福
おめでとうございます!(2018/7/31)

元ももクロ早見あかりが結婚へ ももクロの粋な祝福に「素敵なグループ」とモノノフ歓喜
「新婚生活もお仕事もお互い頑張ろうね。あっ私たちには新婚生活なかった」とノリツッコミ。(2018/7/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
西野監督の去就はどうなるのか 見え隠れするJFAの思惑
日本代表ロスになっている人も多いだろう。大会終了後、本田圭佑や長谷部誠が代表引退を表明。メンバーの世代交代が進むなか、次期日本代表監督にも注目が集まっている。なぜこうした動きが広がっているかというと、日本サッカー協会の思惑があるようで……。(2018/7/5)

「フェルナンド・トーレスが鳥栖に移籍」 Jリーグ公式サイトが未来記事を誤って投稿? Jリーグ「事実ではなく、急いで取り下げた」
Jリーグは移籍決定の報を否定しています。(2018/5/30)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

90周年を機に変わったロングセラー:
「キリンレモン」に学ぶ、成功するリニューアルの鉄則
90周年を迎えたロングセラー炭酸飲料「キリンレモン」のリニューアルが好調だ。リニューアルを手掛けたキリンビバレッジの女性マーケターに、「成功するリニューアルに欠かせないもの」を聞いた。(2018/5/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人の上原は、なぜ叩かれ始めているのか
巨人の上原浩治投手が岐路に立たされている。10年ぶりに古巣の巨人に復帰したところ、まずまずの結果を残したものの、その後はボロボロである。筆者の臼北氏は「上原に待っているのは天国か地獄である」と指摘する。どういう意味かというと……。(2018/4/19)

「離婚したのは事実」 ますおか岡田圭右、「PON!」で離婚報道について言及
8月には別居が報じられていました。(2017/12/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大相撲はどうなる? 日馬富士の暴行事件は「謎」が多い
やはり大相撲は「伏魔殿」なのか。横綱の日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行して頭部にケガを負わせていたことが発覚したが、いまのところ謎が多くて……。(2017/11/16)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

“結婚宣言”須藤凜々花にNMB48劇場支配人がコメント「彼女に嘘偽りはない」
騒動を謝罪するとともに、「NMB48卒業の意志を示しております」と報告。(2017/6/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボクシングの村田諒太は、WBAのワナにはめられたのか
WBAミドル級王座決定戦で村田諒太が、アッサン・エンダムに判定負けした。この判定に対し、日本だけでなく世界中から「疑惑の目」が向けられているが、試合の裏で何があったのか。(2017/5/26)

ともさかりえ、スネオヘアーとの離婚をブログで認める 12歳の息子に対しては「本当に申し訳なく」
ともさかさんは、これが2度目の離婚。(2017/3/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本のお笑い芸人が世界に比べて「終わっている」は本当か
脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本のお笑いはつまらない」とツイートして話題になった。一方、米国のトークショーは社会問題などを取り上げていることが多いが、ネタはコメディアンがつくっているのか。米国のテレビ局で働いた経験がある筆者によると……。(2017/3/9)

おめでとおおおおッ! 馬術大会で優勝の栄冠に輝いた華原朋美、「表彰台に乗ったの人生ではじめてでした」と喜びを語る
今度は国際馬術大会を目指すそうです。すごい。(2017/1/15)

エスパー伊東さん、芸能界引退報道を否定
芸術活動をメインにしつつ、芸能活動も続ける意向。(2017/1/10)

ヘドバンできる“柵”もある! メニューがバンド名、レアポスター・音源も満載の「バンギャカフェ」に行ってきた
地方のバンギャの居場所を作ることを目指して誕生した「バンギャcafe&Var“Raffine”」。そこにはオーナーが20年以上かけて集めたコレクションや非常に良い柵があった。(2017/1/14)

日刊スポーツ、夏目三久さんと有吉弘行さんとの熱愛報道を「事実に反していた」と謝罪
「本人に確認しておらず」……。(2016/11/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
広島カープ独走Vの裏で、四面楚歌になりつつある阪神・金本監督の苦悩
広島カープがリーグ優勝した。25年ぶり7回目の優勝に、球場もインターネットも大盛り上がりしたが、その一方でカープファンからブーイングを浴びた球団がある。阪神タイガースである。今季の阪神といったら……。(2016/9/15)

コンビニ探偵! 調査報告書:
マニュアル通りなのに……コンビニでミスが起きるワケ
居酒屋チェーンの「鳥貴族」が焼酎と食品添加物アルコールを入れ間違えてチューハイを提供していたと発表した。マニュアル通りにやっていてもミスが生じることはある。今回は、コンビニ運営マニュアルの実態について紹介しよう。(2016/9/1)

ゴジラ退治は「探偵!ナイトスクープ」に依頼 ハッシュタグ「関西ゴジラにありそうな展開」が盛り上がる
もしも「シン・ゴジラ」の舞台が関西だったら、という大喜利がTwitterで流行。(2016/8/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ斎藤佑樹は“おねだり王子”になったのか
『週刊文春』で斎藤佑樹投手の醜聞が報じられ、大きな波紋を呼んでいる。同誌によると、ベースボール・マガジン社の社長に斎藤がクルマを“おねだり”したようだが、一流とは言えない選手とメディアがなぜこのような癒着をするのか。(2016/7/21)

石野卓球が「ザコシショウにゴキブリの曲作った」とウソツイート → 釣られてスポーツ紙が記事に
勘弁して下さい。(2016/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。